« 醤油や味噌をつくる好塩菌が黄砂に乗ってやってくる? | Main | NEWS CLIP 05/11/01 »

2005.11.01

マラリアを媒介する蚊がマラリアにならない理由

BioTodayより「マラリア原虫を運んでマラリアを媒介する蚊がマラリアにならない理由

マラリア原虫を運んでマラリアを媒介する蚊はマラリアになりません。Johns Hopkins UniversityのMarcelo Jacobs-Lorena等による研究の結果、感染前には発現していない遺伝子・SPRN6のスイッチが入ることで蚊はマラリアにならないと示唆されました。
ハマダラカマラリアは、熱帯・亜熱帯地域に広く分布する重要な感染症で、全世界で1年間に3億〜5億人の患者、150万人〜270万人の死者があると推測されています。そのほとんどはアフリカ熱帯地方で発症しています。

日本でも1935年頃までは年間数万人の患者が発生していましたが、媒介する蚊の撲滅などの結果、現在では海外で感染し国債に持ち帰る患者だけとなっていますが、それでも毎年100名〜150名が報告されています。

マラリアを媒介するのはハマダラカ属の蚊です。この蚊の雌がマラリア原虫を持つ人を吸血することでマラリア原虫は蚊の体内に入ります。この蚊がさらに別の人を刺すとマラリアに感染します。しかし、当然のことながらこの蚊はマラリアを発症することはありません。

この報告によればそれには「SPRN6」という遺伝子が関係しているようです。

マラリアを媒介する蚊ではSPRN6は通常スイッチが切られた状態になっています。しかし蚊の体内にマラリア原虫が侵入すると、この遺伝子のスイッチが入ります。

SPRN6遺伝子発現を抑制したままにしておくと、この蚊の体内でマラリア原虫の数が3倍に増え、また、SPRN6遺伝子をノックアウトすると、体内のマラリア原虫が取除かれにくくなったということです。

したがって、SPRN6を活性させると蚊のマラリア原虫駆除能力が高まると考えられます。BBCによると、研究者等はSPRN6の発現を増強させる薬剤を開発したいと考えているようです。
マラリア原虫と,それを媒介するハマダラカのゲノム情報はすでに解析されています。

|

« 醤油や味噌をつくる好塩菌が黄砂に乗ってやってくる? | Main | NEWS CLIP 05/11/01 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/6801421

Listed below are links to weblogs that reference マラリアを媒介する蚊がマラリアにならない理由:

» 蚊がマラリア?どうもよくわからない [狼は生きろ 豚は死ね]
さてさて、そもそもマラリアというのは赤血球の中に住むマラリア原虫による感染症である。感染することをさすのか、感染して熱が出ることを指すのかはよくわからない。さて、蚊がマラリアを媒介することはよくしられているが、そもそも蚊に赤血球があるのか?一般論。ヒト...... [Read More]

Tracked on 2005.11.10 at 01:09 AM

» ・ カボチャ、サツマイモと 食育教育で、アフリカを救おう! [炎と水の物語  Apprehensio ad ignis et aquarius.]
アフリカの貧困、飢餓の原因は何か。 HIV 、マラリア 蔓延の原因は何か。 援助の実態は。 今夜は実に単純な、アフリカ救済の方法を考えます。 [Read More]

Tracked on 2005.12.08 at 05:11 PM

« 醤油や味噌をつくる好塩菌が黄砂に乗ってやってくる? | Main | NEWS CLIP 05/11/01 »