« January 2006 | Main | March 2006 »

2006.02.28

NEWS CLIP 06/02/27

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.27

NEWS CLIP 05/02/26

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.26

NEWS CLIP 06/02/25

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.25

NEWS CLIP 06/02/24

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.24

NEWS CLIP 06/02/23

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.23

NEWS CLIP 06/02/22

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006.02.22

NEWS CLIP 06/02/21

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006.02.21

NEWS CLIP 06/02/20

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.20

NEWS CLIP 06/02/19

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.19

NEWS CLIP 06/02/18

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006.02.18

NEWS CLIP 06/02/17

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.17

生後7ヶ月の赤ちゃんにも数の概念?

CNNより「生後7カ月の赤ちゃんに「数の概念」 米研究

まだ言葉も話せない生後7カ月の赤ちゃんに、数を把握する能力があるとの研究結果を、米デューク大学の研究チームがこのほど発表した。
0602171
大人は、見えている2つの物とそこから聞こえてくる2つの音を簡単に対応させることができます。同様のことはサルのような動物でも可能であることが分かっています。しかし、ヒトの赤ちゃんがそのようなことができるかどうかについては意見の分かれるところでした。

今回、研究チームは、20人の赤ちゃんに、2人または3人の見知らぬ女性が「見てごらん」と話す声を聞かせました。と同時に、2人が「見てごらん」と言っているビデオと3人のビデオを見せ、赤ちゃんがどちらに関心を示すかを観察しました。

その結果、聞こえる声の数と同じ人数のビデオを見る時間が、明らかに長いことが判明したということです。

研究チームは、赤ちゃんが、見たり聞いたした情報から「2つ」「3つ」という概念を抽出できることが明らかになったと考えています。

数の概念をめぐっては、これまでにサルを対象にした実験でも、同様の結果が出ている。研究の成果は、算数の早期教育などに活用できる可能性があるという。
赤ちゃんは考えられているよりずっと高度な概念を持っているようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

細胞死を押さえる物質発見−神経難病の治療に朗報か

YomiuriONLINEより「細胞死を抑えるたんぱく質発見、神経変性疾患に効果?

病気などで異常になった細胞は「自殺」する仕組みになっているが、この細胞死を遅らせるたんぱく質を、東京医科歯科大と科学技術振興機構のチームが見つけた。
0602173
細胞死には「アポトーシス」や「ネクローシス」などがあります。アポトーシスは生物体を環境に対して最良の状態に保つために積極的に引き起こされる細胞の自殺行動の一種で、例えば、ガン化した細胞のほとんどがアポトーシスにより取り除かれ、その進行が未然に防がれていることが知られています。また、ネクローシスは壊死とも呼ばれ、血行不良や外傷などによる細胞死のことです。

しかし、アルツハイマー病など、2−20年かけて緩慢に進む神経の病気の場合、この細胞死がほとんど働かないことが知られています。

しかし、アルツハイマー病やパーキンソン病といった神経変性疾患の進行を遅らせる可能性が出てきました。

研究チームは、細胞死を抑える未知の働きがあるのではないかと推測。小脳が委縮する特殊な病気とよく似た症状にしたラットを作り、詳しく調べました。その結果、細胞中から、細胞死を遅らせていると見られる「YAPdeltaC(ヤップデルタシー)」と呼ばれる分子を見つることに成功しました。

この物質を作る遺伝子を、神経変性疾患のラットの遺伝子に組み込んだところ、細胞死が大幅に抑制されることが確認されたということです。

同大の岡沢均教授(神経内科学)は「アルツハイマー病などの神経変性疾患に効果のある薬の開発につなげたい」としている。
高齢者社会を迎え、アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症などの難治性神経疾患の治療法の開発が急務となっています。今後の研究の発展に期待したいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小さな魚を逃がすのはよくない結果をうむかもしれません

YomiuriONLINEより「大物ばかり捕っちゃダメ…魚群の生命力低下

魚群から大きい個体ばかりを漁獲していると、魚群の小型化や生命力の低下を招き、水産資源の崩壊につながる恐れがあると、米・ニューヨーク州立大ストーニーブルック校と東京農業大生物産業学部(北海道網走市)の共同研究チームが実験で突き止めた。
0602172
かつて地球上に豊富に見られた魚の漁獲量は年々減少しています。これは魚の乱獲によるものだと考えるのが普通です。しかし、乱獲した魚を守るために漁獲量を制限した地域でも、乱獲された魚のうちある種のものは以前の個体数に戻ることはありません。これを説明するかもしれない研究結果が発表されました。

