« May 2005 | Main | July 2005 »

2005.06.30

鳥の糞を避けるには車の色に注意?

UKTodayより「鳥のフン害、避ける決め手は車の色選びにあり!?

鳥のフンによる被害を避けて、車をなるべくきれいに保ちたいと思っている人は、近隣に多く住む鳥の様子を調べて、その鳥の羽色とは異なる色の車を選ぶようにすべきとのアドバイスがなされていることが伝えられた。
鳥の糞害に困っているのは僕だけではないはず。洗車すると次の日に必ず鳥の糞が落ちているのはなぜでしょう(笑)

今回、鳥の糞と車の色についての調査を行ったのは、ブリストル大学のチャールズ・ウエストさん。きっかけはパブで、カモメが青い車に糞を落とすのは海と間違えているからではないかとの会話を聞いたからだそうです。

1700台の車を対象に糞をかけられた回数を調査。その結果白い車ほど多く糞をかけられていたそうです。逆に被害にあいづらいのは黒や青の車だったとのこと。パブでの会話は間違ってたのでしょうか(笑)

この理由は詳しく分かっていませんが、

英国の野鳥団体「the British Trust for Ornithology」では、理由として考えられる点はいくつかあるとコメント。鳥は排泄を一種の自衛行為としており、自分と同じ色の車を見ると縄張りが侵されたとみなし、フンをかけて攻撃すると説明。これに基づけば、ブリストルのようにカモメの多い地域では白い車、ハトの多いロンドンではグレーの車、クロウタドリの多い地域では黒い車に特に注意が必要といえるとしている。
赤い僕の車に糞がかけられてるのはどうしてでしょうか。赤い鳥なんか周りにいないんですが(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

タイタンにメタンの湖か?

NIKKEI NETより「土星の衛星タイタンにメタンの湖?NASAが発見

米航空宇宙局(NASA)は28日、無人探査機カッシーニが土星の衛星タイタンで湖とみられる地形を見つけたと発表、その映像を公開した。湖を満たしているのは、液化したメタンの可能性があるという。
タイタンの湖土星の衛星タイタンの地表を観測しているカッシーニ探査機は、周囲よりも暗い斑上の模様がうつった画像を数点撮影しました。それらを分析した結果、湖ではないかと考えられる地形がタイタンの南極近くで発見されました。

発見された、湖らしきものは縦73km、横234kmほどで米・カナダ国境にあるオンタリオ湖ほどの大きさです。その縁は水による侵食などで滑らかになった地球の湖とよく似ています。また、このあたりはタイタンの中でも最も雲の多い地域であり、おそらくメタンの雨が降っていると考えられています。

したがって湖だとしてもそこにあるのは液体メタンだと考えられます。タイタンの気温は低いため液体のメタンが蒸発するには時間がかかります。メタンの湖が存在する可能性はあります。

以前からタイタンの表面に液体があるのではとの推測はされていましたが、その確実な証拠は見つかっていません。カッシーニも液体の表面がきらめいている様子を撮影したことはまだありません。

タイタンの南極は同衛星でも最も雲が多い地域。液化したメタンの雨が地表に降り注いでいるとみられ、それがたまって湖になっている可能性があると研究者らは指摘している。
湖でなく単なる堆積物が描いた模様や火山のカルデラなどである可能性も残っています。

まだカッシーニはタイタンの詳しい表面観察を続けています。今後の観測で何か分かることがあるかもしれません。

<参考>「タイタンの表面に謎の明るい点」・「タイタンはぬかるんでいた−マイナス180度ですけど」・「タイタンの地表はこんなだった

| | Comments (0) | TrackBack (0)

燃料電池を搭載したロボット発売

Asahi.comより「燃料電池で動くロボット 頭に水素ボンベ

ロボット開発ベンチャーのスピーシーズ(東京都)は28日、水素と空気中の酸素を反応させて電気を発生させる燃料電池で動く二足歩行のロボットを開発したと発表した。
Speecys−FCこのロボット「Speecys−FC」は同社がすでに発売している二足歩行ロボット「Speecys」にロボット用に最適化した燃料電池システム"CFCS"を搭載したものです。発電用の燃料電池セルを両肩に2基ずつ4基とアシストスタックを背面に1基搭載しています。

ロボットは単に直立しているだけの時は1.5−1.8A程度の低い電流しか必要としませんが、動き出したとたんに最大10A程度の大電流が必要になります。しかし通常の燃料電池では瞬時に大電流を流すとセル電圧が低下してしまうという欠点があります。そこで大電流を使用するときに背面のアシストスタックやニッケル水素充電池を組合せ、この問題を克服しました。

燃料は小型燃料電池の燃料としてよく使われるメタノールでなく、水素吸蔵合金のボンベに吸蔵した容量16リットルの水素。燃料ボンベは頭部に搭載しています。

水素の消費量は約2分で1リットルとのこと。16リットルのボンベで30分から1時間の連続動作が可能になっています。

ロボットは高さ約50センチ、重さ4.2キロ。16リットルの水素ボンベを頭部に、両肩と背中に燃料電池を着け、約1時間動くという。7月から研究や展示用に発売する。価格は262万5000円(税込み)。
ベースとなるSpeecysが49万8000円ですから、やはりずいぶんとお高くなりますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/06/29

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.29

いよいよヒューマノイド型ロボットによるサッカー団体戦始まる!

Asahi.comより「過去最多の420チーム参加へ ロボカップ大阪世界大会

ロボットが世界から集まり、サッカーなどで性能を競う「ロボカップ2005大阪世界大会」の開催委員会は27日、東京都内で記者会見を開き、参加チームが35カ国・地域から過去最多の約420、参加者も約2000人にのぼる見込みであることを明らかにした。
ロボカップ今年で9回目となるロボカップ。昨年はポルトガルのリスボンで行われましたが、今年は大阪で行われます。

ロボカップは自律型のロボットがサッカーを行い優勝チームを決める国際競技大会。「2050年には人間の世界チャンピオンチームに勝てるロボットのチームを作る」を合い言葉に毎年行われています。

将来的には私たちの生活に深くは入り込んでくると思われるロボットですが、まだまだ未熟な部分も多くあります。ロボカップはサッカー競技を通じロボット全体の制御技術や人工知能の技術の向上をはかっています。

現在はサッカーだけでなく、救助活動を主体とするロボカップレスキューや、次世代の技術の担い手を育てるロボカップジュニアも同時に行われています。

ロボカップサッカーでは、直径18cm以内のロボットが5台一組で試合をする小型ロボットリーグ、12m×8mの大きなフィールドでフットサルのボールを用いて行う中型ロボットリーグ、コンピュータ上の仮想フィールドで行うシミュレーションリーグ、AIBOが4台1組となり試合をする四足ロボットリーグ、そして2002年から正式種目となったヒューマノイドリーグが行われます。

今年の目玉はなんといってもヒューマノイドリーグでしょう。昨年まではPK競技などしか行われていませんでしたが、今年からは2台が1組となる試合形式で行われます。自律型のロボットなのでFWのロボットはボールを追いかけシュートを放ち、GKのロボットはセービングやクリアを行います。

大会は今回で9回目。7月13日から19日までの予定で大阪市内で開かれる。開催委は約20万人の入場を見込んでいる。
昨年の優勝ロボのVisiONもパワーアップしたVisiON NEXTAとして登場します。

来年は人間のワールドカップにあわせてドイツで開催予定です。

<参考>「もう一つのワールドカップ、今年も始動」・「ロボカップ−もうひとつのサッカーワールドカップ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/06/28

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.28

ハチドリの空中浮揚の謎に迫る

CNNより「ハチドリの静止飛行、最新技術で仕組み解明 米チーム

ハチドリが空中の同じ位置にとどまる「静止飛行」の仕組みを最新技術でとらえる実験に、米研究チームがこのほど成功した。ハチドリの羽は、一般の鳥類と昆虫類のちょうど中間に当たる動きを示すことが分かったという。
ハチドリハチドリはブラジルやペルーなど中南米や北アメリカ各地に分布している世界一小さい鳥です。体長は10cm前後、重さは2−20g。ブンブンというハチのような羽音をたてるため、ハチドリと名付けられました。

ハチドリの特徴はその飛び方にあります。1秒間に80回も羽ばたいて空中にホバリングし静止しながら花の蜜を吸います。その様子は鳥というよりは昆虫に近いものといわれています。

この研究では液体やガスの流れを調べるために使われる「デジタル粒子画像流速測定法(DPIV)」という技術を採用。ハチドリを入れた実験器の空気にオリーブオイルの微小な粒を加え、その動きを300マイクロ秒ごとに記録しました。

このデータを分析した結果、ハチドリは羽を下向きに動かすことで体重の75%を支え、上向きに動かすことで残り25%を支えていることが明らかになりました。

一般的な鳥類の場合は、下向きの羽ばたきで全体重をささえます。一方、ハチドリが似ているとされる昆虫の場合は上方向の羽ばたきで50%、下方向の羽ばたきで50%の体重を支えることが分かっています。

ハチドリはどうも昆虫と鳥類の中間の仕組みを持っているようです。

チームでは、「上向きの羽ばたきの役割が予想より小さいのに驚いた。ハチドリが静止飛行するようになった進化の過程を探る上で、新たな手がかりが得られた」と強調する。
ハチドリはこの激しい運動を維持するために毎回、自分の体重と同じくらいの餌を食べる大食漢です(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ビールの香りはリラックスする?

Asahi.comより「酒の香りにリラックス効果 脳からアルファ波、快適感

ビールや日本酒などの香りが人をリラックスさせる効果があることが、サッポロビールの実験で明らかになった。香りの強いお酒をかぐと脳からアルファ波が出て快適感が高まることがデータで裏付けられたという。
僕のような酒飲みにとってはなんともありがたい実験結果です(笑)

ビールや日本酒の香りは主に、酵母の働きでできるエステル香です。脂肪酸とアルコールが縮合してできるエステルは果実の香りの成分でもあります。

実験では33人の人にエステル濃度の違う2種類の市販品のビールを2分間、においをかいでもらいました。そしてその間の脳波の周波数を測定。快適度を計算したとのこと。

結果としてエステル濃度が2倍高い香りの方が、落ち着いた気分の際に出るアルファ波が安定して検出され、快適度も1.2倍高かったようです。

同社では今後、エステル類の濃度を変化させ、リラックスするビールや反対に精神を高揚させやすいビールなど、さまざまな新製品開発につなげたいとしている。
これからは妻にビールの飲み過ぎを指摘されれば「リラックス」を錦の御旗にすることにしましょう(笑)

<参考>「お酒の歴史、3000年以上もさかのぼる−紀元前9000年やっぱり中国で」・「ビールで白髪がなくなる?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/06/27

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.27

NEWS CLIP 05/06/26

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.26

自動で打ち水、その名も「打ち水ロード」

Asahi.comより「真夏の道「打ち水」で涼しく アスファルト舗装に新技術

炎天下のアスファルト舗装を「打ち水」で涼しく――そんな技術を大林組と大林道路が共同開発した。
打ち水ロード暑い夏がやってきました。町の真ん中では体感温度が40度をこえることもしばしば。いわゆるヒートアイランド現象ですが、これは主にアスファルト舗装の面積の増加や高層建築物による風の遮断、空調や車による人口排出熱によっておこります。このうちアスファルト舗装の面積は都市部では20−25%に達し、路面温度も60度に達することもあります。したがって路面温度を下げる技術の一刻も早い実用化が求められていました。

実用化されている路面温度低下策としては保水性舗装があります。これは雨水を保水性の舗装材に吸収・蒸散させ舗装面の温度をおさえる手法です。ただこの場合は雨水を利用するため晴天が続くと効果が減る問題があります。

この「打ち水ロード」は、アスファルト舗装の中に給水管を敷設し、雨が降らなくてもつねに水がしみ出すように工夫されています。舗装の隙間に砂を入れることで、水が表面に伝わり、路面全体から蒸発します。

給水には、地下の貯留槽に蓄えた雨水や地下水、下水処理水、工業用水を利用。給水の制御にはタイマーや雨水センサを用い、常に必要最小限の給水を自動的に行います。

愛知県の実験住宅の校内道路での実験では、気温23度の日、周辺道路は38度でしたが打ち水ロードは34度だったとのこと。真夏には、一般のアスファルトより20度ほど下がると推定されています。

従来の「保水性舗装」に比べると費用は2〜3割増しになるが、子供が何時間も並ぶような遊園地の歩道や、駐車場などへの利用が期待される。
打ち水といえば今年も打ち水大作戦は行われるようです。

<参考>「100万人の打ち水大作戦−温度を2度下げよう」・「大阪でも打ち水大作戦2004

| | Comments (0) | TrackBack (2)

筋肉でコンピュータを操る?

nikkeibpより「筋肉でパソコンを動かす入力インタフェースが登場

仮想現実に関する機器やソフトウエアなどを扱うソリッドレイ研究所は、筋電位を利用したパソコン用入力装置「マッスルト〜ク」を発売した。腕などを動かす際に筋肉の収縮に伴って変化する電位を測定し、入力信号とする。
筋肉によるインターフェース「マッスルトーク」と名付けられたこのシステムは人体に電極を装着し、腕などを動かすときの筋肉の収縮に伴って発生する数100μV−数mVの電位変化を計測、そのパターンから人体の各部の動きを認識するシステムです。コンピュータなどの入力インターフェースとして使うことができます。

デモンストレーションでは、モデルの男性がスティックを持ってドラムをたたくような動作をすると,それと同時にモニター上でCGの骸骨がドラムをたたくと同時に音を出すという実演が行われたとのことです。

コントロールボックスと2個のセンサ、電源ケーブルなどを含む基本セットが148万円。コントロールボックスは8つの入力チャネルを備えています。

人の手足の動きを感知する入力インターフェースとしては、加速度センサなどもあります。この筋電位センサは動かそうとしたときの電位変化を検知するため実際の動きを感知する加速度センサよりも反応が速くなります。しかし、実際には動かさなくても動かそうとするだけで反応してしまうため、バーチャルリアリティなどの入力インターフェースとしては不向きかもしれません。

東京ビッグサイトで開催中の「第13回 産業用バーチャルリアリティ展」(2005年6月22日〜24日)でデモンストレーションを行っている。
寝たきりになった場合などは、実際に手足を動かさなくても入力できるため何か使えそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

