« 女性ホルモンは乳がんだけでなく肺がんにも関与 | Main | 鄭和の船は1万トン級だった? »

2005.09.15

紫外線によく当たる喫煙女性は肌年齢が10歳老ける!?

毎日新聞より「喫煙者:お肌、5歳老化 ビタミンC破壊で?メラニン増加 ポーラが女性30万人調査

たばこを吸う女性は吸わない女性に比べ、5歳以上も肌が“老化”している−−ポーラ化粧品本舗(東京都品川区)が、20〜70代の約30万人の女性の肌状態と喫煙の関係を調べ、こんな結果が出た。喫煙が肌に及ぼす影響をこれほど大規模に調べた例は、世界でも少ない。喫煙は美肌を目指す人にとって、やはり大敵のようだ。
喫煙この調査は去年6月から今年5月にかけて、日本全国の訪問販売先や店頭などで行われました。喫煙状況を尋ねると同時に、皮膚表面の角質層を採取。

肌年齢は細胞中のメラニンの量によくあらわれます。メラニン量は加齢とともに増えますが、状態がよい肌はメラニンの量が少なく、分布も均一になっています。一方、状態の悪い肌はメラニン量が多く、細胞によるばらつきも大きくなります。

ポーラ社は採取した細胞中のメラニンを染色して300倍に拡大し、含有量を3段階で数値化。この結果を、喫煙者と非喫煙者に分けて年齢別に集計したところ、年齢別の平均メラニン量は、吸い始めて間もない20歳では大差ないのですが、以後は全年齢で喫煙者の方が1−2割程度多く、ほぼ5歳上の非喫煙者のメラニン量に相当していたとの結果になりました。

さらに、紫外線によく当たる生活をしている場合、紫外線によく当たりタバコも吸う人と、あまり当たらずタバコを吸わない人では肌年齢の差は10歳以上に広がったとのこと。

原因について同社は「メラニンの生成や着色を抑えるビタミンCが、喫煙によって破壊されるためと考えられる」と分析。「肌の潤いを示す保水力も喫煙者の方が少なかった。一般に『喫煙は肌に悪い』と言われてきたことを、データで立証できたのではないか。肌の衰えが気になる喫煙者は、まずはたばこを控えた方が良い」と話している。
この調査で最もタバコを吸っていたのは20代の女性だったとのことですが、将来が・・・。

|

« 女性ホルモンは乳がんだけでなく肺がんにも関与 | Main | 鄭和の船は1万トン級だった? »

Comments

どうもはじめまして。
Yahoo!のサイエンスニュースは毎日チェックしています。越光と申します。

昔からたばこは肌に悪いといわれていましたが、このニュースで世の中の女性、だけでなく男性も再認識してくれると良いと思っています。

また来ます。よろしくお願いします。

トラックバックもさせていただきました。
あっ靭帯断裂だ。

Posted by: 越光 | 2005.09.16 at 01:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/5950612

Listed below are links to weblogs that reference 紫外線によく当たる喫煙女性は肌年齢が10歳老ける!?:

» 喫煙は美肌の敵 [Vivid Association]
いきなり、柄にもないタイトルを付けてしまいました。(笑) [Read More]

Tracked on 2005.09.15 at 04:22 PM

» たばこは美容の大敵 [[組み込みエンジニア]$ 美容と健康を考える>>ブログ]
このニュースがきっかけで、女性の喫煙率が少しでも下がればと思っています。 [Read More]

Tracked on 2005.09.16 at 01:10 PM

« 女性ホルモンは乳がんだけでなく肺がんにも関与 | Main | 鄭和の船は1万トン級だった? »