« NEWS CLIP 05/09/27 | Main | NEWS CLIP 05/09/28 »

2005.09.28

ハゲを治すかもしれない遺伝子を発見!

Yahoo!NEWSより「毛髪育成のタンパク質解明=「悪役」封じ込め再生守る−米大学」(時事通信)

髪の毛が新たに生えてくるために重要な役割を果たすタンパク質の働きを、米ジョンズ・ホプキンズ大学の研究チームが26日までに突き止めた。このタンパク質は、はげの原因になる「悪役」のタンパク質を封じ込め、毛の再生サイクルを守っているという。研究成果は「米科学アカデミー紀要」の電子版に発表される。
Shakey近年、「男性型脱毛症」で悩んでいる人は500〜1000万人といわれていますが、その発症メカニズムはいまだに明確にされていません。

毛髪は休止期→成長期→退行期というヘアサイクルを繰り返しています。このサイクルを制御しているのは毛髪の根元に存在する毛乳頭細胞だといわれています。しかし、「ワイズ」と呼ばれるタンパク質が、再び髪の毛を生やそうとする毛包部分の細胞に働き掛けて、そのサイクルを妨害することがはげの原因と考えられていました。

kennedy Krieger研究所とジョンホプキンス大学の研究チームは、生まれつき体毛のない状態から体毛が生えたネズミを使った実験により、体毛回復に関与しているタンパク質「へアレス」の働きを調べました。その結果、へアレスがワイズを封じ込めて髪の毛のサイクルを阻害しないようにしていることが分かったとのことです。

へアレスは遺伝子の指令で働いているが、研究チームは「毛の再生はさまざまな原因が重なった複雑な過程をたどる。分子レベルのメカニズムは分かっていない」と一層の研究が必要であることを強調している。
遺伝子制御でハゲを治す日がくるかもしれません。

|

« NEWS CLIP 05/09/27 | Main | NEWS CLIP 05/09/28 »

Comments

早く実現して欲しいです~
私の目の黒いうちに何とかなるかしら~?

切実。

Posted by: mogami | 2005.09.30 at 01:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/6151665

Listed below are links to weblogs that reference ハゲを治すかもしれない遺伝子を発見!:

« NEWS CLIP 05/09/27 | Main | NEWS CLIP 05/09/28 »