« September 2005 | Main | November 2005 »

2005.10.31

NEWS CLIP 05/10/30

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.10.30

NEWS CLIP 05/10/29

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.10.29

ウシの腎臓をサルに移植−急性拒絶反応はおきず

SankeiWebより「「異種移植」に成功 世界初、ウシ腎臓をサルに

ウシの腎臓をサルに移植する「異種移植」に、国内の研究チームが世界で初めて成功したことが27日、分かった。サルは、ほかの動物の臓器を移植すると、激しい拒絶反応が出て、臓器が機能せず、壊死(えし)してしまう。今回の研究では、移植した腎臓が機能したことが確認された。人でも激しい拒絶反応は起こり、人の異種移植への応用が期待される。
臓器移植の最大の問題は,移植に必要な臓器の不足です。異種移植とは人やサル、ウシなど違う種の動物の細胞や臓器を、ほかの種の体内へ移植することで、1992年には米国で、ヒヒの肝臓を人に移植し、患者は2ヶ月間生存したという例があります。

異種移植の最大の問題点は拒絶反応にあります。ヒトおよびサル以外の動物は「アルファガラクトース(αGal)」と呼ばれる異種抗原を持っています。一方、ヒトとサルはこの抗原に反応する抗体を持っているため、それらの動物の臓器をヒトやサルに移植すると旧姓拒絶反応が起きてしまいます。

今回、獨協医大の研究チームはαGalをつくり出す酵素の遺伝子を欠いたウシをつくり出しました。このウシは発育後間もなく死亡しましたが、死後に腎臓を摘出。カニクイザルに移植する手術を実施しました。

その結果、通常起こるはずの急性拒絶反応はおきず、尿もでたため腎臓が移植手術後も機能していることが明らかになりました。

ただ残念なことに、このサルも翌日死亡してしまいました。これは腎臓を摘出後、搬送に丸一日以上かかったため腎臓が痛んでいたのはないかと研究チームはみています。

沢田助教授は「今後はサルに移植する実験を繰り返し、どのような副作用が起きるかも検証していく必要がある。人への応用に向け、研究を進めていきたいが、早くても5年以上はかかるだろう」と話している。
もし異種間の臓器移植が行われるようになればずいぶん多くの人が助かることでしょう。

ただ、異種間の移植には未知の感染症が広がる可能性が指摘されています。この問題がクリアになるには長い時間が必要ではないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

風邪の予防は水でうがい!−うがい薬に予防効果なし?

Yahoo!NEWSより「水でうがい、風邪4割減 薬効果確認できず」(共同通信)

水でうがいすると、しない場合に比べ風邪になるのを4割近く抑える効果があるとの調査結果を京都大の川村孝教授(内科学)と里村一成助教授(公衆衛生学)らがまとめ、28日発表した。
うがいの効果を無作為で選んだ集団の比較で調べたのは世界で初めてということです。

調査では18歳から65歳の男女384人を、1日3回以上水でうがいするグループ、同様にヨード液でうがいするグループ、うがいをしないグループの3つに無作為で分け、冬(2003年12月から2004年3月)に風邪をひいたかどうかを調べました。

その結果、1ヶ月の発症率はうがいをしない人の26%に対し、水うがいは17%と低くなりました。年齢構成などを考慮して補正すると発症率は水でうがいをした人の方がしない人に比べて約4割低くかったとのことです。

一方、ヨード液でうがいをした人の発症率は24%で、うがいをしなかった人との差が認められませんでした。

水道水に含まれる微量の塩素の殺菌効果や、口をすすぎ病原体を吐き出した可能性が考えられるという。
うがい薬によるうがいが予防効果がないとは驚きです。風邪をひいた後の消毒効果はあるのかもしれませんが。

でも1日3回のうがいはちょっと面倒くさい(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/10/28

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.10.28

ツタンカーメンが飲んでいたのは赤ワイン

CNNより「ツタンカーメン王が飲んだワインは「赤」と、研究者

黄金のマスクで知られる古代エジプトのツタンカーメン王が飲んでいたワインの色は「赤」だったと、副葬品を調査していた研究者が26日、大英博物館で発表した。この時代の人物が飲んでいたワインの色が判明したのは、初めてとしている。
ツタンカーメンツタンカーメンは古代エジプトの新王朝時代、第18王朝の王で兄アメンホテップ4世の後をついで1358年に9歳で即位しました。18歳で亡くなったあと、彼は日常で使う品や食料とともに埋葬されました。

発掘された墓からは、ワインが入っていたと見られる壷も見つかっています。その壷には「Wine of the House-of-Tutankhamun Ruler-of-the-Southern-on, l.p.h (in) the Western River」とワインの名前、収穫年、ブドウの栽培者などが書き込まれていましたが、それが何色のワインであったかは、中身がすべて蒸発していたため分かっていませんでした。

スペイン・バルセロナ大学のマリア・ロサ・グアッシュ=ハーネ氏らの研究グループが、大英博物館とカイロのエジプト博物館が保管するつぼ2つに付着していた残留物を調査。
その結果、白ワインには含まれないシリンガ酸を検出したほか、当時のワイン作りの様子を描いた絵画ではワインが赤や紫に着色されていたことから、内容物は赤ワインと結論づけました。

グアッシュ=ハーネさんのグループは、ガスクロマトグラフィー質量分析法を利用した、つぼの残留物の研究結果を、昨年10月付の米科学誌「分析化学」に発表している。
他にも分析できそうなものはありそうです。

<参考>「ツタンカーメンの頭部を復元−なかなかの美男子です」・「CTスキャンによりツタンカーメンの撲殺説を否定」・「ツタンカーメンの死因を追求−呪われませんように(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

国際ハップマッププロジェクト成果発表

Asahi.comより「ヒトゲノムの個人差を網羅 日米英など解析

人のDNAには個人ごとにわずかな違いがあるが、DNAのどの場所に違いがあるかを多くの人で網羅的に調べたデータベースが日米英などの協力でできた。
「国際ハップマッププロジェクト」の成果の発表です。

「国際ハップマッププロジェクト」は体質の差を生む遺伝情報の違いが染色体上のどこにあるかを示す「地図」をつくる作業です。、アフリカ、アジア(日本人と中国人)とヨーロッパの人種についてDNAサンプルを集め、ヒトゲノムの90%をカバーする60万箇所の多型のパターン(ハプロタイプ)を特定し、ハプロタイプの地図「ハップマップ」を作成することを目的にしています。

ヒトゲノムは99.9%までは誰でも同じとされますが、残り0.1%の中に、遺伝情報を記す塩基の配列の1ヶ所が異なる部分(SNP)が散在し、それが体質などの個人差を決定すると注目されていました。病気へのかかりやすさや薬の効き具合などもDNAの1カ所の違い(一塩基多型)が関係していると考えられています。この違いを調べることで、体質に応じて副作用が出ない人だけに薬を投与するなど、遺伝情報に応じた治療を行うオーダーメード医療の基盤とすることができます。

このプロジェクトではDNA全ての違いを調べたわけではなく、DNAを構成する塩基の中で、個人差があると報告された個所約110万個を分析。個人差にはパターンがあり、全部を調べなくても、適切な代表個所を調べれば残りは予測可能になります。

今回の解析で「代表」を25万個に絞り込んだ。25万個を調べれば、日本や中国では個人差の98.5%を判別できることが分かった。米国で94.1%。ナイジェリアでは70.1%だった。結果はインターネット経由で公開される。
オーダーメード医療への大きな1歩です。

<参考>「体質の違いのデータベースほぼ完成−国際ハップマッププロジェクト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

写楽はやはり他の浮世絵師ではなかった

Asahi.comより「一目瞭然、目の描き方に違いはっきり 写楽と他の絵師

江戸時代中期の謎の浮世絵師「東洲斎写楽」と、3人の高名な浮世絵師が描いた絵の目の縦横比や黒目の割合などを数値化して比べたところ、かなり大きな違いがあることが、甲南大の辻田忠弘教授(感性情報処理)の研究室のコンピューター分析でわかった。
写楽東洲斎写楽は、1794年(寛政6年)に登場し、95年にかけての10ヶ月間に役者絵を中心としておよそ140点の作品を発表し、その後忽然と消息を絶ちました。大正時代にドイツの美術研究家クルトが、写楽はレンブラント、ベラスケスと並ぶ三大肖像画家と激賞し、日本でも再評価されるようになりましたが、この「写楽は誰か」というのが浮世絵研究上最大の謎でした。

特に版元の蔦屋重三郎が無名の新人の絵を出版したのはなぜか、短期間に活動をやめてしまったのはなぜか、などといった点が謎解きの興味を生み、「写楽別人説」もいろいろな方面から唱えられてきました。

写楽別人説の主要なものは浮世絵師の葛飾北斎、喜多川歌麿、作家十返舎一九などですが、現在は「阿波藩蜂須賀侯のお抱えの能楽師・斉藤十郎兵衛だったのでは」という説が有力視されています。

辻田教授らは、写楽の絵の最大の特徴は目の描き方にあるとして、写楽、北斎、豊国、歌麿の4人が描いたそれぞれ7−10人の男性の目の縦の長さの横の長さに対する割合、黒目の幅の割合などのデータを数値化して比較。