NEWS CLIP 05/06/25

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.25

タイムやラップ数を映し出す水泳のゴーグル

CNNより「ゴーグルにタイムとラップ数を表示 英学生が発明

水泳選手がタイムを確認する際、腕時計やプールの時計板を見る時間を節約できないだろうか――。英ブルネル大でデザイン学を専攻する学生が、そんな発想からユニークなゴーグルを発明した。タイムや泳いだラップ数が、レンズの内側に表示される。
デジタルゴーグルブルネイ大のケイティ・ウィリアムさんが卒業制作の一つとして作ったものです。

高校時代にプールの監視員のアルバイトをしていたときの経験から思いつきました。

このゴーグルのストラップの後部にはコンパスを収納した電子機器がついています。ゴーグルの横にある小さなボタンを押すと、装置が作動。コンパスによりターンしたことが感知されます。ターンごとにラップ数が更新、またラップごとのタイムが記録されます。

タイムやラップ数、速度は、小さな鏡に反射させる仕組みを使ってレンズに表示されます。泳ぎながらまったく脇見をすることなくスイマーはこれらの数値を確認できます。

軽さやつけ心地も、一般のゴーグルとあまり変わらないとのこと。

ケイティさんは「需要はきっとある。市場のすき間を埋めることができるはず」と、商品化に自信を示す。
最大の問題は表示機能にコストがかかりすぎることだそうです(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (1)

収穫量1.2倍のコシヒカリができた−将来的には2倍も・・・

Yahoo!NEWSより「イネの収量決める遺伝子=「増産コシヒカリ」試作成功−名古屋大、理化研など」(時事通信)

イネの種子の量を左右する遺伝子を特定し、交配により収量をアップさせたコシヒカリを作ることに、名古屋大と理化学研究所、ホンダの共同研究グループが成功した。直接的に収量増加につながる遺伝子の発見は初めて。24日(日本時間)、米科学誌サイエンス電子版に発表した。
収量が1.2倍のイネ一つの茎につく米の粒数は花芽の成長に関係する植物ホルモン「サイトカイニン」に左右されます。サイトカイニンの蓄積が多いと穂の枝分かれが増え、枝につく粒数も多くなります。

研究チームは昨年12月に前解読されたイネのゲノム情報を用いて、実る粒数がコシヒカリの約2倍あるインディカ種の「ハバタキ」と「コシヒカリ」の遺伝子を比較しました。その結果、種子の数を調節する「CKX2」という遺伝子を特定。この遺伝子がサイトカイニンの分解酵素を生み出していて、ハバタキのCKX2遺伝子が突然変異で機能低下を起こしていることを確認しました。

さらに4年がかりでコシヒカリにハバタキを5回掛け合わせ、この遺伝子をハバタキの遺伝子に置き換えることに成功しました。ただコシヒカリは茎が細いため実る粒数が増えると倒れやすくなります。そこでイネの背丈を決める遺伝子も同時にハバタキの遺伝子におきかえました。

この新しいイネを育てると、収量は20%増え、背丈が18%小さくなったとのことです。

遺伝子組み換えを行っていないため、直ちに実用も可能。遺伝的に近い小麦やトウモロコシなど他の穀類にも応用できる可能性があり、世界的な食糧不足への対策として期待される。
遺伝子組み換えを使えば、もう少し効率的に品種改良できたのでしょうが、イネということで慎重になっているようです。

米とともに三大穀物とされるコムギやトウモロコシも同じイネ科でゲノムがよく似ているということで、他の穀物への応用も期待できます。

また、この遺伝子以外にも収量に関する遺伝子がほかに4種類特定されています。これら全てを置き換えれば理論的には「ハバタキ」と同じ程度の収穫量が可能になるかもとのこと。

収量が一気に2倍になれば米も安くなりますね。それ以上に世界の食糧危機の救世主になるかもしれません。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

電位の波で脳細胞を作った

Yahoo!NEWSより「「電位の波」で脳細胞生成=世界初、脳梗塞治療への応用も−循環器病センター」(時事通信)

脳内の神経幹細胞に「電位の波」と呼ばれる現象を起こすことで新たな神経細胞を作らせることに、ラットの実験で成功したと、国立循環器病センター(大阪府吹田市)の柳本広二・脳血管障害・脳外科研究室長らの研究グループが24日、発表した。
この研究ではラットの脳に塩化カリウムを2日間注入。脳の中に電気活動の波を発生させたとのこと。その結果、神経細胞が新たに生まれたことを広範囲で確認したようです。この神経細胞は、神経細胞のもととなる神経管細胞から分化したと考えられています。

通常、神経細胞の外には多量のナトリウムイオン、細胞内にはカリウムイオンがあり、細胞内はイオンバランスによってマイナスの電位を保たれています。神経が刺激を受けるとナトリウムイオンが細胞内に流入し細胞内外の電位が逆転します。これにより電気的な刺激を神経細胞は伝えます。

この研究で言及されている電位の波というものがこれらの資料だけではよく分かりません。脳内に刺激を与えるのと何が違うのかな。

この現象は、神経細胞が失われることにたいする防御機構であると研究チームは考えているようです。

柳本室長は「世界初の実験成果。研究が進めばパーキンソン病や脳梗塞(こうそく)など、さまざまな脳障害の治療につながる可能性がある」と話している。論文は同日発行の米医学専門誌ストロークに掲載された。
この新しい神経細胞がネットワークを作るかどうかはまだよく分かっていないようです。

<参考>「ES細胞から大脳細胞を作成−ちょっと脳を増やしてもらえませんか(笑)」・「脳神経の再生に成功−脳梗塞からの復帰に光 その先は・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/06/24

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.24

大豆は妊娠を妨げる?−日本の少子化は大豆のせいなんですか(笑)

Yahoo!NEWSより「大豆は妊娠妨げる?=精子を衰弱させる働き−英専門家」(時事通信)

妊娠を計画している女性は、大豆製品を食べるのを控えるべきだ−。22日付の英紙ガーディアンなどは、英専門家がこのほど、デンマークで開かれた出生に関する学会でこのような研究結果を発表したと報じた。大豆に多く含まれるゲニスティンという物質に、妊娠を妨げる働きがあるという。
大豆発表したのはロンドン大キングズ・カレッジのリン・フレーザー教授。大豆に含まれるゲニステインという物質が問題だとのこと。

ゲニステインは大豆に多く含まれる植物性エストロゲンです。以前から妊娠に対して何らかの悪影響を及ぼすのではないかともいわれていました。妊娠中に多量に摂取すると、胎児の性器形成に影響を与えるという報告もあります。

この研究ではあらかじめ採取したヒトの精子とゲニステインの化合物を使って実験を行いました。精子をゲニステインと接触させたとたんに急激な化学反応をおこしました。マウスで行った実験では非常に高濃度のゲニステインを必要としましたが、ヒトでははるかに低濃度で反応が起こりました。

女性の子宮にゲニステインが含まれていた場合、受精が阻害される可能も十分にあります。

このことから同教授は、ゲニスティンには卵子に到達しようとする精子の衰弱を早める作用があると結論付けた。
しかし、大豆製品を多くとっているはずの日本人で特に他国よりも出生に影響があるという話は聞きませんし、どうなんでしょうか。もしかして日本の少子化は大豆のせい(笑)

一方、大豆のゲニステインは循環器病やある種のがん、骨密度の低下改善などに効用があるともいわれています。さて・・・。

<参考>「卵巣を腕に移植−不妊治療

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ディープ・インパクト、いよいよ目標の彗星にロックオン!

Asahi.comより「「標的」彗星の核とらえた 米探査機ディープインパクト

初めての「彗星(すいせい)激突観測」に向け、順調に飛行を続けている米航空宇宙局(NASA)の彗星探査機ディープインパクトが、「標的」であるテンペル1彗星の核の姿をとらえた。21日、観測チームが画像を公表した。
Shakeyディープ・インパクト計画は、テンペル第1彗星に衝突体を衝突させ、その様子を観測するというNASAの彗星探査計画です。重さ370kgの円筒型の物体を衝突させ、彗星核の表面の強度や内部の成分などを明らかにすることが目的です。

2005年の1月12日に打ち上げられたディープ・インパクト探査機は7月3日午後、彗星から88万kmの地点で衝突体を切り離します。衝突体はカメラで目的の彗星を観測、軌道修正をしながら彗星の核に向けて進んでいきます。

衝突はアメリカ独立記念日の7月4日午後の予定。

ディープ・インパクト探査機が目標とするテンペル第1彗星は、5.5年の周期で太陽の周りを公転しています。彗星の核はテンペル第1彗星に限らず、不揮発性の物質で覆われていることは分かっていますが、これがどのような物質でどの程度硬いのか、また厚みはどの程度なのかということは全く分かっていません。テンペル第1彗星も、核の長径が14km、短径が5kmということくらいしか分かっていません。実際に衝突するまで、どのようなものに衝突することになるのかも謎です。

先月30日、彗星から約3000万キロの距離で撮影した画像に人工着色した。彗星の核(赤い部分)は縦約15キロ、横約5キロ。氷と岩石でできており、噴き出すガスやチリ(緑の部分)に取り巻かれている。左上が太陽のある方向。
彗星の内部はどうなっているんでしょうか。興味津々です。彗星都市帝国は隠れてないでしょうけど(笑)

<参考>「NASA版ディープインパクト打ち上げ

| | Comments (0) | TrackBack (3)

NEWS CLIP 05/06/23

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.23

歯周病がアルツハイマーの原因になる

BioTodayより「歯周病はアルツハイマー病のもと

一方がアルツハイマー病またはその他の痴呆疾患を発現し、もう一方は痴呆を発現していない双子109組を対象にした調査で、痴呆疾患を発現した双子の片割れは発現しなかった片割れに比べて中年までに歯周病を患った割合が4倍高いという結果となりました。
成人の80%以上が罹患するといわれている歯周病がアルツハイマーのリスクを高めるという研究結果が発表されました。

研究チームは双子のうちの1人がアルツハイマー病になった双子を調査。その結果、中年までに歯周病を患った場合、患わなかった場合に比べアルツハイマー発病のリスクは4倍になりました。

アルツハイマーには遺伝的影響もあるといわれていますが、それ以外の環境要因も大きいようです。また、歯周病はアルツハイマー以外の病気のリスクも増やす可能性も指摘されています。

歯周病は歯垢(プラーク)の中の細菌が歯周組織に炎症を起こす病気です。炎症のために歯の根の周囲の骨が吸収され、進行すると歯が抜け落ちることになります。

University of Southern CaliforniaのMargaret Gatz等がAlzheimer's Association International Conference on Prevention of Dementiaで発表した研究成果です。
なぜこのような結果になるかはまだ分かっていません。歯が弱くなり噛むことが少なくなることは原因になるのでしょうか。

<参考>「カレーでアルツハイマー予防」・「お茶でアルツハイマー予防−カレーのおともはお茶です」・「リンゴがアルツハイマーを防ぐ−丸かじりして下さい」・「老年性アルツハイマーの原因遺伝子変異がわかった

| | Comments (2) | TrackBack (1)

民間ソーラーセール、打ち上げ失敗−宇宙ヨットレースはまだ先の夢です

Yahoo!NEWSより「太陽帆船、打ち上げ失敗 ロケットのエンジン停止」(共同通信)

民間団体の米惑星協会(本部カリフォルニア州)は米東部時間の21日午後(日本時間22日未明)、太陽の光の圧力だけで宇宙空間を進む世界初の太陽帆船(ソーラーセール)「コスモス1」をバレンツ海のロシア原子力潜水艦から打ち上げた。
 しかしロシアのタス通信がロシア宇宙関係者の話として伝えたところでは、弾道ミサイルを改造した3段式ロケットの1段目エンジンが途中で停止、地球周回軌道への投入に失敗した。
cosmos1の打ち上げ米の民間団体である惑星協会が計画していた世界初のソーラーセール(太陽帆船)「コスモス1」の打ち上げは失敗に終わりました。ソーラーセールは巨大な帆で太陽から放出される光を受け、その圧力で前進します。太陽光からの推進力は弱いものですが、帆船は光を受けている限り加速を続けることができ、燃料を運ぶ必要もないため、効率の高い動力として注目されています。

今回は、地球の周回軌道へ打ち上げるのが目的で、太陽光が宇宙旅行の動力として十分に使えることを示すのを目指していました。高度約800キロの軌道に達したところで、長さ約15mの薄い羽根8枚を組み合わせた風車型の帆を広げ、加速を始める予定になっていました。

コスモス1は、21日午後11時46分(日本時間22日午前4時46分)、ロシア北部バレンツ海沖でロシア海軍の原子力潜水艦ボリソグレブスクから発射されました。惑星協会の本部は当初、船体からの信号を受け取れなかったものの、周回軌道に乗ったことを示す信号を受信したと発表していましたが、実際はコスモス1を載せた弾道ミサイルを改造したミサイルは発射83秒後に3段ロケットの1段目のブースターが停止。予定された周回軌道に達することはできず、打ち上げは失敗に終わりました。

ソーラーセールは、燃料がいらない究極の省エネ宇宙船で、将来の惑星間飛行の手段として各国が注目する技術。日本の宇宙航空研究開発機構が昨年8月、宇宙空間で直径約10メートルの帆を広げる実験に成功しているが、帆を使った航行に挑戦したのは同協会が初めて。
コスモス1が初のソーラーセールというだけでなく、打ち上げ事業費が400万ドルという異例の低コストであることでも注目されていたのですが、残念です。

<参考>「いよいよ宇宙ヨット発進!」・「ソーラーセール打ち上げ決定−宇宙のヨットレース実現間近」・「ソーラーセールが宇宙を翔る日は来るのか

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ピロリ菌が胃がんを起こす仕組みを解明

YomiuriONLINEより「胃かいよう、胃炎の原因「ピロリ菌」の仕組み解明

胃潰瘍(かいよう)や慢性胃炎の原因となるピロリ菌が、これらの病気を引き起こす仕組みを、北海道大遺伝子病制御研究所の畠山昌則教授らが解明した。
ピロリ菌ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)は大きさ3ミクロンで胃だけに存在します。胃がんや胃炎の原因とされますがその仕組みは分かっていませんでした。

研究グループは、ピロリ菌が出す「CagA」と「VacA」と呼ばれる毒性を持つタンパク質に着目。培養した胃の細胞にこの2つの毒素を注入しました。CagAを注入した胃の細胞は細胞の増殖制御などにかかわる約70個の遺伝子の働きが活性化。これが遺伝子の活性化を促進するタンパク質である「NFAT」がCagAに刺激されて起きたことも突き止めました。

一方、VacAを作用させた細胞を解析すると、VacAがNFATの働きを抑制していることが分かりました。

この結果から、2つの毒素は胃の中で正反対の働きをしており、どちらが細胞に多く働くかで胃に与える影響がことなると考えられます。CagAで遺伝子が活性化すると細胞増殖が進み胃炎や胃がんに、VacAが多く作用すると正常な細胞の分裂が抑制され胃潰瘍になりやすい環境ができるとみられます。

新薬につながる成果で、21日付の米科学アカデミー紀要に発表された。
日本人の2人に1人はピロリ菌を持っているといわれています。また75歳までにピロリ菌の保持者の10人に1人が胃がんになるとの報告もあります。

やはりピロリ菌の除菌が一番なのでしょうか。

<参考>「ピロリ菌の除菌で胃がんの発症率が下がった

| | Comments (1) | TrackBack (1)

NEWS CLIP 05/06/22

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.22

ダ・ヴィンチの未完の名画が壁の後に隠されている?

