2005.11.15

1−3月生まれの子どもの方が成績がいい?

gooニュースより「1−3月生まれの子供は成績が良い=ノルウェーの研究」(時事通信)

1−3月に生まれた子供たちは10−12月に生まれた子供たちより学校の成績が良いとの調査報告が13日、ノルウェーで公表された。
これはオスロ大学が14−15歳の子どもたち6752人を対象に調べた調査の結果です。この調査では1−3月生まれは10−12月生まれよりはるかに成績がいいという傾向があったそうです。

また、同じ調査では年の終わりの方に生まれた子どもたちは友達ができにくい傾向があるという結果もでているようです。

どうしてそうなるかは分かっておらず、リーン氏はもっと研究が必要だと言っている。
僕も3月生まれですが(笑)

<参考>「長男長女の方が高収入で高学歴の傾向がある?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.06.08

進化は誰かの知的計画であると教える?−米国では新たな論争

Asahi.comより「米で新たな進化論争 「神」ではなく「知的計画」?

「生命の誕生や進化の背景には知的な計画があった」という「Intelligent Design(知的計画=ID)」説を学校で教えようという主張が、米国で頭をもたげている。米国では、旧約聖書の創世記に基づき、天地と人類は神がつくったとするキリスト教右派が勢力を保つ。そうした宗教右派の「進化論を学校で教えるな」という主張とは表向き一線を画しているのがID推進派の特徴だ。
Intelligent Design(ID説)とは、進化が自然経過的なものでなく、知的存在によって計画的に造られたものとする説です。科学者も自然的な経過を考えるのでなく、もっと合理的な説明を探ることが必要だと主張しています。

神による創造とはいわずに、designerによる創造が進化だとしているわけですが。

米国では州や学校区の教育委員に教育内容を決める権限が与えられています。ドーバーの学校区では昨年から高校の科学でIDに触れられるようになりました。まだ今のところ全米で唯一ですが、今年の学校区の公選委員の予備選挙でもID推進派とID反対派の7人が残り、11月の本選挙に結論は持ち越されています。

その他カンザス州教育委員会でもカリキュラムの見直し提案が議論されました。IDを科学の授業で教えるべきだとする「IDネットワーク」の提案によるものです。

IDネットのジョン・カルバート共同代表は「進化は事実だとしても、推し進める何らかの仕組みがあるはず。それがIDだ。特に地球誕生や生命誕生は、進化論では説明できず、現在の自然界を見ても、知的な計画の存在を多くの科学者が認めている」と言う。進化論を教えるな、とは主張しない。
神による天地創造説と本質的に何が違うのかは僕にはわかりません(笑)

ただ神による、もしくはDesignerによる進化は楽な考え方ではありますが、ヒトの知的進化を止めてしまうものですね。アメリカではそろそろ政治的な問題になってきているのかもしれませんが。

<参考>「米国民の8割が処女懐胎を信じている!」・ID NETWORK

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.02

あなたの科学常識をはかる11問、らしいです−突っ込みどころ満載ですが(笑)

YomiuriONLINEより「科学常識このぐらいは――目安作り、文科省乗り出す

日本の大人には最低これぐらいの科学常識が必要――文部科学省が、そんな「目安」作りに乗り出す。子供の理科離れが問題になっているが、同省は「大人も科学を勉強していない」と指摘、科学者や教育関係者が今後、数年かけて検討し、望ましい「基礎的素養」を示すことになりそうだ。
これは1999年から2001年にかけて世界17ヶ国の学術機関の連携で、18歳以上の人を対象に科学分野の11問についての正誤を尋ねた結果を受けてのことです。

この11問の日本の正解率は54%で13位。1位のスウェーデンの73%や5位アメリカの63%などに比べずいぶんと遅れをとっています。

そこで文科省が「日本の成人が身につけるべき科学技術リテラシー像を策定する」との方針を決めたとのことですが、その11問とは次の通りです。全て、○か×か、知らないかの3択問題です。

  1. 地球の中心部は非常に高温
  2. すべての放射能は人工的に作られた
  3. 我々が呼吸に使う酸素は植物から作られた
  4. 赤ちゃんが男の子になるか女の子になるかを決めるのは父親の遺伝子
  5. レーザーは音波を集中することで得られる
  6. 電子の大きさは原子よりも小さい
  7. 抗生物質はバクテリア同様ウイルスも殺す
  8. 大陸は何万年もかけて移動しており、これからも移動するだろう
  9. 現在の人類は、原始的な動物種から進化した
  10. ごく初期の人類は、恐竜と同時代に生きていた
  11. 放射能に汚染された牛乳は沸騰させれば安全
正解しなかったらどうしようと思ってびくびくしながらやってしまいました。何とか全問正解でホッ(笑)

一応の解答は
1.○、2.×、3.○、4.○、5.×、6.○、7.×、8.○、9.○、10.×、11.×
です。

でもほとんど全ての問題が突っ込みどころ満載です。一般的な大人を対象にした問題なので別に細かいところは無視してもいいだろうと思ってやってましたが、詳しく知ってる人の方が間違えちゃうかもしれません(笑)

でも、この問題で正答率が54%。血液型も信じるし、マイナスイオンがどうたらとかいう商品を大企業がこぞって売っているこの国ですからそんなものかもしれません(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (2)

2005.04.07

幼児の頃にテレビを見すぎると、いじめっ子になる?

