« NEWS CLIP 05/09/13 | Main | NEWS CLIP 05/09/14 »

2005.09.14

太古の星の最後を観測−128億年前にあった星の最後です

毎日新聞より「宇宙:128億光年かなた、星の爆発観測−−望遠鏡「マグナム」「すばる」

地球から128億光年離れた宇宙で起きた星の巨大爆発現象(ガンマ線バースト)を、東京大のマグナム望遠鏡と国立天文台のすばる望遠鏡(いずれも米ハワイ州)が相次いで観測することに成功した。12日、各研究チームが発表した。
スイフトによるガンマ線バースト画像太陽の数十倍の重さの大質量星が、その一生を終えてブラックホールになるときに「ガンマ線バースト」と呼ばれる現象が起き、巨大なエネルギーが数秒から数百秒にわたって放出されます。

今回、東京大とハワイ大の研究チームがマグナム望遠鏡で、国立天文台などの研究チームがすばる望遠鏡でそれぞれ宇宙の最も遠方で発生したガンマ線バーストをとらえることに成功しました。

このガンマ線バーストを最初にとらえたのは米国のスイフト衛星です。その正確な位置が世界中のガンマ線バーストの研究者に伝えられると、その現象が各国の望遠鏡で観測されました。

今回の爆発は地球から128億光年離れたところでおきたと考えられます。つまり現在、137億歳と考えられている宇宙が誕生してからわずか9億年後におきた爆発ということになります。これは従来の記録を5億年もさかのぼります。

これまで測定されたガンマ線バーストの距離の記録はデンマークのグループによる123億光年。この記録を5億光年上回ることになりました。

今回は、日本時間の4日午前、米航空宇宙局(NASA)の衛星が爆発をキャッチ。その12時間後、ハワイ大と東京大の研究チームが、マウイ島にあるマグナム望遠鏡で爆発直後の光が含む赤外線の観測に成功した。
これにより宇宙で最も遠い星の最後も観測できる可能性がでてきました。

|

« NEWS CLIP 05/09/13 | Main | NEWS CLIP 05/09/14 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/5933896

Listed below are links to weblogs that reference 太古の星の最後を観測−128億年前にあった星の最後です:

« NEWS CLIP 05/09/13 | Main | NEWS CLIP 05/09/14 »