« 生殖細胞の分化に必要な遺伝子を特定−受精後6日で次の代への源が生まれます | Main | 北極圏の湖が消えていく »

2005.06.07

オポチュニティ、5週間ぶりに砂丘を脱出!

YomiuriONLINEより「火星の砂丘で立ち往生、探査車が5週間ぶりに脱出

米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所は、火星探査車オポチュニティーが約5週間ぶりに、車輪がはまって立ち往生していた砂丘からの脱出に成功したことを明らかにした。
オポチュニティオポチュニティと相棒のスピリットは3ヶ月間の定められた任務を完了してからも1年以上の間火星の両側に分かれ地質の観察を行ってきました。

このオポチュニティが砂丘で立ち往生してしまったのは4月26日のことです。高さ約30cmの砂丘を越えようとしたところ、6個の車輪のうちの一部が砂にはまってしまいました。NASAは脱出を試みましたが、1ヶ月かかっても約30cmも前進しないなど難航していました。

そこでこの状況を打破するために、チームは模型のローバーを使い、オポチュニティが陥っている状況を地球上で再現。脱出方法を検討し無事脱出に成功した模様です。

オポチュニティーは昨年1月から別の探査車スピリットとともに火星の地質調査を続けており、火星にかつて浅い海が存在したことを示す岩石などを発見している。

<参考>「火星はかつて温暖だった−opptunityの3ヶ月

|

« 生殖細胞の分化に必要な遺伝子を特定−受精後6日で次の代への源が生まれます | Main | 北極圏の湖が消えていく »

Comments

初めておじゃまします。
Opportunityは万博大学で毛利さんの講演を聴いた後(正確に言えばそのあとアメリカ館で2度目のCGを見た後)、単なる機械とは思えなくなっています。私の知らないうちに彼が(彼女かもしれないけど)そんなに困っていたとは知りませんでした。でも脱出できてよかった! これからもがんばれ。
リンク張らせていただいたので、また時々遊びにきます。

Posted by: のびねこ | 2005.06.09 at 01:50 AM

のびねこさんはじめまして。
万博大学を聴講されているんですね。刺激があって楽しそうです。
これからもよろしくお願いします。

Posted by: Fum | 2005.06.10 at 01:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/4447915

Listed below are links to weblogs that reference オポチュニティ、5週間ぶりに砂丘を脱出!:

» 火星の夕焼けは青かった [大学への基礎数学-雑記帳]
YomiuriONLINEより「火星の「青い」夕暮れ…NASAが画像公表」 米航 [Read More]

Tracked on 2005.06.19 at 01:05 AM

« 生殖細胞の分化に必要な遺伝子を特定−受精後6日で次の代への源が生まれます | Main | 北極圏の湖が消えていく »