« 穴を開ければ発光ダイオードの明るさが5倍に! | Main | タイタンの表面に謎の明るい点 »

2005.05.28

受動喫煙で妊娠率が低下?−ただし体外受精の話ですが

Yahoo!NEWSより「夫の喫煙でも妊娠率半減 カナダの研究者が発表」(共同通信)

体外で受精させた卵子を胎内に戻した妻が妊娠する確率は、妻本人や夫がたばこを吸っていると、夫婦そろって非喫煙者の場合の約半分に減ってしまう−−。こんな調査結果をカナダ・マクマスター大の研究者が、26日発行の欧州の医学誌「ヒューマン・リプロダクション」に発表した。
喫煙妊娠率といっても体外受精の話ではありますが。妊婦が喫煙することで妊娠率が下がることはすでにいくつかの研究で報告されています。しかしこの研究では受動喫煙でも妊娠率が低下することが示されました。

研究チームは不妊治療を受けている225人の女性を観察。この女性たちを喫煙者、非喫煙者、同居人が喫煙者であるものの3つのグループに分けました。

この3つのグループで胚の質については違いがありませんでしたが、妊娠の成功率では非喫煙者が40%であったのに対し、喫煙者は19%、受動喫煙者は20%と大きな違いが現れました。

体外受精による妊娠ではなく、自然の妊娠でも同じ結果なのかどうかを含めさらに確認が必要だが、研究者は「妊娠したいなら、たばこのない環境での生活が賢明」と話している。
喫煙者団体はこの結果に対しておかしいのではと言っているようですが(笑)

|

« 穴を開ければ発光ダイオードの明るさが5倍に! | Main | タイタンの表面に謎の明るい点 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/4307448

Listed below are links to weblogs that reference 受動喫煙で妊娠率が低下?−ただし体外受精の話ですが:

« 穴を開ければ発光ダイオードの明るさが5倍に! | Main | タイタンの表面に謎の明るい点 »