Asahi.comより「何かがある?謎の空洞と文字 ルネサンスの絵

イタリア・フィレンツェの宮殿会議室に描かれたルネサンス時代の画家バサーリのフレスコ画の裏側に空洞があることが分かり、研究者が調査の許可を求めている。
バサーリのフレスコ画フィレンツェ・ベッキオ宮殿の壁に描かれたバサーリの手による宮殿のフレスコ画に「求めよ、さらば与えられん」という文字が書き込まれていました。このメッセージは以前から知られていましたが、このフレスコ画をレーダやX線を用いて走査したところ、フレスコ画の裏側に空洞があることが判明しました。

フレスコ画とは西洋の壁画に用いる技法で、壁に漆喰を塗って乾ききらないうちに水彩絵の具で描いたものです。石灰の層の中に絵の具が染みこんで乾くため堅牢です。

フィレンツェの美術専門家達は、この空洞にレオナルド・ダ・ヴィンチの未完成の名画といわれる「Battle of Anghiari」が隠されているのではないかと考えているようです。

この名画は未完成で、ホールが修復された16世紀中頃に破壊されたと考えられていました。ただ、他のアーティストによる模写の存在は知られており、モナリザや最後の晩餐に匹敵する傑作ではないかと考えられています。

このフレスコ画の後側の調査が認められれば、フレスコ画の表面に小さな穴を開けて後側を調べることになりそうです。もし、ダ・ヴィンチのフレスコ画が発見されれば大発見。

描かれた壁には、かつてレオナルド・ダビンチの未完の絵があり、研究者はダビンチの未完の絵を知る手がかりが隠されていると考えている。
またまた小説のタネになりそうな話ですが(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

世界初!バイオガスで走る列車が登場

CNNより「世界初、バイオガスで走る鉄道が登場、スウェーデン

生ごみなどの有機性廃棄物などを発酵させて得られる可燃性ガスのバイオガスを燃料に走る鉄道車両がスウェーデンで開発された。世界で初めてと主張している。
バイオガスは生ゴミなどの有機性廃棄物をメタン発酵させて生成する可燃性のガスです。メタンや二酸化炭素を主な成分としており、近年では化石燃料に変わるエネルギー源として注目が集まっています。また温室効果ガスであるメタンガスを利用することで、メタンガスの大気中への放出を防ぐことができるのも温暖化防止につながります。
バイオガスで走るこの列車は、2つのバイオガスエンジンを搭載し、80キロの路線に就航、定員は54人。スウェーデン中央部のリンチェピング市と東部のベステルビク市を結びます。

燃料タンクを満タンにすれば600kmの走行が可能とのこと。最高時速は130kmにも達します。エコカーの先進国スウェーデンではすでにバイオガスを利用したバス779台、車両4500台以上が運行されています。

車両の所有会社「Svensk Biogas」は、世界初の自然ガスを利用した公共列車になると述べ、「地球温暖化防止に大きく貢献する」と強調している。
最大の問題は、まだバイオガスの製造コストがディーゼルに比べ高くつくという点でしょう。

<参考>「魚のアラで燃料電池

| | Comments (3) | TrackBack (0)

幹細胞の移植で腎不全の治療に光!

Asahi.comより「幹細胞移植で、マウスの腎不全を治療 東大グループ

腎臓の様々な細胞や組織のもとになる幹細胞を腎不全のマウスに移植して治療することに、菱川慶一・東京大助教授(腎臓内科)らのグループが成功した。20日付の米科学誌ジャーナル・オブ・セルバイオロジーに発表した。
研究では腎臓内の血管などに分化する腎臓の体性幹細胞の遺伝子をマウスで特定。この幹細胞が腎臓の間質(糸球体や尿細管以外の部分)に多数あることを確認しました。

この体性幹細胞1万個を急性腎不全のマウスの腎臓に、1匹あたり約1万個を移植したところ、7日後には血液検査などのデータがほぼ正常値に戻りました。幹細胞が腎臓を修復したと考えられます。

また腎臓摘出をした患者の腎臓を調べると、ヒトにも腎臓の体性幹細胞があることを確認。これを増殖させ本人に戻す手法が確立されれば腎不全の画期的な治療法になります。

現在、慢性腎不全により人工透析を受けている患者は24万人ほどいるといわれていますが、あまりにも生活に負担の大きな透析をしなくて良くなればこんないいニュースはありません。

菱川さんは「腎臓の幹細胞には様々な細胞に分化する能力だけでなく、組織を修復する能力もあることが分かった。患者の腎臓の幹細胞を体外で増殖させて戻したり、薬で幹細胞を活性化したりすることができれば、腎不全患者の治療につながる」といっている。
このような技術は一刻も早く開発して欲しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/06/21

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.21

コーヒーを飲むとなぜ目が覚めるのか

Yahoo!NEWSより「コーヒーの目覚めを解明 睡眠障害治療にも」(共同通信)

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、脳の細胞膜上にある特定のタンパク質と結び付いて目覚め作用を起こすことを、大阪バイオサイエンス研究所の裏出良博研究部長らが確認、米科学誌ネイチャー・ニューロサイエンス(電子版)に20日、発表した。
コーヒー
コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは眠気をとってくれます。これはカフェインが眠気を促す神経伝達物質の「アデノシン」と結びついて、その働きを阻害するためだと分かりました。

研究チームは、アデノシンの受容体である「A2A」を持たないマウスと持つ正常なマウスに人間のコーヒー1−3杯分に相当するカフェインを注射器で投与、睡眠時間を比べました。
その結果、正常なマウスはカフェインの投与量が増すにつれ睡眠時間が短くなっていきましたが、A2Aを欠損させたマウスは投与量による変化は見られませんでした。同様の可能性を指摘されていたアデノシンA1受容体というタンパク質を欠損させたマウスは普通のマウスとかわりがなく、カフェインの働きと関わりはないことが分かりました。

睡眠障害の治療や、眠気を防ぐ方法の開発につながるのではないかという。
副作用なく眠気をとる物質が見つかればとても嬉しいのですが、そこまで働かなければいけないのも少し悲しいです(笑)

<参考>「コーヒーは肝臓ガンを予防する−コレステロールはたまるかもしれませんが(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

生命の起源か、宇宙空間での有機物の生成を再現

毎日新聞より「生命の起源:宇宙での有機物生成を実験室で再現 北大

生命を形づくる有機物が宇宙で最初に生成される様子を、香内晃・北海道大低温科学研究所教授(惑星科学)らが実験室で初めて再現した。生命の起源解明につながる研究で、23日にシンガポールで開かれる国際学会で発表する。
メタノールなどの低分子有機物は地球上だけでなく宇宙空間にも存在しています。これらメタノールは分子雲といわれるガス密度の高い領域にある氷微粒子の中に固体の状態で閉じこめられていることが最近の研究で分かってきています。その存在量は水の30%におよぶこともあります。

これは宇宙空間に分布する氷の微粒子の表面上で水素や一酸化炭素から作られたと考えられていますが、氷点下250−260度にもなる極低温で真空に近い状態の中では、このような化学反応はおきないのではないかと考えられていました。

研究グループは氷の微粒子の周辺環境に近い状態を作り出す装置を使って検証。装置内に一酸化炭素を含む氷をつくり、それに極低温の水素原子を照射しました。その結果、「トンネル効果」が起き、ホルムアルデヒドとメタノールの有機物が効率よく生成されたとのことです。

香内教授は「今後、得られた有機物から、生命活動の始まりの物質となるアミノ酸などの合成を目指したい」と話す。
隕石中に含まれるアミノ酸の起源にせまれるかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/06/20

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.20

NEWS CLIP 05/06/19

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.19

ローズマリーがお焦げの発がん性物質を減らす?

BioTodayより「ローズマリーは加熱時に生じる発癌物質の量を減らす

豚、鳥、牛などの赤身肉を高温で加熱すると複素環アミン(HCA)という発癌物質が生じます。抗酸化物質が豊富なローズマリー抽出物を加えてひき肉を焼くと加熱時に生じるHCAの量を減らすことができるとわかりました。
ローズマリー肉や魚などの焦げた部分にはヘテロサイクリックアミン(HCAs)という発がん性物質が含まれています。HCAsはDNAに変異を引き起こしがんを誘発するといわれています。動物実験では、肝がん、乳がん、大腸がん、前立腺がんなどとの関係が指摘されており、ヒトにおける発がん性も報告されています。

この研究ではハーブの一種のローズマリーが肉の高温加熱により発生するHCAsを減らすことが分かりました。

ローズマリーは肉の鮮度を長持ちさせる作用があるため、肉料理によく使われます。肉の香草焼きなどにも使われていますね。このローズマリーには血行を良くし、細胞を活性化する作用があるとされ、また強壮作用などもあるといわれています。

僕自身は香りがきつすぎるかなと思ってますが。でも、また新たな効用が叫ばれることになりそうです。

Kansas State UniversityのScott Smith等が3月のAnalytical Chemistry and Applied Spectroscopyで発表した研究成果です。
と思ったら、妻が庭で育ててました。料理に使われた記憶はないんですが何のために育ててるんでしょうか(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

火星の夕焼けは青かった

YomiuriONLINEより「火星の「青い」夕暮れ…NASAが画像公表

米航空宇宙局(NASA)は、火星探査車スピリットの高解像度カメラが撮影した珍しい火星の夕暮れの画像を公表した。
Shakeyこの美しい夕焼けは火星探査車のスピリットからおくられてきた画像です。太陽は火星のグーセフクレーターの縁に沈んでいこうとしています。

非常に青みがかった美しい夕焼けです。スピリットのパノラマカメラは人間が見るものとほぼ同じ色彩を再現するカラーフィルターを使って撮影しました。

夕焼けが赤く見えないのは、火星大気に含まれる粒子径の大きなちりが、赤い光が届くのを邪魔するためということです。

画像は先月19日に撮影。太陽からの距離が遠いので、太陽は地球で見る大きさの約3分の2しかない。日没後約2時間ほど「薄明」が続くことも確認されたという。
太陽の小ささが美しいですね。

<参考>「オポチュニティ、5週間ぶりに砂丘を脱出!」・「行方不明の火星探査機、5年半ぶりに火星の南極で発見?」・「火星に氷の海」・「火星の赤道付近に水がある?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/06/18

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.18

マンモスのルーツが明らかに−ミトコンドリアDNAを全解読

Yahoo!NEWSより「マンモスはアジアゾウ系 名古屋大の小沢教授ら解析」(共同通信)

名古屋大大学院の小沢智生教授(古生物学)が愛知万博(愛・地球博)会場で17日会見し、シベリアの永久凍土から発掘され公開中のケナガマンモスについて「DNAを解析した結果、アフリカゾウよりもアジアゾウと近縁であるとの結果が得られた」と発表した。
マンモスマンモスは約400万年前から1万年前頃まで生息していましたが、更新世末期に絶滅したとされています。

このマンモスはアフリカにおいてアフリカゾウの仲間、インドゾウの仲間などと分岐したと考えられていましたが詳しいことは分かっていませんでした。

しかし、マンモスはむしろアフリカゾウなどよりアジアゾウに近いゾウだったようです。
研究では愛知万博で展示してあるユカギルマンモスの細胞から採取したミトコンドリアDNA(1万6853塩基対)を全解読することに成功しました。これを現存するゾウのDNAと比較。すでにDNA配列が明らかになっているアフリカゾウ、アジアゾウなど8種類のゾウと比較したところ、アジアゾウのDNA配列とは数%しか異ならず、近縁種であることが判明。今まで考えられていたよりも古い約730万年前にマンモス、アジアゾウの共通の祖先がアフリカゾウなどの系統と分かれたと推定しました。

1万年以上前の先史に滅びた生物のミトコンドリアの遺伝子情報の特定は前例がないという。
忙しくてなかなか愛知万博に行けません。知人の添乗員はすでに10回以上行ったといってるのをうらやましく聞いています(笑)

<参考>「マンモスの絶滅は寒冷化のせい−ゴンとドテチンのせいではありません(笑)」・「愛知万博、マンモスの全身展示を断念−発掘できませんでした」・「マンモス頭部のCT画像−病気は見つかりませんでしたか(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

エジプト最古のガラス工場跡を発見

Yahoo!NEWSより「ガラス生産跡を発見=原料溶かす土器、るつぼ−3250年前、エジプトの遺跡」(時事通信)

エジプトのナイル川流域東部の遺跡から、約3250年前にガラスを原料から生産していた跡を発見したと、英ロンドン大学などの研究チームが17日付の米科学誌サイエンスに発表した。
ガラス生産ガラス製品を人が作り始めたのはメソポタミア文明のころからといわれています。エジプトでも古くから装身具として用いられていました。ガラス製品は紀元前16−17世紀のメソポタミアやエジプトの遺跡から多く発掘されています。

メソポタミアからエジプトにガラスの製法が伝わったのはエジプト18王朝のトトメス三世(紀元前1490−1437)の頃だと言われていましたがはっきりとしていませんでした。

今回、紀元前1250年頃と思われるガラス工場跡が発見されたことで、この時期にエジプトでガラスが製造されていたことが確実になりました。

ナイル川流域東部の工場跡から出土したガラス製品から、原料はまず酒瓶のような器の中で部分的に加熱され、その後砕かれ、洗浄されたことが分かりました。第2段階では、ガラスは特殊なるつぼの中で彩色、加熱され、丸いインゴットにされたようです。

