« NEWS CLIP 06/03/18 | Main | NEWS CLIP 06/03/19 »

2006.03.19

油ものをおいしいと思うのは脳内麻薬のせい?−ラーメン食べるとランナーズハイ(笑)

Yahoo!NEWSより「摂取直後に「脳内麻薬」=つい油もの…快感感じてやめられず−仕組み解明・京大」(時事通信)

ついつい食べてしまうラーメンやフライなどの油もの。高カロリーの油脂を多く含む食べ物がやめられない原因として、摂取直後に大量の「脳内麻薬」が分泌され、快感を感じる仕組みがあることを、京都大大学院農学研究科の伏木亨教授らの研究グループが18日までに、突き止めた。
0603191
おいしいと感じてやめられない食べ物がありますが、これは、体に必要なもの、つまり、体に欠乏している栄養素、エネルギー源などを積極的に摂取させるための生理作用の1つだと考えられています。

この研究では、ラーメンやフライなどの油ものを摂取したときに、大量の脳内麻薬であるβーエンドルフィンが分泌され、快感を感じることが報告されました。

脳内のβーエンドルフィンは、糖などの甘味物質を摂取したときにも増大することがラットを用いた実験で知られています。

このβーエンドルフィンは気持ちいい、楽しいと感じたときに分泌されやすい脳内物質です。その働きから脳内麻薬または脳内モルヒネなどと呼ばれる物質の一つです。

この物質が分泌されると快楽を感じます。マラソンの時に分泌され、ランナーズ・ハイをもたらす物質でもあります。

同じ快感レベルの低カロリー油などができれば、肥満防止や改善につながる可能性もあるといい、注目を集めそうだ。
ラーメン食べるときはランナーズ・ハイ状態なんですね(笑)

|

« NEWS CLIP 06/03/18 | Main | NEWS CLIP 06/03/19 »

Comments

こんばんは。
油っていうのは、お酒は別物なんでしょうか。
お酒でも脳内麻薬が出そうですが・・・

Posted by: のびねこ | 2006.03.19 at 01:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/9152851

Listed below are links to weblogs that reference 油ものをおいしいと思うのは脳内麻薬のせい?−ラーメン食べるとランナーズハイ(笑):

« NEWS CLIP 06/03/18 | Main | NEWS CLIP 06/03/19 »