その結果、目の縦横比と黒目の割合の平均値を比べると、写楽はそれぞれ0.61、0.37と丸っぽく黒目が大きかったのに対し、北斎は0.31、0.39と細長くて黒目が大きく、豊国は0.50、0.20と丸っぽくて黒目が小さく、歌麿は0.17、0.28と細長くて黒目が小さいという特徴が明らかになりました。

辻田さんは「4人が描く目には数値的に大きな違いがあり、3人が写楽と同一の絵師とは考えにくい」と言う。
東洲斎写楽が斉藤十郎兵衛だったというのはほぼ確実だと思われますが、なぜこのような短期間だけ活動したかなど謎はまだまだつきません。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

NEWS CLIP 05/10/27

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.27

慶応大に入試センター案内ロボット登場

YomiuriONLINEより「入試案内ロボット、慶大三田キャンパスにお目見え

慶応大学の入試情報などを対話形式で提供したり、資料のある場所まで案内したりする受け付けロボット「KEITA」が26日、東京都港区の同大三田キャンパス入学センターでお披露目された。
KEITAこの自律移動型ロボットは「KEITA」といい漢字では「慶大」と書くようです(笑)

製作は村田機械。

身長約120cmで、底面のローラーで移動します。来場者を感知すると、自ら来場者へ向かって進み、自己紹介をした後に、大学や受験、見学に関するご質問に対話形式で応答。また、室内を移動しながら、入学センター内にある昨年度の入試問題、ガイドブック、大学紹介ビデオなどをご案内します。案内終了後は自らの席に戻り、充電を行うとのこと。

ただ「KEITA」は受付ロボットの製品化というわけでなく、研究用のプラットフォームであるということで、理工学部の研究室と連携し、これからもどんどんと進化をとげていく予定だとのこと。現在は,日本語のみですが,今後は英語など多言語化を目指しているようです。

毎週火曜〜金曜日がKEITAの“出勤日”になっている。
現在、理解できる単語は約2500とのことですが、来年、再来年とますます進化してくのでしょう。でもなによりもまず、この外観を進化させて下さい(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/10/26

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/10/26

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.26

NEWS CLIP 05/10/25

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.25

究極のミニカー?

CNET Japanより「世界最小の「ナノカー」--米ライス大学が開発

米ライス大学の研究者らが、究極のハイテクカーを開発した。比較的少ない数の炭素原子でできたこの車両は、硬い金でできた道の上を走行する。
ナノカー8年がかりで開発されたこの究極のミニカー(?)は、全長が3−4ナノメートル。人間の髪の毛が約8万ナノメートルですから、その小ささは驚きです。

シャシーはH型に組み立てられた炭素原子でできています。4つの車軸の先端には、フットボール型のC60分子から作られたボールのような車輪が取り付けられています。

このナノカーは金箔の上を車輪を回して走ることに成功しました。電界などの手段を用いて方向を変えることも可能だということです。

このナノカーとは別に荷物を運べるナノトラックも存在するようです。また、将来登場するナノカーはフォトンを動力にしたエンジンで進むようになるほか、いくつかの分子の貨車でできた一種のナノ列車も登場することになっているとのこと。

「われわれは、Mini Cooperのようなナノカーもつくった。これの大きさは縦横とも2ナノメートルだ。また6輪のバージョンもある」と、同大学で化学、機械工学、素材化学、コンピュータ科学を教えるJames Tour教授は述べている。
ナノ素材を運ぶのにナノ列車が使われるようになるのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オキシトシン不足は攻撃性を高め協調性をなくす

Yahoo!NEWSより「「オキシトシン」不足、協調性に影響 東北大、マウスで確認」(河北新報)

東北大大学院農学研究科の西森克彦教授(分子遺伝学)らのグループは、オキシトシンというホルモンが機能しなくなると、コミュニケーション能力が低下して異常行動を起こすことを、マウスの実験で確認した。オキシトシンは協調性などの社会的規範を維持する役割を担っていると推測され、医学分野への応用も期待される。
オキシトシンは下垂体後葉から分泌されて,子宮の収縮と射乳を引き起こすホルモンです。このオキシトシンは動物実験で母親と子どもの絆をささえる物質であることはわかっています。ヒトでも信頼感を強める効果があるようです。

このオキシトシンを抑制すると攻撃性が高まるというのが今回の実験結果です。

研究チームはオキシトシンの働きを調べるため、オキシトシン受容体を欠損させたマウスと通常のマウスで、さまざまな行動を比較。その結果、欠損マウスでは「雌が離れた場所の子を巣に連れ帰る時間が4倍かかった」「雄が他の雄にかみつく回数が8倍になった」「同じかごに入れた相手マウスを見極めにくくなる」「子が母を求めて泣く回数が9分の1以下に減った」といった異常行動を把握したとのこと。

保育行動の減退や攻撃性の向上、相手の認識低下などは、コミュニケーション能力が低下したためとみられ、グループは「オキシトシンが共存姿勢や社会的な相互関係を形成する重要な役割を果たしている」と考えています。

オキシトシンが発現する場所や量は個体差があると考えられることから、グループはその差が親しみやすさなどの性格の違いを決定付けている一因ではないかと推論し、今後も裏付けるために研究を進める考え。
やはりオキシトシンは相互の信頼関係にとって非常に重要なホルモンのようです。

<参考>「人を信頼させるホルモン発見−悪用されませんように

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/10/24

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.24

NEWS CLIP 05/10/23

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.23

授乳中の除去食は効果なし?−卵や牛乳を摂取した方がアレルギーが少ない!

毎日新聞より「疫学調査:子供のアレルギーやアトピー、授乳中の食品で減少−−従来の説覆す?

授乳中の母親が卵や牛乳を多く摂取するほど子供に卵・牛乳アレルギーが少なく、アトピー性皮膚炎は、揚げ物など油脂を多く含む食品を多く食べた母親の子供ほど少ないことが、国立成育医療センター研究所(東京都世田谷区)の疫学調査で分かった。盛岡市で開催中の日本アレルギー学会で22日に発表する。
授乳中の母親の食べたものは母乳の中にあらわれるため、乳児にアレルギー反応があるときは、卵や牛乳、大豆油などの摂取は避けたほうがいいともいわれます。

妊娠中及び授乳中の母親に卵の摂取を制限しておくと、日本人に多い小児の卵アレルギー患児の発生率が低下するという報告もあります。しかし、この報告については否定的な見方も多くありました。

今回、研究チームは広島市内の小学2年生のうち、母乳だけで育った子供約3600人について、授乳中の母親の食事と、子供のアレルギー発症歴の関係を調べました。

その結果、授乳中に母親が卵を食べていなかった子は74人で、約26%が卵アレルギーと診断された経験があったのに対し、卵を食べていた母親の子3528人のうち、卵アレルギー歴のある子は7.4%(262人)で約4分の1にとどまりました。また、牛乳アレルギーでは、授乳中に牛乳を飲んでいた母の子の発症経験率は約2%で、飲まない母の子の半分以下だったとのことです。

アトピー性皮膚炎についても、揚げ物、スナック類、ファストフードを、どれも授乳中に全く食べなかった母の子の発症経験率が約25%だったのに、少しでも食べていた母の子は、約18%にとどまりました。

授乳中に卵や牛乳を摂取しているほどアレルギーは少なく、揚げ物を食べていた方がアトピーが少ないという、いわゆる除去食によるアレルギー予防の目的とは全く逆の結果となりました。

松本室長は「揚げ物などについては、多く食べることを勧めはしないが、母親が食事制限しても子供のアレルギー予防にはなりにくいとみられる」と話している。
食べ過ぎはよくないでしょうが、除去食など気にしない方がいいのかも。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/10/22

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.22

薬用石鹸の殺菌効果は普通の石鹸と変わらない?

YomiuriONLINEより「「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA

米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は20日、「抗菌」をうたうせっけんや洗浄剤などの商品に、普通のせっけんを上回る感染症予防効果はないとする見解をまとめた。
手洗い抗菌性の石鹸や食器洗剤は多くの種類が発売されています。しかし、FDAの諮問委員会のメンバーは投票により賛成11、反対1で抗菌石鹸や洗剤が通常の石鹸にくらべても何らメリットを認められないと結論づけました。

細菌などが起こす感染症は、通常のせっけんと水による手洗いでかなり予防できるが、抗菌商品にそれを凌駕(りょうが)する特別な効果があるとは確認できなかったということです。

FDAの諮問委員会は石鹸業界に対し、抗菌石鹸が有効であるというデータを提出するように求めましたが、有効性の認められるデータが提出されなかったということで、引き続きデータの提出を求めていく考えを示しています。

また、細菌の活動を抑える目的で抗菌商品に含まれる「トリクロサン」などの化学物質について、「耐性を持つ細菌を生み出す恐れがある」と警告、安易な利用を戒めている。抗菌商品は日本でも人気があり、トリクロサンも「殺菌成分」として多くの商品に含まれている。
日本で売られている薬用石鹸などもトリクロサンを含んでいるものが多いですが、さて・・・。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

早めに引退した方が早死にする?

