« NEWS CLIP 05/06/29 | Main | タイタンにメタンの湖か? »

2005.06.30

燃料電池を搭載したロボット発売

Asahi.comより「燃料電池で動くロボット 頭に水素ボンベ

ロボット開発ベンチャーのスピーシーズ(東京都)は28日、水素と空気中の酸素を反応させて電気を発生させる燃料電池で動く二足歩行のロボットを開発したと発表した。
Speecys−FCこのロボット「Speecys−FC」は同社がすでに発売している二足歩行ロボット「Speecys」にロボット用に最適化した燃料電池システム"CFCS"を搭載したものです。発電用の燃料電池セルを両肩に2基ずつ4基とアシストスタックを背面に1基搭載しています。

ロボットは単に直立しているだけの時は1.5−1.8A程度の低い電流しか必要としませんが、動き出したとたんに最大10A程度の大電流が必要になります。しかし通常の燃料電池では瞬時に大電流を流すとセル電圧が低下してしまうという欠点があります。そこで大電流を使用するときに背面のアシストスタックやニッケル水素充電池を組合せ、この問題を克服しました。

燃料は小型燃料電池の燃料としてよく使われるメタノールでなく、水素吸蔵合金のボンベに吸蔵した容量16リットルの水素。燃料ボンベは頭部に搭載しています。

水素の消費量は約2分で1リットルとのこと。16リットルのボンベで30分から1時間の連続動作が可能になっています。

ロボットは高さ約50センチ、重さ4.2キロ。16リットルの水素ボンベを頭部に、両肩と背中に燃料電池を着け、約1時間動くという。7月から研究や展示用に発売する。価格は262万5000円(税込み)。
ベースとなるSpeecysが49万8000円ですから、やはりずいぶんとお高くなりますね。

|

« NEWS CLIP 05/06/29 | Main | タイタンにメタンの湖か? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/4766991

Listed below are links to weblogs that reference 燃料電池を搭載したロボット発売:

« NEWS CLIP 05/06/29 | Main | タイタンにメタンの湖か? »