« 脚のあるヘビの化石発見-ヘビはやはり陸上で進化したのか | Main | NEWS CLIP 06/04/21 »

2006.04.21

ナスカの地上絵、新たに100個発見!-まだ未発見のものがあるかも

YomiuriONLINEより「ナスカに未知の地上絵、山形大助教授ら100個発見

世界遺産に登録されている巨大な地上絵で知られるペルー・ナスカ台地で、人か動物をかたどったとみられる絵(縦約60メートル)や直線、渦巻き模様など約100個を発見したと、山形大人文学部の坂井正人助教授(文化人類学)らの研究グループが19日、明らかにした。
0604212
ナスカの地上絵は 東西20km、南北15kmの台地にかかれており、これまでに動植物や幾何学模様など700程度の図柄が確認されています。

今回新たに地上絵が発見されたのは、絵が多数見つかっている地域から10kmほど南で、調査が進んでいなかった地域です。

角が付いた生き物のようにも見える縦約65mの絵や、渦巻き、三角形、台形など様々な文様が発見されました。

坂井助教授らは04年、地上絵が描かれた目的の解明や保全のため、絵の分布図を作成する作業に着手。そのため、米国の商業人工衛星が撮影したナスカ台地の画像を購入して分析しました。

すると、これまであまり研究されていなかった台地の南西部に絵や図形があるのを発見。04年12月と今年3月に現地を訪れて上空の飛行機から実際に確認しました。

坂井助教授は「地上絵はまだ調査が進んでおらず、未発見の絵はまだあるのでは」と話している。
こんな大きなものがまだあるというのも驚きです。

<参考>「ペルーでナスカより古い地上絵を発見!

|

« 脚のあるヘビの化石発見-ヘビはやはり陸上で進化したのか | Main | NEWS CLIP 06/04/21 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/9688901

Listed below are links to weblogs that reference ナスカの地上絵、新たに100個発見!-まだ未発見のものがあるかも:

» 博士が変身!? [真田加奈子]
博士たっだいまぁーーー!!!加奈ちゃんお帰りじゃんえぇーー!!!博士その格好どうしたの?? [Read More]

Tracked on 2006.04.22 at 06:14 PM

« 脚のあるヘビの化石発見-ヘビはやはり陸上で進化したのか | Main | NEWS CLIP 06/04/21 »