Exciteニュースより「早めの退職、長生きにつながらず=米研究者チーム

早めの退職と長生きの間には相関関係がないとする調査研究を、米国の研究者チームがブリティッシュ・メディカル・ジャーナル誌のオンライン版で発表した。
早めにリタイアして、悠々自適の生活を送る方が長生きするという印象がありますが、それとは逆の研究結果です。

研究チームはシェル石油の元従業員たち3500人を最高26年間に渡って追跡しました。

その結果、55才で引退した人は平均して72才まで生きました。しかし、60才で引退した人は平均76才、65才で引退した人は平均80才まで生きたとのことです。

55才で引退した人と65才で引退した人の間には経済的な格差がありますが、それを考慮しても55才で引退した人の方が早死にする傾向は明らかだったようです。

同研究者チームの1人であるシャン・ツァイ氏は、「55歳または60歳で退職したグループが長生きする確率は、65歳で退職したグループと比べて決して良くはなかった。むしろ、退職時の年齢が上がるほど死亡率は低くなるという結果が出ており、それは高所得層でも低所得層でも同じだった」と指摘した。
早めに引退できるものならしたいんですが、こういう結果を見ればどっちがいいんでしょうか(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/10/21

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.21

月でも酸素が手に入る!

YomiuriONLINEより「月面にチタン鉄鉱、NASA観測…酸素の供給源に期待

米航空宇宙局(NASA)は19日、月面には、酸素を含んだチタン鉄鉱が広く分布している可能性が高いとする観測結果を発表した。ハッブル望遠鏡の高性能カメラによる初の紫外線観測で明らかになった。
月酸素の供給源と考えられているのはチタン鉄鉱(イルメナイト)。チタン鉄鉱に水素を加え、900度程度に加熱することなどで酸素を取り出すことができます。チタン鉄鉱は米アポロ計画で持ち帰られた月の砂にも10−15%含まれており、月における有力な酸素供給源と考えられていました。

今回、ハッブル望遠鏡の紫外線カメラで1971年と72年に月に着陸したアポロ15号、17号の着陸地点と、これまで詳しく探査されていなかった「アリスタルコス」といわれるクレーターの周辺を探査。

その結果、クレーターの周辺と17号の着陸地点付近でチタン鉄鉱と考えられる鉱物の分布を発見しました。

アリスタルコスは数億年前にいん石の衝突でできた比較的若いクレーターで、周辺地域は過去に激しい火山活動があったと考えられています。

倉本圭・北海道大院助教授(地球惑星学)の話「酸化チタンが月面に広く存在することは予想されていたが、高精度で確認できたことは有人探査に有益なデータとなるだろう。酸化チタンからは酸素を取り出しやすく、大量に存在するならば有効な供給源になる」
NASAは賞金をかけたセンテニアルチャレンジとして、月の砂から効率的に酸素を取り出す方法を公募しています。

将来的に月面を基地として火星への有人飛行を考えているNASAとしては酸素やロケット燃料の供給源となる可能性のある物質の発見は非常に心強いことでしょう。

08年には無人探査機「LRO」を打ち上げ、周回軌道から詳細に月面の観測を行う予定のようです。

<参考>「NASAの始めた懸賞金付きコンテスト−今度は月の石から酸素を取り出します

| | Comments (3) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/10/20

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.20

古新聞で空気を綺麗に?

nikkeibpより「「空気清浄効果のある新聞用紙」、日本製紙と読売新聞が共同開発

日本製紙と読売新聞社は10月19日、光触媒である酸化チタンをコーティングした新聞用紙「光触媒新聞用紙」を開発したと発表した。直射日光のあたる場所に置いておくと、室内の空気に含まれるタバコ、汗、ペットの臭気などを除去、浄化するという。
光触媒とは光が当たると化学反応を促進する触媒となる物質です。その中でも特に多く用いられているのが酸化チタンです。

酸化チタンは昔から、白色のペンキや化粧品、また食品添加物として使われてきました。この酸化チタンが光触媒として働くと、汚れの分解や消臭・脱臭、抗菌・殺菌、空気中の有機化合物やシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの分解などの働きをもちます。

これは酸化チタンの表面に活性酸素が生じることによって起こるといわれていますが、はっきりとは分かっていません。しかし、その酸化作用とまた親水作用により、空気清浄機や建材など多くの分野で使用され始めています。

今回、日本製紙と読売新聞社は、化学反応によって紙自体の品質が劣化するという従来の光触媒技術にあった問題を解決。製品化に成功したということです。耐久性にもすぐれ、オフセット輪転印刷機による高速印刷も可能ということですので、本当に新聞紙としても使えるようです。

読売新聞社では日刊紙「読売新聞」の東京23区発行分に、同光触媒新聞用紙を使った別刷り広告特集を折り込む。また10月22日から日本コンベンションセンター(幕張メッセ)で開催される「東京モーターショー 2005」で同広告特集を約10万部配布する予定。
古新聞で空気の浄化ができるようになるんでしょうか。でも、コストが高そうです。なによりの問題は我が家は読売新聞をとってないことでしょうか(笑)

<参考>「ハイテクとローテク カイコから光触媒

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/10/19

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.19

マンモスの絶滅の原因は超新星爆発?

AstroArtsより「マンモスを絶滅に追いやったのは超新星爆発だった!?

4万1千年前の超新星爆発によって、1万3千年前にマンモスが絶滅したかもしれない。このような研究結果をアメリカ・カリフォルニア大学のバークレー研究所などの研究グループが発表した。
マンモス約500万年にアフリカで現代のゾウの祖先は大きく3つに分かれました。アフリカゾウの仲間、インドゾウの仲間、そしてマンモスです。しかしこのうちマンモスだけが約4万−数千年前に絶滅してしまいました。

原因ははっきりと分かっていませんが、気候の変動による植物相の変化やヒトの狩猟による乱獲、伝染病などの説が有力です。

しかし、ここでカリフォルニア大の研究グループにより、「超新星爆発」が原因だとする新たな説が発表されました。

その証拠としてあげられているのが、1万3000年前の北アメリカの9ヶ所の遺跡から発見された磁性を帯びた小さな金属球です。この金属球に含まれる金属は、地球上では珍しいものでした。これは超新星爆発により生じた彗星が1万3000年前に北アメリカを襲ったことによるものではないかと研究チームは考えています。

これらの遺跡から発掘された石器に放射性同位元素の「カリウム40」が多く含まれていたことも、この仮説の裏付けと研究チームは考えています。カリウム40はとりわけ超新星爆発で多く作られ、時間とともに崩壊します。太陽系にはあまり残っていない元素です。

マンモスがなぜ絶滅したのか、決定的な説はないし、「超新星爆発の影響」という説明も、複数の「状況証拠」のみで、非常に有力とは言い難い。しかし、もし本当だとしたら、さすがの大きなマンモスも、超新星爆発のワンツーパンチの前にはたまらずノックアウトされたというわけだ。
研究チームは他にも4万1000年前、3万4千年前などの地層から超新星爆発の痕跡を発見しています。

マンモスの絶滅につながるかはともかく超新星爆発の残骸が地球を襲ったことは確かかもしれません。

<参考>「マンモスのルーツが明らかに−ミトコンドリアDNAを全解読」・「マンモスの絶滅は寒冷化のせい−ゴンとドテチンのせいではありません(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/10/18

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.18

ES細胞の倫理的問題を克服できる?

毎日新聞より「ES細胞:米チームのマウス実験 受精卵を壊さず作成

1個の受精卵から、正常な赤ちゃんと、どんな細胞にも成長できる万能性を持った胚(はい)性幹細胞(ES細胞)の両方を得ることに、米バイオ企業「アドバンスト・セル・テクノロジー」やウィスコンシン大などの研究チームがマウスの実験で初めて成功した。英科学誌ネイチャー(電子版)に16日発表した。
ES細胞ヒトのクローン胚から胚性幹細胞(ES細胞)を作り、再生医療に使う際に生じる倫理的問題を解決できる可能性を秘めた技術が、同時に2つ発表されました。

米国のベンチャー企業、アドバンスト・セル・テクノロジー社(ACT)などの研究チームは受精卵を壊さずにES細胞を作る技術を発表しました。マウスの受精卵が8つの細胞に分裂した8細胞期に、一つの細胞をとりだし、別のES細胞と一緒に数日間培養。すると細胞は未分化な状態を保ったまま分裂を続け、神経細胞や骨、心臓の筋肉細胞などに分化する新たなES細胞ができたとのことです。

一つの細胞をとりだした後の受精卵を代理母役のマウスの子宮にしれると、妊娠し、正常な赤ちゃんが誕生。

赤ちゃんとES細胞はもともと同じ受精卵から育ったことから遺伝子は同じ。このためES細胞を凍結保存しておけば、将来、けがや病気で治療用の細胞や移植用の臓器が必要になった場合に、拒絶反応なく利用できることになる。
また、kこれとは別に、マサチューセッツ工科大(MIT)の研究チームはクローン個体誕生を防止する技術を開発し発表しました。

