« NEWS CLIP 05/10/19 | Main | NEWS CLIP 05/10/20 »

2005.10.20

古新聞で空気を綺麗に?

nikkeibpより「「空気清浄効果のある新聞用紙」、日本製紙と読売新聞が共同開発

日本製紙と読売新聞社は10月19日、光触媒である酸化チタンをコーティングした新聞用紙「光触媒新聞用紙」を開発したと発表した。直射日光のあたる場所に置いておくと、室内の空気に含まれるタバコ、汗、ペットの臭気などを除去、浄化するという。
光触媒とは光が当たると化学反応を促進する触媒となる物質です。その中でも特に多く用いられているのが酸化チタンです。

酸化チタンは昔から、白色のペンキや化粧品、また食品添加物として使われてきました。この酸化チタンが光触媒として働くと、汚れの分解や消臭・脱臭、抗菌・殺菌、空気中の有機化合物やシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの分解などの働きをもちます。

これは酸化チタンの表面に活性酸素が生じることによって起こるといわれていますが、はっきりとは分かっていません。しかし、その酸化作用とまた親水作用により、空気清浄機や建材など多くの分野で使用され始めています。

今回、日本製紙と読売新聞社は、化学反応によって紙自体の品質が劣化するという従来の光触媒技術にあった問題を解決。製品化に成功したということです。耐久性にもすぐれ、オフセット輪転印刷機による高速印刷も可能ということですので、本当に新聞紙としても使えるようです。

読売新聞社では日刊紙「読売新聞」の東京23区発行分に、同光触媒新聞用紙を使った別刷り広告特集を折り込む。また10月22日から日本コンベンションセンター(幕張メッセ)で開催される「東京モーターショー 2005」で同広告特集を約10万部配布する予定。
古新聞で空気の浄化ができるようになるんでしょうか。でも、コストが高そうです。なによりの問題は我が家は読売新聞をとってないことでしょうか(笑)

<参考>「ハイテクとローテク カイコから光触媒

|

« NEWS CLIP 05/10/19 | Main | NEWS CLIP 05/10/20 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/6481286

Listed below are links to weblogs that reference 古新聞で空気を綺麗に?:

« NEWS CLIP 05/10/19 | Main | NEWS CLIP 05/10/20 »