3500年前から3000年前のメソポタミアやエジプトの遺跡では、当時権勢の象徴だったガラス工芸品が数多く見つかっているが、2次加工ではなく、1次生産の跡を確認できたのは珍しい。
この遺跡からは非常に珍しい赤いガラス製品が多く見つかったとのこと。これらをメソポタミアとの交易にも用いたのではないかとの推測もされています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

落胆したときに働く脳の部位

Asahi.comより「「仕方ない」でも脳は次善の策、別部位で思考 サル実験

すし屋でトロを注文したら品切れで、しかたなく赤身を頼む――こんなときに活発に働く脳の領域を、京都府立医科大の木村実教授(神経生理学)らがサルの実験でつきとめた。やむをえず不本意なものを選ぶときの脳内メカニズム解明に一歩近づく成果だ。17日付の米科学誌サイエンスに掲載される。
これまでの研究では、動物が多くの選択肢を与えられたときは、金銭、名誉などの「報酬」の大きさで意思を決定することが知られており、大脳皮質や大脳基底核が関係するとされてきました。

しかし、現実の世界では報酬の大きな望んだものが必ず手にはいるわけではありません。
この研究では、期待しているものが手に入らず他のものしか得ることができない場合に視床にある正中中心核(CM核)といわれる部分が活性化することがわかりました。

実験では、緑のランプがついたときにサルがボタンを押せば報酬として水をたくさん与え、赤のときは少ししか与えませんでした。すると、赤をつけたときは緑に比べ、反応までの時間がわずかに長くなったそうです。大きな報酬が見込めないため、しかたなく選び、反応が鈍くなったと考えられます。

この時、電極を脳にさして脳神経の働きを調べるとCM核が活性化していることが判明。緑のランプのときは活性化せず、逆にこの部位を電気的に刺激すると、しかたなく行動したときのようにサルの反応が鈍くなることも確認しました。

この部位は特に落胆や不幸に関係していると考えられます。

木村教授は「期待通りに物事が進むことは少ない。ベストの選択肢が選べなくても、パニックに陥らず、次善の選択をするのは知的な行動だ。その脳のメカニズム解明の突破口になる」といっている。
思い起こせば、僕の毎日は正中中心核がつねに働いているようです(笑)

<参考>「同性愛の男性はやはり視床下部の働きに違いがあった?」・「強欲な人ほど進化の適応度が高い−慈善行動は不適応?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/06/17

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.17

シーラカンス、もとは一つのグループだったのか

Yahoo!NEWSより「元は一つの集団か アフリカ沖のシーラカンス」(共同通信)

アフリカ南東沖の複数の海域で見つかっている「生きた化石」と呼ばれるシーラカンスは、互いの遺伝子に大きな違いはなく、元は1つのグループだったとみられるとの研究結果を、ドイツのマックス・プランク研究所などのチームがまとめ、16日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
シーラカンス生きた化石「シーラカンス」は古生代のデボン紀に出現し、中生代白亜紀に絶滅したと思われていました。しかし1938年、アフリカのコモロ諸島の近くで生きた個体が発見されそれ以来、ケニア、タンザニア、モザンビーク、南アフリカなどアフリカ南東部に沿った海域で200体以上が捕獲されています。

体長は1.5−2mで200m−300mの深海を中心に捕獲されています。背骨は原始的で貧弱で、水のような液体が中心にあります。ウキブクロには脂肪がつまっています。化石から卵胎生であることが推測されていましたが、捕獲したシーラカンスを解剖したところ30cmほどの稚魚が5体ほど確認され証明されました。

先日には日本の研究チームがインドネシアでシーラカンスのビデオ撮影を試みましたが、残念ながらかなわなかったとの報告もありました。

チームは、アフリカ沖のシーラカンス47匹について「ミトコンドリアDNA」の配列などを分析。その結果、海域が違っても、ミトコンドリアDNAには大きな違いが見られず、単一の大きな集団に属していることが推定できたという。
離れたところで捕獲されたシーラカンスは迷い子ではないかと以前から言われていましたが、全体が一つの集団から派生したものだったんですね。

ちなみにシーラカンスの肉は食べるととても不味いそうです(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

世界最大の金塊を鋳造−なんと250kg!

毎日新聞より「三菱マテリアル:世界最大250キロの金塊の鋳造に成功

三菱マテリアルは16日、重量が250キロで、時価総額約4億円に上る世界最大の金塊の鋳造に成功したと発表した。金塊を金ぱくに延ばすと広さ7万畳以上になり、東京ドームが2.6個以上収まる換算になる。同社は金塊をギネスブックへ申請中で、7月11日から静岡県伊豆市内の関連テーマパークで一般公開を予定する。
世界最大の金塊厚さ0.2ミクロンの金箔に例えられても実感はわきませんが、1gが1600円とすると250kgで何と4億円。

三菱マテリアルは2000年に200kgの金塊を鋳造し、世界最大の金塊としてギネスに認定されています。しかし昨年、台湾で220kgの金塊を作成したとのニュースが流れたことで、金のリーディングカンパニーとしてのこの会社の闘志に火がついたようです(笑)

サイズは底面が455mm×225mm、上面が380mm×160mm、高さが170mmといいますから結構大きいものです。

これだけ大きな金塊を作るのはやはり相当高い技術がないと難しいようです。特に表面全体を美しく仕上げることが難しさを伴うようです。

この金塊、静岡県のテーマパーク「土肥金山」で7月11日から一般公開するとのこと。

巨大な金塊を造るには温度管理が難しく、表面がでこぼこになるケースもあるが、独自の鋳造技術で、表面を鏡のように、なめらかに仕上げたという。
ここまででかいと余り有り難みもないような(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

年をとると外国語を習得できなくなる理由−決してバカになったわけではありません

UKTodayより「学習能力が衰退したわけじゃない!?――大人の外国語習得が困難な理由

子供に比べて、大人が新たな外国語を習得するのが困難なのは、年齢と共に学習能力が衰退していくためという考え方が一般的だった。しかし、このほど実は学習能力の低下が原因ではなく、大人の脳が母国語に必要ではない音をより分けるようになっていくためであるという新たな研究結果が伝えられた。
外国語を聞いて理解する能力の習得は年齢を重ねるごとにだんだんと難しくなります。子どもたちは大人にとって難しく聞き逃してしまう細かな違いを聞き分けることができます。これは仕方ないことではないかと思われていました。

しかし、 ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのポール・イヴァーソン博士らによれば、これは大人の脳が母国語に存在しない外国語の音を認識しづらくなっているからとのことです。その結果、子どもたちならば簡単に聞き分けることができる音が聞き分けられず、外国語の習得そのものを困難にしているとのこと。

博士らは日本人に「L」と「r」の聞き分けを行わせる実験によってこれを示しました。

加えて、大人の外国語習得が困難である主な原因は、母国語を介して外国語を学習しようとする学習方法にあるとされるが、こうした学習方法をすることが常である大人を対象とした、新たな外国語教授法が開発されることで、母国語に頼ろうとする大人の学習脳を訓練しなおすことも可能と指摘されている。
僕は外国に行ったときはもっぱら妻頼みです(笑)

<参考>「バイリンガルは脳の構造が違う−ただし幼児期にバイリンガルになったときだけ

| | Comments (2) | TrackBack (1)

NEWS CLIP 05/06/16

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.16

肥満と喫煙はテロメアを短くする!−早く老けこむことになるのか?

UKTodayより「「肥満」と「喫煙」は10年老化を早める!

喫煙が老化を促進させることはよく知られているが、肥満で中年の喫煙者は同年齢の肥満ではない非喫煙者に比べて、生物学的な老化が10年も早まっているという研究結果が報告された。
喫煙英セント・トーマス病院の研究チームが18−76歳の女性1,122人を対象に調査を実施。喫煙や肥満とDNAの関係を調べました。

染色体の末端にはテロメアといわれる遺伝子領域があります。このテロメアは細胞分裂を繰り返すと短くなり、テロメアが短くなると細胞分裂は停止します。老化した動物ではテロメアが短くなることが報告されており、このテロメアの長さが老化の原因ではないかとの説があります。

今回の調査ではこのテロメアの長さを調べました。すると喫煙者では平均4.6年分、肥満の人は平均9年分だけこのテロメアが短くなっていたとのこと。

研究を主導したティム・スペクター教授は、肥満や喫煙が体内のストレスを増進させ、その蓄積によりテロメアが短くなっているのではと考えています。

今回の研究により、肥満と喫煙が蝕むのは体の一部ではなく、その人すべてであることが強調され、この傾向は女性だけでなく男性にも共通するものと警告されているという。
テロメアと寿命との関係はまだ明らかになったわけではありませんが、肥満や喫煙がテロメアを短くしているのは事実のようです。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

腹腔鏡手術の技術認定審査、第一線医師の半数が不合格!

YomiuriONLINEより「腹腔鏡手術、半数が不合格…一線の医師対象に初テスト

がんの手術などで、患者の体への負担が少ない腹腔(ふっくう)鏡手術の経験を積んだ医師を対象に、日本内視鏡外科学会が初めて行った技術認定審査で、消化器・一般外科領域の全体の合格率が53%にとどまり、約半数が不合格になったことが14日わかった。
腹腔鏡はいわゆる内視鏡の一種で、開腹せずに腹腔鏡で腹腔内の様子をスクリーンに映し出し、この画面を見ながら特殊な器具を使って手術を行います。

近年は手術法も進歩して、胆嚢切除や早期胃がん、早期大腸がんなどの手術にも用いられています。開腹せずに直径1cm程度の穴を開けるだけですむため傷の治りは早い反面、手術そのものの難易度は高くなります。

今回の技術認定審査の受験者は日本外科学会など他学会の専門医資格をもつ第一線の医師。胆嚢摘出で50件以上、大腸や胃などの切除で20件以上の腹腔鏡手術を経験した医師が対象でした。大腸、胃、胆道など臓器別8部門に計422人が申請。

審査は、同学会の審査委員会が行い、手術の記録ビデオをそれぞれ2人の審査員が見て、カメラや切除器具の使い方、助手との連携などを総合評価。

その結果、合格率は基本技術とされる胆道(胆嚢摘出など)が66%、胃は49%、大腸は40%、食道は36%にとどまりました。

申請者はいずれも病院では、指導的な立場で手術を担う専門医。それでも合格率が低かったことについて、審査を担当した医師は「第三者の評価を受けてこなかったため、自己流のやり方に疑問を持たずに手術を続けてきたのだと思う。切除や縫合の基本ができていないケースもあった」と指摘する。
合格できなかった人はショックだったでしょうが、まな板の上の鯉となっている患者側にはもっとショックな結果です。これはぜひとも医療関係者からのコメントがほしいところです。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

NEWS CLIP 05/06/15

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.15

地球型の惑星発見!−生命は・・・残念ながら存在できそうにありません

Asahi.comより「最小の太陽系外惑星を発見 「地球型」の可能性

カリフォルニア大や米航空宇宙局(NASA)エームズ研究センターなどのチームは13日、当地の全米科学財団(NSF)で記者会見し、直径が地球の約2倍という、これまで発見された中で最小の太陽系外惑星を見つけたと発表した。
地球型惑星惑星が発見されたのは水瓶座の方角にある地球から約15光年離れた「グリーセ876」という恒星の周りです。大きさが太陽の3分の1のこの恒星の周りを公転しています。

中心の恒星が周りの惑星の重力で揺らぐ様子を、ハワイの結句大型望遠鏡で詳しく解析。質量が地球の5.9−7.5倍、直径が2倍の惑星が恒星から320万キロ(0.021天文単位)離れた軌道を公転してることをつきとめました。

公転周期は1.94日。表面が岩石でできた地球方の惑星であるとの確実な証拠は見つかっていませんが、研究チームは密度や質量から見て、岩石や水、大気でできている地球型の惑星である可能性が高いと推測しています。

ただ、320万キロという太陽と地球の距離(1億5000万キロ)に比べて非常に近いところを公転しているため、惑星の昼側の温度は摂氏400度以上に達すると見られ、残念ながら生命の存在する可能性はなさそうです。

これまで見つかっている約150個の太陽系外惑星のほとんどは、質量が地球の数十〜数百倍もあるガスでできた「木星型」。昨年、やや小さい海王星ほどの惑星3個が相次いで発見されたものの、質量は地球の15〜20倍もあった。
これをはずみに地球型の惑星がどんどん見つかればもしかして・・・・。

<参考>「生命体が存在する惑星は予想よりはるかに多い?」・「太陽系外の惑星の直接観測に初の成功!−残念でした日本勢」・「褐色矮星の撮影に成功−初の太陽系外惑星の撮影には到りませんでした

| | Comments (0) | TrackBack (1)

麦茶で血液サラサラ−ただし90分しかもちません(笑)

Yahoo!NEWSより「麦茶で血液サラサラ 香り成分に効果確認 カゴメ総研」(中日新聞)

「香ばしい麦茶を飲んで、血流を改善」−。カゴメ総合研究所(栃木県那須塩原市)は、麦茶の香ばしいにおいの成分「アルキルピラジン類」に、人の血液の流動性を向上させる効果を確認した。日本人の死因上位を占める心疾患や脳血管疾患などの原因となる血栓の形成を抑えると推測され、カゴメは「麦茶の継続飲用で、血液がサラサラになることも期待される」(広報部)としている。
麦麦茶を飲むことで血液がサラサラになることや、「アルキルビラジン類」を血液に添加すると流動性が向上することは試験管内の実験によってこれまでに分かっていました。

今回の実験ではヒトに対する効果について実験し評価しました。

まず被験者6人がペットボトル入り麦茶(当然「六条麦茶」ですが(笑))を飲み飲用前と飲用後の血液の流動性を測定。その結果、飲用して30分、60分後では明らかに流動性が向上、90分後でも流動性向上の傾向が見られたとのこと。

つまり飲んで90分は血液の流動性が良くなるということのようです。逆に言えば90分しか持たないの?ということにもなりますが(笑)

また麦茶に含まれる香ばしさの成分「アルキルビラジン類」が血液の流動性を高める成分であると考えられるため、アルキルビラジン類を多く含む麦茶(当然「六条麦茶」ですが(笑))と低濃度でしか含まない麦茶で血液流動性への影響を比較。明らかにアルキルビラジンを多く含む麦茶で血液の流動性がよくなったということです。

こうした麦茶の効能は、長時間飛行機に乗った場合に血行障害や血栓が生じる「エコノミー症候群」予防への応用も考えられ、カゴメは「機内の飲料などにも利用してもらえれば」(カゴメ総研)と提案している。
機内で飲むというのはいいアイデアかもしれませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/06/14

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.14

はげるかどうかは母方のおじいちゃんをチェック!