クローン胚は、核を抜いた卵に体細胞を移植してつくります。これを培養すると胚性幹細胞になりますが、この卵を仮親の子宮で育てるとクローン動物になります。

研究チームははマウスの細胞を取り出し、「Cdx2」という遺伝子を操作し、クローン胚を子宮に移植しても胎盤ができず子として生まれないようにしたのち卵子に移しました。できた胚を仮親の子宮に戻しても着床しなかったとのこと。

一方、胚の内部の細胞を特殊な条件で育てるとES細胞ができ、普通のES細胞と同様の能力を持っていたということです。

受精卵から胚性幹細胞を作る方法は、将来に命として生まれるべき受精卵を壊しているという批判がありますし、クローン胚はクローン人間誕生などの危険性を秘めています。今回マウスで開発された新技術をヒトでも実現できればES細胞に科された規制も緩和されるかもしれません。

| | Comments (444) | TrackBack (3)

賢い子どもを生むには水銀を含まない魚を食べるとよい?

nikkeibpより「妊娠中に水銀が少ない魚をたくさん食べると子供が賢くなる、米研究

新たな研究の結果、妊娠中に魚の摂取量が多いほど、生後6カ月時の子どもの認知能力が高く、水銀摂取量が多ければ、逆に認知能力は下がることがわかった。
魚介類には有機水銀が含まれている可能性がある一方、エイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸といった有益な成分も含まれています。

また、妊娠中に食品を介して水銀を摂取した母親から生まれた子供の発育や認知能力は、そうでない子供に比べると劣るという報告もありますが、それを否定するデータもあり、議論は続いています。

この研究では、135組の母子について妊娠中の魚介類の摂取量と生まれた子どもの生後半年の時点での認知能力の関係について調べました。

その結果、魚の摂取量が多いと産児の認知能力も高いことが示されたということです。しかし、体内に摂取する水銀量が増加した場合は逆に認知能力が低下したことも明らかになりました。

一般に、魚介類の有益な脂肪酸の量と水銀含有量は相関しています。研究チームは、水銀が少なく有用な脂肪酸が多いと考えられるビンナガマグロの缶詰やイワシなどを勧めています。

米Harvard大学のEmily Oken氏らが、Environmental Health Perspectives誌2005年10月号に報告した。
妊婦にとっては気になる情報ですが、気にしすぎるのもよくないかと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カーボンナノチューブの爆弾でがん細胞を爆破!

BioTodayより「光を当てて熱すると爆発するカーボンナノチューブ

光を当てて熱すると爆発するカーボンナノチューブ(ナノ爆弾)が開発されました。Thomas Jefferson University in PhiladelphiaのBalaji Panchapakesan等による研究成果です。
ナノ爆弾研究チームはドラッグデリバリー、いわゆる薬をがん細胞や病巣に直接届けるための媒体としてカーボンナノチューブに着目し、研究していました。

その研究途中に偶然発見されたのがナノ爆弾です。爆弾はカーボンナノチューブを束にすることで作られます。このナノチューブの束にレーザー光をあてるとナノスケールの爆発が起こりました。

研究チームはこの爆弾をがん細胞の除去に使えるかもしれないと考えています。特に乳がんの治療に役立つのではとのことです。実際にリン酸塩、塩をふくむ水中でも爆発を再現することができました。

癌細胞をターゲットにした抗体などとの組み合わせにより、癌治療に応用可能です。
がん細胞に選択的にとりつくことができれば、ほとんど痛みもなく外科的な処置ができるかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/10/17

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.17

NEWS CLIP 05/10/16

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.16

NEWS CLIP 05/10/115

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.15

ヒトの遺伝子のうち2割に特許

Yahoo!NEWSより「人間の遺伝子、2割に特許 米国内の登録を調査」(共同通信)

人間の遺伝子の少なくとも18・5%について、米国の企業や大学などに特許が認められていることが、米マサチューセッツ工科大の研究グループの調査で判明。14日付の米科学誌サイエンスに発表された。
特許とは、ある技術を発明・考案した人がその技術を占有できるようにするシステムですが、遺伝子情報を解析し、その解析データから独自の機能を発見したときも、特許として認められるようになっています。

遺伝子の特許自体は70年代から存在します。特定の遺伝子情報を解析し、どういうタンパク質をどのように生み出すかなどの機能が明らかにされれば、「医学上有用性あり」とされ特許と認定されます。

当然、人類共通の財産である遺伝子情報を特許とすべきでないとの声も多く、こちらの方が多数派かもしれません。遺伝子情報による治療という面から見ても、特許などない方が有益なのかもしれません。

しかし一方、企業側が特許による利益があるがゆえに、遺伝情報の解析を進めていますし、それがヒトゲノムの解析にも大いに役立っていることは間違いありません。ベンチャー企業の中には、投資家から資金を集め遺伝子情報の解析事業に乗り出しているところも多くあります。

米国は特に、戦略的な遺伝子情報の解析が進んでいたことと、なにより遺伝子特許の取得基準が緩やかなため遺伝子特許が多く出願されています。

研究グループによると、米政府の遺伝子データベースに登録されている約2万4000の遺伝子のうち、18.5%に当たる4382の遺伝子について、計4270件の特許が認められていました。
 特許を持っていたのは約63%が民間企業で、約2000の遺伝子に関する特許を持つ会社もあったようです。大学が保有する特許は28%にすぎませんでした。国別の特許保有率では米国が78%、日本は4%だったとのこと。

遺伝子の特許については、自由な研究が妨げられる危険や、商業利用が過熱することへの懸念が出ており、今後、議論を呼びそうだ。
僕らは特許を身にまとって歩いているようなものですか(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラックホールは破壊者でなく創造者?−ブラックホールが星を育てる

Asahi.comより「ブラックホールが星を育てる 英独の研究者ら観測

ブラックホールが星を育む――星の形成をめぐり、英独の研究者らが13日、こんな研究成果を発表した。
ブラックホールブラックホールは大質量の恒星が超新星爆発をおこし、自分の重みで極限まで収縮した状態の天体です。その強い重力により、光さえも脱出することはできず、宇宙の破壊者としてのイメージが強い天体ですが、それを覆すかのような研究結果が発表されました。

NASAのチャンドラX線観測衛星で、この銀河系の中心にある巨大なブラックホール「いて座A」を観測、その結果を英レスター大のセルゲイ・ナヤクシン博士らが解析しました。

すると、ブラックホールの周辺に、可視光による観測では発見できなかった太陽程度の小さな星が約1万個あることが判明。もし、これらの星が周りから吸い寄せられてきたとすれば、100万個程度は集まっているはずだとの理論的な推測から、これら1万個の星はブラックホールの周辺で生まれたと結論づけました。

ブラックホールの周辺には、膨大なガスが円盤状に集まっています。このガスの重力がブラックホールの巨大な重力と釣り合い、星が生まれやすい安定した環境になっているのではと研究チームは推測しています。

ナヤクシン博士は「驚くべきことに、ブラックホールが星の形成を手助けしている。星の構造も、これまで信じられていたより、粘り強いようだ」と話している。
ブラックホールのイメージががらりと変わってしまうかもしれません。

<参考>「ガンマ線バースト探査衛星を打ち上げ−ブラックホールの謎にもせまれるか

| | Comments (0) | TrackBack (1)

まさに葉緑体を獲得しようとしている生物?−その名も「ハテナ」

Asahi.comより「不思議な微生物、藻食べて植物に大変身 名は「ハテナ」

緑藻の仲間を細胞内に取り込み、光合成能力を獲得する不思議な単細胞生物を、筑波大の岡本典子さんと井上勲教授が和歌山県と福岡県の砂浜で見つけた。「ハテナ」と名付けた。
ハテナこの微生物は単細胞の鞭毛虫の一種で、体長は30ミクロン程度。和歌山県の砂浜で偶然見つかりました。

もともと無色である「ハテナ」ですが、口のような捕食器官をもり、特定の藻類を細胞内に捕らえます。この藻類は細胞内で共生、緑色となった「ハテナ」からは口がなくなり、光合成をするようになります。

さらに、緑色をした「ハテナ」は、細胞分裂をすると緑色の個体と無色の個体に分かれます。共生していた藻類は緑色の個体にのみ受け継がれ、無色の個体にはやがて口ができ、再び藻類を取り込むようになります。

同じ生物であるのに、細胞分裂後は一方が植物のように光合成を行い、もう一方は動物のように捕食するという実に興味深い生態をもっています。

一般の植物で光合成を担っている葉緑体は、太古には独立した藻類だったとの学説が有力。ハテナの発見は、植物の祖先が藻類を取り込んでいった様子をうかがわせるものだ。
海洋微生物が進化する過程では、鞭毛虫のような微生物が藻類を取り込み、これが葉緑体のもとになったと考えられています。この「ハテナ」は細胞内共生により葉緑体を獲得するプロセスを再現した生物かもしれません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/10/14

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.10.14

世界最古の麺?−やはり中国4000年の歴史か

YomiuriONLINEより「世界最古の麺、中国・青海省の遺跡で発見

中国・青海省の新石器時代の遺跡から「世界最古の麺(めん)」が見つかり、中国科学院が13日付の英科学誌ネイチャーで発表した。
出土した麺麺の発祥については詳しくわかっていません。中国では、漢の時代(紀元前202−後220)のいくつかの文献に「餅(びん)」という記述があります。しかし、それ以前にもイタリアが発祥であるという説や、アラビア由来であるという説などがあります。

今回、中国科学院のチームは、中国青海省の喇家遺跡で出土した土器の底から長さ50cm、直径約3mmの麺と思われるものを発見しました。これを放射性同位炭素による年代測定にかけたところ、約4000年前のものと判断されました。

現在、麺は小麦から作られることが大部分ですが、この麺はアワとキビでできており、碗に湯を入れて煮て食べていたと考えられます。

この遺跡は約4000年前に黄河の洪水などで埋まったとされ、“中国のポンペイ”とも呼ばれる住居跡。
この遺跡は地震のあとの突然の洪水によって滅びたと見られています。今回の麺のはいった土器も、人骨のすぐ横から見つかりました。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

グレープフルーツの香りは脂肪の燃焼を助ける?

