« 細胞の自食作用低下がアルツハイマーの原因になる?-自食作用は細胞のゴミ掃除 | Main | ナスカの地上絵、新たに100個発見!-まだ未発見のものがあるかも »

2006.04.21

脚のあるヘビの化石発見-ヘビはやはり陸上で進化したのか

YomiuriONLINEより「蛇に足、9300万年前の化石…アルゼンチンで発見

アルゼンチンなどの研究チームが、パタゴニア地方の9300万年前の白亜紀後期の地層から、後ろ脚のあるヘビ化石を見つけた。20日付の英科学誌ネイチャーで発表した。
0604211
ヘビは爬虫類の中にあって,脚を持たないという独特な体の構造をしています。

これは、トカゲ類の脚が退化し、胴体が細長くなったためと考えられていますが、この過程が陸上の岩の割れ目や地中で生息するために起きたのか、海中で泳ぐためだったかをめぐり学説が分かれています。

今回、アルゼンチンとブラジルの研究チームが発見した化石は「ナジャシュ・リオネグリナ」と命名されました。しっかりした後ろ脚に加え、足と背骨をつなぐ“腰”にあたる仙椎も持ち、最も原始的なヘビと考えられます。

この発見のポイントとなるのは、化石が発見された場所がかつて陸上であったと考えられている場所だということです。

後ろ脚のあるヘビ化石はこれまで3種知られていますが、発掘されたのはいずれも生息当時は海だったと考えられる場所で、ヘビの祖先は海を泳いでいたという海洋起源説の根拠となっていました。

しかし、今回発見された化石は、これらの化石よりもより原始的なものと考えられているため、ヘビはトカゲ類が穴の中をはい回るうちに不要な脚を失ったという陸上起源説が有力になりました。

平山廉・早稲田大教授(古脊椎=こせきつい=動物学)の話「ヘビは外耳やまぶたがないなど半地中生活に適応した形跡が多く、陸上起源説は納得できる」
実は、僕の苦手なものの第1は「ヘビ」です。脚のないあの体が動き回る姿には耐えられません。先祖返りしてくれないでしょうか(笑)

|

« 細胞の自食作用低下がアルツハイマーの原因になる?-自食作用は細胞のゴミ掃除 | Main | ナスカの地上絵、新たに100個発見!-まだ未発見のものがあるかも »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/9688849

Listed below are links to weblogs that reference 脚のあるヘビの化石発見-ヘビはやはり陸上で進化したのか:

» 博士が変身!? [真田加奈子]
博士たっだいまぁーーー!!!加奈ちゃんお帰りじゃんえぇーー!!!博士その格好どうしたの?? [Read More]

Tracked on 2006.04.22 at 06:15 PM

« 細胞の自食作用低下がアルツハイマーの原因になる?-自食作用は細胞のゴミ掃除 | Main | ナスカの地上絵、新たに100個発見!-まだ未発見のものがあるかも »