« April 2005 | Main | June 2005 »

2005.05.31

ビッグ・ベンのキーンコーンカーンコーンが謎の停止?

CNNより「ロンドンのビッグベン、謎の停止2回 原因は暑さ?

テムズ川のほとりに建つ、英国会議事堂の時計塔ビッグベンが27日夜、2度にわたって止まり、再び動き出す奇妙な出来事があった。原因はわかっていないが、5月としては1953年以来となる暑さが、ビッグベンの動きをおかしくさせた可能性があるという。
Shakeyテムズ川の河畔にそびえる時計台ビッグ・ベン。ロンドンの象徴でもあり15分ごとに時をつげています。その鐘が聞こえるところで生まれた人が生粋のロンドンっ子だとか(笑)

このビッグ・ベンは正確にはウェストミンスター宮殿(国会議事堂)の時計塔です。塔の高さは95m、鐘の直径は9フィート、重さ13.5トンです。16世紀から国会議事堂として使われてきたウェストミンスター宮殿が焼失したため1852年にたてられました。1856年に時を知らせる鐘が取り付けられたのですが、重くて1度鳴らしただけで壊れてしまいました。そこで再び少し軽めの鐘が1859年に取り付けられ、それ以来ロンドンに時を知らせ続けています。

第2次世界大戦の戦火も逃れ、これまでグリニッジ標準時からの誤差が1分30秒以内で時を刻んできた鐘。止まったり遅れたりしたのは数度しかありません。1962年に、時計に雪が積もって10分遅れたほか、76年に機械の一部が故障。97年にはブレア政権が誕生した総選挙の24時間前に止まり、その3週間後にも再び止まったというのが全てです。

英国下院の報道官によると、ビッグベンは27日夜10時7分ごろ、動きが止まった。しばらくしてゆっくりと動き始めたが、10時20分に再び止まり、約90分にわたって動かなかった。突然止まった理由として、気温の上昇が挙げられている。ロンドンは27日、最高気温が31.8度に達した。
ちなみにビッグ・ベンの鐘の音色は日本人にはおなじみの「キーンコーンカーンコーン」というあのチャイムです。学校などで鳴っているこのチャイムですが、正式名称を「ウェストミンスター・チャイム」というそうです(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NASAの始めた懸賞金付きコンテスト−今度は月の石から酸素を取り出します

CNNより「月の土から酸素抽出 NASAの新コンテスト

米航空宇宙局(NASA)はこのほど、月面の土から酸素を取り出す技術の開発者に25万ドル(約2700万円)の賞金を与える新たなコンテストを発表した。この技術が確立すれば、月面基地での生活や宇宙船の燃料に酸素を利用できるようになる。
センテニアルチャレンジの新しい課題です。センテニアルチャレンジはNASAが宇宙関連の技術の発展を促す目的で行っているものです。これまでにも宇宙エレベータに利用するロープの開発やロボットへのワイヤレス給電技術の開発などに賞金をかけています。

今回のチャレンジの賞金は25万ドル。期限は2008年6月1日までとなっています。

このチャレンジでは火山灰から作成した月の石を模した物質から、8時間以内に呼吸できる酸素5kgを取り出す装置を開発することが目的とされています。これまでも酸素を月の表面の土から取り出す方法はいくつか考案されていますが、実際にしようできるほど多量に取り出せる方法はありませんでした。

この技術が実現すれば、宇宙飛行士が月や火星に滞在するのに利用できるかもしれません。

ブッシュ米大統領は昨年、新宇宙計画として、月面基地の建設を足がかりに火星有人飛行などを目指す構想を発表。「月にはロケットの燃料や呼吸可能な空気になり得る物質がある」として、酸素活用の重要性にも言及していた。
おそらく熱や化学物質を利用して取り出すことになるんでしょうが、あと3年で可能でしょうか。

<参考>「NASAが始めた軌道エレベータを実現するための賞金付きコンテスト−X−PRIZEをこえるか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/05/30

