2005.04.05

花粉症の特効薬ができるかも

Yahoo!NEWSより「アレルギー治療に有望物質 受容体を標的に、京都大

細胞内で情報伝達をする生理活性物質の受容体のうち、特定の一つが花粉症などのアレルギー反応の鍵を握っていることを成宮周京都大教授(薬理学)らが突き止め、米科学誌ネイチャー・イムノロジー(電子版)に4日、発表した。
ヒトの体内ではアレルギーを促進する経路については詳しい仕組みが分かっていますが、逆にアレルギーを抑制する仕組みが明らかになったのは初めてのことになります。

現在、花粉症などの治療に使われている抗ヒスタミン剤もアレルギーを促進する「ヒスタミン」などの生体内物質が細胞につくのを防ぐ、いわゆる予防薬が主でした。しかし、アレルギーを抑制する反応の一つが明らかになったことで画期的な予防薬ができる可能性もでてきました。

花粉やハウスダストなどでアレルギーを起こす生理活性物質にプロスタグランジン(PG)があります。PGは脂肪酸から作られPGE2など5種類ありますが、これが細胞表面の受容体に結合するとき、さまざまな炎症が起こります。

研究では、PGが結合するEP3という物質に着目。EP3を除いたマウスに、ぜんそくの原因物質を吸わせると炎症を起こしたマウスの肺の細胞が通常マウスの3倍近くに増加。逆にEP3を活性化する薬剤を注射したマウスのアレルギー反応は、注射していないマウスの3分の1程度にとどまりました。

成宮教授は「ヒトへの応用には安全性確認が必要だが、副作用の少ない薬が期待できる」と話している。
もともと体内物質であるEP3ですので副作用は少なそうです。さらにステロイドなどに比べると1000分の1以下の濃度でも長時間効果が持続したとのこと。

花粉症によりGDPも下がる時代です。花粉症の特効薬はなによりの景気刺激材料になるかも(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.20

βグルカンの微粒子が花粉症を軽減

妻の花粉症は日々ひどくなっているようです。とうとう僕がなぜ花粉症じゃないのかと八つ当たり(笑)

京都新聞より「βグルカン微粒子で花粉症軽減 シイタケに含有 京の教授ら研究

シイタケに含まれる成分の一つ「βグルカン」の微粒子溶液の摂取で、花粉症などのアレルギー症状が軽減されることが山田潤・明治鍼灸大助教授(眼科学)、木下茂・京都府立医科大教授(同)らの研究で分かった。24日から京都市で開かれる日本眼科学会で発表する。
グルカンはブドウ糖が多数結合した高分子化合物の総称です。その構造からαグルカンとβグルカンに分けられます。αグルカンはブドウ糖やグリコーゲンなどですが、βグルカンはシイタケなどの菌類に含まれる成分の一つです。

このβグルカンは免疫力を高めるとされ、がん免疫療法剤としても用いられていますが、その効果のほどはまだはっきりと分かっているわけではありません。

山田助教授らは味の素が開発した、微粒子化したβグルカンを20代から60代のアレルギー疾患の患者に毎日1回経口摂取してもらい花粉症への効果を調べました。

その結果、微粒子化したβグルカンを飲んだ患者の8割が自覚症状が改善するなど花粉症の症状が軽減。特に目のかゆみや鼻水の症状が顕著に改善。一方、微粒子化していないβグルカンを摂取した患者では効果が認められなかったとのことです。

βグルカンのアレルギー反応抑制効果を集団の臨床試験で確かめたのは初めて。山田助教授は「副作用も認められず、多くの患者で花粉症の症状改善を期待できる。βグルカンが体内で働くことが分かったので、がんの予防効果も期待できるのでは」と話している。
どの程度、症状が改善したのかは分かりません。ただ飲むだけでいいのであれば便利かもしれません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.03.10

花粉症にはやっぱり減感療法?−でも負担が大きいです

今年の花粉症は厳しそうです。わが家の花粉症持ちの妻と娘(5歳)は苦しそう。僕と息子(4歳)はそれを横目にキャッキャと遊んでますが(笑)

Yahoo!NEWSより「減感作療法効果15年以上 小児の花粉症で千葉大確認

スギ花粉のエキスを薄めて注射し続ける「減感作療法」を受けた小児患者の約76%は、治療から15年以上たっても花粉症の症状の改善や消失がみられることが、厚生労働省研究班の調査で9日、分かった。主任研究者の岡本美孝・千葉大教授によると、治療2−3年後の改善率は70−80%とされており、効果が長続きすることを裏付けた。
スギ花粉症は放置しておいても治る確率が10%程度あるといわれていますが、多くの場合は放置すると症状が悪化します。

