« NEWS CLIP 06/01/23 | Main | 1月23日は1年で最も憂鬱な日? »

2006.01.24

冷蔵庫からジュースを取り出すヒューマノイドロボット

毎日新聞より「人間型ロボット:自律動作で生活支援 産技総研が開発

産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は23日、自律動作ができる新システムを組み込んだ人間型ロボット「HRP−2」が、人の声を聞き分けて冷蔵庫からジュースの缶をテーブルまで運ぶ様子を公開した。
0601241
またまたヒューマノイドロボットです。ヒューマノイドロボットは家事支援、看護・介助支援、消防防災等の生活分野でのサポートを行う次世代型ロボットとしての開発が主となっています。

このロボット「HRP−2」も生活環境内での人間の生活活動を支援するためのヒューマノイドロボットプラットフォームです。

ヒューマノイドロボットHRP-2プロメテに高速度・高精度のカメラシステムを搭載することで、人間の眼のように作業する環境や対象物を立体的にとらえて知覚する視覚システムの機能および精度を向上しました。また、レーザー距離センサを搭載して歩き回ることで、部屋の地図を作成したり、作成した地図から自分の位置を認識し、ステレオカメラから得られる距離情報を利用して三次元的な障害物を発見することが可能となっています。

複数のマイクロホンを用いて人間の音声と雑音を分離・除去する音声インターフェースも備え、聴覚機能とよべるものまで付加されているとのこと。

この公開では、1台目のロボットが「ジュースを持って来て」という人の声を聞き分けてもう1台のロボットに伝達。伝達されたロボットは、途中の椅子を片付けた上で冷蔵庫の扉を開けてジュースの缶を取り出し、命令者の近くまで運びました。

同研究所は、レーザー光線で自分の周りを立体的にとらえるシステムを組み込んだロボットも開発しているが、「HRP−2は、実生活で生活支援に役立つロボットの一つの形態。技術を組み合わせ、さらに機能強化を進める」と意気込んでいる。
ロボットが冷蔵庫をあけている姿はなかなかユーモラスですね。まるで盗み食いでもしてるかのような(笑)

|

« NEWS CLIP 06/01/23 | Main | 1月23日は1年で最も憂鬱な日? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/8306585

Listed below are links to weblogs that reference 冷蔵庫からジュースを取り出すヒューマノイドロボット:

» ジュースを取ってきてくれるHRP-2 [アトリエ ロボット BLOG]
ジュースを取ってきてくれるHRP-2が発表されました。 周囲の環境を把握するというのはとても難しそう。 また一歩SFの世界に近づいてきましたね。 次は洗濯ロボットなんてどうでしょう?洗濯して、干して、時間が経ったら取り込んで、たたんで、しまってくれたりすると嬉しいな(笑)。 人間型ロボット機能アップ!「ジュース取ってきて」に対応 ヒューマノイド・ロボットに3次元視覚システムなど搭載、産総研 生活活動支援ヒューマノイドロボットプラットホームを開発 産総研、冷たい飲み物を持ってくる人型... [Read More]

Tracked on 2006.01.25 at 08:03 AM

« NEWS CLIP 06/01/23 | Main | 1月23日は1年で最も憂鬱な日? »