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.30

NEWS CLIP 05/05/29

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.29

殷虚から商王朝の車馬が発見

SankeiWebより「商王朝の車馬坑発見 中国河南省

新華社電によると、中国河南省安陽市の商(殷)王朝(紀元前1600年ごろ−同11世紀)晩期の都市遺跡、殷墟の発掘現場から27日までに、7つの車馬坑(車馬が埋葬されている溝)が見つかった。
商王朝の車馬坑中国の歴史は「三皇・五帝時代」からはじまり、「夏」王朝を経て、「商王朝」へと続きます。といっても「三皇・五帝時代」は完全に伝説上のものです。「夏」王朝も実在が確実視されているわけではありません。

存在が確実に確認されている最古の王朝は「商王朝」です。一般には「殷」の名で知られていますが、「殷」はあくまで年の名前です。

「商王朝」で有名なのはなんと言っても「酒池肉林」の紂王でしょう。酒池肉林の跡(?)の発掘も昨年行われました。

この時代は車馬(いわゆる馬車)が使われていたそうです。主に戦争時に戦車としての利用がされていたようですが。

今回、中国社会科学院考古研究所と安陽市文物工作隊が今年1月11日から、殷墟宮殿宗廟地区の西約3000メートルの場所で行っていた発掘作業で車馬が殉葬されていたのが発見されました。保存状態は完全で、5台の馬車が南北方向に一列にならんでいました。同時に7人の殉葬者も発見されたようです。

ひとつの車馬の車両の前部と左側面では30本の銅製の矢じりと青銅製の短剣も同時に発見されています。

専門家は、商時代の馬車の用途や仕組みなどを知る上で重要な発見だと強調した。
それにしても過去が奥深い国です。

<参考>「酒池肉林は実在した

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ピロリ菌の除菌で胃がんの発症率が下がった

YomiuriONLINEより「ピロリ菌退治で胃がん予防、効果を解明

胃の中の細菌「ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)」を薬物治療で退治すると、胃潰瘍(かいよう)や十二指腸潰瘍の患者が胃がんになる危険性が低下することを、広島市民病院の水野元夫(もとお)・内視鏡科主任部長(岡山大臨床教授)らの研究グループが初めて突き止め、今月発行の米国消化器学会誌に発表した。
Shakeyピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は1980年代に発見されました。胃の粘膜を好んで住みつき、粘膜の下にもぐり込んで胃酸の影響から逃れています。日本人の半数以上が感染していると考えられていますが、胃腸疾患の多くはピロリ菌の感染で起こるといわれています。胃潰瘍の患者の場合は70−90%、胃がんの場合は60%以上がピロリ菌に感染しているとのデータもあります。

ピロリ菌がつくるインターロイキン8という物質が活性酸素と反応して一酸化窒素などに変化し細胞に障害をおこします。また、ピロリ菌は細胞の死滅に関係するとも言われ、ピロリ菌によって壊死させられた胃の細胞が潰瘍につながります。

WHOもピロリ菌の発がん性は認めています。50歳以上に限れば、日本人の8割が感染しており、このうち5ー6%が胃・十二指腸潰瘍になるとされています。

今回の研究では、抗生物質などを用いてピロリ菌の除去治療をうけた胃・十二指腸潰瘍の患者1120年を追跡調査しました。

その結果、除菌に成功した944人のうち胃がんになった人は8人(1.21%)だったのに対し、除菌できなかった176人では5年後までに胃がんになった人は4人(3.80%)でした。

今回の研究は除菌の効果を厳密に証明する手法ではないが、水野部長は「ピロリ感染が広がっていない早期の段階に除菌すれば、胃がんの予防効果は高い。ただし完全に予防できるわけではないので、定期検査が大切だ」と話す。
胃がんに対する除菌の効果を厳密に測定した研究ではありませんが、胃潰瘍などになったらピロリ菌の除菌をしてみるのもいいかもしれません。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

NEWS CLIP 05/05/28

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.28

タイタンの表面に謎の明るい点

CNNより「土星の衛星タイタン、明るい点の正体は?

