« NEWS CLIP 05/12/15 | Main | モナ・リザの微笑みの秘密を解明 »

2005.12.16

つながって長さ3mになるクラゲが深海にいる!

Yahoo!NEWSより「3メートルの“連結”クラゲ 国際海洋調査で発見」(共同通信)

さまざまな形の個体がつながって3メートル近くになるクラゲなど、新種とみられる生物を多数発見したと、日本の研究者も参加する海洋生物調査チームが15日、発表した。
0512161
この調査は国連などが中心となって10年計画で行われている「海洋生物センサス」の一環として行われました。

世界の海に生息する生物の種類を2010年までに特定し、データベース化するプロジェクトです。別名「海の国勢調査」ともいわれています。

今回、北極海の深さ1500mの深海で撮影されたクラゲは、多くの個体がつながり、最大だと長さ3m近くになるとのこと。それぞれのクラゲは移動するために水を噴き出したり、餌を採ったりするのに適した形に変化しています。

 また、南極海の調査では、直径5mmほどの小さなカイメンも発見されました。通常、カイメンは海水を体内に取り込み、海水に含まれている有機物などを栄養分にしますが、このカイメンは海水中の微生物を直接のみ込んで栄養にしているそうです。

チームのロナルド・オドール博士は「深海のユニークな生態系にはさまざまな環境破壊の危機が迫っている」と保護対策の強化を求めた。
深海にはまだまだ謎がいっぱいです。

<参考>「新種の魚106種類が登録−地球上には何種の生物がいるのか

|

« NEWS CLIP 05/12/15 | Main | モナ・リザの微笑みの秘密を解明 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/7643672

Listed below are links to weblogs that reference つながって長さ3mになるクラゲが深海にいる!:

« NEWS CLIP 05/12/15 | Main | モナ・リザの微笑みの秘密を解明 »