« NEWS CLIP 06/03/17 | Main | 記憶力に関係するのは空腹ホルモンでした−ドーピングしたいかも(笑) »

2006.03.18

インフレーション理論の直接的な証拠を発見!

YomiuriONLINEより「宇宙インフレーション、NASAが強力“証拠”観測

宇宙が誕生初期、一瞬で急膨張したという「インフレーション理論」を高い精度で裏付ける証拠が見つかった。米航空宇宙局(NASA)が16日発表した。
0603181
インフレーション理論は20年ほど前に佐藤勝彦博士とアメリカのアラン・グース博士によってそれぞれ独立に提唱された、ビッグバン理論を補完する理論です。

ビッグバン理論で唱えられたように、150億年も膨張を続けるエネルギーがあったならば、宇宙は初期に自らの重力で収縮してしまうなどといった問題にうまく説明をつけられる理論として支持されている理論ですが、直接的な証拠が発見されたのは今回がはじめてになります。

インフレーション理論では、宇宙創生の10-36秒後から10-34秒後までの間に、宇宙全体が10-34cmから1cm以上に膨張したとされます。。

今回、NASAの探査機WMAPによって、宇宙で全方向から飛んでくる電磁波「宇宙背景放射」を観測、詳しく分析しました。

その結果、観測する領域の広さによって成分のばらつき具合が変わることがわかりました。宇宙の創成期に急膨張がないと、こうしたばらつきは生じないということです。

杉山直・国立天文台教授(宇宙論)の話「今回の観測でインフレーション理論がさらに強固に裏付けられた。宇宙のごく初期の膨張の様子を明らかにする重要な手がかりになる」
1兆分の1秒の1兆分の1以上の短い時間に起こったことの証拠が観測できるということにいまさらながら感心します。

|

« NEWS CLIP 06/03/17 | Main | 記憶力に関係するのは空腹ホルモンでした−ドーピングしたいかも(笑) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/9139363

Listed below are links to weblogs that reference インフレーション理論の直接的な証拠を発見!:

» インフレーション WMAP [やる記]
(c)NASA/WMAP Science Team New Three Year Results on the Oldest Light in the Universe これはWMAPによる観測結果が色々報告された話で、元記事はこちら↓ http://www.nasa.gov/vision/universe/starsgalaxies/wmap_pol.html Ringside Seat to the Universe's First Split Second [03.16.0... [Read More]

Tracked on 2006.03.22 at 11:42 AM

« NEWS CLIP 06/03/17 | Main | 記憶力に関係するのは空腹ホルモンでした−ドーピングしたいかも(笑) »