« NEWS CLIP 05/09/28 | Main | 軌道エレベータの実現にまた一歩 »

2005.09.29

初期の宇宙に異質な巨大銀河を発見

Yahoo!NEWSより「宇宙の初期にも巨大銀河 NASAが観測、常識覆す」(共同通信)

約137億年前に起きた大爆発ビッグバンから約8億年しかたっていない初期の宇宙に、地球を含む銀河系の8倍もの質量を持つ巨大な銀河が既に誕生していた証拠を見つけた、と米航空宇宙局(NASA)が27日発表した。
初期の銀河宇宙は今から約137億年前に誕生しました。宇宙の生成初期には、生まれたばかりの原始銀河がたくさん存在していましたが、それが徐々に成長し、今の銀河系のような成熟した銀河になったと考えられていました。

このような宇宙初期の様子を観察するためには、できる限り遠方の宇宙を観測する必要があります。先日は約127億光年離れた場所(つまり127億年前)の銀河団が発見されました。

今回の報告では約129億年前の銀河が発見れたようです。さらにその銀河はこの銀河系の8倍の質量をもつ巨大銀河であったということで、今までの銀河形成の理論に一石を投じる発見です。

この銀河は、ろ座の方向にある「HUDF-JD2」。ハッブル、スピッツァー両宇宙望遠鏡で観測されました。 Hubble Ultra Deep Field(超深宇宙)と呼ばれる非常に遠い宇宙空間にある約1万個の赤ちゃん銀河を観測していたところ、そのうちの1つが非常に巨大であることが判明したとのこと。

非常に遠い宇宙にあるため可視光では観測できず、近赤外線カメラと分光計を使い確認されました。

観測結果によると、ビッグバン後数億年の間に猛スピードで成長したが、銀河系の約8倍の大きさに達したところで、形成が突然止まったようだという。
非常に初期の宇宙に異質とも尾の割れる巨大銀河の登場です。銀河形成に関する理論はどのように変わるのでしょうか。

|

« NEWS CLIP 05/09/28 | Main | 軌道エレベータの実現にまた一歩 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/6165130

Listed below are links to weblogs that reference 初期の宇宙に異質な巨大銀河を発見:

« NEWS CLIP 05/09/28 | Main | 軌道エレベータの実現にまた一歩 »