« NEWS CLIP 05/04/30 | Main | NEWS CLIP 05/05/01 »

2005.05.01

ジュウイチのヒナ、翼の模様で仮親をだます−うちの息子も変わりません

毎日新聞より「ジュウイチ:翼の模様で仮親だまし餌運ばせる 米誌掲載

他の鳥の巣に卵を産みつけて育ててもらう托卵鳥の一種「ジュウイチ」のヒナが、両翼にある黄色い模様をくちばしに見せかけ、仮親に餌を運ばせていることを立教大大学院生の田中啓太さん(30)らが突き止めた。ヒナがたくさんいると誤認した仮親は、より多く餌を運ぶようになっていた。29日付の米科学誌サイエンスに掲載される。
ジュウイチジュウイチは鳴き声が「ジュウイチー」と聞こえることからその名のついたホトトギス科の鳥です。この鳥はカッコウなどと同じく、他の鳥の巣に卵を産んで育ててもらう「託卵」の習性があります。オオルリやコマドリなどの巣に1個だけ産卵し、孵化したヒナが他の卵やヒナをすべて巣の外に出し、仮親の鳥が運んでくる餌を独占します。

しかし、仮親は通常、大きく開かれた複数のくちばしやヒナが発する声を刺激としてヒナに餌を与えるため、他のヒナを排除してしまうと刺激が自分のくちばしだけとなり仮親が餌を運んでくる回数が減ってしまいます。

今回、研究では静岡県の富士山五合目付近で、ジュウイチに托卵された巣6カ所をビデオカメラで観察。巣の中のジュウイチのヒナは、仮親が餌を運ぶ回数が減ると頻繁に翼をもちあげて黄色い部分を見せることが分かりました。

さらにヒナの翼の黄色い部分を黒い塗料で塗りつぶすと、仮親が餌を運ぶ回数が2割減ったということです。

このため、ヒナは翼の黄色い部分をくちばしに見せかけ、巣の中に多くのヒナがいるように偽装していると結論づけた。田中さんは「翼の黄色い部分はとても特徴的で、何か役割があると思っていた。くちばしに似てはいないが、巣は暗い場所にあることが多いため、仮親をだませるのだろう」と話している。
息子(4歳)は自分のおやつを娘(5歳)にとられたとありもしない事実を訴え、余分にお菓子をもらおうという小賢しい真似をしておりました。妻にこっぴどく怒られてましたが(笑)

|

« NEWS CLIP 05/04/30 | Main | NEWS CLIP 05/05/01 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/3941577

Listed below are links to weblogs that reference ジュウイチのヒナ、翼の模様で仮親をだます−うちの息子も変わりません:

« NEWS CLIP 05/04/30 | Main | NEWS CLIP 05/05/01 »