Asahi.comより「はげは母方から遺伝 独の研究チームが有力遺伝子発見

ドイツ・ボン大学の研究チームが「はげの遺伝子」の有力候補の一つを発見し、米専門誌アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクス7月号(電子版)に発表した。はげに直結するとみられる遺伝子が見つかるのは初めてという。男性が母親から受け継ぐX染色体上にあるため、母方の祖父の頭髪で自分の将来を占えるかもしれない。
はげは遺伝するかというのは大きな問題です。男なら誰もが一度は気にしたことがあるかもしれません。はげには遺伝が関与すると言われていますが、はっきりとしたことは分かっていません。ハゲの遺伝子を持った人がハゲになりやすい生活習慣をおくることが一番悪いといわれてはいますが。

ただ20代や30代ではげる場合は遺伝的影響が大きいといわれています。

独・ボンダイ学の研究チームは40歳以前にはげている人と、その兄弟、両親などから血液サンプルを提供してもらい、はげていない人との遺伝子の違いを調べました。

その結果、男性ホルモンであるアンドロゲンの受容体の遺伝子がはげに関係していることがわかりました。この遺伝子はX染色体上にあり、母親由来のものです。この遺伝子の変異のため頭皮で男性ホルモンのアンドロゲンの働きが強まり、髪の毛が抜けやすくなるのではと研究チームは推測しています。

この遺伝子以外にもハゲに関係する遺伝子はありそうだとのことですが、この遺伝子の与える影響は非常に大きいとのこと。

母方のおじいちゃんの髪の毛を見れば自分がはげるかが判別できそうです。僕の場合はもう若ハゲという年ではないのであまり関係がないですが(笑)

男性はXとYの二つの染色体を持ち、X染色体は母親から受け継ぐため、母方の祖父がはげていれば、自分もはげる可能性がある。ただ、研究チームは「ほかにもはげの遺伝子があると思われるので、一概には言い切れない」としている。
10代の頃に君は若ハゲになるよといわれればそれはそれでショックですけど(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (4)

世界一小さいブラシ−歯はカーボンナノチューブ

Yahoo!NEWSより「超微細なブラシ作製=毛の部分が炭素ナノチューブ−微小機械道具に応用へ・米大学」(時事通信)

髪の毛より細い筒状炭素分子、カーボンナノチューブ(CNT)を毛の部分にしたブラシを作ったと、米レンセラー工科大とハワイ大の共同研究チームが13日、英科学誌ネイチャー・マテリアルズの電子版に発表した。
カーボンナノチューブで造ったブラシこのブラシを作ったのは、米レンセラー工科大とハワイ大の共同研究チーム。人間の髪の毛の1000分の1以下の太さです。毛はカーボンナノチューブで作られています。強度のあるカーボンナノチューブナノなので横から押しても十分に強くまた弾性のあるブラシに仕上がりました。

研究チームはすでにカーボンナノチューブの成長の制御に一部成功していました。今回は、歯ブラシや櫛の歯の形にカーボンナノチューブを成長させることに成功しました。

チームは炭化ケイ素の繊維を熱したカーボンのガス中において歯ブラシの毛を作りました。

このブラシはナノサイズの埃の除去や、微細構造のペイント、水中での汚染物質のクリーンアップを可能にしました。また、マイクロモータのブラシや医療的な用途も考えられます。

顕微鏡で見ながら、実際に微粒子のごみを掃除したり、液体を混ぜたりすることにも成功。超微小な機械を作り、利用する上で役立つと期待される。
カーボンナノチューブのロープはできるのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/06/13

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2005.06.13

NEWS CLIP 05/06/12

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.12

ストーンヘンジより古い神殿文化がヨーロッパで発見?−歴史は書き換えられるのか

Yahoo!NEWSより「7000年前に神殿文化? 欧州で150以上発掘」(共同通信)

11日付の英紙インディペンデントは、ドイツからチェコ、スロバキア、オーストリアなど欧州の広い範囲で、紀元前4800年から4600年にかけて築かれたとみられる神殿跡などが発掘されたと報じた。
発掘したのはドイツ・ザクセン州文化遺産部局。150以上の神殿跡はドイツ、オーストリア、スロバキアなどの地域で発掘されました。主に土と木材を材料として建築され、半マイル以上伸びた城壁や柵で囲まれていました。

建築した人々は共同で大きな長屋のようなものに住んでいたと思われ、羊やヤギ、ブタなどを家畜として飼っていた集落もあったということです。

この文明はおよそ200年後に滅びたと思われます。なぜ滅びたかは分かっていません。たった200年間で滅びた文明とはいったいどのようなものだったのでしょうか。

現生人類がはじめてヨーロッパに出現したのは旧石器時代後半だといわれています。2万5000年前から1万年前に描かれた壁画がスペインやフランスの200以上の洞窟で見つかっています。フランスのラスコー壁画やスペインのアルタミラ壁画などが有名です。

しかし、このような建築物を建造できた文明は東地中海を中心に紀元前3000年頃から起こったエーゲ海文明が最初ではないかといわれていました。巨石建造物はヨーロッパ各地でも見られますが、例えばイギリスのストーンヘンジも紀元前2800年頃から建設が始まったと見られています。これらの遺跡はそれよりもさらに2000年歴史をさかのぼります。

木で造られた遺跡だったので発見されにくかったのかもしれません。木造構造物の発掘が得意な日本の考古学者ならばもう少し上手に発掘できたかも(笑)

事実なら、巨石文化を示す英国のストーンヘンジよりも2500年以上も前になり、同紙は「欧州最古の文明の発見であり、欧州の先史時代研究を書き換える意義を持つ」としている。
ヨーロッパの先史時代の歴史は書きかわるのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

免疫抑制剤を使わない腎臓移植にサルで成功

YomiuriONLINEより「免疫抑制剤なしの腎臓移植、サルで成功…順大

臓器移植で起きる拒絶反応を、免疫抑制剤を使わずに3年以上抑えることに、順天堂大医学部の奥村康教授(免疫学)らのグループが、サルの実験で成功した。
臓器移植を行うと、免疫システムが移植臓器を異物と見なして攻撃する拒絶反応がおきることがあります。拒絶反応を防ぐには免疫抑制剤を服用する必要がありますが、これは体の免疫力を抑える薬ですので抵抗力が下がって感染症などにかかりやすくなります。

この研究ではサルの臓器移植を行う際に、提供側と移植される側の双方のサルからリンパ球を採取。これに特殊なタンパク質を混ぜて13日間反応させ、双方のリンパ球を移植されるサルに戻しました。

臓器移植を行った6頭のサルはリンパ球を戻してからは免疫抑制剤が不要になり、拒絶反応で死んだのは6頭中1頭だけ。残りの5頭には拒絶反応は見られなかったとのことです。そのうち2頭は移植後3年以上も生存し、移植した腎臓も正常に働いています。

奥村教授は「自分の免疫が自分自身を攻撃するリウマチなどの難治性疾患にも応用可能だ」と話している。
むしろリウマチなどへの応用の方が早そうな気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/06/11

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.11

100年前の予言、7割が的中−書いた人がすごいです

Yahoo!NEWSより「「20世紀の予言」7割的中 科技白書、コラムで検証」(共同通信)

「7日間で世界一周」は実現したけれど、「人と獣の会話」は、まだ−−。10日に閣議決定された2004年度版科学技術白書はコラムで、1901年の新聞に載った「予言」の的中を検証した。23項目のうち17項目が実現、または一部実現していた。
「20世紀の予言」は明治34年(1901年)の1月2,3日の両日に報知新聞に掲載されたものです。

23項目のうち17項目が実現。見事に20世紀を先取りしました。

そのそれぞれを見てみると、

  • 無線電信及電話・・・すでに持ち歩いている時代ですね。
  • 遠距離の寫眞・・・これもnetで瞬時に送ってます。
  • 野獸の滅亡
    ・・・「亞弗利加の原野に到るも獅子虎鰐魚等の野獸を見ること能はず」とあります。確かにアフリカでもだんだん見なくなっていますが。
  • サハラ砂漠の沃野化・・・これはまだまだかな。
  • 七日間世界一周・・・一日で回れますね。ただ後半に「また世界文明國の人民は男女を問はず必ず一回以上世界漫遊をなすに至らむ」とありますが、これはぜひとも実現して欲しい(笑)
  • 空中軍艦空中砲臺・・・軍艦は浮かべませんでしたが、それ以上のものがいくらでも浮かんでます。
  • 蚊及蚤の滅亡・・・これ無理かも。個人的には蚊はいやです。
  • 暑寒知らず・・・「新器械發明せられ暑寒を調和する爲に適宜の空氣を送り出すことを得べし」とありますが、暑がりの僕は今年もすでにクーラーのお世話になってます(笑)
  • 電氣力を以て野菜を成長・・・レタスを工場で作る時代ですから・・・。
  • 人聲十里に達す・・・「傳聲器の改良ありて十里の遠きを隔てたる男女互に婉婉たる情話をなすことを得べし」電話との違いがよく分かりません(笑)。でも愛は携帯ではぐくむ時代です。
  • 寫眞電話・・・我が家にはありませんが。
  • 買物便法・・・「寫眞電話によりて遠距離にある品物を鑑定し且つ賣買の契約を整へ其品物は地中鐵管の裝置によりて瞬時に落手することを得ん」net通販と宅配便でほぼそれに近い状況かも。
  • 電氣の世界・・・もう立派に。
  • 鐵道の速力・・・「東京神戸間は二時間半を要しまた今日四日半を要する紐育桑港間は一晝夜にて通ずべし」その通りですね。
  • 市街鐵道・・・「電氣車及び壓窄空氣車も大改良を加へられて車輪はゴム製となり且つ文明國の大都會にては街路上を去りて空中及び地中を走る」地下鉄にはお世話になってます。
  • 鐵道の聯絡・・・これは画期的なことだったんですね。私鉄相互乗り入れは当たり前ですし。
  • 醫術の進歩・・・「藥劑の飲用は止み」という部分はまだまだかな。むしろ薬づけかも(笑)
  • 自動車の世界・・・なくては暮らせません(笑)
  • 人と獸との會話自在・・・バウリンガルなんてものがありましたが、まだまだでしょうか(笑)
  • 幼稚園の廢止・・・「人智は遺傳によりて大に發達し且つ家庭に無教育の人無きを以て幼稚園の用無く男女共に大學を卒業せざれば一人前と見做されざるにいたらむ」とありますが、意味がわかりません。何で?
  • 電氣の輸送・・・そこら中に電線が通ってます。
こうしてみるとなかなか先見の明のある記事ですね。21世紀の元旦にでてた記事はここまで当たるんでしょうか(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アリの「こっつんこ」は意味がある−敵味方の識別をしています

SankeiWebより「アリの「こっつんこ」に意味 触角センサーで敵識別

アリさんとアリさんが「こっつんこ」をして、同じ巣(コロニー)の仲間と侵入者を区別するメカニズムを、京都工芸繊維大学と福岡大学の研究グループが突き止めた。触角にある“化学センサー”で、アリの体から出る化合物を識別しているという
アリの触覚センサー社会性昆虫のアリは、同じ巣の仲間とは協力して巣づくりや餌の運搬を行い、別の巣のアリに対しては攻撃的な行動をとります。触角で化学的な信号を検出し、仲間と侵入者を区別していると考えられていましが、詳しいメカニズムは分かっていませんでした。

アリの体表には複数の炭化水素化合物が混じった化学物質が分泌されています。この分泌物は巣が同じだと組成が同じであることはわかっていました。

京都工芸繊維大の尾崎まみこ助教授らのグループは18種類のクロオオアリで実験を行いました。異なる巣のアリから採取した分泌物をガラス玉に塗って観察したところ、触覚で触った後にたまを攻撃することが判明。

この時にの触覚の神経から脳に伝わる電気信号を調べると、違う巣の分泌物を触った場合だけ強い反応を示し同じ巣の場合は反応しませんでした。

さらに詳しく触覚の構造を調べると、触覚の表面にある突起状の「感覚子」と呼ばれるものの中にセンサーの働きをする構造があることがわかりました。数千から数万ある感覚子のうちセンサーの働きをするのは約2%。一つのセンサーの大きさは約15ミクロンで、中にある感覚細胞で分泌物を認識するということです。

尾崎助教授は「アリさんの“こっつんこ”にも意味があることを、多くの人に知ってほしい」と話している。
アリさんがこっつんこするのは急いでいたからではないんですね(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

政治家になるには童顔はダメ!

Yahoo!NEWSより「当選するには見た目が大事 「有能そう」○、童顔は×」(共同通信)

顔が「有能そう」に見えることが、選挙で当選するためにかなり重要らしいとの研究結果を米プリンストン大のチームがまとめ、10日付の米科学誌サイエンスに発表した。同誌によると、童顔は有能でないと評価されやすいので不利だという。
研究チームは800人以上の人に過去の米連邦議会の当選者と落選者の顔写真を2枚1組にして見せ、有能と見える方を選んでもらいました。それぞれの顔写真を見た時間は1秒以下で、ほぼ瞬間的に判断したことになります。その結果、70%の確率で有能と評価された顔写真の候補者が実際に当選していました。

ここで有能でないとされた候補者は丸顔で大きな目、小さな鼻、小さなあごなど全体的に童顔とされる顔だったとのこと。

チームは有権者が受けるこうした印象が、投票行動にかなり影響している可能性があるとみている。
童顔は弱さや従順さと結び付けてとらえられたのではないかという指摘もあります。また男性ホルモンの「テストステロン」が骨の発達などに影響を与え、それが有権者の判断に何らかの影響を与えているのではないかという専門家もいるようです。

政治家になるには2世か童顔じゃない顔でないとダメなんでしょうか(笑)

<参考>「人差し指短い男性は暴力的?−僕も短いんですけど・・・」・「女性の方が直感力が鋭いというのは間違い!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

食後の運動でアナフィラキシーショック−1万人に1人

Yahoo!NEWSより「「食後の運動」に注意!=アレルギー反応で死亡例も−子供中心、1万人に1人」(時事通信)

特定の食物を摂取した後に運動してアレルギー反応が起きる症状が子供を中心に報告されている。小中高生では1万人に1人の割合で起こり、中には死に至った例もある。しかし、医師や養護教諭らの間でも知られておらず、専門医はこの症状の正確な認識と対策を呼び掛けている。
「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」は特定の食物を食べてすぐに運動することで呼吸困難などのアナフィラキシーショックを起こしてしまう症状です。時には気管支攣縮による呼吸困難や血圧低下、意識消失などで生命の危険を伴うこともあります。

原因となる食物にはコムギ、イカ、エビ、カニ、貝類などが報告されています。一部には果物で症状を呈した例もあるようです。

ランニングやテニス、サッカーなど比較的激しい運動で起こることがほとんどですが、軽いランニングや散歩などでも引き起こされることがあります。主に10代の男性に多いとのこと。

「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」と呼ばれ、発症の仕組みは完全には分かっていないが、運動によって小腸などの消化管が刺激され、アレルギー原因物質の吸収量が増加し、症状が起きるとされる。
既往症のある場合は気をつけないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/06/10

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.10

味覚ロボット登場!

