« NEWS CLIP 05/09/15 | Main | ロビンソン・クルーソーの家?が発見 »

2005.09.16

勉強したら脳細胞が増える?

Asahi.comより「勉強したら脳細胞増える マウスですが…大人にも希望?

勉強すると脳細胞が増える仕組みの一端を、東大の久恒辰博・助教授(脳科学)と大学院生の戸塚祐介さんが実験で突き止めた。何かを覚える時に出ると知られている脳波の一種「シータ波」が脳の中の海馬という部分に伝わると、将来脳神経細胞に育つ前駆細胞が刺激され、最終的に脳細胞が増えることがわかった。15日付の米科学誌「ニューロン」に発表する。
脳海馬は大脳皮質に記憶を蓄積したり必要な記憶を引き出したりするときの出入り口となる部分です。これらの脳細胞はいったん失われると再生しないといわれていましたが、98年にスウェーデンの科学者が成人の脳でも海馬で神経細胞が生まれることを示しました。ただ、どのようなメカニズムで神経細胞が増えるのかは分かっていませんでした。

この実験では、マウスの脳に電極をさし、シータ波と同じような刺激を与えました。すると海馬にある前駆細胞が興奮し、この興奮が引き金となって前駆細胞が脳神経細胞に育つことが分かりました。

シータ波が海馬に伝わると、神経細胞が神経伝達物質であるガンマアミノ酪酸(GABA)を出し、それが神経細胞のもととなる前駆細胞を刺激するというのが、そのメカニズムのようです。

またGABAと同じ神経細胞の興奮を抑制する作用をもつ抗不安剤をマウスに投与すると、GABA供給量が増え、新生ニューロンの数が通常の1.5倍になることも確認。逆にGABAを遮断する神経興奮剤を与えると前駆細胞が通常より3倍に増えましたが新生するニューロンの数は減少したとのことです。

シータ波は物を記憶しようとしたり、学習に集中しているとき、睡眠中などに出る脳波です。このシータ波が脳の細胞の新生のきっかけを担っているようです。

久恒さんは「人も学習しているときに海馬からシータ波が出ているとの研究がある。勉強すると頭がよくなる仕組みがわかった」と話す。
うつ病患者は海馬の神経細胞の新生が少なくなっていることが分かっています。うつ病などの治療に役立つかもしれません。

さて、数学の問題でも解きましょうか(笑)

|

« NEWS CLIP 05/09/15 | Main | ロビンソン・クルーソーの家?が発見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/5964668

Listed below are links to weblogs that reference 勉強したら脳細胞が増える?:

« NEWS CLIP 05/09/15 | Main | ロビンソン・クルーソーの家?が発見 »