研究チームは、2002年から、トウゴロウイワシの仲間である「アトランティックシルバーサイド」を使い、大きい方から90%の個体を取り除いた群と、小さい方から90%を除いた群、規則性なく90%を除いた群の計3群に分けて、6世代にわたって実験室で飼育しました。

その結果、小型魚ばかりの群は、稚魚の体長や餌に反応する時間、生存日数など、ほとんどのデータでほかの群よりも劣っていることがわかったとのことです。

漁を行うときは、大きな魚を手元に残して、小さな魚を逃がすのが普通です。これは将来の漁獲資源を守るための行動ともいえますが、この研究では、その行動により魚類の集団の遺伝子が偏り、最終的な繁殖力をも低下させてしまうといえそうです。

研究に参加した東京農業大の千葉晋講師は「自然界への影響が証明されれば、大型魚を残すための規制や、優れた魚の遺伝子を残す『ジーンバンク』の設置を考える必要がある」と話している。
小さな魚をリリースすることが逆に悪い結果を生んでいるのでしょうか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 06/02/16

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.16

NEWS CLIP 06/02/15

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.15

NEWS CLIP 06/02/14

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.14

NEWS CLIP 06/02/13

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.13

NEWS CLIP 06/02/11・12

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.11

NEWS CLIP 06/02/10

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.10

NEWS CLIP 06/02/09

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.09

NEWS CLIP 06/02/08

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.08

NEWS CLIP 06/02/07

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.07

運転に疲れたときはコーヒーよりペパーミントかシナモンを

CNNより「運転疲れにペパーミント、シナモンが効果的 米研究

長時間の運転でたまった疲れやいらいらを取り除くには、ペパーミントとシナモンの香りが有効――。そんな実験結果をこのほど、米研究チームが発表した。
0602072
この研究結果を発表したのは米国ウィーリング・ジェスイット大のブライアン・ラウディンブッシュ博士らの研究グループ。

学生25人を対象に、運転のシミュレーションを続けながら定期的に香りをかいだ場合、疲労感などにどのような変化が現れるかを調べました。実験中、学生らは、15分ごとにペパーミント、シナモン、無香性の物質のうちいずれかを30秒間嗅ぎました。

その結果、運転の状態が長引くにつれて疲労感が募り、気力が減退は減退しましたが、ペパーミントの香りをかぐと、疲労感や不安感、いらいらが明らかに薄れ、注意力が大きく向上することが分かったそうです。

またシナモンの香りでも、いらいらや運転の負担感が低下し、注意力が上がったということです。

ペパーミントには食欲増進などの効果があるといわれています。また、その刺激臭が神経の疲労、うつ状態をやわらげるともいわれています。

この研究チームでは以前にも、運動選手や事務員を対象とした研究で、ペパーミントとシナモンの香りが神経を刺激し、やる気を出させる効果があるとの結果を発表したことがあるようです。

同博士によれば、ペパーミント、シナモン風味のガムや粒ミントでも同様の効果が得られることが、過去の実験で分かっているという。
コーヒーよりはペパーミントガムでしょうか。コーヒーはトイレが近くなりますから運転中はガムのほうがいいかもしれません(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世界最小のICチップ!

Asahi.comより「0.15ミリ角の世界最小ICチップ、日立が開発

バーコードにかわる技術と期待されるICタグ(電子荷札)用の無線ICチップを、わずか0.15ミリ角まで小さくすることに、日立製作所中央研究所が成功した。
0602071
愛・地球博の入場券として利用されたのが日立製作所が開発した「ミューチップ」といわれるものです。これは128ビットの固有のIDを持ったICチップで、外部アンテナで読み取り機から発信された電波を受信することで発電しチップに書き込まれたIDを読み取り機に送信することができます。

このミューチップは0.4ミリ角でしたが、今回開発されたチップは0.15ミリ角、厚さ7.5マイクロメートルという世界最小サイズの非接触型ICチップです。

従来のシリコン基板の代わりに絶縁層が埋め込まれたSOI基板を利用することにより、素子の間隔を縮小。さらに、チップを薄くする加工技術を開発することで、小型化と薄型化を同時に実現したということです。