Yahoo!NEWSより「NECシステムテクノロジー、世界初「味見ロボ」開発」(BCN)

NECシステムテクノロジー(本社・大阪市、高橋利彦社長)は6月9日、三重大学 生物資源学部 橋本教授の研究室と共同研究を進めていた、味覚を備えたパートナーロボット「健康・食品アドバイザーロボット」を開発したと発表した。
味見ロボットこのロボットは食品の成分を赤外線センサーで分析し、健康や食生活のアドバイスをしてくれます。また、果物の食べ頃なども教えてくれるようです。

外見はNECのコミュニケーションロボット「PaPeRo」ですが、PaPeRoにはない手がついています。この手に食品を当てると分子の種類によって分光反射率が異なる性質を利用し、食品中に含まれる分子の解析ができます。分子解析の結果を利用して、脂肪や糖分のとりすぎを警告したりするなどの健康アドバイスを行うことができます。

また事前に登録しておいた食品サンプルと比較し、パターン認識を行うことでチーズの銘柄やパンの種類まで推定することができます。

これまで、早くから物理センサーの技術開発が進んできた「視覚」「聴覚」「触覚」に比べ、「味覚」や「臭覚」についての研究開発は遅れており、それらを持つロボットは存在しなかった。しかし、今後、味覚を備えたロボットが必要になると判断。独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「21世紀ロボットチャレンジプログラム次世代ロボット実用化プロジェクト(プロトタイプ開発支援事業)」の活動の一つに提案して採択され、五感を供えたパートナーロボットの実現に向けて研究・開発に取り組んでいた。
まだまだ美味い、不味いと判定してくれるわけではないようです。一生懸命つくった料理をロボットに不味いといわれた日には・・・(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

いよいよ宇宙ヨット発進!

CNNより「太陽光の力で進む宇宙船、21日に初の打ち上げへ

太陽光の力を受けて宇宙空間を進む「太陽帆船」の本格的な飛行に、米民間組織「惑星協会」が21日、世界で初めて挑戦する。ロシアのロケットを使い、バレンツ海の潜水艦から地球の周回軌道へ打ち上げる計画だ。
コスモス1「コスモス1」と名付けられたこのソーラー・セールは太陽光のエネルギーの圧力で推進します。中央の本体からのびる長さ15mの8枚の帆に太陽光を受け、その光子の圧力が推進力となります。

太陽光から得ることができる推進力はごくわずかですが、巨大な帆でそれを受け止め、光を受けている限り加速を続けることができるため燃料を運ぶ必要もありません。はるか深い宇宙に向けて旅ができる技術としては最も実現に近いものといえるでしょう。

潜水艦からロシアのロケットで高度800kmまで運ばれたコスモス1は、そこで長さ15mの帆を広げ加速を始めます。24時間後の時速はわずか160km。しかし無限に続く加速のおかげで、3年間加速を続ければ時速16万km以上に達します。これは冥王星に約5年間で到達できるスピードです。

残念ながら今回のフライトは長くは続きません。あくまで今後のテストということで,
周回軌道を回るコスモス1の帆は1ヶ月以内に分解し始めます。最終的には地球の大気に突入して燃え尽きるようです。

惑星協会のプロジェクト責任者、ルイス・フリードマン氏は「今回の飛行が成功すれば、太陽帆の技術は宇宙探査に変革をもたらすだろう」と話す。太陽光を反射する帆は、地上からもはっきりと観測できるという。
NASAや日本のJAXAもソーラー・セールの実験を続けています。JAXAは昨年、帆を展開する実験に成功しています。初めて深宇宙に向けてソーラー・セールを打ち上げるのはどこになるでしょうか。

<参考>「ソーラーセール打ち上げ決定−宇宙のヨットレース実現間近」・「ソーラーセールが宇宙を翔る日は来るのか


| | Comments (0) | TrackBack (1)

NEWS CLIP 05/06/09

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.09

ハッブルがとらえた星の最後

Asahi.comより「鮮やか、星の残骸 ハッブル宇宙望遠鏡とらえる

大爆発で一生を終えた巨大な星の色鮮やかな残骸(ざんがい)が宇宙に漂っている様子を、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた。米宇宙望遠鏡科学研究所と欧州宇宙機関が7日、画像を発表した。
超新星爆発の痕跡この星は地球から約16万光年離れた大マゼラン星雲の中にあるN63Aという星です。もともと太陽の50倍以上の大きさの星でしたが超新星爆発を起こしました。

その時に大量のガスやチリなどを噴出しましたが、これを見事にハッブル望遠鏡がとらえました。

このような大質量の星は、中心部から吹き出す強い恒星風をもちます。この風に乗って塵などが周辺にまき散らされているようです。

さらにNASAのエックス線宇宙望遠鏡チャンドラが撮影したデータなどを加えて解析したところ、ハッブルがとらえた中心部よりもずっと広い範囲にガスが拡大していることもわかりました。

ここから10〜15光年ほど離れた場所には星々の誕生の現場がある。同研究所は「数百万年後には超新星爆発のガスやちりが到達し、惑星が生まれるきっかけになる可能性がある」と説明している。
宇宙でも流転が起こっています。

<参考>「恒星の質量は太陽の150倍が限界」・「ハッブル望遠鏡太平洋落下大作戦」・「ハッブル望遠鏡の延命?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

妊娠時のダイエットは子どもを肥満にする!

Yahoo!NEWSより「妊婦ダイエット、子は肥満 マウス実験で確認、京都大」(共同通信)

妊娠中に母親の栄養が不十分だと、子どもが成長後に肥満になりやすいことを、藤井信吾京都大教授(産婦人科)と由良茂夫助手らがマウスの実験で確かめ、米医学誌セル・メタボリズムに8日、発表した。

欧米の疫学調査では、人間でも出征時に低体重だと成人後に肥満になる率が高いことが知られています。近年、日本では妊婦の痩せ願望や不規則な食生活などで、2500g以下の低体重児が約9%と20年前と比べて倍増しています。

この研究では摂食制限したマウスと通常のマウスの子を比較。母体内で栄養不足だったマウスは、誕生直後は通常より約17%小さかったのですが、生後8週目から双方に先進国の食生活モデルとして高脂肪の餌を与えると体重の伸びが増加し、最終的には通常のマウスに比べ肥満度が約3割高くなりました。血中コレステロールも約1.5倍となったとのこと。

このマウスの場合、食欲を抑えてエネルギー代謝を高めるホルモンである「レプチン」が通常のマウスに比べて早い時期から急増していました。正常なマウスでも、誕生直後にレプチンを与え、高脂肪食を食べさせると肥満が加速しました。

レプチンが早い時期に増えると抵抗性ができて肥満体質になるようです。

ダイエットなど妊婦の栄養不足に警鐘となりそうだ。
飢餓を感じた胎児が省エネ体質になると考えてもよさそうです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

もう一つのワールドカップ、今年も始動

サッカーW杯最終予選では見事に日本代表がドイツW杯出場を決めましたが、もう一つのW杯も始動です。

SankeiWebより「連覇狙う2足ロボット公開 大阪のチーム、能力向上

ロボットがサッカーをして運動能力を競う「ロボカップ」世界大会が7月に大阪市内で開かれるのを前に、昨年ヒューマノイド部門で優勝した大阪のチームが8日、連覇に向けて出場させる新型の自律型2足歩行ロボット「ヴィジオンネクスタ」を公開した。
昨年、ヒューマノイド部門で優勝した「ヴィジオン」がさらにパワーアップ。「ヴィジオンネクスタ」として登場しました。

8日に行われたお披露目会では、PK戦でキーパー役の昨年の優勝ロボット「ヴィジオン」と対戦。「用意はいいか」と声をかけてから素早く足踏みし、ボールを蹴ってシュート。ヴィジオンはボールに飛びつきましたがおよばず見事にゴールを決めました。

「ヴィジオンネクスタ(VisiON NEXTA)」を開発したのは阪大の石黒教授やベンチャー企業のヴイストンらのチーム。高さ48cm、重さ3kg。頭部のカメラでボールを見つけてゴールをめがけてシュートします。キーパーとしても働くことが可能。

前作のヴィジオンよりも処理速度が8倍になり敏捷性がましました。

大会は昨年はポルトガルで開かれ、今年は7月13日から7日間。35の国と地域から、約420チームが参加する。
今年も優勝をねらえそうです。

<参考>ヴイストン株式会社・「ロボカップ−もうひとつのサッカーワールドカップ

| | Comments (0) | TrackBack (2)

NEWS CLIP 05/06/08

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.08

道具を使って餌を探すイルカ−雌の方が学習能力が高いようです

Asahi.comより「イルカにも道具使う文化? 豪大学などの研究チーム確認

水族館のショーで人気者のハンドウイルカ(バンドウイルカ)が、オーストラリア西岸のシャーク湾では、カイメン(海綿動物)を鼻先に引っ掛け、海底の砂に潜む魚を探すのに使う文化を持つとの調査結果を、同国のニューサウスウェールズ大学などの国際研究チームが7日までにまとめた。
イルカ陸上に住むチンパンジーやオランウータンが簡単な道具を利用することはよく知られていますが、海に生息する哺乳類で道具を利用することが確認されたのは初めてです。

この研究ではオーストラリア西部のシャーク湾に住む野生イルカを1998年から2000年にかけて観察。その中に改訂で餌を探すとき、海底から引きはがしたカイメンなどを鼻先に引っかけてまるで手袋をするかのように鼻先を守るイルカがいました。おそらく毒をもつ一部の生物から身を守るためではないかと考えられます。

このような行動をとるイルカは13頭。このうち雄は1頭だけで残りは全て雌でした。

この行動が遺伝子によるものかどうかを調べるためDNAの解析を行ったところ、カイメンを使う群れは全て共通の雌を祖先に持つことが判明。しかし、これらの行動を支配する遺伝子の存在は確認できませんでした。また、雌だけに遺伝が見られるとは考えにくく、むしろ母親からこの行動を学んだと考える方が自然かもしれません。

陸上では、チンパンジーやオランウータンが棒や石などを使う文化を持つが、海に生息する哺乳(ほにゅう)類で、現存する文化が確認されたのは初めてという。論文は米科学アカデミー紀要に発表される。
昨年、チンパンジーでも雄と雌で親から学ぶことの取得率が異なるという報告もありました。イルカでも雌の方が社会的なことを学ぶ能力が高いのかもしれません。

我が家の息子と娘でも同じです(笑)

<参考>「フマキオザル、石でヤシを割る

| | Comments (0) | TrackBack (2)

MRSA菌はPCのキーボードで6週間生き延びる!

Asahi.comより「MRSA菌、PC表面で5日〜8週間生息

院内感染の原因として米国でも深刻視されているメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)が、パソコンやシーツの表面で5日〜8週間も生き延びられることが分かった。米国の民間衛生管理会社が6日、米微生物学会で発表した。
MRSAMRSAとはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(Methicillin-Resistannt Staphylococcus aureus)のことです。

黄色ブドウ球菌自体は弱毒性の非常にありふれた菌で、私たちの髪の毛や皮膚などによく付着しています。MRSAはこの黄色ブドウ球菌の仲間ですが、抗生物質を効きにくくする薬剤耐性の性質をもっています。そのため治療は主に患者の抵抗力が頼りとなりますが、無菌室が必要になるくらい抵抗力が低下した場合や大手術の後などでは抵抗力が弱っているため重症化するおそれがあります。

Ecolab社の研究チームはシーツや枕カバー、キーボードカバー、人口爪の表面などにMRSAを塗布して経過を観察しました。

その結果、アクリルの人口爪の表面では8週間、PCのキーボードカバーでは6週間、シーツでは5日間にわたり菌が検出され続けました。

汚染されたパソコンや人工つめを使う医療関係者を介して、入院患者に菌が運ばれる恐れもある。同社は「MRSAは様々な品物の表面で生き、人から人に広がる。医療関係者の手洗いと病院内の衛生管理を怠ってはならない」と呼びかけた。
実はうちの息子も新生児ICUでMRSAに感染しました。何事もなく無事退院できましたが、あのような厳重な管理の元でも感染するんですね。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

進化は誰かの知的計画であると教える?−米国では新たな論争

Asahi.comより「米で新たな進化論争 「神」ではなく「知的計画」?

