« 世界最高速の電気自動車いよいよ公道を走る!−売り出し予定価格は3000万円 | Main | NEWS CLIP 05/07/06 »

2005.07.06

ディープインパクトによりホロスコープが変わったと占星術師がNASAを提訴−人類の危機だそうです

gooニュースより「彗星衝突実験でホロスコープ崩壊?=占星術師提訴

米航空宇宙局(NASA)の探査機「ディープインパクト」から放出された衝撃弾が4日、太陽系のテンペル第一彗星に見事衝突したが、ロシアの占星術師は、衝突実験によってホロスコープが崩され、自身の「精神的権利が侵害された」として、NASAを相手取った損害賠償請求訴訟をモスクワの裁判所に起こした。
ディープインパクト訴え出たのは、女性占い師のマリーナ・バイさん。NASAの衝突実験は聖なるものへの侵害であり、衝突による爆発の影響で彗星の軌道などが変わり、占星術に干渉する要因になっているほか、わたしのホロスコープをも書き換えられていると主張し、87億ルーブル(約310億円)の賠償を要求しています。

彗星の軌道が変わって占星術に干渉しているって、テンペル第1彗星はだいたい11等級。肉眼で見える明るさの100分の1なんですけど(笑)

さらに彼女は「人類への大きな損害が懸念される」と訴えています。

マリーナさんは当初、NASAの衝突実験の停止を求めていたが、訴えは門前払いされていた。その後、上級裁判所の介入により、訴えそのものは審理されることになったという。
今月4日に開かれたこの法廷ですが、被告のNASAの代理人が出席しなかったとして審理を今月28日に延期することになったそうです(笑)

|

« 世界最高速の電気自動車いよいよ公道を走る!−売り出し予定価格は3000万円 | Main | NEWS CLIP 05/07/06 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/4847705

Listed below are links to weblogs that reference ディープインパクトによりホロスコープが変わったと占星術師がNASAを提訴−人類の危機だそうです:

» 「彗星衝突実験で精神的損害」 占星術師がNASA提訴 [拾稔堂店長のこうかい?日誌]
【Sankei Web】4日のインタファクス通信によると、ロシアの女性占星術師マリーナ・バイさんが、米航空宇宙局(NASA)を相手に、彗星(すいせい)衝突実験で精神的損害を受けたとして約90億ルーブル(約350億円)の賠償請求訴訟をモスクワの裁判所に起こした。  ..... [Read More]

Tracked on 2005.07.06 at 04:35 PM

« 世界最高速の電気自動車いよいよ公道を走る!−売り出し予定価格は3000万円 | Main | NEWS CLIP 05/07/06 »