常に叫ばれるテレビ有害論ではありますが、

Yahoo!NEWSより「幼児期にテレビを見過ぎるといじめっ子になりやすい=米調査」(ロイター)

4歳時にテレビを見過ぎた幼児は学齢期に達した段階でいじめっ子になりやすいという調査結果が4日、米国で発表された。一方、親が子どもに本を読み聞かせたり、外で遊ばせたりして普通に接した場合、いじめっ子になりにくいとしている。
ワシントン大学の研究グループが、1266人の4歳児のテレビの視聴時間のデータを調査。さらに母親達による6歳−11歳までの追跡調査を行いました。

その結果、4歳の時に一日平均3.5時間のテレビを見ていた子どもたちは、何も見ていなかった子どもたちよりいじめっ子になる数が25%多く、さらに一日8時間テレビを見ていた子どもたちではその割合が200%に達したということです。

この研究では、子どもたちが見ていたテレビの内容までは調査していません。ただ研究者達はそれがアニメのようなものだろうと推測しています。英国の調査によれば子どもたちが見るアニメには平均して9.5分の暴力シーンが含まれているとのこと。

また、同じ研究で親と子の関係についても調査したところ、子どもと一緒に食事を食べて話すことで子どもがいじめっ子になる可能性は減少するとのことでした。

研究グループによると、いじめは肥満と共にテレビの見過ぎから起きる否定的な結果という。テレビ視聴を制限すれば子どもがいじめに走るリスクも軽減されるとしている。
テレビに原因があるというよりも、親と子の対話に原因があるような気もしますが。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2005.03.16

日米中の高校生はこんなに違う!

高校時代に授業中の居眠りは日課でした(笑) 先生の声がだんだんと遠くなって・・・。

Asahi.com「日本の高校生、7割が学校で居眠り 日米中3カ国調査

授業中によく居眠りしたりぼうっとしたりすると答えた日本の高校生は7割を超え、米国や中国を大きく上回っていることが、財団法人日本青少年研究所などの「学習意識と日常生活」に関する日米中3カ国比較調査でわかった。日本は午前0時以降に就寝する割合でも50%超と突出した。
日本青年研究所が毎年行っている米日中の3ヶ国の高校生に対する意識調査の結果です。日本の11校1,300人、米国の12校1,000人、中国の12校1,300人を対象にしています。

発表された結果の中からいくつかピックアップすると3ヶ国の違いが浮き彫りになります。(数値はは「あてはまる」と「ややあてはまる」と解答した人の合計)

  • コンピューターが好きだ・・・日52.1%、米85.9%、中71.2%
  • よく勉強をするほうだ・・・日14.1%、米74.4%、中62.9%
  • 自分の意見をはっきり言うほうだ・・・日42.3%、米75.1%、中55.2%
  • 異性にもてるほうだ・・・日10.4%、米67.4%、中45.7%
  • 若いときは将来のことを思い悩むよりその時を大いに楽しむべきだ・・・日50.7%、米39.7%、中19.5%
  • 同棲してもよいが、結婚したくない・・・日17.8%、米62.7%、中22.8%
  • 結婚しても家族のために犠牲になりたくない・・・日31.4%、米23.3%、中13.8%
  • 親が高齢になったときに自分がどんなことをしても親の面倒を見たい・・・日43.1%、米67.9%、中84.0%
  • 自分の国に誇りを持っている・・・日50.9%、米71.1%、中79.4%
  • 自分の国の国家が歌える・・・日65.5%、米53.8%、中88.2%
  • 国歌の吹奏や国記の掲揚のときは起立して威厳を正す・・・日30.2%、米81.6%、中67.0%
  • 麻薬は絶対に使用してはならない・・・日93.1%、米73.4%、中97.4%
  • ヘソ出しの服は着てはならない・・・日11.8%、米10.5%、中53.2%
  • 学習塾、通信教育、家庭教師などで学校以外の勉強をしている・・・日30.6%、米18.3%、中56.9%
  • 学校以外で勉強をほとんどしない・・・日45.0%、米15.4%、中8.1%
  • 授業中よく寝たり、ボッとしたりする・・・日73.3%、米48.5%、中28.8%
  • 宿題をきちんとやる・・・日53.0%、米86.0%、中82.1%
  • 自ら進んで勉強している・・・日25.7%、米60.9%、中63.1%
自分の将来予測を10年前の94年調査と比較したところ、「輝いている」「まあよいほうだが最高ではない」と肯定的に答えた割合は、94年の計74.9%から計54.4%まで落ち込んだ。

