« 遺伝子治療のベクターに人工ウイルス | Main | NEWS CLIP 05/11/22 »

2005.11.22

フラーレンで造形−綺麗なラッパ型もできます

Yahoo!NEWSより「炭素分子をさまざまな形に 物質・材料研が手法開発」(共同通信)

炭素原子60個が五角形と六角形を組み合わせたサッカーボールのように結び付いた分子「フラーレン」を使って、さまざまな形の極小の素材を作り出す技術を物質・材料研究機構(茨城県つくば市)の中西尚志研究員らが開発し、21日発表した。
0511211
フラーレンは黒鉛・ダイヤモンドに次ぐ第3の炭素の総称です。60個以上の炭素原子が強く結合して球状あるいは、チューブ状に閉じたネットワーク構造を形成しています。

このフラーレンはその性質上、ナノテクノロジーにおける電子部品として用いることが期待されていますが、小さなフラーレンを目的の形状に加工する手法は確立されていません。

この研究では、フラーレンにアルキル鎖を3本はやした分子を新たに合成。この分子でできた化合物に溶媒を加えてセ氏60度程度で2時間加熱した後、冷やしました。このときにフラーレンが集まろうとする力とアルキル鎖が集まろうとする力が溶媒によって変化するため、様々な形の物体を作ることができたとのことです。

できた物体の形を電子顕微鏡で観察すると、円盤状(ディスク型)、チューブ状、カプセル状、コーン構造などがありました。

いずれも大きさは数十ナノメートルから数ミクロン。

フラーレンは、電気を通す性質を持っているため、電子回路の部品や燃料電池の電極などへの応用が期待されている。
フラーレンを使った実用素材の開発が一気に進みそうです。

|

« 遺伝子治療のベクターに人工ウイルス | Main | NEWS CLIP 05/11/22 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/7256447

Listed below are links to weblogs that reference フラーレンで造形−綺麗なラッパ型もできます:

« 遺伝子治療のベクターに人工ウイルス | Main | NEWS CLIP 05/11/22 »