« アリの「こっつんこ」は意味がある−敵味方の識別をしています | Main | NEWS CLIP 05/06/11 »

2005.06.11

100年前の予言、7割が的中−書いた人がすごいです

Yahoo!NEWSより「「20世紀の予言」7割的中 科技白書、コラムで検証」(共同通信)

「7日間で世界一周」は実現したけれど、「人と獣の会話」は、まだ−−。10日に閣議決定された2004年度版科学技術白書はコラムで、1901年の新聞に載った「予言」の的中を検証した。23項目のうち17項目が実現、または一部実現していた。
「20世紀の予言」は明治34年(1901年)の1月2,3日の両日に報知新聞に掲載されたものです。

23項目のうち17項目が実現。見事に20世紀を先取りしました。

そのそれぞれを見てみると、

  • 無線電信及電話・・・すでに持ち歩いている時代ですね。
  • 遠距離の寫眞・・・これもnetで瞬時に送ってます。
  • 野獸の滅亡
    ・・・「亞弗利加の原野に到るも獅子虎鰐魚等の野獸を見ること能はず」とあります。確かにアフリカでもだんだん見なくなっていますが。
  • サハラ砂漠の沃野化・・・これはまだまだかな。
  • 七日間世界一周・・・一日で回れますね。ただ後半に「また世界文明國の人民は男女を問はず必ず一回以上世界漫遊をなすに至らむ」とありますが、これはぜひとも実現して欲しい(笑)
  • 空中軍艦空中砲臺・・・軍艦は浮かべませんでしたが、それ以上のものがいくらでも浮かんでます。
  • 蚊及蚤の滅亡・・・これ無理かも。個人的には蚊はいやです。
  • 暑寒知らず・・・「新器械發明せられ暑寒を調和する爲に適宜の空氣を送り出すことを得べし」とありますが、暑がりの僕は今年もすでにクーラーのお世話になってます(笑)
  • 電氣力を以て野菜を成長・・・レタスを工場で作る時代ですから・・・。
  • 人聲十里に達す・・・「傳聲器の改良ありて十里の遠きを隔てたる男女互に婉婉たる情話をなすことを得べし」電話との違いがよく分かりません(笑)。でも愛は携帯ではぐくむ時代です。
  • 寫眞電話・・・我が家にはありませんが。
  • 買物便法・・・「寫眞電話によりて遠距離にある品物を鑑定し且つ賣買の契約を整へ其品物は地中鐵管の裝置によりて瞬時に落手することを得ん」net通販と宅配便でほぼそれに近い状況かも。
  • 電氣の世界・・・もう立派に。
  • 鐵道の速力・・・「東京神戸間は二時間半を要しまた今日四日半を要する紐育桑港間は一晝夜にて通ずべし」その通りですね。
  • 市街鐵道・・・「電氣車及び壓窄空氣車も大改良を加へられて車輪はゴム製となり且つ文明國の大都會にては街路上を去りて空中及び地中を走る」地下鉄にはお世話になってます。
  • 鐵道の聯絡・・・これは画期的なことだったんですね。私鉄相互乗り入れは当たり前ですし。
  • 醫術の進歩・・・「藥劑の飲用は止み」という部分はまだまだかな。むしろ薬づけかも(笑)
  • 自動車の世界・・・なくては暮らせません(笑)
  • 人と獸との會話自在・・・バウリンガルなんてものがありましたが、まだまだでしょうか(笑)
  • 幼稚園の廢止・・・「人智は遺傳によりて大に發達し且つ家庭に無教育の人無きを以て幼稚園の用無く男女共に大學を卒業せざれば一人前と見做されざるにいたらむ」とありますが、意味がわかりません。何で?
  • 電氣の輸送・・・そこら中に電線が通ってます。
こうしてみるとなかなか先見の明のある記事ですね。21世紀の元旦にでてた記事はここまで当たるんでしょうか(笑)

|

« アリの「こっつんこ」は意味がある−敵味方の識別をしています | Main | NEWS CLIP 05/06/11 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/4504405

Listed below are links to weblogs that reference 100年前の予言、7割が的中−書いた人がすごいです:

« アリの「こっつんこ」は意味がある−敵味方の識別をしています | Main | NEWS CLIP 05/06/11 »