花粉症の療法としてはいくつかありますが、その中で最も効果的だといわれているのが減感療法です。これは花粉症の原因となっているスギ花粉などのアレルゲンを薄めたものを長い時間かけて徐々に注射し、体をアレルゲンに慣らしていくという療法です。

アメリカなどでは広く行われている療法ですが、日本では最近注目されるようになってきました。

ただ患者にとって負担の大きい療法でもあります。

まず春が過ぎ、花粉症の症状が治まった頃から治療を開始します。最初は週に1−2回の注射を半年程度続けます。その後は1ヶ月に1−2回程度の注射を数年に渡って打ち続けることになります。最初は低濃度のアレルゲンを注射。だんだんと濃い濃度にしていきます。
ただアレルゲンを直接注射するので中には発作などを起こしてしまう人も出ます。そのような事態にも対処できなければいけないため、この療法を行っている病院は大きな病院がほとんどです。大病院となれば数が少ないのはもちろん、1週間に1−2回も通い続けられる人は少ないでしょう。大病院であれば診察だけで半日仕事になってしまいますし。

研究班は、千葉大病院で1970−90年に受診した患者に、現状を質問。減感作療法を2年以上受けた約120人と、対症療法などを受けた約90人が回答した。
レーザーで鼻の粘膜をやくという療法もありますが、これは効果の持続性がよくありません。数年でもとに戻ってしまう人もいるようですし、いわゆる鼻の粘膜に火傷を作るわけですから小さい子どもたちにとっては辛い療法でしょう。

減感療法が効果的なのは確かですので、できる限り負担のない方法を考案してほしいものです。

<参考>「花粉症用ワクチン開発−早く実用化をして下さい<妻

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.17

花粉症用ワクチン開発−早く実用化をして下さい<妻

花粉症の妻はすでに完全防備。見るからに怪しい人になってます(笑)

Asahi.comより「花粉症予防に細菌パワー 理化学研がワクチン開発

花粉症予防に、現在の治療法より少量で効き、副作用も少なく抑えることが期待できる新ワクチンを理化学研究所が開発した。細菌の働きを借り、アレルギーを抑制する仕組み。5年ほど後の実用化を目指している。
スギいわゆる減感作業療法の改良のようです。

減感作業療法はアレルギーの原因物質であるアレルゲンを皮内反応テストで確かめた後、これを薄めた薬を週に1−2回注射していく免疫療法です。花粉症に対しては60−80%の高い有効率を示しています。

症状が止まってしまえばその後注射を続けなくても効果が持続することが多いため人気は高まっています。アメリカでは花粉症以外にもダニなどのアレルギー治療でも用いられているようですが大きな問題はこの治療を行っている医療機関が少ないことと、2−3年の間続けなくてはいけないというところにあります。

今回、理研の免疫・アレルギー科学総合研究センターの阪口雅弘チームリーダーらはこの療法に工夫を加え、エキスに含まれるスギ花粉のたんぱくに、細菌のDNA断片を結合させたワクチンを開発しました。

このDNA断片は鼻や目の粘膜にある肥満細胞とスギ花粉のタンパク質が結合するのを阻害する性質があり、アレルギーをおこすヒスタミンなども分泌しにくくするようです。

このワクチンだと約6回の注射で効果があることが予測され、減感療法よりも副作用が約50分の1に減る可能性も指摘されています。

現在、マウスを使った実験が進められ、アレルギーを抑える物質の働きが上がることが確認された。08年には患者を対象に臨床試験を始めたいという。
理研では他にも結核ワクチンのBCG接種で花粉症を抑える研究もしているとか。こちらも興味津々なんですが。

<参考>理化学研究所

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2005.01.25

花粉症がGDPを押し下げる?−この先温暖化で景気は減速するのでしょうか

今年はどうなることかと不安いっぱいの花粉症ですが、景気にまで影響を及ぼしそうです。

毎日新聞より「花粉:大量飛散でGDP0.6ポイント押し下げ

第一生命経済研究所は、過去最大級と予想される今春のスギ花粉の飛散により、1〜3月期の個人消費が前年同期に比べ7549億円減少し、実質GDP(国内総生産)成長率が0.6ポイント押し下げられる可能性があるとの試算をまとめた。花粉症の人が外出を控え、買い物や外食、旅行などを手控えるためで、「足元で減速感が目立ち始めた景気に悪影響を与える恐れがある」と分析している。
第一生命経済研究所の調べでは、過去10年間、夏場の気温と翌年の1−3月期の個人消費に相関関係があるそうです。猛暑だった翌年は花粉の飛散量が増えるため個人消費に影響をあたえるんだとか。