これまでのミューチップと同様にチップにアンテナをつけると、製造工程で内部に書き込んだ固有の番号を、接触しなくても読み取ることができます。

アンテナをつけてもコピー用紙(厚さ0.1ミリ前後)より薄くできるということです。

インターネットと組み合わせて宅配便の追跡や、食品の履歴管理などに使うほか、偽造防止のため、紙幣や有価証券、公的証明書などに埋め込むこともめざしている。数年後には量産し、1億個単位の注文で1個5円以下にするのが目標だ。
原材料のシリコン板から切り出せるチップの数もふえるので、大幅なコストダウンになるのではないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 06/02/06

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.06

NEWS CLIP 06/02/05

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.05

NEWS CLIP 06/02/04

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.04

NEWS CLIP 06/02/03

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.03

妻の妊娠中は夫も太る?−これは進化の名残かもしれません

Yahoo!NEWSより「赤ちゃん待ってパパも太る 2種のサルで米チーム確認」(共同通信)

つがいの雌が妊娠中には雄も体重が増える現象を、米ウィスコンシン大の研究チームが2種のサルで確認し、英科学誌バイオロジーレターズに1日、発表した。
0602032
チームが研究対象に選んだのは、リスほどの大きさの小型サル、コモンマーモセットとワタボウシタマリンです。これらの種は一夫一婦婚で父親が母親と同等かそれ以上に子育てをすることで知られています。

研究チームは、29匹の雄のマーモセットと29匹の雄のタマリンの体重を追跡調査しました。このうち14匹のマーモセットと11匹のタマリンは、つがいの雌が妊娠中でした。通常、タマリンは5ヶ月、マーモセットは6ヶ月の妊娠期間をもちます。つがいが妊娠していた雄の個体はこの妊娠期間に体重が平均で約10%増えました。一方、つがいが妊娠していなかった雄の体重に変化は見られなかったとのことです。

この体重増加は食べる量が増えたためなのか、またホルモンの影響なのかなど理由は分かっていません。

研究チームによると、父親サルは、誕生直後から赤ちゃんを何匹も背負って動かなければならないため、厳しい労働に備えたエネルギー貯蔵ではと推論しています。

ヒトでも妻が妊娠すると夫がつわりになったりすることがあるといわれています。一説には10人に1人は夫もつわりを経験するとか。これらの症状は心因性だと考えられていました。しかし、このサルでの研究結果が多くの種で見られるのであれば、研究チームが言うように進化の過程で必要だったことの名残だったのかもしれません。

人間の男性でも妻の妊娠中に体重が増えたり、つわりのような症状を経験したりする例が知られており、その原因解明につながる可能性もある。
僕は妻が出産で実家に帰ると、遊びすぎて体重が増えました(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10番惑星は予想より大きかった!−本当に惑星の仲間入りができるか

Asahi.comより「「第10惑星」、直径は3千キロ 冥王星より巨大

米科学者らが昨夏に発見を公表した太陽系の「第10惑星」は直径約3000キロで、冥王星(直径約2300キロ)より確実に大きいことがドイツ・ボン大学などの観測で確かめられた。
0602031
この惑星はカリフォルニア工科大のマイケル・ブラウン教授らが03年10月に見つけ、昨年7月に発表したもの。冥王星よりも遠く、太陽から56億−145億km離れた楕円軌道を、約560年の周期で回っています。

カリフォルニア工大チームは当初直径は2600km前後との見通しを示していましたが、あまりに遠いため、可視光の観測では正確な大きさが決められませんでした。

今回、研究チームはスペインにある直径30mの電波望遠鏡と、高感度熱検知器を使い、この星から届く波長1.2ミリの電波を精密観測。太陽からの距離から表面温度を求め、大きさを算出しました。

測定誤差は400km程度で、最も小さく見積もっても「冥王星より大きいことは、疑いの余地がない」ということです。これは冥王星(約2400km)と月(約3500km)のほぼ中間の大きさで、1846年の海王星発見以来、太陽系で見つかった最大の天体になります。

さらに、観測結果からみると、表面は冥王星と同様に氷で覆われているようです。

太陽の周りを回っていても小さな天体は惑星とは認められず、「第10」を惑星と認めるかどうかは今夏の国際天文学連合で議論される。研究グループは、「これに惑星の地位を与えなければ、冥王星を惑星と呼ぶ正当な理由がなくなる」としている。
さて、惑星の仲間入りはできるのでしょうか。

<参考>「今度こそ第10番惑星発見か−結論にはまだまだ時間がかかります」・「第10番惑星(?)に衛星発見!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

NEWS CLIP 06/02/02

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.02

NEWS CLIP 06/02/01

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.01

NEWS CLIP 06/01/31

多忙のため、しばらくの間ニュースクリップ中心の更新になります。

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »