« NEWS CLIP 05/07/11 | Main | キャッチャーは人差し指に注意! »

2005.07.12

X線天文衛星の打ち上げに成功−X線天文学はやはり世界をリードできるか

Asahi.comより「M5ロケット発射成功 X線天文衛星、「すざく」と命名

X線天文衛星「アストロE2」を載せた国産ロケットM5の6号機が10日、鹿児島県肝付町の宇宙航空研究開発機構(宇宙機構)内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられ、衛星の分離に成功した。衛星は「すざく」(朱雀)と命名された。X線天文衛星の打ち上げは5年ぶり。
すざく10日午後0時30分にM5ロケット6号機で打ち上げられた衛星は南太平洋の上空約400kmでロケットから分離、22分後に楕円軌道に投入されました。打ち上げ3日目までに高度約570kmの円軌道に入る予定です。衛星の危機を展開、軌道を調整した後1ヶ月程度で運用が開始されます。

M5ロケットの打ち上げは03年5月に成功して以来のこととなります。文科省宇宙科学研究所がJAXA(宇宙航空研究開発機構)に統合された直後の03年11月にH2Aロケットの打ち上げが失敗に終わった影響で次の打ち上げが延びていました。

日本は1979年に「はくちょう」を打ち上げて以来世界のX線天文学をリードしてきました。しかし先代の「あすか」の後継機である「アストロE」の打ち上げに2000年2月失敗。それ以来5年間にわたって「あすか」やその前の「ぎんが」のデータ分析と欧米の衛星からもらったデータの分析しかできず、これ以上の空白は日本のX線天文学に大きな影響を与えかねませんでした。

前回打ち上げに失敗した「アストロE」を作り直したX線天文衛星「アストロE2」は全長6.9m、重さ1.7t。国産のものとしては5基目になります。地上からは観測できないX線を大気圏外で観測するCCDカメラなど世界最高水準の観測機器を搭載。銀河団内の物質の分布状態やブラックホールなどを観測し、宇宙の形成過程の解明にも威力を発揮するとみられています。

M5の打ち上げは、今年度に赤外線天文衛星を搭載した8号機、来年度に太陽観測衛星を搭載した7号機が計画されている。
今回の打ち上げに要した費用は157億円。衛星の開発費が87億円、打ち上げ費用が70億円となっています。

日本のX線天文学がさらなる発展をとげますように。

<参考>「HIIAロケット打ち上げ成功−でもまだまだ不安材料が一杯です」・「世界最大級のロケット打ち上げ−ボーイング

|

« NEWS CLIP 05/07/11 | Main | キャッチャーは人差し指に注意! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/4934825

Listed below are links to weblogs that reference X線天文衛星の打ち上げに成功−X線天文学はやはり世界をリードできるか:

« NEWS CLIP 05/07/11 | Main | キャッチャーは人差し指に注意! »