米カリフォルニア州パサデナ(AP) 土星を周回する無人探査機カッシーニを通じ、土星最大の衛星タイタンの観測を進めている科学者らは、表面に突然現れた大きな「明るい点」に首を傾げている。
タイタンカッシーニが昨年末と今年初めにタイタンに接近したときに、赤外線画像でこの明るい点はとらえられました。さらに4月16日の接近で再び観測されました。

この明るい点は幅が483kmにもおよびます。タイタンの表面にはこれまでにもこのような明るい点が観測されたことはありましたが、どれも数時間で消滅しました。しかしこの明るい点は場所や大きさもかわらず持続しています。

この明るい点が現れた原因は、隕石の衝突、土砂崩れ、火山の爆発、大気活動などいくつかが考えられています。

タイタンの大気の組成は太古の地球によく似ているとされ、生命の起源を探る研究などにも期待が集まっている。
カッシーニは7月2日に再びタイタンに接近する予定。この時に詳しい観測が行われます。どの仮説が正しいのでしょうか。


<参考>「タイタンはぬかるんでいた−マイナス180度ですけど」・「タイタンの地表はこんなだった」・「ホイヘンスいよいよタイタンの地表へ−さて地表はどんなだ」・「タイタンに突入、ホイヘンス探査機

| | Comments (0) | TrackBack (1)

受動喫煙で妊娠率が低下?−ただし体外受精の話ですが

Yahoo!NEWSより「夫の喫煙でも妊娠率半減 カナダの研究者が発表」(共同通信)

体外で受精させた卵子を胎内に戻した妻が妊娠する確率は、妻本人や夫がたばこを吸っていると、夫婦そろって非喫煙者の場合の約半分に減ってしまう−−。こんな調査結果をカナダ・マクマスター大の研究者が、26日発行の欧州の医学誌「ヒューマン・リプロダクション」に発表した。
喫煙妊娠率といっても体外受精の話ではありますが。妊婦が喫煙することで妊娠率が下がることはすでにいくつかの研究で報告されています。しかしこの研究では受動喫煙でも妊娠率が低下することが示されました。

研究チームは不妊治療を受けている225人の女性を観察。この女性たちを喫煙者、非喫煙者、同居人が喫煙者であるものの3つのグループに分けました。

この3つのグループで胚の質については違いがありませんでしたが、妊娠の成功率では非喫煙者が40%であったのに対し、喫煙者は19%、受動喫煙者は20%と大きな違いが現れました。

体外受精による妊娠ではなく、自然の妊娠でも同じ結果なのかどうかを含めさらに確認が必要だが、研究者は「妊娠したいなら、たばこのない環境での生活が賢明」と話している。
喫煙者団体はこの結果に対しておかしいのではと言っているようですが(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

穴を開ければ発光ダイオードの明るさが5倍に!

毎日新聞より「発光ダイオード:微小な穴で発光量が4〜5倍に

発光ダイオードの心臓部となる光半導体に微小な穴を開けると、外部への発光量が4〜5倍に増えることを京都大と科学技術振興機構の研究チームが発見した。
穴を開けた発光ダイオード発光ダイオード(LED)は電流を流すと発光する半導体素子です。1960年代に入って研究が進み、赤色、黄緑色のLEDがまず開発されました。その後1970年代には黄色が開発。そして1993年に青色LEDが開発されました。

発光ダイオードは消費電力が蛍光灯の約2分の1、寿命は構造上、半永久的といわれています。実際の製品では10万時間程度ですが、それでも通常の蛍光灯や白熱灯にくらべるとはるかに長くなっています。

さらにLEDは白熱灯にとって変わる日も近いといわれてきました。白熱灯は熱の副産物として光を得ているためエネルギーの多くが無駄になっています。一方LEDは電気を直接光に変えているのでエネルギー的にも高い効率を誇ります。

ただ現在の発光ダイオードでは、光の8割程度が発光体の内部にとどまってしまうため、蛍光灯と同じ強さの光を得るためには約2倍のエネルギーを必要としていました。

京都大の野田進教授らはガリウムでできた厚さ250nmの光半導体の表面に390−480nm間隔で直径250nmの穴を開けました。すると、光が半導体の中を横方向に広がらず、上下方向のみに集中してでてきました。光が余計な方向に広がらないことで、発光強度は4−5倍に跳ね上がったとのこと。

野田教授は「半導体レーザーなど、他の発光素子にも応用できる。照明に加え、ディスプレーや光通信など発光素子が既に応用されている分野の効率改善にも貢献できる」と話している。
あとはコストの問題ですね。

<参考>「安価な酸化亜鉛で青色発光ダイオード−ふんだりけったりの日亜化学?」・「工場でレタスを作る−エネルギーもったいなくはないですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/05/27

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.27

手術中の大量出血の45%は外科医に問題がある?

