« NEWS CLIP 05/06/14 | Main | 地球型の惑星発見!−生命は・・・残念ながら存在できそうにありません »

2005.06.15

麦茶で血液サラサラ−ただし90分しかもちません(笑)

Yahoo!NEWSより「麦茶で血液サラサラ 香り成分に効果確認 カゴメ総研」(中日新聞)

「香ばしい麦茶を飲んで、血流を改善」−。カゴメ総合研究所(栃木県那須塩原市)は、麦茶の香ばしいにおいの成分「アルキルピラジン類」に、人の血液の流動性を向上させる効果を確認した。日本人の死因上位を占める心疾患や脳血管疾患などの原因となる血栓の形成を抑えると推測され、カゴメは「麦茶の継続飲用で、血液がサラサラになることも期待される」(広報部)としている。
麦麦茶を飲むことで血液がサラサラになることや、「アルキルビラジン類」を血液に添加すると流動性が向上することは試験管内の実験によってこれまでに分かっていました。

今回の実験ではヒトに対する効果について実験し評価しました。

まず被験者6人がペットボトル入り麦茶(当然「六条麦茶」ですが(笑))を飲み飲用前と飲用後の血液の流動性を測定。その結果、飲用して30分、60分後では明らかに流動性が向上、90分後でも流動性向上の傾向が見られたとのこと。

つまり飲んで90分は血液の流動性が良くなるということのようです。逆に言えば90分しか持たないの?ということにもなりますが(笑)

また麦茶に含まれる香ばしさの成分「アルキルビラジン類」が血液の流動性を高める成分であると考えられるため、アルキルビラジン類を多く含む麦茶(当然「六条麦茶」ですが(笑))と低濃度でしか含まない麦茶で血液流動性への影響を比較。明らかにアルキルビラジンを多く含む麦茶で血液の流動性がよくなったということです。

こうした麦茶の効能は、長時間飛行機に乗った場合に血行障害や血栓が生じる「エコノミー症候群」予防への応用も考えられ、カゴメは「機内の飲料などにも利用してもらえれば」(カゴメ総研)と提案している。
機内で飲むというのはいいアイデアかもしれませんね。

|

« NEWS CLIP 05/06/14 | Main | 地球型の惑星発見!−生命は・・・残念ながら存在できそうにありません »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/4557797

Listed below are links to weblogs that reference 麦茶で血液サラサラ−ただし90分しかもちません(笑):

« NEWS CLIP 05/06/14 | Main | 地球型の惑星発見!−生命は・・・残念ながら存在できそうにありません »