SankeiWebより「グレープフルーツの香りで脂肪燃焼 阪大研発表

グレープフルーツの香りをかぐことで脂肪が燃焼されることが、大阪大蛋白質研究所の永井克也(ながい・かつや)教授(神経科学・生化学)らの研究で裏付けられ、13日、札幌市で開催されている日本肥満学会で発表された。
グレープフルーツグレープフルーツでダイエットというのも注目されているようですが、それを裏付ける発表です。
研究チームはグレープフルーツから抽出した精油を10分間、実験用ラットにかがせました。すると、脂肪が分解され血中のグリセロール濃度が2倍以上になったとのこと。また、体温が上昇し脂肪が燃焼されていることが分かったそうです。

また、ラベンダーの香りは正反対の作用を及ぼし、脂肪を蓄積させることも、同じ研究で明らかになりました。

グレープフルーツの香りは交感神経を活性化します。交感神経が活発になると、全身が活性化され体はエネルギーを多く作り出そうとし、脂肪を分解します。一方、ラベンダーの香りは副交感神経を刺激するようで、反対に脂肪を蓄積する作用があります。

肥満になる人は自律神経の働きが弱いとの説もあります。

永井教授は「体温が上がることなどは人間でも分かっている。ただ、体内時計が乱れると効果がなくなるので、規則正しい生活を送ることが大切。またかぐ量にも注意する必要がある」と話している。
匂いをかぐだけでダイエットなんて夢のようですが(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

森林浴は抗ガン作用を高める?

Asahi.comより「抗がん力持つ細胞、森林浴で機能向上 森林総合研究所

森林浴をすると抗がん能力が上がるとの研究成果を農林水産省系の独立行政法人・森林総合研究所がまとめた。森林浴の新たな一面として、注目を浴びそうだ。
東京都内の企業に勤める37−55歳の男性会社員12人を対象にした実験の結果です。12人はそれぞれ残業や通勤時間が長いなど、高いストレスにさらされていると考えられている人たちです。9月2日から3日間、長野県飯山市内の森林に滞在しました。

近くの森林遊歩道(2.5km)を初日に1回、2日目に2回歩いてもらい2日目、3日目の計3回血液を採取。

これをふだんの状態と比べたところ、がん細胞を破壊するナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活性が、2日目で平均26.5%、3日目で平均52.6%上がったとのことです。また、血中のNK細胞の数や、NK細胞が出す抗がんたんぱく質も増えていました。

NK細胞はTリンパ球でもBリンパ球でもない第3のリンパ球といわれています。体内でウイルス感染細胞をやっつけたり、腫瘍細胞をやっつけたりする働きをもちます。

研究チームは、樹木が発散するフィトンチッドが緊張をほぐし、NK細胞の働きを抑えるストレスを低下させたと推測しています。

森林総研が日本医大公衆衛生学教室のチーム(責任者=李卿・講師、川田智之・教授)に委託した研究で、林野庁が13日午後、発表する。
仕事を休んでのんびりしたらストレスもなくなり、森林でなくても効果が出そうではありますが(笑)

<参考>「熊野古道を歩くとストレスが解消される

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/10/13

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.13

NEWS CLIP 05/10/12

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.12

JAXAが超音速旅客機の実験に成功−東京NY間が6時間程度に(ただし15年後)

Asahi.comより「「次世代」超音速旅客機の飛行実験、宇宙機構が成功

次世代の超音速旅客機の開発を目指して、宇宙航空研究開発機構(宇宙機構)は10日、オーストラリアのウーメラ飛行実験場で、小型実験機の飛行実験を行い、成功した。
NEXST-1この実験は次世代の超音速旅客機の開発に向けた実験です。

実験では、小型の無人実験機NEXST-1(全長11.5m、全幅4.7m、重さ2t)をロケットにのせて打ち上げ、高度19kmでロケットから分離しました。

分離された実験機は、マッハ1.9−2で約15分間、グライダーのように滑空した後、打ち上げ場から約15km離れたところにパラシュートを開いて着地しました。

最高速度で滑空していたのは約70秒間。この間に空気抵抗など約800点のデータ収集に成功したとのことです。このデータはスーパーコンピュータで設計された今回の機体の設計が適切だったかの検証などに使用されます。

実は今回の実験は2回目になります。JAXAは1機11億円の機体を2機製作。このうち1機を02年7月に打ち上げましたが、ロケットの誘導制御装置がショートして墜落しました。今回はさらに6億円かけて改造した機体での再チャレンジです。

坂田公夫理事は「計画通りデータが取得でき、技術開発に大きな一歩を踏み出せた」と話した。
超音速旅客機が実用化されれば、東京―ニューヨーク間の飛行が現在の約半分の6時間以下に短縮されるといわれています。しかしJAXAによれば実用化にはまだ15年ほどかかるとのこと(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無人自動車みごとに210kmを走破!

CNNより「ロボット運転の車、砂漠レースで初完走 米軍が賞金

ロボットが運転する車両23台を集めた自動車レースが8日、米モハベ砂漠で開かれ、4台が見事に完走した。大きな落差や障害物、トンネルなどがある道路を克服し、画期的な技術進歩を成し遂げた。このレースには、軍車両への技術活用を目的に、米国防総省が賞金を出している。
Stanley今年も「DARPAグランド・チャレンジ」が8日、ネバダ州の砂漠で行われました。

このレースは、国防総省がバックアップして行われています。目的は戦闘地帯で米軍への物資供給に使えるような無人自動車の開発です。

全くの無人の自動車が坂道や谷間、岩場などを通り抜け人工的に設けられたトンネルなどの障害物を乗り越えて全長210kmのコースを10時間以内で走破しなければいけません。

昨年開催された大会では210kmどころか、最長走破の車でも12kmほどしか走ることができませんでした。

しかし、今年の大会ではなんと4台が10時間以内に完走。10時間以上かかりましたが他の1台も完走に成功しました。

予選を勝ち抜いた23チームの中で優勝したのはスタンフォード大学のスタッフや学生によるベンチャー「スタンフォード・レーシングチーム」の「Stanley」で、132マイル(約212キロ)の距離を6時間53分58秒で走破しました。「Stanley」はVWの「トゥアレグR5」をベースに、GPS、車輪の回転数などの内部情報、レーザーやカメラ、レーダーシステムを駆使して、自律走行を実現しています。処理ユニットには6台のPentium M搭載コンピュータを用いているとのこと。

その他、カーネギー・メロン大学のレッドチームの「Sandstorm」が2位。同大学のレッドチームツーの「H1ghlander」が3位、グレイ・インシュランス社の「Kat-5」が4位でした。

スタンフォード大チームは、開発した技術は国防総省の目標実現に貢献するとした一方、同時に、数年以内により安全な車を製造することにも貢献するとしている。
優勝賞金は200万ドルだそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

エベレストは3.7mも低かった?

CNNより「エベレストの高さは8844.43メートル 中国が測定

中国の国家測量局は9日、世界最高峰のエベレスト(中国名:チョモランマ)の高さは今年5月から行った測定の結果、これまでの公表値より3.7メートル低い、8844.43メートル(誤差0.21メートル)だったと発表した。
エベレストエベレスト(チョモランマ)の標高は過去にもいろいろと変わってきています。エベレストが世界最高峰とされたのは19世紀半ばにインド測量局が測量し、8840mを標高として定めて以来のことです。エベレストという名も、その当時の測量局長官の名にちなんでいます。

その後、1954年にはインド測量局が周辺12ヶ所による測定を平均して8848mの値を出しました。長い間、これが公式のエベレストの高さとされてきましたが、1975年には、中国政府が雪面を含む標高を8849.05mと発表。このうち積雪92cmを除いた8848.13mを標高としました。

しかし1999年、米地理学協会は、GPSを利用した精密観測で8850mと発表しています。

今回は、GPSを利用したほか、5月に測量隊員が登頂し特殊なレーダーで氷雪の厚さを測定、かなり厳密な結果を得られたとしています。

今回の測定で標高が低くなったことについて、中国・国家測量局の陳邦柱局長は、「前回の測定時よりも技術が発達しており、エベレストが縮んだかどうかはわからない」としている。
さて、地図にはどの結果がのるんでしょうか(笑)

