« 苦味を感じる遺伝子は進化の過程で急速に退化した | Main | NEWS CLIP 05/05/24 »

2005.05.24

倒れない自転車−ゆっくり走ると三輪車

娘(5歳)と息子(4歳)はただいま補助輪なしの自転車の特訓中。息子の方が早く乗れそうなので娘はちょっと投げやりになってます(笑)

WiredNEWSより「乗車中に二輪車に「変身」する三輪車

二輪車と三輪車を組み合わせたまったく新しい自転車が登場した。発明者によると、これを使えば必ず、とても簡単に自転車の乗り方をマスターできるという。『シフト』と呼ばれる3つの車輪を持つこの自転車は、乗り手が体重をどのようにかけるかによって二輪車へと変化したり、三輪車に戻ったりする。
シフトこの自転車の後部には車輪が2つついています。自転車をゆっくりとこいでいるときは2つの車輪は適度に間隔をとっており三輪車になっています。

逆に重心を前にかけて加速していくとバネ付きハブが作動し2つの後輪が中心部に引き寄せられ、最後には一体化して二輪の自転車となります。

この自転車はスコット・シム助教授たち米バーデュー大のチームによって開発されました。彼らが自転車に乗りたてのころの恐怖感がこの開発の原動力になったとのこと(笑)

台湾で開催された「国際自転車デザインコンペティション」(IBDC)で大賞に輝いたそうです。

まだ市販されていないにもかかわらず、この受賞のおかげで、台湾のジャイアント社をはじめとする有名メーカーから、ライセンスに関する問い合わせの電話や電子メールが相次いでいるという。シフトは現在市場に流通している標準的なパーツで製造が可能だと、シム助教授は説明する。シフト独自のパーツは、フレームと後部のバネ付きハブのみだ。
まだ特許の申請中のようですが、娘が自転車をイヤになる前に発売して下さい(笑)

|

« 苦味を感じる遺伝子は進化の過程で急速に退化した | Main | NEWS CLIP 05/05/24 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/4255021

Listed below are links to weblogs that reference 倒れない自転車−ゆっくり走ると三輪車:

» 未来の自転車デザインとは [サイクルロード 〜千里の自転車道も一ブログから〜]
とても未来的なデザインだと思いませんか。『国際自転車デザインコンペティション』で大賞を受賞した作品だそうですが、それだけではありません。 [Read More]

Tracked on 2005.05.27 at 06:46 AM

« 苦味を感じる遺伝子は進化の過程で急速に退化した | Main | NEWS CLIP 05/05/24 »