« NEWS CLIP 05/07/14 | Main | 恐竜は鳥類なみに呼吸器が発達していた! »

2005.07.15

レーザーでつめに情報を記録−フロッピーの半分程度なら記録できます

Asahi.comより「レーザーでつめに情報記録 徳島大開発、カード代わりに

人間のつめのかけらの中にデジタル情報を記録する手法を、徳島大工学部の早崎芳夫・助教授らが開発した。情報は、つめが生えかわる目安の約半年間は保たれた。指1本でフロッピーディスク半分ほどの情報量を納められる。指のつめに個人識別情報を書き込めるようになれば、紛失や盗難の心配がなく、キャッシュカードや各種の会員証などの代わりになるかもしれない。
つめの中に記録した情報研究チームはつめのかけらに、フェムト秒レーザー加工技術を用いて情報を記録することに成功。つめに強い光をきわめて短い間、繰りかえし出す特殊なレーザーの光をあてると、熱で内部のタンパク質が微少な点状に変性し、蛍光を出すことを発見しました。

最初の実験では2×2×0.4立方ミリメートルの切ったつめの上で行われました。1ビットの情報は3.1ミクロンの大きさを持って、表面から0.04−0.08mmのところに書き込まれました。これを3層にわけて5ミリ四方の範囲に書き込めば情報量はフロッピーディスクの半分、約630キロバイトになります。

表面近くに書き込めば痛みも感じないとのこと。読み取りには蛍光顕微鏡を用います。

この蛍光信号は170日以上たっても読み取ることが可能だったとのことです。

つめをカード代わりにし、指紋や指先の静脈で本人確認をすると、指1本だけで買い物などができるかもしれない。「点」を大きくすれば情報量は減るがネイルアートのように目立たせることも可能。ただ、色のついたマニキュアを塗ると情報は読み取れない。
今後は生きたつめにブレを抑え正確に書き込む技術や、バーコードのように簡単に読み取れる技術を開発するとのこと。

そのうち体中にこんな情報が書き込まれる日が来るのでしょうか。何を書き込んでもなくさないのはいいのですが(笑)

|

« NEWS CLIP 05/07/14 | Main | 恐竜は鳥類なみに呼吸器が発達していた! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/4976213

Listed below are links to weblogs that reference レーザーでつめに情報を記録−フロッピーの半分程度なら記録できます:

» ツメの甘さは命取り@朝日 [娑婆に出る]
人間のつめのかけらの中にデジタル情報を記録する手法を、徳島大工学部の早崎芳夫・助教授らが開発した。情報は、つめが生えかわる目安の約半年間は保たれた。指1本でフロッピーディスク半分ほどの情報量を納められる。指のつめに個人識別情報を書き込めるようになれば... [Read More]

Tracked on 2005.07.16 at 12:15 AM

« NEWS CLIP 05/07/14 | Main | 恐竜は鳥類なみに呼吸器が発達していた! »