« 筋肉でコンピュータを操る? | Main | NEWS CLIP 05/06/26 »

2005.06.26

自動で打ち水、その名も「打ち水ロード」

Asahi.comより「真夏の道「打ち水」で涼しく アスファルト舗装に新技術

炎天下のアスファルト舗装を「打ち水」で涼しく――そんな技術を大林組と大林道路が共同開発した。
打ち水ロード暑い夏がやってきました。町の真ん中では体感温度が40度をこえることもしばしば。いわゆるヒートアイランド現象ですが、これは主にアスファルト舗装の面積の増加や高層建築物による風の遮断、空調や車による人口排出熱によっておこります。このうちアスファルト舗装の面積は都市部では20−25%に達し、路面温度も60度に達することもあります。したがって路面温度を下げる技術の一刻も早い実用化が求められていました。

実用化されている路面温度低下策としては保水性舗装があります。これは雨水を保水性の舗装材に吸収・蒸散させ舗装面の温度をおさえる手法です。ただこの場合は雨水を利用するため晴天が続くと効果が減る問題があります。

この「打ち水ロード」は、アスファルト舗装の中に給水管を敷設し、雨が降らなくてもつねに水がしみ出すように工夫されています。舗装の隙間に砂を入れることで、水が表面に伝わり、路面全体から蒸発します。

給水には、地下の貯留槽に蓄えた雨水や地下水、下水処理水、工業用水を利用。給水の制御にはタイマーや雨水センサを用い、常に必要最小限の給水を自動的に行います。

愛知県の実験住宅の校内道路での実験では、気温23度の日、周辺道路は38度でしたが打ち水ロードは34度だったとのこと。真夏には、一般のアスファルトより20度ほど下がると推定されています。

従来の「保水性舗装」に比べると費用は2〜3割増しになるが、子供が何時間も並ぶような遊園地の歩道や、駐車場などへの利用が期待される。
打ち水といえば今年も打ち水大作戦は行われるようです。

<参考>「100万人の打ち水大作戦−温度を2度下げよう」・「大阪でも打ち水大作戦2004

|

« 筋肉でコンピュータを操る? | Main | NEWS CLIP 05/06/26 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/4710189

Listed below are links to weblogs that reference 自動で打ち水、その名も「打ち水ロード」:

» トラックバック初挑戦 [Arch 8lab]
屋上緑化⇔ヒートアイランド現象関連ということで。 [Read More]

Tracked on 2005.06.29 at 04:56 PM

» トラックバック初挑戦 [Arch 8lab]
屋上緑化⇔ヒートアイランド現象関連ということで。 [Read More]

Tracked on 2005.06.29 at 04:57 PM

« 筋肉でコンピュータを操る? | Main | NEWS CLIP 05/06/26 »