<参考>「エベレストが年々低くなっている−温暖化

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/10/11

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.11

NEWS CLIP 05/10/09・10

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.09

ホヤのセルロース合成遺伝子は細菌からのもらい物

Yahoo!NEWSより「細菌から遺伝子取り込む ホヤ「変態」へ新機能」(共同通信)

動物なのに食物繊維の主成分、セルロースを合成する脊索(せきさく)動物のホヤは、セルロース合成遺伝子を細菌から取り込んだことを佐藤矩行京都大教授と笹倉靖徳筑波大講師(発生生物学)が8日までに突き止めた。
ホヤ酒の肴として親しまれているホヤですが、動物でありながらセルロースを合成するというきわめて珍しい特徴をもつ動物でもあります。

ホヤは脊索動物門のなかの1グループ、「尾索類」に属し、体をおおう「被のう」にセルロースが含まれています。

研究チームは、世界各地に生息するカタユウレイボヤを用い、セルロースを合成する遺伝子を稲などの植物やカビ、細菌の遺伝子と比較しました。その結果、ホヤと細菌の遺伝子が極めて似ており、ホヤが進化の過程で細菌の遺伝子を取り込んだと推測されました。

また、ホヤにはもう一つ、変態するという特徴があります。ホヤの成体は固着生活を送りますが、その幼生はオタマジャクシに似た形をしており泳ぎ回ることができます。

研究チームは遺伝子を欠損させたホヤの中に変態後も尾部を失わず泳ぎ続けるものを発見しました。この原因遺伝子を突き止めたところ、セルロース合成遺伝子が破壊されていることを発見。すなわち、ホヤのセルロース合成酵素は、セルロースの合成を行うとともに、変態を正常に進行させる機能をもつことが明らかになりました。

別の種の生物から遺伝子が水平移動したことを示し、この遺伝子は、ホヤが成体になる「変態」に欠かせない役割を新たに担っていることが判明した。動物の進化解明に役立つという。
もらい物の遺伝子をさらに有効利用しているといったところでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

NEWS CLIP 05/10/08

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.10.08

今年のイグ・ノーベル賞、大本命のドクター中松氏が受賞

毎日新聞より「イグ・ノーベル賞:ドクター中松氏に

人を笑わせる研究で科学への関心を高めた功績に贈られる「イグ・ノーベル賞」の栄養学賞に、発明家のドクター中松こと中松義郎さんが選ばれ、6日、米ハーバード大学で授賞式が行われた。
授賞式今年もイグ・ノーベル賞が発表されました。本家に劣らず盛り上がっていますが、昨年に引き続き、日本人受賞者が生まれました。それもあのドクター中松氏。大本命の受賞ですね(笑)

イグ・ノーベル賞はサイエンス・ユーモア雑誌「風変わりな研究の年報」(Annuals of Improbable Research)の主催する賞で、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞です。第15回目の授賞式は今年も米ハーバード大学サンダース・シアターで行われました。

日本人も過去9人が受賞しており、ドクター中松氏は10人目の受賞者ということになります。

ドクター中松氏が受賞したのは栄養学賞。35年間にわたり自分が食べたすべての食事を撮影し、食べ物が頭の働きや体調に与える影響を分析したという功績で贈られました。

その他の受賞者は、農業歴史賞がニュージーランド、マッセイ大学のJames Watson氏。「リチャード・バックレー氏のズボンが爆発した意味の研究」という第一次世界大戦終了時から第二次世界大戦が始まるまでの、ニュージーランドの酪農における技術変化の側面について考察に贈られました。

物理学賞は、豪クイーンズランド大のJohn Mainstone氏と故Thomas Parnell氏の石油油滴の落下実験。粘度の高いタールの油滴が落下するときの様子を観察した実験に贈られました。この実験では1滴が落下するのに平均9年を要するとのこと。

薬学賞は去勢された犬用の人工睾丸を開発した米ミズーリ州のGregg A. Miller氏。

文学賞は電子メールを利用して「大胆な短編物語」を配信し、少ない資本でお金持ちを引き寄せ、かなりの金額を手中にしたナイジェリアの「IT起業家たち」とその協力者に授与。いわゆるスパムメールのことですね。授賞式は残念ながら欠席のようですが(笑)

平和賞は、英ニューキャッスル大のClaire Rind氏とPeter Simmons氏の「スターウォーズのハイライトシーンを見るイナゴの脳細胞の電気的活動の観察」に。

経済学賞は「逃げて隠れる目覚まし時計」を開発したMITのGauri Nanda氏。

化学賞はミネソタ大のEdward Cussler氏とBrian Gettelfinger氏による「水とシロップの中ではどちらの方が早く泳げるか」という実験に対して。

生物学賞は、アデレード大のBenjamin Smith氏らによる「においを発するカエルの分泌物の機能と系統発生的意義についての調査」に。

流体力学賞は、独ブレーメン国際大学のVictor Benno Meyer-Rochow氏らによる「ペンギンがふんを出すときに生じる圧力:鳥類の排便における計算」にそれぞれ贈られました。

「イグ・ノーベル賞」はハーバード大系のパロディー科学誌が「人々を笑わせ、そして考えさせる」研究に贈呈する毎年恒例のイベント。
日本人は、本家のノーベル賞の受賞率よりイグ・ノーベル賞の受賞率の方が高いのはどうしてでしょう(笑)

<参考>「イグ・ノーベル賞−今年はカラオケの発明者が受賞(受賞者一覧付き)

| | Comments (1) | TrackBack (2)

NEWS CLIP 05/10/07

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.07

マウスの涙からフェロモン発見−マウスの涙は男らしさの証明?

Asahi.comより「オスの涙にはセックスアピール 東大が性フェロモン発見

オスのマウスの涙腺から、オス特有のフェロモンが分泌されていることを、東京大の東原和成(とうはら・かずしげ)助教授(生命科学)らのグループが明らかにした。
マウスフェロモンは、異性を引きつける「性フェロモン」や、仲間に警報を発する「警報フェロモン」など、空気中を漂って遠くにいる仲間に情報を伝達する揮発性の化学物質です。

マウスは、鼻の中の特殊な期間でフェロモンを感知することは知られていました。そこでこの研究では、雄が出す物質のうち、どの物質に雌が反応するかを調べました。

マウスの尿の中にフェロモンがあることはわかっていましたが、反応したのは涙に含まれる物質でした。涙の中からフェロモンが発見されたのは初めてのことになります。

さらに、今回見つかったフェロモンはタンパク質の一種で、揮発性がありません。雌は雄の顔に鼻をくっつけ涙に含まれているフェロモンを受けとり、性別を確認しているようです。

おそらく仲間のマウスの顔を手入れするときに、相手が雄であることを涙の中のフェロモンで確認しているのだろうと思われます。

この物質を作る遺伝子は思春期以降の雄だけが持っていますが、雌でも同じような物質が作られている可能性が考えられます。ただ、ヒトにはこの物質をつくる遺伝子はないようです。

東原さんは「この遺伝子は進化の過程で失われてヒトにはないが、顔をすりつけ合ってあいさつをする民族は今も多い。全くの推論だが、太古の記憶が残っているのかも知れない」といっている。
マウスの涙は男らしさの証明なのでしょうか(笑)

<参考>「ゴキブリの性フェロモンを特定−オスのゴキちゃんはやっつけられるかも」・「性フェロモンをキャッチする仕組み−僕が持ってたら即離婚です(笑)」・「ロマンスを高める物質発見?−ぜひ僕に追試をさせて下さい(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

ロケットで空のF1レース開催!−その名もロケット・レーシング・リーグ

Yahoo!NEWSより「ロケットで空のF1レース 宇宙船の懸賞に続き計画」(共同通信)

成功者への懸賞基金「エックス・プライズ」を創設し、民間宇宙船による初の高度100キロ飛行を実現させた米国の起業家ピーター・ディアマンディス氏が、今度はロケットエンジンで飛ぶ航空機同士に速さを競わせる“空中F1レース”を、2007年にも本格実施する計画をこのほど発表した。
X RacerX PRIZE Foundationは1000万ドルの賞金をかけた「ANSARI X PRIZE」コンテストで見事に民間による宇宙飛行を実現させました。

今回は、ロケットエンジンを搭載した飛行機で競い合うレース選手権「Rocket Racing League(RRL)」を開催するとの発表です。

計画によると、高度約1500メートルで、長さ約3.2キロの周回コースをロケットエンジンをつんだ飛行機で競い合います。

来年秋にニューメキシコ州でエキジビジョンレースを行い、2007年には全6機のX-Racerによるグランプリを開催予定。いろいろなチームの参戦も歓迎するとのこと。

レースを通じた技術改良を、安全・低価格な民間宇宙船の開発につなげるのが目的の一つだ。液体酸素とケロシンを燃料に飛ぶ新型機を来春にも初飛行させ、来年秋にはニューメキシコ州でレースの実演にこぎつけたい考え。
観客は長く噴き出す炎で遠くからでも機体を目で追うことができるようです。また、機体各所に取り付けたカメラで臨場感あふれる映像を楽しむこともできるとのこと。

<参考>「X-PRIZE SpaceShipOne無事宇宙へ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

またまた出てきたシェークスピア別人説

YomiuriONLINEより「シェークスピアの名作、実は英外交官の作品?

