« 世界最小のICチップ! | Main | NEWS CLIP 06/02/07 »

2006.02.07

運転に疲れたときはコーヒーよりペパーミントかシナモンを

CNNより「運転疲れにペパーミント、シナモンが効果的 米研究

長時間の運転でたまった疲れやいらいらを取り除くには、ペパーミントとシナモンの香りが有効――。そんな実験結果をこのほど、米研究チームが発表した。
0602072
この研究結果を発表したのは米国ウィーリング・ジェスイット大のブライアン・ラウディンブッシュ博士らの研究グループ。

学生25人を対象に、運転のシミュレーションを続けながら定期的に香りをかいだ場合、疲労感などにどのような変化が現れるかを調べました。実験中、学生らは、15分ごとにペパーミント、シナモン、無香性の物質のうちいずれかを30秒間嗅ぎました。

その結果、運転の状態が長引くにつれて疲労感が募り、気力が減退は減退しましたが、ペパーミントの香りをかぐと、疲労感や不安感、いらいらが明らかに薄れ、注意力が大きく向上することが分かったそうです。

またシナモンの香りでも、いらいらや運転の負担感が低下し、注意力が上がったということです。

ペパーミントには食欲増進などの効果があるといわれています。また、その刺激臭が神経の疲労、うつ状態をやわらげるともいわれています。

この研究チームでは以前にも、運動選手や事務員を対象とした研究で、ペパーミントとシナモンの香りが神経を刺激し、やる気を出させる効果があるとの結果を発表したことがあるようです。

同博士によれば、ペパーミント、シナモン風味のガムや粒ミントでも同様の効果が得られることが、過去の実験で分かっているという。
コーヒーよりはペパーミントガムでしょうか。コーヒーはトイレが近くなりますから運転中はガムのほうがいいかもしれません(笑)

|

« 世界最小のICチップ! | Main | NEWS CLIP 06/02/07 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/8542347

Listed below are links to weblogs that reference 運転に疲れたときはコーヒーよりペパーミントかシナモンを:

« 世界最小のICチップ! | Main | NEWS CLIP 06/02/07 »