« NEWS CLIP 05/09/21 | Main | 幼時にフライドポテトを食べ過ぎると大人になって乳がんになる? »

2005.09.22

火星表面に刻まれた2本の溝

YomiuriONLINEより「火星に3年間で2本の「溝」、活発な侵食活動

火星表面に、3年前にはなかった溝ができていることが、米探査機マーズグローバルサーベイヤーが今年4月に撮影した画像で分かった。
火星の溝写真は97年から火星周回軌道で観測を続ける探査機「マーズ・グローバル・サーベイヤー」が撮影したもの。

2002年7月の撮影時(写真左)にはありませんでしたが、今年4月の撮影画像(写真右)には砂丘の表面に2本の溝がくっきりと写っています。長さは400m程度と考えられます。

地球上にも「ガリー」と呼ばれる同様の地形がありますが、これは部分的に溶けたシャーベット状の雪や氷によって地表が削られることで形成されます。

しかし、火星の溝は水による浸食の可能性は低いとのこと。むしろ、冬に砂地の中で凍結した二酸化炭素が暖かくなるとともに急激に気化して高速で砂を吹き飛ばし、斜面を削った可能性が高いとのこと。

NASAは他にも、岩石が斜面を転がった跡、南極の冠氷の後退のさま、若い隕石クレーター−の画像を航海しました。クレーターは80年代半ばに隕石の落下で生じたとみられます。また岩石の転がった跡は、地震か強風の影響ではないかとのこと。

米航空宇宙局(NASA)が20日発表した。火星で地形を作り出す作用が続いていることがわかる。
南極の冠氷の後退ということは、火星でも温暖化が進行している?

|

« NEWS CLIP 05/09/21 | Main | 幼時にフライドポテトを食べ過ぎると大人になって乳がんになる? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/6058423

Listed below are links to weblogs that reference 火星表面に刻まれた2本の溝:

« NEWS CLIP 05/09/21 | Main | 幼時にフライドポテトを食べ過ぎると大人になって乳がんになる? »