ただいま我が家は、父親と母親が別々の病院に入院しているという危機的状況です(笑)
YomiuriONLINEより「手術中の大量出血、45%外科医に問題…麻酔学会調査

手術中に起きた生命を脅かすような大量出血の半数近くについて、手術室で患者の全身管理を担当する麻酔科医が「外科医の判断・技術の問題で起きた」と見ていることが、日本麻酔科学会が実施した全国調査でわかった。
ちょっと不安になる調査結果です。

この調査は2003年暮れから2004年初めにかけて、設備やスタッフが充実していて安全な麻酔措置ができると麻酔科学会が認定した782病院の麻酔科医に対して行われたアンケートの結果です。一時心停止するなど、手術による危機的な大量出血の事例と原因について尋ねました。

その結果、03年の1年間で発生した大量出血は541件。このうち病巣の組織が癒着するなど大量出血がおきやすい状態でおきたものが45%。外科医の判断や技術の問題で起きたとされたものが45%となりました。

541件のうち31%の166人は手術中か、手術直後に出血が原因で死亡しています。

今回の結果をまとめた同学会調査専門部会長の入田和男・九州大助教授は、「致死的な大量出血に遭遇するケースはそう多くない。それだけに、適切な処置がなされない危険が常にある。原因をさらに分析し、対策を早急に検討する必要がある」と話している。
手術台にのれば患者は「まな板の上の鯉」。いくら担当医を信頼していても不安になる結果です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タウリンが傷んだ髪を修復−毛染め液もタウリン○○mg配合!

YomiuriONLINEより「傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明

魚介類などに多く含まれるアミノ酸の一種、タウリンに、傷んだ髪を健康な状態に修復する働きがあることを、毛染めメーカーのホーユー(本社・名古屋市)と東工大大学院の西敏夫教授らの研究グループが突き止めた。
タウリンは魚介類や軟体動物に多く含まれているアミノ酸の一種です。アミノ酸といってもタンパク質に合成されるわけでなく、正確にはアミノ酸様物質という分類になります。

多くの栄養ドリンクに入っていて、肝機能の回復や疲労回復などが効能としてうたわれています。具体的には、胆汁酸の合成の促進、脂肪分解の促進、インスリンの分泌の促進、総コレステロールや血圧の恒常性維持などの働きがあるといわれています。

このタウリンが傷んだ髪の修復機能をもつとの報告です。研究グループは原子間力顕微鏡で脱色とパーマを繰り返して傷めた毛髪と健康な毛髪を比較。その結果、毛染めやパーマなどを行った髪は、水分を含むと繊維組織をつなぐタンパク質が膨張して緩み、修復されにくくなることがわかりました。

しかしこの毛髪を、タウリンを含んだ水溶液中で観察したところ、毛髪内部のタンパク質の結合が強まることが判明。

。ホーユー総合研究所基礎研究室の丹羽正直室長は「髪を傷めない染色剤の開発に生かせるのではないか」と話している。
毛染め液も「タウリン○○mg配合!」となるんでしょうか(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

NEWS CLIP 05/05/26

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.05.26

茶髪の毛染め剤に発がん性はあるのか?

最近目立ち始めた白髪を染めようかどうか迷ってます。別に発がん性を気にしてるわけではありませんが(笑)

SankeiWEBより「茶髪、発ガンの心配ない 米医学誌に発表へ 専門家から反論も

「茶髪に染めても健康には問題ありません」−。こんな“お墨付き”が、米医学誌に発表される。毛染め剤の発がん性の可能性の指摘について、「ほとんど危険性はない」との研究結果を示したものだが、米専門家からは反論も出ている。
一部の毛染め剤に含まれる物質に発がん性がある可能性は以前から指摘されていました。特にパラフェニレンジアミンの発がん性は問題視されてきました。

スペインのサンティアゴ大のタコーチェ博士らのグループは11ヶ国で行われた79の研究結果のデータを再分析しました。その結果、血液系のがんに関しては若干の危険性がある可能性が残ったものの危険視するほどではなく、その他のがんに関しては全く危険性がなかったとのことです。

いくつかの危険性を指摘したデータに関しても、データの処理に疑問が残るとのこと。

一方、イエール大のジャン博士は、「危険性を低く見積もっている」などと反論している。米欧では、女性では十八歳以上の三分の一が、男性では四十歳以上の10%が、毛髪を染めている。
全く危険性がないかというと、そうではないかもしれませんが、不安になるほどのことはなさそうです。

