« タバコが原因の肺気腫予防にはトマトジュース? | Main | NEWS CLIP 06/01/11 »

2006.01.11

発見されたのは殺人事件の被害者でなく、整髪料を使っていた鉄器時代の遺体でした

Exciteニュースより「鉄器時代の男性、整髪料を使用していたことが判明

アイルランドの泥炭湿地で、”保存状態が非常に良い”2人の先史時代の男性遺体が発見されたが、調査により判明した事実が関係者らを驚かせている。1人の遺体は現代の整髪用ジェルの様なものを使用した痕跡があり、また他方は身長約2メートルで、今までに発見された鉄器時代の遺体の中で最も大きいものだという。
この遺体のうち1体はアイルランドのミーズ郡の泥炭地で発見されました。その3ヶ月後に25マイル離れた地点でもう一体が発見されました。

この2つの遺体は肉や爪が付着しており、眼球も残っていたため当初、IRAによる犠牲者ではないかと考えられていたようです。

しかし、18ヶ月の調査のあと分かったのは、なんとこの2体の遺体は死後2,500年が経過していたという事実でした。

彼らが死んだのが泥炭地帯だったことにより遺体はほぼ完全な状態で残っていたとのことです。

ユニークだったのは、背が低い方の人物は自分を大きく見せようと「ジェル」を使って頭髪をモヒカンのように立てていたと考えられることです。そのジェルもフランスからもたらされた樹脂だったとのこと。

外見を意識してジェルを使っていた方は、「Clonycavan Man」と名付けられ、約2,300年前のアイルランド社会でフランスからもたらされた樹脂を入手できたことから、裕福な人物だったと考えられています。また、背の高い方は「Oldcroghan Man」と名付けられました。

ケリー氏によると、この2人の男性は殺害されたという。「『Oldcroghan Man』は、胸を刺されています。抵抗した際にできる防御創があるため、彼は襲ってくる人物を見ていたはずです。殺害された後、斬首されています」
またケリー氏は「Clonycavan Man」について、斧で頭を割られて殺され、内臓を取り出されている、と説明している。
男が外見を気にするのは鉄器時代も変わらないようです(笑)

|

« タバコが原因の肺気腫予防にはトマトジュース? | Main | NEWS CLIP 06/01/11 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/8103359

Listed below are links to weblogs that reference 発見されたのは殺人事件の被害者でなく、整髪料を使っていた鉄器時代の遺体でした:

» ヘアジェルをつけた鉄器時代人 アイルランドで発見 [Masala MASALA]
アイルランドで沼地で見つかった2500年も前(記事によっては2300年前)の御... [Read More]

Tracked on 2006.01.11 at 09:40 PM

« タバコが原因の肺気腫予防にはトマトジュース? | Main | NEWS CLIP 06/01/11 »