« NEWS CLIP 06/04/26 | Main | NEWS CLIP 06/04/27 »

2006.04.27

南極の氷の下の湖を結ぶ通路?

Asahi.comより「南極の氷底湖、大規模な水の移動 英グループが解析

南極の分厚い氷の下にある複数の湖「氷底湖」が水路でつながっており、湖の間には大量の水の移動があることを、英ロンドン大などのグループが英科学誌ネイチャーに発表した。
0604271
南極大陸の氷の下には多くの巨大な湖があることがわかっています。例えばロシアのボストーク基地付近にあるボストーク湖は3800mの氷の下に1万4000平方キロメートルの湖面が広がっています。これは琵琶湖の2倍以上の広さです。

これら氷床下の湖はお互いにつながっておらず、何百万年も閉ざされた状態で孤立して存在していると思われていました。

しかし、今回の研究によれば、少なくともいくつかの湖は、地下の通路(?)によりお互いにつながっていることが示されました。

東南極の氷床下の湖を衛星により調査していた研究グループは、人工衛星による標高の観測で、96-98年に、南極東部の氷底湖の上にある氷の表面が約3メートル下がり、290km離れた2つの氷底湖の上の氷が約1m上がったのを発見。厚さが3キロある氷の下を16カ月かけて、1.8立方キロの水が移動したと推定しました。

この流れは、最も流量の多いときでロンドンのテムズ川の流量の約4分の3に相当するとのことです。

これまで氷底湖はそれぞれ孤立して、独自の生態系を保っていると考えられてきた。仮に1カ所で汚染があれば、周辺に拡大する恐れも出てきた。
さらに大きくは、海水中への真水の放出が地球の気候に影響を与えたことも考えられます。

|

« NEWS CLIP 06/04/26 | Main | NEWS CLIP 06/04/27 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/9780653

Listed below are links to weblogs that reference 南極の氷の下の湖を結ぶ通路?:

« NEWS CLIP 06/04/26 | Main | NEWS CLIP 06/04/27 »