« 麦茶で血液サラサラ−ただし90分しかもちません(笑) | Main | NEWS CLIP 05/06/15 »

2005.06.15

地球型の惑星発見!−生命は・・・残念ながら存在できそうにありません

Asahi.comより「最小の太陽系外惑星を発見 「地球型」の可能性

カリフォルニア大や米航空宇宙局(NASA)エームズ研究センターなどのチームは13日、当地の全米科学財団(NSF)で記者会見し、直径が地球の約2倍という、これまで発見された中で最小の太陽系外惑星を見つけたと発表した。
地球型惑星惑星が発見されたのは水瓶座の方角にある地球から約15光年離れた「グリーセ876」という恒星の周りです。大きさが太陽の3分の1のこの恒星の周りを公転しています。

中心の恒星が周りの惑星の重力で揺らぐ様子を、ハワイの結句大型望遠鏡で詳しく解析。質量が地球の5.9−7.5倍、直径が2倍の惑星が恒星から320万キロ(0.021天文単位)離れた軌道を公転してることをつきとめました。

公転周期は1.94日。表面が岩石でできた地球方の惑星であるとの確実な証拠は見つかっていませんが、研究チームは密度や質量から見て、岩石や水、大気でできている地球型の惑星である可能性が高いと推測しています。

ただ、320万キロという太陽と地球の距離(1億5000万キロ)に比べて非常に近いところを公転しているため、惑星の昼側の温度は摂氏400度以上に達すると見られ、残念ながら生命の存在する可能性はなさそうです。

これまで見つかっている約150個の太陽系外惑星のほとんどは、質量が地球の数十〜数百倍もあるガスでできた「木星型」。昨年、やや小さい海王星ほどの惑星3個が相次いで発見されたものの、質量は地球の15〜20倍もあった。
これをはずみに地球型の惑星がどんどん見つかればもしかして・・・・。

<参考>「生命体が存在する惑星は予想よりはるかに多い?」・「太陽系外の惑星の直接観測に初の成功!−残念でした日本勢」・「褐色矮星の撮影に成功−初の太陽系外惑星の撮影には到りませんでした

|

« 麦茶で血液サラサラ−ただし90分しかもちません(笑) | Main | NEWS CLIP 05/06/15 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/4558231

Listed below are links to weblogs that reference 地球型の惑星発見!−生命は・・・残念ながら存在できそうにありません:

» 新型の惑星発見! [大学への基礎数学-雑記帳]
毎日新聞より「新惑星:ガスに覆われ星内部が巨大核 すばる望遠鏡で発見」 ガスに覆 [Read More]

Tracked on 2005.07.02 at 01:48 AM

« 麦茶で血液サラサラ−ただし90分しかもちません(笑) | Main | NEWS CLIP 05/06/15 »