« NEWS CLIP 06/01/27 | Main | NEWS CLIP 06/01/28 »

2006.01.28

世界最小の魚を発見!

CNNより「体長7.9ミリ、世界最小の「魚」発見 スマトラ島

インドネシア・スマトラ島中部の泥炭湿地林から、体長7.9ミリと世界最小の新種の「魚」が見つかった。
0601281
この魚は鯉の仲間ですが、成熟したメスでも体長はわずか7.9mmしかありません。

もともと1996年にこの魚は発見されていましたが、新種とは思われず誤って既存の種に分類していたとのことです。

この魚はその生態や体の構造がとてもユニークです。体は半透明ですが、体もそして脳も骨格により保護されていません。また、メスは体内に2、3個の卵を作ることができるくらいの小さな卵巣しかもちません。オスは大きな腹びれと発達した筋肉を持つのが特徴で、これらは交尾時にメスをしっかりつかまえるためと見られています。

何よりこの魚はpHが3という酸性度が高い泥水の中に生息することが可能です。

これまで、泥炭湿地林にはあまり生物が生息していないと考えられてきたが、最近の調査や研究の結果、非常に多様な生態系があることが判明。しかし、計画性のない開発や養殖場開設のため、泥炭湿地林は減少する一方だ。
非常に奇妙な魚です。絶滅しないようにするとともに、生態の詳しい解明も進んでいってほしいのですが。

|

« NEWS CLIP 06/01/27 | Main | NEWS CLIP 06/01/28 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/8372320

Listed below are links to weblogs that reference 世界最小の魚を発見!:

« NEWS CLIP 06/01/27 | Main | NEWS CLIP 06/01/28 »