« ガンマ線バーストは中性子星どうしの衝突? | Main | ロケットで空のF1レース開催!−その名もロケット・レーシング・リーグ »

2005.10.07

またまた出てきたシェークスピア別人説

YomiuriONLINEより「シェークスピアの名作、実は英外交官の作品?

16世紀の文豪シェークスピアの数々の名作は、実は英国の外交官の作品だった――。5日付の英紙ザ・タイムズなどは、世界の文学史を塗り替えるような研究論文が10月25日に出版されると報じた。
シェークスピア1564年に英ストラットフォード・アポン・エイヴォンに生まれたシェークスピアは1585年ごろロンドンで芝居の世界に入り,はじめ俳優として活躍しましたが、その後,グローブ座の座付作者として戯曲を書き始めました。以後,1611年に引退するまで全部で37編の戯曲と数編の詩を書いています。文学史上最高の天才の一人といっていいでしょう。

ただ、その私生活などに関しては詳しいことが分かっておらず、手紙や日記、自筆原稿なども残っていないことから別人がペンネームで書いていたのではとの説もあるにはあります。

フランシス・ベーコンやクリストファー・マーロー、エドワード・ド・ヴィアーなどいろいろな説があるようですが、また新しい説の登場です。

元ポーツマス大英語講師のブレンダ・ジェームズ氏らによると、一連の作品の作者は、外交官で国会議員だったヘンリー・ネビル(1562−1615)ではないかとのこと。

シェークスピアはネビルの遠い親類で、名前が使われたのは、一部内容が政治的過ぎるため、職務上の配慮があったためだとし、数々の論拠が上げられているそうです。

ネビルは、フランス大使を務めた裕福で教養に満ちた外交官で、シェークスピア作品に登場する英国の宮廷生活や、エリザベス時代の政治、イタリア、フランスの事情などにも深く通じていた。一方、シェークスピアは以前から、一度も欧州大陸に渡ったことがないなど、不自然な点が指摘されていた。
源義経=チンギス・ハーン説よりは面白いかと(笑)

<参考>「シェークスピアの肖像画、実は死後200年の作品−本物か嘘かそれが問題だ

|

« ガンマ線バーストは中性子星どうしの衝突? | Main | ロケットで空のF1レース開催!−その名もロケット・レーシング・リーグ »

Comments

Hi there to all, since I am really keen of reading this web site's post to be updated daily. It carries pleasant information.

Posted by: Evonne | 2014.05.11 at 12:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/6287155

Listed below are links to weblogs that reference またまた出てきたシェークスピア別人説:

» 別冊ネットアイドル [別冊ネットアイドル]
ネットアイドル「ま○18歳」ついに脱いだ! [Read More]

Tracked on 2005.10.07 at 01:42 PM

» 新説・シェイクスピアは外交官ヘンリー・ネヴィルだった? [PLAYNOTE]
「シェイクスピア=外交官ヘンリー・ネヴィル説」の概略を紹介。 [Read More]

Tracked on 2005.10.08 at 03:55 AM

» 新説・シェイクスピアは外交官ヘンリー・ネヴィルだった? [PLAYNOTE]
「シェイクスピア=外交官ヘンリー・ネヴィル説」の概略を紹介。 [Read More]

Tracked on 2005.10.08 at 03:56 AM

« ガンマ線バーストは中性子星どうしの衝突? | Main | ロケットで空のF1レース開催!−その名もロケット・レーシング・リーグ »