« ピロリ菌の除菌で胃がんの発症率が下がった | Main | NEWS CLIP 05/05/29 »

2005.05.29

殷虚から商王朝の車馬が発見

SankeiWebより「商王朝の車馬坑発見 中国河南省

新華社電によると、中国河南省安陽市の商(殷)王朝(紀元前1600年ごろ−同11世紀)晩期の都市遺跡、殷墟の発掘現場から27日までに、7つの車馬坑(車馬が埋葬されている溝)が見つかった。
商王朝の車馬坑中国の歴史は「三皇・五帝時代」からはじまり、「夏」王朝を経て、「商王朝」へと続きます。といっても「三皇・五帝時代」は完全に伝説上のものです。「夏」王朝も実在が確実視されているわけではありません。

存在が確実に確認されている最古の王朝は「商王朝」です。一般には「殷」の名で知られていますが、「殷」はあくまで年の名前です。

「商王朝」で有名なのはなんと言っても「酒池肉林」の紂王でしょう。酒池肉林の跡(?)の発掘も昨年行われました。

この時代は車馬(いわゆる馬車)が使われていたそうです。主に戦争時に戦車としての利用がされていたようですが。

今回、中国社会科学院考古研究所と安陽市文物工作隊が今年1月11日から、殷墟宮殿宗廟地区の西約3000メートルの場所で行っていた発掘作業で車馬が殉葬されていたのが発見されました。保存状態は完全で、5台の馬車が南北方向に一列にならんでいました。同時に7人の殉葬者も発見されたようです。

ひとつの車馬の車両の前部と左側面では30本の銅製の矢じりと青銅製の短剣も同時に発見されています。

専門家は、商時代の馬車の用途や仕組みなどを知る上で重要な発見だと強調した。
それにしても過去が奥深い国です。

<参考>「酒池肉林は実在した

|

« ピロリ菌の除菌で胃がんの発症率が下がった | Main | NEWS CLIP 05/05/29 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/4319946

Listed below are links to weblogs that reference 殷虚から商王朝の車馬が発見:

« ピロリ菌の除菌で胃がんの発症率が下がった | Main | NEWS CLIP 05/05/29 »