<参考>財団法人日本青少年研究所

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.13

関西の私大、有名人教授が続々誕生

Yahoo!NEWSより「有名人教授が続々誕生 知名度アップに関西の大学」(共同通信)

落語家の桂三枝さん、元F1レーサーの片山右京さん、劇作家の唐十郎さん−。関西の大学が有名人を客員教授に招く動きが相次いでいる。知名度を上げて多くの学生をひきつけようと、少子化時代を迎えてPRに懸命だ。
有名人を教授に迎えるのは関西のしだいの特徴なのでしょうか(笑)

桂三枝さんは関西大学の客員教授として「笑いの人間学」を担当します。関西大学といえば以前は桂文珍師匠も非常勤講師でしたね。大阪産業大学は片山右京氏を客員教授に。大阪産業大学といえば交通機械工学科が有名ですが、片山氏はここで特別講義や自身の所属企画会社へのイベント参加、旧車のレストアプロジェクト、全日本学生フォーミュラ大会参加のアドバイスなどを行うようです。

この大学では和泉修氏も客員講師になるようです。

唐さんは近畿大文芸学部(大阪府東大阪市)の客員教授に、同じ劇作家の平田オリザさんは大阪大(大阪府吹田市)のコミュニケーションデザインセンターの教授に就く。関西学院大(兵庫県西宮市)は新たに、評論家の野田正彰教授によるノンフィクション作家養成講座を開設する。
これが学生が集まる直接の原動力になるかどうかは分かりませんが、こういった話はどうして関西の大学が多いんでしょうか(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.04

NASAのサイトにポケモン登場

わが家でポケモン大好きなのは息子(4歳)でなく、なぜか娘(5歳)の方です

YomiuriONLINEより「ポケモン、NASAに協力…幼小向けネット教材に

世界的人気キャラクターのポケットモンスター(ポケモン)が米教育界で活躍――。米航空宇宙局(NASA)は2日、任天堂の米国関連子会社と共同で、ポケモンを使ったインターネット教材開発などの教育事業を開始すると発表した。
とうとうポケモンはNASAのサイトにまで現れました。

このネット教材は全米の幼稚園や小学に向けた算数・理科の遠隔地学習用の教材として開発されたものです。

NASAのラングレー研究所のサイトでは、DNAにちなんだ名前のポケモン「デオキシス」が説明役となり、DNAやウィルス、地球外生物、隕石、オゾン層について解説しています。それぞれの解説部分には簡単な実験などの要項ものっています。

たとえば地球外生物についての部分では、地球外生物についての解説の後、宇宙にいる生物について想像や議論をさせたり、土の中の微生物を見つけて観察したりするなどの実験やワークが掲載されています。

身の回り品やおもちゃ類の持ち込み規制など、ルールやマナーに厳しい米国の小学校で、外国製のアニメ・ゲームのキャラクターが教材に採用されるのは異例のこと。米国での日本製アニメ・ゲームの爆発的人気を裏付ける現象と言えそうだ。
任天堂も課題を達成した褒美としてポケモンの絵はがきなどを学校側に提供するようです。

ちなみに娘のポケモン図鑑には「デオキシス」は載ってませんでした(笑)

<参考>NASAポケモンサイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.16

小論文自動採点システム

こういうのってアリなのかなと考えてしまいました。

Asahi.comより「小論文、コンピューターで自動採点 入試センターが試作

入試で出題される小論文をコンピューターで自動採点する試みが大学入試センターの研究者のもとで進んでいる。第1号のシステムは試作済み。文法、表現が複雑な日本語を精密に読み解くにはまだ課題がある。しかし、実用化されると、採点に時間がかかり、採点者によるばらつきが出やすい小論文の判定に威力を発揮しそうだ。
開発をしているのは大学入試センター研究開発部の石岡恒憲助教授。アメリカのビジネススクールの小論文試験で使われている自動採点システム「e-rater」を参考にしているそうです。

試作システムは「Jess」(Japanese essay scoring system)といわれネット上でも試験稼働しています。Web上で入力された文章を1.修辞(文章の読みやすさ、語彙の多様性、難しい語の割合、受動態の文の割合)、2.論理構成、3.内容の的確さの3点で採点。10点満点で評価を下します。

