« NEWS CLIP 05/10/13 | Main | グレープフルーツの香りは脂肪の燃焼を助ける? »

2005.10.14

森林浴は抗ガン作用を高める?

Asahi.comより「抗がん力持つ細胞、森林浴で機能向上 森林総合研究所

森林浴をすると抗がん能力が上がるとの研究成果を農林水産省系の独立行政法人・森林総合研究所がまとめた。森林浴の新たな一面として、注目を浴びそうだ。
東京都内の企業に勤める37−55歳の男性会社員12人を対象にした実験の結果です。12人はそれぞれ残業や通勤時間が長いなど、高いストレスにさらされていると考えられている人たちです。9月2日から3日間、長野県飯山市内の森林に滞在しました。

近くの森林遊歩道(2.5km)を初日に1回、2日目に2回歩いてもらい2日目、3日目の計3回血液を採取。

これをふだんの状態と比べたところ、がん細胞を破壊するナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活性が、2日目で平均26.5%、3日目で平均52.6%上がったとのことです。また、血中のNK細胞の数や、NK細胞が出す抗がんたんぱく質も増えていました。

NK細胞はTリンパ球でもBリンパ球でもない第3のリンパ球といわれています。体内でウイルス感染細胞をやっつけたり、腫瘍細胞をやっつけたりする働きをもちます。

研究チームは、樹木が発散するフィトンチッドが緊張をほぐし、NK細胞の働きを抑えるストレスを低下させたと推測しています。

森林総研が日本医大公衆衛生学教室のチーム(責任者=李卿・講師、川田智之・教授)に委託した研究で、林野庁が13日午後、発表する。
仕事を休んでのんびりしたらストレスもなくなり、森林でなくても効果が出そうではありますが(笑)

<参考>「熊野古道を歩くとストレスが解消される

|

« NEWS CLIP 05/10/13 | Main | グレープフルーツの香りは脂肪の燃焼を助ける? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/6389210

Listed below are links to weblogs that reference 森林浴は抗ガン作用を高める?:

« NEWS CLIP 05/10/13 | Main | グレープフルーツの香りは脂肪の燃焼を助ける? »