« NEWS CLIP 05/07/08 | Main | 電子2個でハイトラ-ロンドン状態の作成に成功−量子コンピュータに近づいたのか? »

2005.07.09

骨髄細胞から筋肉を作る−筋ジストロフィー治療にいかせるか

YomiuriONLINEより「骨髄細胞から「筋肉のもと」、筋ジス治療に応用期待

人間の骨髄にある細胞から、筋肉のもととなる細胞を大量に作る方法を、京都大の研究グループが世界で初めて開発した。
 全身の筋力が少しずつ衰えていく遺伝病の筋ジストロフィー患者への治療に応用が期待される。8日付の米科学誌サイエンスに掲載される。
骨髄は大きく分けると、血液のもとになる造血幹細胞と、造血幹細胞どうしをつなぐ骨髄間質細胞に分けられます。

この骨髄間質細胞は、もともと分化してできた細胞ですが、さらに他の骨細胞や心筋細胞、軟骨細胞、脂肪細胞などに分化することが知られています。特に中胚葉由来の細胞になることが多いようです。

この研究では、人間から採取した骨髄間質細胞に細胞の分化にかかわる特定の遺伝子を入れ、細胞の増殖を促す4種類のたんぱく質を加えて培養する方法で、筋肉のもとになる「骨格筋幹細胞」を大量に作ることに成功しました。

これを筋ジストロフィーにしたマウスに移植すると、骨格筋幹細胞が筋肉に変化。病気のために筋肉が破壊されても、それを修復するように筋肉が再生し続けたとのこと。

鍋島陽一・京都大教授は「骨髄間質細胞は安全に採取できる。数年以内に、筋ジス患者への治療応用を目指したい」と話している。
骨髄間質細胞は、骨髄中に存在し骨髄穿刺で容易に採取できます。倫理的な問題が起こっているES細胞よりは現実的に使用しやすい細胞といえるでしょう。

|

« NEWS CLIP 05/07/08 | Main | 電子2個でハイトラ-ロンドン状態の作成に成功−量子コンピュータに近づいたのか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/4886425

Listed below are links to weblogs that reference 骨髄細胞から筋肉を作る−筋ジストロフィー治療にいかせるか:

« NEWS CLIP 05/07/08 | Main | 電子2個でハイトラ-ロンドン状態の作成に成功−量子コンピュータに近づいたのか? »