« NEWS CLIP 06/03/23 | Main | 分子1個をはさめるピンセット! »

2006.03.24

35億年前にメタン生成菌が−これまでより7億年さかのぼる

Asahi.comより「メタンつくる微生物、35億年前にも存在?

35億年前にメタンをつくる微生物が存在したらしいことを東京工業大の上野雄一郎助手らが突き止め、23日、英科学誌ネイチャーに発表した。これまで考えられていた約28億年前という説を大幅にさかのぼった。
0603241
生命の最も古い痕跡は約388億年前のグリーンランドの堆積岩中のものです。しかし、この生命体については詳しいことは何も分かっていません。

太陽系が誕生したのは約46億年前ですが、それから10億年程度たった当時は太陽の光が弱く、大気中にメタンなどの温室効果ガスが多く存在しなければ、地球全体が凍結していたと考えられています。

そこで注目されるのがメタン生成菌です。メタンガスは、二酸化炭素の約20倍の温暖化効果があり、地球の寒冷な気候を緩和し生物が暮らしやすい環境を作ることに貢献していたと考えられます。

上野助手らは、西オーストラリア・ピルバラの約35億年前の古い地層で、石英に閉じ込められていた気泡の中に生物が作ったメタンがあることを突き止めました。

この石英は、熱水が岩盤を上昇し海底に達した時に溶けていた成分が結晶化してできたものです。炭素には原子量が12と13の2種類の同位体があり、生物は軽い12を取り込みやすいため、炭素と水素でできているメタンの炭素を調べると生物が作ったものかどうかがわかります。

このメタンを調べた結果、海底の熱水中の菌が作ったということがわかりました。

最古のメタン生成菌の痕跡は約28億年前とされてきましたが、これを7億年さかのぼることになります。

初期の微生物が大気と気候に与える影響をさらに解明していきたいと上野さんは話している。

|

« NEWS CLIP 06/03/23 | Main | 分子1個をはさめるピンセット! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/9232304

Listed below are links to weblogs that reference 35億年前にメタン生成菌が−これまでより7億年さかのぼる:

« NEWS CLIP 06/03/23 | Main | 分子1個をはさめるピンセット! »