« まさに葉緑体を獲得しようとしている生物?−その名も「ハテナ」 | Main | ヒトの遺伝子のうち2割に特許 »

2005.10.15

ブラックホールは破壊者でなく創造者?−ブラックホールが星を育てる

Asahi.comより「ブラックホールが星を育てる 英独の研究者ら観測

ブラックホールが星を育む――星の形成をめぐり、英独の研究者らが13日、こんな研究成果を発表した。
ブラックホールブラックホールは大質量の恒星が超新星爆発をおこし、自分の重みで極限まで収縮した状態の天体です。その強い重力により、光さえも脱出することはできず、宇宙の破壊者としてのイメージが強い天体ですが、それを覆すかのような研究結果が発表されました。

NASAのチャンドラX線観測衛星で、この銀河系の中心にある巨大なブラックホール「いて座A」を観測、その結果を英レスター大のセルゲイ・ナヤクシン博士らが解析しました。

すると、ブラックホールの周辺に、可視光による観測では発見できなかった太陽程度の小さな星が約1万個あることが判明。もし、これらの星が周りから吸い寄せられてきたとすれば、100万個程度は集まっているはずだとの理論的な推測から、これら1万個の星はブラックホールの周辺で生まれたと結論づけました。

ブラックホールの周辺には、膨大なガスが円盤状に集まっています。このガスの重力がブラックホールの巨大な重力と釣り合い、星が生まれやすい安定した環境になっているのではと研究チームは推測しています。

ナヤクシン博士は「驚くべきことに、ブラックホールが星の形成を手助けしている。星の構造も、これまで信じられていたより、粘り強いようだ」と話している。
ブラックホールのイメージががらりと変わってしまうかもしれません。

<参考>「ガンマ線バースト探査衛星を打ち上げ−ブラックホールの謎にもせまれるか

|

« まさに葉緑体を獲得しようとしている生物?−その名も「ハテナ」 | Main | ヒトの遺伝子のうち2割に特許 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/6403062

Listed below are links to weblogs that reference ブラックホールは破壊者でなく創造者?−ブラックホールが星を育てる:

» 第7回 ブラックホールって、どういう天体なの? [Science 科学をちょいびき!-choibiki's BLOG-ホンモノで学ぶ、英語を学ぶきっかけ探し]
光さえも逃げられない、何でも吸い込むといわれるブラックホール。そんなブラックホールは、空想物語だと思っていませんか。言葉は良く聞きますが、あまり理解されていないようです。今回はブラックホールを探ってみましょう。   星にも一生があります。もちろん、そのスケールは何億年という長さですが、ブラックホールは星の最後の段階です。星の一生を、人の一生に例えてみましょう。 http://aspire.cosmic-ray.org/labs/star_lif... [Read More]

Tracked on 2005.11.02 at 01:29 PM

« まさに葉緑体を獲得しようとしている生物?−その名も「ハテナ」 | Main | ヒトの遺伝子のうち2割に特許 »