ためしに適当な問題を打ち込んで自分で回答してみましたが、7.5点をいただきました(笑)。思いつくままにつづった文章としてはいいのか悪いのか。

講評で「長すぎる文があります」、「句の中の文節の数が多すぎる文があります。」、「漢字の使用がやや少ないように見受けられます。」、「連用形や接続助詞の句の並びの多い文が、ややあるように見受けられます。」などといわれてしまいました。

論理構成は満点をいただきました。ちょっとひと安心(笑)

日本語の文章は、接続詞を省くなど特有の言い回しがあり、起承転結をつかみにくい。Jessの実用化には、こうした難解な表現を読みこなす能力が欠かせず、長い文章をコンピューターで短くまとめる文書自動要約の技術を応用するなどの研究が続いている。
問題はこのJessが「毎日新聞」の社説やコラム(「余録」)で理想とする小論文を学習しているという点にあるかも。余録ってそんなに論文らしい文章でしたっけ(笑)

純粋に技術的に見ればこういうのは大好きなんですが、それよりも大学が試験でこういうソフトを使うっていうのがどうかと。自分ところの入試くらい自分たちの基準で採点してほしいものです。

<参考>「Jess

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.02.13

大学入試ミス、過去最多の勢い−来年度が思いやられます

SankeiWEBより「大学入試ミス増加 すでに50件超え 予備校の“検証”高い人気

大学入試シーズンが最盛期を迎えるなか、入試の出題ミスが10日現在ですでに50件を超えている。入試問題をめぐっては、センター試験で高校教科書に載っていた文章が出題されるミスも起きており、文部科学省は「入試は大学教育の第一歩であり、大学の見識が問われるもの。ミスを防ぐ工夫を徹底してほしい」と呼びかけている。
受験生にとっては一番怖いのが出題ミス。みんなが点をもらえたらラッキーと思うのは一部の不心得者だけ(笑)

限りある時間の中で正解のない問題や、答の出せない数学の問題などに取り組みとことん考え倒して、結果時間切れなんていうと泣くに泣けません。

昨年は過去最多のミスがありましたが今年はそれを上回りそうな勢いです。文科省によると今年度入試でこれまで発覚しているミスは37大学51件。国立大が8大学9件、私大が29大学42件となっています。

昨年度入試では173件のミスがありました。

大手予備校はどこも大学から依頼を受けて入試問題を検証する事業をはじめています。入試終了後に問題を分析し、分量や難易度、ミスがないかということをレポートするサービスですが結構流行っているようです。

入試問題作成を予備校に丸投げしている大学もあります。

文科省は、受験対策を行う予備校が大学側の入試業務に関与することには、慎重な見方を示しており、「理想的には、大学側が入試の専門家を養成して責任を持つべきだ」として、一元的に入試問題の作成・管理を行う部署を学内に設立するなどの対策を提案している。
確かに入試の多様化などで作成しなければいけない問題量も増え、大学側の負担は大きくなっていますが自分の大学で学ぶ受験生を選ぶ試験をよそに頼るのはどうかと。

新課程入試になる来年度はさらに増えるんでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2005.02.08

携帯で出席チェック−そんなことするより・・・

のんびりとした大学でしたので、大学時代に出席カードなんてものもありましたが堂々と休んでました。どちらかといえば試験の点数がすべてという大学でしたね。結局一度も出席せず単位をとった科目もありました。「あの先生は一問目に私の写真をしたから選べという問題を出すぞ」と聞いてあわてて最終日の講義に出席したことも(笑)

Asahi.comより「出欠はケータイで、「代返」許さず 青森大が新年度から

青森市にある青森大学(栗原堅三学長、学生数1934人)が、新年度からすべての講義への学生の出欠を、携帯電話を使って確認するシステムを導入する。学生の「代返」を封じるとともに、出席簿を入力する講師陣の手間を省くのが狙い。特定の講義で出席確認に携帯電話を使う例は広がりつつあるが、全学で一斉に導入するのは全国でも珍しいという。
このシステムでは講義中に教員の指示があった段階で、出席している学生が携帯から大学の専用サイトにアクセス。教員がその場で告げる数字を入力するとのこと。

出席している学生が欠席者にメールで数字を伝えて外部からアクセスしようとしても時間差があるため判断できるとのことですが・・・。

同大IT化検討会で新システムを提案した経営学部講師の福永栄一さん(44)は、2年前まで商社で情報システム管理の仕事をしていた。自分の講義ではすでに個人の携帯電話のメールで出席を取っている。「今の学生は誰でも携帯電話を持っていて操作も速い。出席を取る時間が減れば、その分講義にまわせる」と話している。
携帯をもっていない学生は個別に講義中に名前を告げることになっているようです。

なんか抜け穴がいくらでもありそうなシステムですが(笑)

それよりも考えることは別にあるんじゃないのかという気がしてなりません。

<参考>青森大学

| | Comments (0) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