« 気象庁、数値予報と職人芸の競い合い | Main | 民間宇宙旅行が身近に−旅行会社の日本事務所が開設 »

2005.05.12

ツタンカーメンの頭部を復元−なかなかの美男子です

なかなかの美男子です。

YomiuriONLINEより「ツタンカーメン、CTで再現…黄金のマスクそっくり

古代エジプトの少年王ツタンカーメンは、ぽっちゃりしたほおのベビーフェースで、王家の遺伝的特徴で歯のかみ合わせが悪かった――フランスと米国、エジプトの科学者らは10日、ミイラからCT(コンピューター断層撮影法)で再現した少年王の顔の画像を公開、有名な黄金のマスクにそっくりだったことがわかった。
ツタンカーメン研究に参加したのは芸術家と科学者で構成するエジプト、フランス、米国の3チーム。合同研究でなくそれぞれ別々にツタンカーメンの顔の復元に挑みました。

今年の1月に王家の谷で墓から運び出されたツタンカーメンのミイラはCTで調べられ、死亡原因などについての分析がされています。ツタンカーメンが死亡したのは19歳の頃。身長は168cm。左足に骨折が発見されました。死因はこの骨折による感染症ではないかとされています。

今回、各チームはこの時のCTスキャンの画像1700枚をもとに頭部の複製に挑みました。各チームはCT画像をもとに骨格のプラスティックモデルを作成。そこに粘土で肉付けし、特徴を明確にしていきました。

この3ちーむのうちフランスとエジプトの両チームはこのデータがツタンカーメンのものと知っていましたが、米国チームはそれを知らされずに作業したようです。

3か国のチームは別々に、約3300年前に亡くなった少年王を再現。鼻筋が通った高い鼻と、細いあごが特徴的な穏やかな表情の顔が浮かび上がるなど、各国チームの調査結果は良く似通っていた。
今後、エジプトのプロジェクトではすべてのミイラをCT検査していく予定だとのことです。

<参考>「CTスキャンによりツタンカーメンの撲殺説を否定」・「ツタンカーメンの死因を追求−呪われませんように(笑)」(サイト内リンク)

|

« 気象庁、数値予報と職人芸の競い合い | Main | 民間宇宙旅行が身近に−旅行会社の日本事務所が開設 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/4089606

Listed below are links to weblogs that reference ツタンカーメンの頭部を復元−なかなかの美男子です:

» ツタンカーメンの顔 [fmfm]
ファラオ王であるツタンカーメンの生前の容姿を、フランス、米国、エジプトが、それぞ [Read More]

Tracked on 2005.05.13 at 08:53 PM

» ツタンカーメンが飲んでいたのは赤ワイン [大学への基礎数学-雑記帳]
CNNより「ツタンカーメン王が飲んだワインは「赤」と、研究者」 黄金のマスクで知 [Read More]

Tracked on 2005.10.28 at 01:44 AM

« 気象庁、数値予報と職人芸の競い合い | Main | 民間宇宙旅行が身近に−旅行会社の日本事務所が開設 »