これらの薬品がアレルギーの原因となることはあります。FDAも警告は発しています。

でも日本でも黒髪を探すのが難しくなってますね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

自律飛行する飛行ロボット−でも離陸は人力です(笑)

Asahi.comより「目的地へ向け自力でGO 東大など、飛行ロボット発表

目的地に向かって自力で飛ぶ飛行機型ロボットの実験が25日、東京都大田区昭和島のグラウンドであった。コンピューターやカメラを搭載した翼長1.4メートルの飛行機が、決められた緯度、経度、高度を目指して飛行。映像をリアルタイムで地上へ送り届けた。
自律飛行する飛行機経済産業省の資金協力をうけ、東京大や中央大、三菱電機、NPO法人「大田ビジネス創造協議会」のグループが製作しました。

離陸は人の手で行う必要がありますが、GPSの信号をもとに事前に設定した緯度、経度、高度情報に基づき自律的に飛行することが可能です。さらにコンピュータと携帯電話のモバイルカード、カメラを搭載しているので、上空からの映像をリアルタイムで地上に送信できます。逆に送られたデータをもとに、地上から飛行経路の修正も可能だとのこと。

地上とのやりとりには携帯電話の回線を利用します。携帯電話の圏外にでるとあらかじめ決められた地点間を自律飛行し、圏内に入った時点で通信を確保します。

今後は、ビルなどの障害物を自動的に回避できたりするよう改良を進めたいという。ロボットは6月、愛知万博でも展示、紹介される。
災害現場や交通渋滞の監視などいろいろな用途がありそうです。

<参考>大田ビジネス創造協議会

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土星の輪の謎を解く

Yahoo!NEWSより「NASA、土星の輪の最も鮮明な画像を公表」(ロイター)

米航空宇宙局(NASA)は24日、土星探査機「カッシーニ」がとらえた土星の輪の最も鮮明な画像を公表した。
土星の輪カッシーニが土星の裏側を観測したのは2005年5月3日のことでした。その観測結果をもとに作成されたのがこのイメージです。

土星の輪は内側から順にD環、C環、B環、A環、F環、G環、E環となっています。通常小さな望遠鏡で観測できるのはA環とB環です。土星の輪は非常に大きく、A環の外側の半径は13万7600kmもあります。A環とB環をあわせると4万4000kmもの幅になります。

逆に厚さは非常に薄く、数十mだといわれています。

輪を構成する粒子は、鉄、氷などで非常に細かい塵のようなものから数mの大きさのものまであります。

土星の輪の起源は土星の衛星が破壊されたものという説や、土星形成時の成分がそのまま惑星にならずに残ったものなどいくつかの説があります。

輪の色は輪の粒子の大きさを示す。カッシーニはNASA、欧州宇宙機関、イタリア宇宙局の3機関が共同で運営している。
白い部分はB環で最も密度の高い部分のようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/05/26

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.25

子どもの性別は親の職業で決まる?

UKTodayより「生まれてくる子供の性別は、親の職業で決まる!?

生まれてくる子供の性別は、親がどのような職業に就いているかでほぼ決まるという、興味深い研究結果が発表されたことが伝えられた。
この研究は「the Journal of Theoretical Biology」に掲載されました。研究したのは the London School of Economics and Political Science のDr.Satoshi Kanazawa。日本人のようです。
いろいろな職業の3000人を調査しました。その結果、親の職業が男性的か女性的かで生まれてくる子どもの性別に偏りが見られたとのことです。両親の一方、もしくは両方がエンジニアや建設現場作業員、会計士など主に男性がつくことが多い職業であった場合、男の子が生まれる割合が多く、保育士や看護師、教師など女性に人気のある職業であった場合は女の子が生まれる割合が多いとのこと。

通常、生まれてくる子どもは男児が105人に対し女児が100人の割合です。ところが親がエンジニアなどだった場合は男児140人に対し女児100人の割合でした。また看護師などの場合は男児100人に対し女児135人だったとのこと。