16世紀の文豪シェークスピアの数々の名作は、実は英国の外交官の作品だった――。5日付の英紙ザ・タイムズなどは、世界の文学史を塗り替えるような研究論文が10月25日に出版されると報じた。
シェークスピア1564年に英ストラットフォード・アポン・エイヴォンに生まれたシェークスピアは1585年ごろロンドンで芝居の世界に入り,はじめ俳優として活躍しましたが、その後,グローブ座の座付作者として戯曲を書き始めました。以後,1611年に引退するまで全部で37編の戯曲と数編の詩を書いています。文学史上最高の天才の一人といっていいでしょう。

ただ、その私生活などに関しては詳しいことが分かっておらず、手紙や日記、自筆原稿なども残っていないことから別人がペンネームで書いていたのではとの説もあるにはあります。

フランシス・ベーコンやクリストファー・マーロー、エドワード・ド・ヴィアーなどいろいろな説があるようですが、また新しい説の登場です。

元ポーツマス大英語講師のブレンダ・ジェームズ氏らによると、一連の作品の作者は、外交官で国会議員だったヘンリー・ネビル(1562−1615)ではないかとのこと。

シェークスピアはネビルの遠い親類で、名前が使われたのは、一部内容が政治的過ぎるため、職務上の配慮があったためだとし、数々の論拠が上げられているそうです。

ネビルは、フランス大使を務めた裕福で教養に満ちた外交官で、シェークスピア作品に登場する英国の宮廷生活や、エリザベス時代の政治、イタリア、フランスの事情などにも深く通じていた。一方、シェークスピアは以前から、一度も欧州大陸に渡ったことがないなど、不自然な点が指摘されていた。
源義経=チンギス・ハーン説よりは面白いかと(笑)

<参考>「シェークスピアの肖像画、実は死後200年の作品−本物か嘘かそれが問題だ

| | Comments (1) | TrackBack (3)

ガンマ線バーストは中性子星どうしの衝突?

Asahi.comより「謎の大爆発の瞬間とらえた ガンマ線バーストを観測

宇宙で起こる謎の大爆発「ガンマ線バースト」を日米欧の研究グループが観測し、地球から20億光年ほど離れた「つる座」の、古い星が集まっている銀河周辺で起きたことを突き止めた。爆発が瞬間的なガンマ線バーストは観測が難しく、発生場所が特定できたのは初めて。
ガンマ線バーストガンマ線バーストは、宇宙最大の爆発現象で、銀河系のすべての星が1年間で放出するエネルギーより大きなエネルギーを、数秒から数10秒で放出します。遠方の宇宙で1日1回程度発生しており、大量のガンマ線が地球に降り注ぎますが地上で観測することはできず、宇宙空間での観測しか行えません。

このガンマ線バーストには継続時間の短いタイプと長いタイプがあります。このうち、継続時間の長いタイプは星が一生を終える際の超新星爆発が原因だと考えられています。しかし、継続時間の短いタイプは中性子星の合体によって起きる爆発ではないかといわれていましたが、時間が短いため十分な観測をすることができず確証は得られていませんでした。

今回、日本の理化学研究所と米仏の研究機関が共同開発した天文探査衛星「HETE2」が7月9日に0.07秒間ほどで終わった瞬間的な爆発をとらえ、発生の方角を特定。その情報を基に、日本のすばる望遠鏡、米国のチャンドラX線観測衛星やハッブル宇宙望遠鏡などが、X線や可視光の「残光」を探しました。

それらの観測結果を総合すると、短時間のガンマ線バーストは中性子星どうしか中性子星とブラックホールが衝突、合体して起こるものと考えてよさそうです。

米国の研究グループを率いる米マサチューセッツ工科大のジョージ・リッカー博士は「ガンマ線から可視光まで観測できたのは今回が初めて。複数の観測の組み合わせが、重要な発見につながった」としている。
地球に比較的近いところで中性子星が衝突なんてことになりませんように。

<参考>「過去最大のガンマ線が地球を襲った」・「ガンマ線バースト探査衛星を打ち上げ−ブラックホールの謎にもせまれるか

| | Comments (0) | TrackBack (3)

NEWS CLIP 05/10/06

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.06

キャビアの乱獲でチョウザメが絶滅の危機

SankeiWebより「チョウザメ絶滅のピンチ キャビア目当ての乱獲

卵が高級食材のキャビアとして珍重されるチョウザメの仲間が乱獲によって急減し、世界全体の漁獲量はピーク時の10%以下に落ち込んだとの調査結果を米マイアミ大などの研究グループが5日までにまとめた。
キャビア世界三大珍味の一つとされるキャビアはチョウザメの卵ですが、チョウザメに関する初の包括的な生息調査が行われました。

チョウザメは世界に27種類が生息していますが、そのうち多くの種類は生息数が急速に減少しています。それが更にキャビアの値をつりあげる原因にもなっているわけですが。

この調査によると、ピーク時の1975年ごろには3万トンを超えていた世界のチョウザメの漁獲量は80年代以降急減し、ここ数年は2500トン程度になっているということです。特に、キャビアの主要な産地であるカスピ海と黒海で減少が深刻なものとなっています。

27種類のチョウザメのうち、25種類に絶滅の恐れがあるとされ、既に絶滅した個体群のあるものも19種類にのぼっています。

キャビアが最も高級だとされるベルーガ(オオチョウザメ)などは極めて絶滅の恐れが高いとのこと。

グループは「禁漁なども含めた強力な漁獲規制や密漁、密輸対策を行わない限り、チョウザメ漁は過去のものになるだろう」と警告している。
先月の29日にはアメリカがロシアやカザフスタンなどカスピ海沿岸5カ国からのベルーガのキャビアの輸入を禁止する措置をとっています。

個人的にはキャビアがなくても何にも困りませんが(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (2)

光子の閉じ込めと呼び出しに成功

WiredNEWSより「「光の保存」に成功、量子コンピューター実現に向け前進

オーストラリアの物理学者チームが、光を結晶の中に一時「止めておく」ことに成功した。この成果は、量子コンピューターの開発に役立つ可能性がある。オーストラリアのキャンベラにあるオーストラリア国立大学の研究チームは、特殊な結晶の中にレーザー光のパルスを1秒以上捕獲することに成功した。秒速30万キロメートルの光を秒速わずか数百メートルにまで遅くしたことになる。
光の閉じこめ量子通信や量子コンピュータなど量子情報を用いた研究がさかんに行われています。特に量子コンピュータには多くの注目が集まっています。

量子重ね合わせを用いた量子コンピュータは、複数の値を一度に表現できるため従来型のコンピュータの性能をはるかに上回ることが期待されています。

ただ量子コンピュータを実現するには量子メモリの開発が欠かせません。

研究チームは結晶の中にレーザー光のパルスを1秒以上閉じこめるとともに、保存した光を再び呼び出すことに成功しました。

チームは光を遅くするために、プラセオジムという希土類元素を添加したケイ酸塩の結晶を使用しました。この結晶に照射されたレーザー光のパルスは、通常は吸収され通過することはありません。ところが、第2のレーザーを加えると結晶が透明になり、最初のレーザー光が通過するようになったとのこと。第2のレーザーを遮断すると、第1の光パルスが捕獲され、光を保存することができました。そして第2のレーザーを再び結晶に当てると、捕獲されていた光パルスが解放されました。

ラフラム所長は、量子技術がまだごく初期の段階にあることを認めながらも、オーストラリア国立大学による量子メモリ実験の成功を「画期的な出来事」と表現し、将来に向けた着実な進歩を夢に描いている。
量子コンピュータの実現にはまだ20年近い年月はかかると思いますが。

<参考>「電子2個でハイトラ-ロンドン状態の作成に成功−量子コンピュータに近づいたのか?」・「量子テレポーテーションで原子をおくる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/10/05

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.05

チンパンジーでも禁煙できる?

gooニュースより「チンパンジーでも禁煙できる=音楽療法が奏功―中国

新華社電によると、中国陝西省の動物園で、16年間にわたって喫煙を続けてきたチンパンジーが禁煙に成功した。
喫煙するチンパンジーこのチンパンジーは27歳のメスの「アイアイ」。最初のパートナーの雄が死んだあと、落ち込んだ気持ちを紛らわすために喫煙を始めたようです。その後、97年に2番目のパートナーと子どもが死亡。アイアイが面倒をみていた別の子どもも他の動物園に移るなど、ストレスの増加により喫煙量が増え、ヘビースモーカーとなってしまいました。

動物園側も禁煙させるためにさまざまな対策を講じました。

飼育係が散歩や音楽療法、運動など、厳しい日課を用意。食事には通常のミルクとバナナ、ライスに加え、揚げ物やゆでだんごを与え、ヘッドホンステレオでポップスを聞かせたとのこと。「

その結果、最初のころはタバコを求めて暴れたりしましたが、だんだんとタバコを忘れることに成功したとのことです。

中国は世界最大のたばこ消費国。たばこの害を周知する教育も遅れている。
中国は世界の喫煙人口の3分の1をかかえているといわれています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