「生命の誕生や進化の背景には知的な計画があった」という「Intelligent Design(知的計画=ID)」説を学校で教えようという主張が、米国で頭をもたげている。米国では、旧約聖書の創世記に基づき、天地と人類は神がつくったとするキリスト教右派が勢力を保つ。そうした宗教右派の「進化論を学校で教えるな」という主張とは表向き一線を画しているのがID推進派の特徴だ。
Intelligent Design(ID説)とは、進化が自然経過的なものでなく、知的存在によって計画的に造られたものとする説です。科学者も自然的な経過を考えるのでなく、もっと合理的な説明を探ることが必要だと主張しています。

神による創造とはいわずに、designerによる創造が進化だとしているわけですが。

米国では州や学校区の教育委員に教育内容を決める権限が与えられています。ドーバーの学校区では昨年から高校の科学でIDに触れられるようになりました。まだ今のところ全米で唯一ですが、今年の学校区の公選委員の予備選挙でもID推進派とID反対派の7人が残り、11月の本選挙に結論は持ち越されています。

その他カンザス州教育委員会でもカリキュラムの見直し提案が議論されました。IDを科学の授業で教えるべきだとする「IDネットワーク」の提案によるものです。

IDネットのジョン・カルバート共同代表は「進化は事実だとしても、推し進める何らかの仕組みがあるはず。それがIDだ。特に地球誕生や生命誕生は、進化論では説明できず、現在の自然界を見ても、知的な計画の存在を多くの科学者が認めている」と言う。進化論を教えるな、とは主張しない。
神による天地創造説と本質的に何が違うのかは僕にはわかりません(笑)

ただ神による、もしくはDesignerによる進化は楽な考え方ではありますが、ヒトの知的進化を止めてしまうものですね。アメリカではそろそろ政治的な問題になってきているのかもしれませんが。

<参考>「米国民の8割が処女懐胎を信じている!」・ID NETWORK

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/06/07

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.06.07

北極圏の湖が消えていく

YomiuriONLINEより「温暖化が影響か、シベリア西部の大型湖1000個減る

北極圏に位置するシベリア西部の永久凍土地帯に広がる大型湖の数が1970年代以降、1000個も減少していることが米カリフォルニア大などによる衛星画像の研究でわかった。
消えた北極圏の湖極地での温暖化の影響は大きいようです。

今回研究チームは73年にNASAのランドサットが撮影した画像と97−98年に同じ場所を撮影した画像を比較。40ha以上の面積をもつ大型の湖の数を調べました。

73年には大型の湖は1万882個。しかし、97−98年の画像では9712個に減少していました。面積の減少は6%におよびました。また面積が減少しただけでなく完全に消えてしまった湖も125個あったとのこと。

これらの湖は永久凍土の上に位置しています。この永久凍土が溶けることで湖の底の栓が抜けた状態になり湖の水が地下に浸透していったのではないかというのが研究チームの推論です。

地球温暖化の影響と見られている。3日付の米科学誌サイエンスに掲載された。
温暖化の影響はこういった生態系にあたえる変化などでじわじわと広がっていくのではないでしょうか。渡り鳥などに与える影響も深刻なのでは。

<参考>「温暖化は人権侵害−イヌイットの訴え」・「北極の温暖化が深刻−世界の気候は?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

オポチュニティ、5週間ぶりに砂丘を脱出!

YomiuriONLINEより「火星の砂丘で立ち往生、探査車が5週間ぶりに脱出

米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所は、火星探査車オポチュニティーが約5週間ぶりに、車輪がはまって立ち往生していた砂丘からの脱出に成功したことを明らかにした。
オポチュニティオポチュニティと相棒のスピリットは3ヶ月間の定められた任務を完了してからも1年以上の間火星の両側に分かれ地質の観察を行ってきました。

このオポチュニティが砂丘で立ち往生してしまったのは4月26日のことです。高さ約30cmの砂丘を越えようとしたところ、6個の車輪のうちの一部が砂にはまってしまいました。NASAは脱出を試みましたが、1ヶ月かかっても約30cmも前進しないなど難航していました。

そこでこの状況を打破するために、チームは模型のローバーを使い、オポチュニティが陥っている状況を地球上で再現。脱出方法を検討し無事脱出に成功した模様です。

オポチュニティーは昨年1月から別の探査車スピリットとともに火星の地質調査を続けており、火星にかつて浅い海が存在したことを示す岩石などを発見している。

<参考>「火星はかつて温暖だった−opptunityの3ヶ月

| | Comments (2) | TrackBack (1)

生殖細胞の分化に必要な遺伝子を特定−受精後6日で次の代への源が生まれます

Yahoo!NEWSより「精子、卵子へ“羅針盤” 分化は受精後6日で」(共同通信)

胚(はい)の中で、初期の生殖細胞がその他の細胞と分かれて精子や卵子になるコースを進む際に“羅針盤”の役目をするタンパク質を理化学研究所神戸研究所の斎藤通紀チームリーダー(分子生物学)らがマウスの実験で見つけ、英科学誌ネイチャー(電子版)に6日、発表した。
体細胞生物の体を構成している細胞には、体細胞と生殖細胞があります。このうち体細胞は様々な形態に分化し、個体の恒常性を維持するという働きがあります。一方、生殖細胞は次の代に情報を誤りなく伝えることが唯一の働きとなります。

生殖細胞のもとになる始原生殖細胞は発生7日目の原腸陥入運動開始後の中胚葉に40個ほどの細胞として作られます。

今回の研究では、受精卵から生殖細胞に分化するのに必要な遺伝子を発見しました。

この遺伝子は「Blimp1」と呼ばれるもの。この遺伝子を働かなくしたマウスの胚をつくると生殖細胞はできず、胚は約10日で死にました。

またマウスの場合、生殖細胞は従来いわれていた7日と6時間で他の細胞から分かれるという説を覆し、6日と6時間で現れることもわかりました。

このタンパク質はこれまで免疫細胞の最終的な分化に関与することが知られており、生殖細胞では最初の部分で関与しているらしい。
受精後6日で次の代への足がかりができているんですね。

<参考>理化学研究所

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/06/06

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.06

NEWS CLIP 05/06/05

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.05

お尻が大きい女性ほど長生きする?

Yahoo!NEWSより「「大きな尻」は長生き?=太めの女性に朗報−デンマーク研究所」(時事通信)

お尻が大きな女性は、スリムな女性より長生き−。デンマークの予防医学研究所はこのほど、このような研究結果を発表した。
これはデンマークの予防医学研究所が1987年から88年にかけて、35歳から65歳までの男女約3000人を調査した結果です。

まず、3,000人の男女の身長、体重などの体型を測定。このうち10年以内に心臓病を煩った人と、2001年までに死亡した人の数を調査しました。

その結果、男性ではお尻の大きさと心臓病の関連は見られませんでしたが、女性では最もお尻の大きいグループの死亡率は、最も小さいグループの10分の1だった他、心臓に関わる病気になる確率が大幅に低かったとのことです。

お尻の脂肪は腹部の脂肪とは意味合いが異なるようです。腹部の脂肪は健康に悪い影響があることはよく知られているとおりです。腹部の脂肪細胞はインシュリン系に悪影響をもたらす物質を大量に生産します。その結果、糖尿病や心臓病のリスクは増します。

しかし、お尻の脂肪には有益な自然の坑炎症作用があり、動脈などをいたわる作用があるようです。

尻の脂肪に心臓病を予防する物質が含まれているためで、ヒップ101センチ以上の場合に効果が出るという。
ひゃくいっcmですか・・・。いくら健康にいいとはいえ100cmをこえている女性はそう多くはないのでは。

<参考>「やせすぎの女性は死亡率が高い」・「英国人女性のウエストの平均は86cm−ドラム缶に近づいているとのこと

| | Comments (0) | TrackBack (2)

300kmの剛速球でも打ち返せるバッティングロボ−どこかの球団にプレゼントしたい(笑)

Yahoo!NEWSより「300キロの球も打ち返す? 広島大が打者ロボット開発」(共同通信)

ボールの軌道をコンピューターで瞬時に予測し、バットで打ち返す―。広島大大学院工学研究科の石井抱助教授(35)は、理論的には時速300キロの投球もヒットにできるバッティングロボットを開発、9日から始まる愛知万博の「プロトタイプロボット展」に出品する。
バッティングロボットこのバッティングロボットはボールのコース、タイミングを瞬時に判断し打撃動作を行います。高速ビジョンシステム(目)と、素早い動きが可能な高速マニピュレータを備え、1秒間に1000コマ以上の画像を処理、飛んでくるボールの位置を特定します。その位置にあわせ、打撃コースを制御しばっとスイングを行いますが、打撃方向の制御も可能で、1塁線と3塁線を打ち分けることも可能です。

秒速1000コマといえば、人間の目の30倍にあたる能力。どんな一流打者でもかないそうにありません。ストライクゾーンの投球だけを打ち返します。

将来的にはピッチャーの投球練習用などに使われることを想定していますが、ストライクゾーンを全て打ち返されたのでは投球練習にならないような気もしますが(笑)

その他、野球に限らず卓球やテニスなどの用具開発の手段としても使うことを想定しているようです。

サイズは幅700mm、高さ1,200mm、100Vの交流電源で動作します。

今のところ、強度の問題から時速50キロ以下の投球で性能を試しているが、石井助教授は「時速300キロのボールを打ち返すことも可能」と説明する。
負け続けているどこかの球団にプレゼントしたい(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鶏にがんの治療薬を生ませる?

Yahoo!NEWSより「鶏に「がんの薬」産ませる 英研究所が遺伝子技術で」(共同通信)

クローン羊ドリーの成功で知られる英ロスリン研究所は3日、遺伝子組み換え技術を使い、がん治療用のタンパク質(抗体)を白身に大量に含む卵を鶏に産ませることに成功したと、米英のバイオ企業2社と共同で発表した。動物の体を製薬工場に見立てて、がんの薬の大量生産に結び付く成果としている。
鶏卵鶏に生産させたのは皮膚がんを治療する抗体。その他3つの治療用タンパク質の生産を研究中です。

病気の治療に役立つタンパク質を羊や牛の乳に分泌させる遺伝子組み換え技術はすでに確立されていますが、安全性の問題やコスト面で商業利用することは困難です。今回は鶏卵を利用するためコスト面で圧倒的に有利になります。施設もおそらく既存のものに近いものが利用できるのではないでしょうか。

鶏卵を利用したタンパク質の製造もすでに実現されていますが、従来のものは作れる抗体の量が少ないのが問題でした。

この卵の白身に含まれる抗体の量は明らかにされていませんが、過去のどの報告よりも大幅に多いとのことです。

英BBC放送によると、研究チームは5年以内に本格生産が可能になるとの見方を示している。
こういうのって品質面では大丈夫なのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/06/04

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.04

航空機の騒音で読解力低下−でも車の騒音で記憶力は上昇しました

Yahoo!NEWSより「空港の騒音で読解力低下 欧州3カ国の小学生を調査」(共同通信)

大規模空港の近くで航空機の騒音に常時さらされている小学校に通う子供は、読解の成績が平均に比べやや劣るとの調査結果を、英ロンドン大のチームがまとめた。4日付の英医学誌ランセットに発表する。
航空機の騒音英国、オランダ、スペインの小学生2800人を対象にした調査です。騒音が子どもの学習能力にどのような影響を与えるかを調べました。

読書年齢は英国の子どもたちでは騒音が5db増加するごとに最大2ヶ月遅れることがわかりました。この遅れは国によって差があり、オランダの子どもたちでは1ヶ月の遅れだったようです。

調査対象の学校の間では最大20dbの騒音の差がありました。最も静かな学校とうるさい学校とでは最大8ヶ月分、子どもの読書能力に差ができることになります。

日本では、航空機に対する学校の騒音環境はきちんと定められており、航空機による騒音レベルが75db以上の航空機騒音障害防止地区では学校の防音工事などを行うように定められています。

通常、学校では騒音が窓を閉じた状態で50db以下になるように指導されています。

専門家はこの結果に「学校の騒音環境にもっと目を向けるべきだ」と指摘している。
ところで面白かったのは航空機以外の交通騒音に関してです。この研究では交通騒音は読解能力に影響を及ぼしませんでした。そればかりか交通騒音があるほど記憶テストで記憶力が向上したとのこと。これは一体(笑)

<参考>「小中学の学力低下−私たちの選んだ道なのでは?」・「国際的にも学力低下を示しちゃった?−日本人すべての問題かも

| | Comments (0) | TrackBack (1)

化石から恐竜の性別を判定−ティラノサウルスは雄か雌か

毎日新聞より「恐竜の性別:化石から特定 米の研究チーム

米ノースカロライナ州立大などの研究チームが、米国の約7000万年前の地層から発掘された肉食恐竜ティラノサウルス(全長約10メートル)の化石から恐竜の性別を見分ける特徴を発見し、「産卵期のメスだった」とする研究成果を3日付の米科学誌「サイエンス」に発表した。
鳥類と恐竜の類似組織化石として発掘される恐竜は、雌雄を判別できる組織が化石の中に残りにくく、性別の特定は難しいのが現状でした。

この研究では鳥類の骨と恐竜の骨の類似性に着目。ティラノサウルスの大腿骨の化石内部を調べると、骨髄の通っていた空洞に沿って密度の低い骨が発達していることを見つけました。

鳥類の雌は産卵の際に大腿骨の中に骨髄骨という組織を形成します。これはカルシウムや細かい血管を多く含み、卵の殻のカルシウム源となっています。

ティラノサウルスから採取した骨組織はこの骨髄骨と非常によく似ていることが確認されました。現在生息している鳥類の中では、全く同じではないものの走鳥類(ダチョウ、エミューなど)の雌の骨とよく似ているとのことです。

性別判定の有力な武器になりそうです。

真鍋真・国立科学博物館主任研究官は「今回の研究成果を使えば、恐竜の性別や産卵期かどうかを確認できる。化石の発見状況と合わせて恐竜の繁殖行動や生態への理解が進むのではないか」と話している。
この研究から、鳥類と恐竜の産卵過程がよく似ていることも確認されるため、鳥類が恐竜から進化したという説の有力な証拠にもなりそうです。

<参考>「6800万年前の恐竜の化石から血管を発見

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/06/03

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.06.03

人を信頼させるホルモン発見−悪用されませんように

YomiuriONLINEより「「人を信頼させるホルモン」確認

脳内で作られるホルモンの一種「オキシトシン」に、人間に対する信頼感を強める働きのあることをスイスのチューリヒ大学などの研究チームが実験で確認、2日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
投資ゲームオキシトシンは出産時や授乳時にはたらく女性ホルモンの一種で、脳下垂体後葉から分泌されます。このオキシトシンは動物実験で母親と子どもの絆をささえる物質であることはわかっていました。オキシトシンの受容体を多く持つネズミは赤ちゃんを母親から離したとたん心配して赤ちゃんの元にかけつけますが、受容体の少ないネズミは赤ちゃんに執着しません。

スイス・チューリヒ大のエルンスト・フェール教授らのチームは同じ影響が人間にも起こるかどうかを調べるためにテストを行いました。

58人の男子学生が、合成したオキシトシンと偽薬を鼻に噴霧し、受託人にお金を預ける投資ゲームを行い、どれだけ受託人を信頼しお金を預けるかを比較しました。

その結果、オキシトシンを噴霧されたグループの45%が、もっとも高い投資額を選んで受託人に預け、最も低い額を投資したのは21%でした。一方、偽薬を受けたグループの45%はもっとも低い投資額を選び、最も高い額を投資したのは21%でした。受託人をコンピュータにしたときにはオキシトシンによる効果はみられなかったとのこと。

このことからオキシトシンは単に人がリスクを冒そうとする傾向を高めるのではなく、他人への信頼を増す作用があることがわかります。

研究チームは「人を信頼できなかったり、逆に警戒心がきわめて薄いような症状への治療にオキシトシンが役立つ」としているが、一方で、悪用の危険性も無視できないとしている。
確かに、詐欺師などに悪用される危険性ははらんでいますね。もしかして政治家などにも・・・。

でも妻の運転する車の助手席に乗るときには必要です(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (3)

海の健康診断−要再検査が89%!

