« NEWS CLIP 05/06/28 | Main | NEWS CLIP 05/06/29 »

2005.06.29

いよいよヒューマノイド型ロボットによるサッカー団体戦始まる!

Asahi.comより「過去最多の420チーム参加へ ロボカップ大阪世界大会

ロボットが世界から集まり、サッカーなどで性能を競う「ロボカップ2005大阪世界大会」の開催委員会は27日、東京都内で記者会見を開き、参加チームが35カ国・地域から過去最多の約420、参加者も約2000人にのぼる見込みであることを明らかにした。
ロボカップ今年で9回目となるロボカップ。昨年はポルトガルのリスボンで行われましたが、今年は大阪で行われます。

ロボカップは自律型のロボットがサッカーを行い優勝チームを決める国際競技大会。「2050年には人間の世界チャンピオンチームに勝てるロボットのチームを作る」を合い言葉に毎年行われています。

将来的には私たちの生活に深くは入り込んでくると思われるロボットですが、まだまだ未熟な部分も多くあります。ロボカップはサッカー競技を通じロボット全体の制御技術や人工知能の技術の向上をはかっています。

現在はサッカーだけでなく、救助活動を主体とするロボカップレスキューや、次世代の技術の担い手を育てるロボカップジュニアも同時に行われています。

ロボカップサッカーでは、直径18cm以内のロボットが5台一組で試合をする小型ロボットリーグ、12m×8mの大きなフィールドでフットサルのボールを用いて行う中型ロボットリーグ、コンピュータ上の仮想フィールドで行うシミュレーションリーグ、AIBOが4台1組となり試合をする四足ロボットリーグ、そして2002年から正式種目となったヒューマノイドリーグが行われます。

今年の目玉はなんといってもヒューマノイドリーグでしょう。昨年まではPK競技などしか行われていませんでしたが、今年からは2台が1組となる試合形式で行われます。自律型のロボットなのでFWのロボットはボールを追いかけシュートを放ち、GKのロボットはセービングやクリアを行います。

大会は今回で9回目。7月13日から19日までの予定で大阪市内で開かれる。開催委は約20万人の入場を見込んでいる。
昨年の優勝ロボのVisiONもパワーアップしたVisiON NEXTAとして登場します。

来年は人間のワールドカップにあわせてドイツで開催予定です。

<参考>「もう一つのワールドカップ、今年も始動」・「ロボカップ−もうひとつのサッカーワールドカップ

|

« NEWS CLIP 05/06/28 | Main | NEWS CLIP 05/06/29 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/4754010

Listed below are links to weblogs that reference いよいよヒューマノイド型ロボットによるサッカー団体戦始まる!:

« NEWS CLIP 05/06/28 | Main | NEWS CLIP 05/06/29 »