がんの増殖に関係するタンパク質発見

Asahi.comより「がん増殖止めるカギ、たんぱく質発見 米の日本人教授ら

がん細胞の増殖を止める鍵になるたんぱく質を、米ハーバード大の中谷喜洋(なかたに・よしひろ)教授(分子生物学)らの研究チームが発見した。
がん細胞が際限なく増殖し続けるのは、細胞が自ら死ぬ「アポトーシス」というシステムが正常に働かなくなることが一因といわれています。アポトーシスとは、体内で役目を終えたり、異常が見つかった細胞が増殖を止めて自ら死ぬ現象をさします。

このアポトーシスがうまく働かないと、細胞は無秩序に増加し、がんになります。

今回、研究チームが発見したのは「p600」とよばれるタンパク質。がん細胞内では、このp600が異常に多くなっており、アポトーシスを誘発するシステムが機能しなくなっていました。

そこで、p600の合成を妨げたところ、がん細胞は次々と死んでいったとのことです。

子宮頸(けい)がん、骨肉腫、乳がん、直腸がんの細胞で、がん細胞は10%以下になりました。他のがんでも同様にp600の増加がみられることから、p600を制御することができれば画期的な抗がん剤になることも考えられます。

従来の抗がん剤の多くは、細胞のDNA合成を妨げるもの。正常細胞のDNAにも影響を及ぼすため、副作用が強い。効果も限定され、薬だけで治癒可能なのは、血液やリンパ球などごく一部の特殊ながんだけで、より一般的な胃がんなど固形のがんを治癒する薬は、ほとんどないのが現状だ。
実際にp600を抑制する抗がん剤ができるには長い時間がかかりそうですが、期待できる結果ではあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/10/04

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.10.04

温暖化でサンマがシシャモになってしまう?

Yahoo!NEWSより「温暖化でサンマが小ぶりに 漁場も日本から遠ざかる?」(共同通信)

秋の味覚、サンマの体長が地球温暖化の影響で今世紀末には10センチも小さくなってしまうとの研究結果を、山中康裕・北大大学院地球環境科学研究院助教授が2日までにまとめた。
サンマ温暖化で海水温が上昇すると、冬でも海の表層の温度が下がりにくくなります。このため栄養塩類に富む下層の海水と十分に混じり合えなくなり、この栄養塩類を必要とする植物プランクトンが春の大増殖期に減少。この影響で動物プランクトンも減少します。

一方、サンマは主に春先にかけて日本の太平洋沖合で孵化し、6月頃まで稚魚、幼魚として過ごします。しかしこの時期にエサの動物プランクトンを十分に摂取できないことで、成長速度が鈍化。遊泳力がつかず、夏にエサが豊富な千島列島まで北上できないため、計算によれば体長は30cmから20cmに10cmも小型化してしまうとのことです。

海水温上昇の影響で植物プランクトンの増殖規模が小さくなるためで、小型化で泳ぐ力も落ち、回遊路が日本近海から離れて漁場が遠くなる可能性もあるという。
小型化のため黒潮に流されてしまうかもとのことですが、高くて小さなサンマしか食べられなくなるのでしょうか。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ピンク色の稲を開発

Yahoo!NEWSより「観賞用ピンクの稲開発 田んぼが3色に」(共同通信)

九州沖縄農業研究センター(熊本県西合志町)が、穂の一部がピンク色となる観賞用稲の新品種を開発したと発表した。観光用に田んぼの景観を彩ったり、ドライフラワーにも使えそうだ。
ピンクの稲この綺麗な稲の品種名は「西海観246号」。現在、新品種として登録申請中です。長い芒を持つ西海観246号は、出穂直後はやや淡いピンク色の芒をしていますが、出穂から4−5日すると鮮やかなピンク色になります。

見頃は出穂から約10日間。

モチ米ですが、さすがに収穫量は通常のモチ米の8割程度だとのこと。米の色も少し赤みを帯びていますが、精米すると赤みがとれ、普通のモチ米のように白くなるそうです。

品種の交配中に偶然ピンクの穂を持つ稲が混じり、7、8世代を重ねて、ピンクの穂しかつけない種を作ることに成功したということです。

 開発にかかわった同センターの岡本正弘(おかもと・まさひろ)研究調整官は「今後も観賞用の作物に取り組み、新しい需要を開発していきたい」と話している。
生花なんかにも使えるかもしれませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第10番惑星(?)に衛星発見!

Asahi.comより「「第10惑星を回る衛星発見」 米研究チームが発表

太陽系の「第10惑星」を発見したと7月に発表したばかりの米カリフォルニア工科大の研究チームは2日、今度はこの惑星を回る衛星(月)を見つけたと発表した。
第10番惑星の衛星この衛星は9月10日にハワイのケック望遠鏡により観測されました。

直径は約250kmと推定されています。直径が約2700kmの問題の「惑星」の100分の1ほどの明るさで、惑星との距離は、地球と月との距離の5分の1−10分の1(4万−8万km)ほどではないかということです。

約2週間かけて問題の惑星の周りを一周しているようです。

「第10惑星」の直径は約2700キロで、冥王星(直径約2300キロ)の1.2倍ほどだと推定されているが、国際天文学連合はまだ正式に惑星と認定していない。
衛星をもてば惑星というわけではありませんが、でも、惑星っぽくなってきましたね(笑)

<参考>「今度こそ第10番惑星発見か−結論にはまだまだ時間がかかります

| | Comments (0) | TrackBack (1)

NEWS CLIP 05/10/03

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.03

NEWS CLIP 05/10/02

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.02

NEWS CLIP 05/10/01

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.01

脳以外なら再生できる奇跡のマウス?

WiredNEWSより「切った尻尾も内臓も再生できる遺伝子操作マウス

特別な能力を持つマウスが、米国のウィスター研究所で偶然発見された。遺伝子操作が施されたこのマウスは、どうやらイモリのような驚くべき再生能力を身につけており、生存に不可欠な臓器でさえ再生する。
再生能力を持つマウスこのマウスを発見したのはエレン・ヒーバー=カッツ教授。自己免疫疾患を研究するために皮膚結核の一種を発症するように遺伝子操作されたマウスを扱っているときに偶然発見しました。

教授らは遺伝子操作したマウスの耳に小さな孔を開け、対照群と区別していましたが、その耳が傷跡も残さず素早く治癒することがわかりました。

教授の研究チームはこの結果に驚き、他の部分も再生するかを確認。このマウスの足や尻尾を切断したところ、見事に再生しました。また、脊髄を切断したり、心臓を凍らせたりするなど臓器を傷つけても再び再生しました。

再生しなかったのは唯一、脳だけだったとのこと。

さらに再生能力をもつマウスの細胞を通常のマウスに注入すると、注入されたマウスにも再生能力が備わりました。再生能力をもつマウスと通常のマウスを交配すると、子孫はその能力をさらに強化して受け継ぐこともわかりました。

この再生能力の仕組みはまだ詳しくわかっているわけではありませんが、おそらく十数個の遺伝子が関与しているのではないかと研究チームは考えているようです。

「こうした(マウスの再生能力に関与する)遺伝子が発見されたなら、相当するヒトの遺伝子を薬か(いずれは)遺伝子治療によって操作することを考えられるようになる。そして、人間の再生能力が高められる」と、寿命に関する専門家で科学誌『リジューブネーション・リサーチ』の編集者、オーブリー・ド・グレイ氏は語る。
まるで小説の世界ですが、こんなことがもし可能になればヒトはどうなるのでしょうか。

| | Comments (5) | TrackBack (2)

枝で川の深さを測るゴリラ

YomiuriONLINEより「野生のゴリラが道具を使った、コンゴ共和国で初確認

コンゴ共和国の森にすむゴリラが、木の枝で沼地の水深を探りながら歩いたり、湿地に木を敷いて渡ったりする様子が、米国の野生生物保護協会の研究者らによって撮影された。
道具を使うゴリラヒトや類人猿は道具を使うことが知られています。昨年は類人猿以外のフサオマキザルも道具を使うことが報告されました。海に住む哺乳類でもイルカが道具を使うという報告もありました。

今回は、ゴリラが道具を使っていることが確認されました。類人猿であるゴリラが飼育下で道具を使うことは確認されていましたが、野生での確認はこれがはじめてのこととなります。

研究チームは昨年、ゴリラが道具を使う様子を2例確認しました。1例目は昨年10月。メスのゴリラが川を渡る際に、手近にあった1mほどの枝をもち、川の中の深さをはかりながら川に入っていきました。2例目は11月。別の雌ゴリラが、長さ約1.3m、太さ約5cmの木の幹を地面から両手で引き抜き、湿地を横切る際、その木を橋の代わりにして2足歩行で渡ったとのことです。

チンパンジーが道具を使うのは餌をとるときに限られます。ゴリラはそれよりももっと複雑な道具の使い方を知っているようです。

野生ゴリラが道具を使うことが確認されたのは初めてという。30日の米生物学誌「プロス・バイオロジー」電子版に掲載される。
観察した140頭のゴリラのうち、道具を使ったのはこの2頭だけとのことですが、道具を使うゴリラと使わないゴリラの差も気になります。

<参考>「フマキオザル、石でヤシを割る」・「道具を使って餌を探すイルカ−雌の方が学習能力が高いようです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/09/30

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »