« NEWS CLIP 05/11/28 | Main | アルツハイマー治療にまた一歩 »

2005.11.29

大動脈瘤が薬で治るようになる?

Asahi.comより「大動脈瘤の縮小に成功 発症仕組み解明し新薬に道

血管の一部が風船のように膨らみ、破裂して大出血を引き起こす大動脈瘤(りゅう)を縮小することに、山口大医学部の松崎益徳教授(分子脈管病態学)のグループがマウスを使った実験で成功した。27日付の米医学誌ネイチャー・メディシン電子版に発表する。
大動脈瘤は、国内では年間5万人前後の患者が発生していると推定されています。手術での死亡率は2−4%とされていますが、破裂した場合は50%前後に跳ね上がります。

大動脈瘤は、心臓から体内へ血液を送る大動脈の血管壁がもろくなり、その個所が血圧に押されて膨らむことでおこります。もろくなる原因は血管壁の成分であるコラーゲンなどが、免疫細胞マクロファージの分泌する分解酵素によって過剰に分解されるためだとされていますが、詳しい仕組みは分かっていませんでした。

研究チームは細胞内で情報を伝達する役割を担う酵素の一つ、JNKに注目。通常はJNKは細胞が傷ついたときなどに限って活性化しますが、大動脈瘤のできた血管壁では常に活性化していることが分かりました。

そこで、大動脈瘤ができたマウスに、JNKの働きを抑制する試薬を注射したところ、太さが1.5―2倍になっていたマウスの血管が注射後にはほぼ元通りの太さに戻ったとのことです。

これはJNKのはたらきで分解酵素が減少し、コラーゲンの過剰分解が収まって、血管壁が修復され、膨らんだ血管が元に戻ったと考えられるようです。

松崎教授は「実用化に向けて、より安全性の高い薬を開発したい」としている。
大動脈瘤も薬で治癒できる可能性がでてきました。

|

« NEWS CLIP 05/11/28 | Main | アルツハイマー治療にまた一歩 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/7373032

Listed below are links to weblogs that reference 大動脈瘤が薬で治るようになる?:

« NEWS CLIP 05/11/28 | Main | アルツハイマー治療にまた一歩 »