親の職業と生まれてくる子供の性別との間にこのような関連性がみられる理由としては、子供が男性寄りの脳、女性寄りの脳のどちらを所有するかは親から受け継ぐ遺伝子によって決まるためと分析されており、カップルが例えばどちらも女性寄りの脳をもっている場合には、2人とも女性に多い職業につくだけでなく、他のカップルよりも女児が生まれる可能性が高くなるとみられているという。
なぜそうなるかはまだまだ分かりませんが、職業と子どもの性別の間に相関があるというのはとても面白い現象です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アメリカ大陸に最初に移住した人類は200人

Yahoo!NEWSより「米大陸最初の父母は70人 遺伝子分析から新説」(共同通信)

約1万4000年前にアジアから、地続きだった北米に渡り、新大陸の最初の父や母となったのはわずか約70人だった−−。こんな新説を米ニュージャージー州立ラトガーズ大の研究者が23日、米科学誌に発表した。
コロンブスによる発見以前のアメリカの先住民族、いわゆるインディアンは人種的には日本人などと同じモンゴロイドです。その証拠に幼児期には蒙古斑があらわれます。

これら先住民族はベーリング海が氷に覆われ、北アメリカ大陸とユーラシア大陸が地続きだった氷河期にユーラシア大陸から移住したといわれています。

米ラトガーズ大のジョディ・ヘイ教授らはアメリカの先住民族の3つの語族のうち最も古いアメリンド族について、細胞核のDNAの8つの遺伝子やミトコンドリアのDNAの塩基配列を調査しました。それをモンゴル人や韓国人などアジア民族のDNAと比較したところ、新大陸の祖先となった大人は、推定で70人と非常に少ない規模だったことが分かりました。生殖年齢の大人の人口が70人とすれば、移住してきた集団の大きさはその3倍程度の200人位とみるのが妥当とのこと。

移住の時期は約1万4000−7000年前となり、考古学的な証拠を基にしたこれまでの推定と矛盾しないことが分かった。
次々に人類の過去の血縁関係が明らかにされてきてます。

<参考>「現生人類の拡散は予想よりも速かった−最初は数百人の旅立ち」・「北米大陸にヒトがすんだのは5万年前?−ゴッドハンドでありませんように(笑)」(サイト内リンク)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ネズミがコードを囓るのは安全な出入り口の目印?

Asahi.comより「天井の電気コード、ネズミがかじるのは出入り口の目印に

住宅にすみついているネズミは、天井穴付近の電気コードを出入り口の目印としてかじっている――。名古屋市消防局の職員が、ネズミを捕獲して行った実験でこんな結果が得られた。
ネズミネズミがコードをかじったりすることで発生する火災は東京都に限っても95−03年で112件発生しています。一年間に十数件は発生していることになります。ところがネズミがなぜコードなどを囓るのかはよく分かっていなかったようです。

そこで名古屋市西消防署の間瀬裕司さんが市街地でドブネズミやクマネズミ計20匹を捕獲。電線などをおいた飼育箱で育てました。

その結果、電気コードの囓られた場所が飼育箱の各部屋に通じる出入り口に集中していました。警戒心の強いネズミが出入り口近くの電気コードを集中的に囓るのは、安全な出入り口の目印にしているのではないかとのことです。

ネズミはまた、部屋の端やすみを走り回るほか、前歯が一日0.5ミリ伸びるため、歯を研いだり、目の前の障害物をかじったりする習性がある。このため、電気コードが部屋のすみや端に集中しているとかじられ、その部分に炭化したフンや尿が接触すると、火災につながりやすいという。実際、火災が起きた住宅の天井を調査すると、多数のフンが見つかり、近くのコードがかじられていた。
ネズミに火事を起こされたんじゃ泣くに泣けません。これがネズミによる火災を防ぐきっかけになってくれればいいのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/05/24

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.24

倒れない自転車−ゆっくり走ると三輪車

娘(5歳)と息子(4歳)はただいま補助輪なしの自転車の特訓中。息子の方が早く乗れそうなので娘はちょっと投げやりになってます(笑)

WiredNEWSより「乗車中に二輪車に「変身」する三輪車

二輪車と三輪車を組み合わせたまったく新しい自転車が登場した。発明者によると、これを使えば必ず、とても簡単に自転車の乗り方をマスターできるという。『シフト』と呼ばれる3つの車輪を持つこの自転車は、乗り手が体重をどのようにかけるかによって二輪車へと変化したり、三輪車に戻ったりする。
シフトこの自転車の後部には車輪が2つついています。自転車をゆっくりとこいでいるときは2つの車輪は適度に間隔をとっており三輪車になっています。

逆に重心を前にかけて加速していくとバネ付きハブが作動し2つの後輪が中心部に引き寄せられ、最後には一体化して二輪の自転車となります。

この自転車はスコット・シム助教授たち米バーデュー大のチームによって開発されました。彼らが自転車に乗りたてのころの恐怖感がこの開発の原動力になったとのこと(笑)

台湾で開催された「国際自転車デザインコンペティション」(IBDC)で大賞に輝いたそうです。

まだ市販されていないにもかかわらず、この受賞のおかげで、台湾のジャイアント社をはじめとする有名メーカーから、ライセンスに関する問い合わせの電話や電子メールが相次いでいるという。シフトは現在市場に流通している標準的なパーツで製造が可能だと、シム助教授は説明する。シフト独自のパーツは、フレームと後部のバネ付きハブのみだ。
まだ特許の申請中のようですが、娘が自転車をイヤになる前に発売して下さい(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

苦味を感じる遺伝子は進化の過程で急速に退化した

YomiuriONLINEより「苦味感じる遺伝子、人類進化で急速に退化

苦味を感じる遺伝子は人類進化の道のりで急速に退化したことを、総合研究大学院大学(神奈川県葉山町)の郷康広研究員らが突き止めた。
舌多くの動物は「苦み」を「毒」と判断し避けるといわれています。動物たちはあまり苦いものを食べません。

ところがヒトは「苦味」も味覚の一つととらえているようです。例えば山菜やゴーヤなど苦味を味わう食べ物もあるくらいです。ビールなども苦みを味わう飲み物ですね。

研究ではチンパンジーやゴリラ、マカクザルなど12種類の霊長類の苦味遺伝子(苦味を感じるセンサーをつくり出す遺伝子)を調べました。ヒトではこの遺伝子は25個働いており、他に機能を失った残骸のような遺伝子が11個あります。

しかし他の霊長類が持つ残骸遺伝子はヒトよりも少なく、さらに1個の苦味遺伝子が機能しなくなるのに平均して780万年かかっていました。ヒトの場合は200万年と退化が3.9倍も速かったとのこと。

苦味への感受性は、毒を体内に取り入れないよう備えられたとされているが、人類は、発達した脳で毒を学習し、実際に食べなくても見分けられるようになったことが急な退化の原因らしい。この成果は米遺伝学会誌の今月号に発表された。
同じ霊長類でも苦味に関する感受性は体の小さいものほど強いという研究結果もあります。大型の動物であれば多少摂取しても大丈夫だからでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/05/23

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.23

NEWS CLIP 05/05/22

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.22

地球はだんだん暗くなっている

YomiuriONLINEより「暗くなる地球、太陽光反射率下がる…NASA観測

地球が毎年わずかながら暗くなっていることが、米航空宇宙局(NASA)の衛星観測でわかった。
Terraの画像地球の大気や雲、水などの環境システムのメカニズムを解明するために打ち上げられた地球観測衛星Terra/Aquaからのデータを解析して得られた結果です。

NASAは衛星に搭載してある地球放射エネルギー観測装置(CERES)を使って得られた観測データを解析しました。その結果2000−2004年の4年間で約0.15%、地球の太陽光反射率が下がっていることが分かりました。

この数字は、地表全体に1平方メートルあたり約0.5W相当のエネルギーが吸収されていることに相当するということです。

地球はその地表で太陽から入ってきた光を反射して外に逃がしています。この反射率は岩石や砂、氷河などの表面では高く森林などでは低くなります。特に氷河は大きな反射率を持ちます。

おそらく地球温暖化の影響で雪氷が減少し、地表の白い部分が少なくなったことが原因だろうと考えられます。

太陽光の反射率が下がるとより多くの光が地表に蓄積されるため温暖化が加速することが考えられます。

地球は過去30年間、年平均約30%の反射率で安定。大気中の二酸化炭素濃度が現在より倍増した場合、温暖化に伴う気候変動で雪氷などが失われ、1%ほど反射率が下がると考えられている。
その結果ますます温暖化は加速する、悪循環に陥りそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ヒトは妊娠率を高めた代償で発がん率も高まった?