よく気がつきました(笑)

前年夏の平均気温が1度上昇すると、翌春の実質家計消費が0.63%減少しているそうです。

この春は環境省の試算では東京で昨年の13倍、大阪では23倍の花粉が飛散するようです・・・。

昨夏は平均気温が前年比2.05度上昇したため、実質家計消費で同1.3%減少し、個人消費は7549億円程度の落ち込みとなる計算。マスクなどの保健医療費や花粉症対策の栄養補助食品など「花粉症特需」は639億円程度にとどまり、経済全体への影響はマイナスが大きく上回った。
国民病とまでいわれるようになった花粉症ですが、景気にまで影響を与えるとは。

林野庁が無花粉スギを開発したとのニュースもありましたが、なんせスギが切り替わるには数十年かかるでしょうからまだまだ役にはたちそうもないですね。

<参考>「花粉症持ちにとって来春は地獄?」(サイト内リンク)

| | Comments (0) | TrackBack (7)

2005.01.19

温暖化の影響で花粉症、ぜんそくが増加

今年の春はスギ・ヒノキの花粉が大量飛散するようですが、花粉症の妻は今からおびえています。ちなみにわが家では妻と娘(5歳)が花粉症。僕と息子(4歳)は大丈夫なのですが。

Yahoo!NEWSより「花粉症、ぜんそくが増加 温暖化の健康被害予測

地球温暖化が進むと草木の花粉が増え、都市部では光化学スモッグなどの大気汚染もひどくなるため、花粉症やぜんそくなどのアレルギー患者が増える−−。米ハーバード大のグループはそんな予測をまとめた報告書を18日までに公表した。
花粉症だけでなく、ぜんそくなども増加するとの予測です。

このグループは欧米での大気汚染や呼吸器疾患の発生状況、温度上昇と花粉発生量、花粉症患者の発生数などを分析。温暖化が特に都市部での生活に与える影響を調べたとのこと。

スギなどの花粉の飛散量は、前年の夏に気温が高くて天気が良ければ増加するとされています。同じグループの研究では、ブタクサの花粉は大気中の二酸化炭素濃度が高くなればなるほど増えるという結果も以前に報告されています。

日本気象協会によると温暖化の影響で2050年には花粉症の患者数が今の8割り増しになるとの試算もあります。

気温の影響、二酸化炭素濃度の影響、どちらも関係ありそうです。二酸化炭素濃度の影響はまだ少ない方かもしれませんが。

グループのポール・エプシュタイン博士は「都市部ではヒートアイランド現象も加わり温度上昇が激しい。自動車による大気汚染も影響し、ぜんそくなど呼吸器病の患者が増加することが予想される」と指摘、早急な温暖化対策を求めている。
みんな春になるとマスクをする世の中になっちゃうんでしょうか。

<参考>「花粉症持ちにとって来春は地獄?」(サイト内リンク)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.06

花粉症持ちにとって来春は地獄?

僕と息子(4歳)は大丈夫なのですが妻と娘(5歳)は花粉症です。娘(5歳)はお琴の発表会のとき、自分のくしゃみで合いの手を入れてました(笑)

Yahoo!NEWSより「来春の花粉、例年の2倍 猛暑が影響、95年に次ぐ」(共同通信)

 来春のスギとヒノキの花粉飛散量は、今年の猛暑の影響で全国的に非常に多く、都市によっては過去10年間の平均の2倍を超えるとする予測を、全国の研究者らでつくるNPO法人、花粉情報協会(理事長・佐橋紀男東邦大教授)が5日までにまとめた。

日本の花粉症患者は約1,700万人と推定されています。僕の身の回りを見ているかぎりもっと多いような気もしますが。

この花粉症患者をもっとも悩ませるスギやヒノキの花粉量は前年の夏の気象条件に大きく左右されます。スギは7月から8月にかけて雄花になる細胞が分化して成長を始めますが、このときの気象条件で雄花の量が変化するためです。

気温が高く日照量が多いと雄花の量が増えます。つまり花粉量が多くなるというわけ。気象条件だけが花粉量を決めるわけではないので、その他の要因も考慮する必要はありますがおおよその目安になるでしょう。

 1965年の観測開始以降最多だった95年に次ぐ規模で、飛散量が少なかった今春の10−15倍になる都市が多い。成人の5−10人に1人とされる花粉症患者にとって受難の春となりそうだ。

地獄の春になる人が多いでしょう。僕も来年になって急に花粉症にならないように祈りましょう(笑)

<参考>花粉情報協会

| | Comments (0) | TrackBack (2)