Yahoo!NEWSより「89%の海域「要精密検査」 全国88カ所を健康診断」(共同通信)

海洋政策研究財団は2日、全国の湾や、海とつながった湖などの閉鎖性海域計88カ所を“健康診断”した結果、89%79カ所に何らかの問題があり、要精密検査だったと発表した。
これまで海の水質調査などはそれぞれの自治体が個別に行うことが多く、基準などもまちまちでした。また水質調査を中心に評価されてきたため人でいえば血液検査のみを行っている状態といえます。

ところが細菌では沿岸域の人口増加や経済活動の影響で物質循環を含めた海全体のバランスが崩れてきています。

そこで海洋政策研究財団が、水質調査以外の検査も含め海洋環境の調査に乗り出しました。それが「海の健康診断」です。

今回は、全国の閉鎖性の海湾88ヶ所で生物組成や生息空間、生息環境などの生態系の安定性や物質循環の円滑さなどを調査しました。これは人で言えば定期検診にあたります。この結果が悪ければ専門的な二次検査を行うことになりますが・・・。

結果は89%にあたる79ヶ所の海で何らかの問題が発生していたとのこと。今のままでも問題なしとされたのは、釜石湾(岩手県)、鮫ノ浦湾(宮城県)、松川湾(福島県)、名瀬港(鹿児島県)など4県の計9つの湾だけでした。

従来よく調査された水質だけでなく「生物の種類」や「生息空間」、「魚介の量」「陸からの栄養」など7項目を、過去20年間と過去3年間で比較。それぞれ良い方から5段階で評価し、悪い方から2番目までの評価が1項目でもあれば詳しい調査が必要とした。
海の国「日本」。海を守ることがまず大切ですね。

<参考>海洋政策研究所

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宇宙の生成をシミュレーション−暗黒物質はやはり重要でした

Yahoo!NEWSより「宇宙の形成過程を再現=「暗黒物質」の意義確認−名古屋大など」(時事通信)

宇宙に最も多く存在する物質とされながら、詳細がほとんど知られていない「暗黒物質」を計算に入れると、宇宙の構造が形成される過程をうまく再現できることを、独マックス・プランク宇宙物理学研究所、名古屋大などの研究グループがコンピューターシミュレーションで示した。
銀河研究を行ったのはVirgo Consortiumという国際的な科学者チーム。スーパーコンピュータを用いて宇宙の成長に関するこれまでで最大規模のシミュレーションを行いました。このシミュレーションでは暗黒物質が銀河や銀河団の形成にどのような影響を与えるかを追跡しました。その結果、暗黒物質を考慮すると現在の宇宙構造が形成する過程がうまく再現できることが判明しました。

暗黒物質はダークマターともよばれ、宇宙空間にありながら自らは光を発していないため光学的に観測できない物質です。宇宙で実際に観測できる物質は質量で4%程度といわれており、残りは暗黒物質や暗黒エネルギーが占めると考えられています。

この物質が何であるかは分かっていません。白色矮星やブラックホール、惑星などであるという説やニュートリノや対称性粒子のニュートラリーノなどの素粒子であるなどの説があります。

この暗黒物質が今の宇宙を形成するのに不可欠であるという説をこのシミュレーションは裏付けました。

このシミュレーションでは、暗黒物質を表す100億個の質点がビッグバンのわずか数億年後から宇宙の進化に影響を及ぼすようすを再現しました。その様子を解析することで宇宙の進化の様子を研究することが可能になりました。たとえば、中心に超大質量ブラックホールを持つ銀河は十分早く形成され、最初のクエーサーのホスト銀河になりうるという結果などが示されています。

成果は2日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。
しかし壮大なN体問題のシミュレーションですね。

<参考>Virgo Consortium・「ニュートリノに質量確実−ノーベル賞ねらえるかも

| | Comments (0) | TrackBack (1)

NEWS CLIP 05/06/02

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.02

全国でツバメの観察をしよう

Yahoo!NEWSより「ツバメ見たら情報寄せて 2万件目指し全国ネット」(共同通信)

各地で観察したツバメの記録をインターネット上に書き込んで共有し、分布や生活の様子を解明しようと、日本野鳥の会(柳生博会長)が中心となって「ツバメかんさつ全国ネットワーク」への参加を呼び掛けている。
ツバメツバメは春先に台湾や東南アジアから産卵のために日本にやってきます。4月から7月ごろに3−7個の卵を産卵し、巣立ちまで20日程度親はヒナに餌を運びます。子が巣立ったあと親の半数は2回目の産卵を行います。

2回の産卵をすませたツバメたちは10月頃に南の越冬地に向かい旅立ちます。

古来からツバメは害虫を食べてくれる益鳥として親しまれてきました。この身近なツバメも近年、数が減ったといわれています。しかし全国的なデータがなく、本当に減ったのかどうか実態はよくわかっていません。

そこで日本野鳥の会が中心となって全国のツバメの記録を行う「ツバメかんさつ全国ネットワーク」が発足しました。これは観察したツバメの様子をネット上に書き込み、分布や生活の様子を共有するという計画です。スタートした昨年は全国から約2000件のデータが集まったとのこと。

野鳥の会研究員で全国ネットを担当する神山和夫さん(38)によると、都市部では土の露出や民家の軒先が減り、マンションが増え、巣を掛けにくくなっている。
今回の対象はツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、リュウキュウツバメ、ヒメアマツバメ、ショウドウツバメの6種類です。

子安貝でも探しながらツバメの様子を観察しましょうか(笑)

<参考>ツバメかんさつ全国ネットワーク2005

| | Comments (0) | TrackBack (0)

肥満は認知症になりやすい!

日経Healthより「中年太りは、後年、認知症になりやすい

カリフォルニアに住む人たちを、30年近く追跡調査したところ、40代ごろに肥満、ないし体重オーバーだった人は、年を取ってからアルツハイマー病などの認知症にかかる割合が高いことがわかった。こんほどブリティシュ・メディカル・ジャーナルのオンイン版で発表された。
この研究では40−45歳で健康だった男女10276人を対象に1964年以降、定期的に健康診断を行い約30年後に認知症になったかどうかを調べました。

その時、年齢、性別、人種、教育など様々な要因と認知症の関係を調べたところ、肥満と認知症に関係があることがわかりました。

10276人のうち認知症になったのは713人(6.9%)。この中でBMIが30以上の太りすぎの人では標準体重の人に比べ認知症になるリスクが74%高かったとのこと。また、太り気味のBMIが25−30の人では35%高いリスクが認められました。

以前にも290人のスウェーデン女性を25年間追跡調査した報告がありましたが、この時もBMIの数値が大きくなるほど認知症のリスクが高まるという結果が出されています。

肥満の場合は心臓や血管系の疾患、糖尿病などを通して認知症のリスクが高まるといわれていますが、それ以外にも肥満と認知症の間には関係がありそうです。

この研究はNIH(米国立衛生研究所)の資金により「カイザー・バーマネンテ医学基金の研究者が行ったもの。「カイザー・パ−マネンテ」は米国の有力な健康保険会社。
妻はどうも僕のダイエット大作戦をたてているようです(笑)

そこまで太っているつもりじゃないんですが。今日も「40代になったら太る一方!」と決めつけられてしまいました(笑)

ただ痩せすぎでも認知症のリスクが高まるとの研究結果もありますが。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

NEWS CLIP 05/06/01

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.01

日本の幼児の死亡率は先進国中で最悪

ちょっとショッキングな話題です。

Asahi.comより「日本の1〜4歳児の死亡率 先進国の3割増で「最悪」

長寿命を誇る日本だが、1〜4歳児の死亡率は先進国の平均より3割高く、実質的に「最悪」なことが厚生労働省の研究班の調査でわかった。
日本の幼児死亡率が高いことは時々話題に上っていたことではありますが、それは新生児医療などが発達して、重篤な症状の新生児が救命されるがその後、死亡するのが原因なのかなと思っていました。しかし、それだけではすまないようです。

この研究は先進13ヶ国(米、英、独、仏、伊、スペイン、カナダ、オーストリア、オランダ、スイス、ベルギー、スウェーデン、オーストラリア)と日本における99年のWHOの統計資料を調査した結果です。

5−14歳の死亡率は平均を100とすると日本は88.1と低くなっています。また0歳児の死亡率は67.0と14ヶ国中2番目の低さです。

ところが1−4歳児の死亡率は129.5でアメリカについで2番目に高くなっています。アメリカの場合他殺の死亡率が著しく高く、それを除いた疾患による死亡率は日本が14ヶ国中最悪になります。

先天異常など出生時の救命率の高さを考慮しても突出した数字です。最も低いスウェーデンと比べると2倍以上の死亡率です。

死因を死亡率の高い順にみると、1.不慮の事故、2.先天奇形など、3.悪性新生物、4.肺炎、5.心疾患、6.インフルエンザという順になりますが、このうち先天奇形、インフルエンザ、心疾患、肺炎などの死亡率が平均と比べて高くなっています。

原因ははっきりしないが、主任研究者の田中哲郎・国立保健医療科学院生涯保健部長は「小児救急体制が十分に機能していないのかもしれない。医師の教育研修なども含め、幼児を救う医療を強化する必要がある」と指摘する。
やはり小児科医の不足などが影響しているのでしょうか。

<追記>NATROMさんから貴重でホッとするご意見をいただきました。ありがとうございました。コメント欄を参照して下さい。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

やせすぎの女性は死亡率が高い

Yahoo!NEWSより「男女とも高いやせの死亡率 中高年、標準体格の倍以上」(共同通信)

日本人の中高年では、男女ともにやせた人の方が肥満や標準体格の人より死亡率が高いとする結果を、鈴木庄亮群馬産業保健推進センター所長や群馬大学医学部のグループが約1万1000人を対象にした調査でまとめ、31日発行の日本疫学会誌に発表した。
男性については厚生労働省の研究班が2002年に同じ結果を発表しています。今回は女性でも男性と同じ傾向が見られました。

これは1993年に群馬県内の40−60代の男女に身長、体重、生活習慣などを尋ね、以後7年間追跡調査を行い死亡率を調べた結果です。

平成13年の国民栄養調査によれば20年前と比較したところ男性は肥満者が1.5倍に増加していますが女性は逆に低体重、いわゆる「やせ」の人が1.6−2.0倍に増加しているとの結果もあります。

女性のやせすぎはやはりダイエットによるものが大きいと思われますが、栄養の摂取不足が心配です。やせすぎの場合、健康面、美容面ともに影響を及ぼします。

確かに太りすぎは生活習慣病などの心配が高まりますが、やせすぎでも細菌などへの抵抗力が弱くどちらもよくありません。細菌では標準体重より少し太めの方が健康にいいのではともいわれています。

鈴木所長は「栄養が足りなければ感染症に対する抵抗力が減る。将来に備えてバランスの良い食事を心がけ、やせ過ぎに注意してほしい」と話している。
うちの妻はどうも健康によさそうな体型です(笑)

<参考>「太っている方が死なない?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

知床が世界遺産に登録−でも問題は・・・

Asahi.comより「知床が世界自然遺産に 屋久島、白神山地に続き3番目

日本が新たな世界自然遺産として推薦している知床(北海道斜里町、羅臼町)の登録が確実になった。小池環境相が31日、審査した国際自然保護連合(IUCN)が、「登録すべきだ」との評価報告書をユネスコ世界遺産センターに提出したことを明らかにした。
知床知床が世界遺産に登録されることが確実視されてきました。

世界遺産は72年に採択された「世界文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づいて、文化遺産、自然遺産、両方の性質をもつ複合遺産が登録されます。これらは勝手に登録されるのでなく、その遺産を持つ国が申し出ることで審査が行われます。

ユネスコの世界遺産委員会が登録を最終決定するのですが、その前に自然遺産であれば国際自然保護連合(IUCN)が、文化遺産であれば国際記念物遺跡会議(ICOMOS)が報告書を提出。ほぼその報告書通りに採択されます。

今回の知床も正式には7月の世界遺産委員会で登録が決定します。

現在の登録件数は文化遺産611(うち日本は10)、自然遺産154(うち日本は2)、複合遺産23となっています。IUCNの審査が厳格なためか自然遺産の数が少ないのが特徴です。

日本で世界遺産に登録されているのは文化遺産が、法隆寺地域の建造物、姫路城、京都の文化財、白川郷・五箇山の合掌造り集落、広島原爆ドーム、厳島神社、奈良の文化財、日光の社寺、琉球王国のグスクと関連遺産、紀伊山地の霊場と参詣道の10ヶ所、自然遺産が屋久島、白神山地の2ヶ所です。

彦根城や鎌倉の社寺、平泉なども文化遺産への登録を目指しているようです。

知床の候補地は知床国立公園や遠音別岳原生自然環境保全地域などの陸域と海岸線から約3キロの海域で、面積は7万1100ha(うち海域2万2400ha)。ヒグマなどが高密度で生息しているほか、シマフクロウやオオワシ、オジロワシなどの鳥類も豊富です。

環境省や林野庁などは昨年1月、世界遺産センターに新たな自然遺産の候補地として知床の推薦書を提出。7月にはIUCNの調査員が現地を調査した。IUCNからは昨年8月と今年2月、主に海域部分の保護についての懸念が寄せられた。
ただ今後の課題として、治山・砂防ダムがサケに与える影響調査や海洋資源の保全、観光客対策が求められています。

登録が決定しても野生生物などが激減すれば「危機に瀕した世界遺産」に組み込まれることになります。

問題は観光客誘致のために世界遺産に登録する動きが各地で起こっていることでしょう。観光客を誘致しても、先日の屋久島の縄文杉のように観光客によって自然が破壊されることが懸念されます。観光客誘致と自然保護をどう両立させるかが問題です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/05/31

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »