« NEWS CLIP 05/05/17 | Main | 働く女性の3人に1人は水虫だった? »

2005.05.18

土星の衛星フェーベはやはりカイパーベルトから飛んできた?

先日47個目の衛星が発見された土星。この星はいったい何個の衛星を持っているんでしょうか(笑)

AstroArtsより「土星の衛星フェーベは、冥王星の親戚だった

2004年に土星探査機カッシーニが撮影した衛星・フェーベの画像から、その組成が冥王星やカイパーベルト天体と似ていることが明らかになった。どうやらフェーベは、土星の近くでできたのではなく、太陽系の外縁部で生まれ、土星の重力に捉えられて現在のような安定した軌道をもつようになったようだ。
フェーベフェーベは土星の最も外側を回る直径220kmの衛星で1898年に発見されました。この衛星は他の衛星と異なり、赤道面から175度も傾いています。また軌道も逆方向であるなど、もともと土星とともに生まれた衛星ではないのではないかといわれていました。

カッシーニは昨年の6月にフェーベの近くを通過。詳細な画像の撮影が行われました。この画像を分析した結果、フェーベの密度は1立方センチメートルあたり1.6gと氷よりは重いですが岩石より軽いということが分かりました。内部は氷で表面に黒い物質からなる薄い層をもっていると推測されます。

この組成が冥王星や海王星の衛星トリトンと似ていることから、冥王星またはカイパーベルト由来の衛星ではないかということです。

カイパーベルトは冥王星の外側にある彗星の巣。

NASAの研究チームによれば、フェーベは、太陽系の惑星の材料となったガスやちりの雲から取り残された天体であり、それが土星の重力に引き寄せられたのだという。
従来いわれていた説が立証されたようです。

|

« NEWS CLIP 05/05/17 | Main | 働く女性の3人に1人は水虫だった? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/4174370

Listed below are links to weblogs that reference 土星の衛星フェーベはやはりカイパーベルトから飛んできた?:

» 冥王星探査機「ニューホライズンズ」、年明けに打ち上げ [大学への基礎数学-雑記帳]
Asahi.comより「初の冥王星探査機、年明けに打ち上げ NASA」 米航空宇 [Read More]

Tracked on 2005.12.21 at 01:16 AM

« NEWS CLIP 05/05/17 | Main | 働く女性の3人に1人は水虫だった? »