« NEWS CLIP 05/10/24 | Main | 究極のミニカー? »

2005.10.25

オキシトシン不足は攻撃性を高め協調性をなくす

Yahoo!NEWSより「「オキシトシン」不足、協調性に影響 東北大、マウスで確認」(河北新報)

東北大大学院農学研究科の西森克彦教授(分子遺伝学)らのグループは、オキシトシンというホルモンが機能しなくなると、コミュニケーション能力が低下して異常行動を起こすことを、マウスの実験で確認した。オキシトシンは協調性などの社会的規範を維持する役割を担っていると推測され、医学分野への応用も期待される。
オキシトシンは下垂体後葉から分泌されて,子宮の収縮と射乳を引き起こすホルモンです。このオキシトシンは動物実験で母親と子どもの絆をささえる物質であることはわかっています。ヒトでも信頼感を強める効果があるようです。

このオキシトシンを抑制すると攻撃性が高まるというのが今回の実験結果です。

研究チームはオキシトシンの働きを調べるため、オキシトシン受容体を欠損させたマウスと通常のマウスで、さまざまな行動を比較。その結果、欠損マウスでは「雌が離れた場所の子を巣に連れ帰る時間が4倍かかった」「雄が他の雄にかみつく回数が8倍になった」「同じかごに入れた相手マウスを見極めにくくなる」「子が母を求めて泣く回数が9分の1以下に減った」といった異常行動を把握したとのこと。

保育行動の減退や攻撃性の向上、相手の認識低下などは、コミュニケーション能力が低下したためとみられ、グループは「オキシトシンが共存姿勢や社会的な相互関係を形成する重要な役割を果たしている」と考えています。

オキシトシンが発現する場所や量は個体差があると考えられることから、グループはその差が親しみやすさなどの性格の違いを決定付けている一因ではないかと推論し、今後も裏付けるために研究を進める考え。
やはりオキシトシンは相互の信頼関係にとって非常に重要なホルモンのようです。

<参考>「人を信頼させるホルモン発見−悪用されませんように

|

« NEWS CLIP 05/10/24 | Main | 究極のミニカー? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/6557836

Listed below are links to weblogs that reference オキシトシン不足は攻撃性を高め協調性をなくす:

« NEWS CLIP 05/10/24 | Main | 究極のミニカー? »