YomiuriONLINEより「人間は進化の過程でがんになりやすく…米大学など発表

人間は進化の過程で、類人猿を含むほかの動物よりがんになりやすい特性を持つようになったことが、米コーネル大とデンマーク・コペンハーゲン大の研究でわかった。米オンライン科学誌「公共科学図書館・生物学」に発表された。
ヒトとチンパンジーが500万年前に分かれてから、この2つの生物は大きく違う進化を遂げました。分子レベルでDNAを調べて差違は少ないのですが、そのわずかな違いの中に進化の鍵があるかもしれません。

研究チームはヒトとチンパンジーのDNAを解析。いくつかピックアップされた差違の中でヒトにだけがんになりやすくする遺伝子が含まれていることがわかりました。この遺伝子には精子のアポトーシス(死滅)を抑えて量産する働きもあると思われます。

つまりこの遺伝子のおかげでヒトは妊娠率が高くなり人口の増殖に有利になったが逆に発がん率を高める結果ももたらしたと思われます。

人類は約700万年前に類人猿との共通祖先から枝分かれしたが、その後の進化の過程でこの遺伝子を獲得したとみられる。
まさに諸刃の剣の遺伝子です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

黄砂の飛来が多いと花粉が少ない?

河北新報より「黄砂が増えれば花粉は減少 10年周期で反比例の関係

中国大陸から日本列島に飛来する黄砂の量と、スギやヒノキの花粉の飛散量が、反比例の関係にあり、約10年周期で増減しているとする研究結果を山梨県環境科学研究所がまとめた。22日から千葉市で開かれる地球惑星科学関連学会で輿水達司研究部長が発表する。
河口湖の固定をボーリングして過去100年分の堆積物の中に含まれる黄砂を構成する石英の割合を計算した上で、約30年分の甲府市での花粉の飛散量と比較した結果です。

黄砂の量が多い年は花粉はあまり飛散せず、逆に黄砂の量が少ない年は花粉の飛散量が多かったという結果が得られました。

この黄砂の飛散量は10年周期で増減しており例えば1990年には黄砂の飛来日数は9日と多く、一方、花粉の飛散量は1平方センチあたり約3000個とわずかでした。逆に1995年には黄砂の飛来はゼロでしたが花粉は7倍の約2万個と逆転しました。

輿水部長は10年周期の理由について「太陽の黒点の増減周期と似ている」としながらも、双方の因果関係については「今後の研究課題」としている。
ただ環境破壊のせいか、ここ数年黄砂の飛来量は増加しています。本来であれば黄砂の飛来量は今年は底の年のはずですが・・・。

<参考>「北日本を覆う黄砂の衛星写真−天気不明の元凶です

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/05/21

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.21

毎秒30回転で卵を回すと宙に浮く!−理論的に証明

先日、車の中で買ってきた卵の上に座ってしまいました。掃除に半日かかりました(笑)
Asahi.comより「ゆで卵、毎秒30回転以上で宙に浮く 慶大教授ら予測

横になったゆで卵をコマのように高速でまわすと、ある時点でひとりでにジャンプする――直感的には信じがたいこんな奇妙な現象を、慶応大の下村裕教授(物理学)と英ケンブリッジ大の研究者が厳密な数学に基づいて予測した。近く英王立協会紀要に論文が掲載される。
卵下村教授は、2002年に卵を勢いよく横に回転させるとひとりでに起きあがる現象を流体力学などの理論で解明しました。よく知られた現象ですが、重心が重力に対して上昇する点が不思議な現象です。長年、理論的な説明がなされていませんでしたが、地面との摩擦で回転エネルギーが徐々に失われ、上方向への力が働くことを発見し、この運動を表す非線形連立微分方程式の解を得ることに成功しています。

今回はその研究をさらに進め、起きあがる過程で卵が細かく振動する様子を、流体力学などの理論を用いて詳しく解析。

すると、毎秒30回転以上の速さで卵を回転させると、起きあがり始める段階で重心が小刻みに上下に揺れ、その振幅が次第に大きくなることが分かりました。このとき、卵は重力で地面に押しつけられていますが、増幅する揺らぎによって上方向へ行こうとする力がだんだんと大きくなり、一時的に重力とつりあいます。

そして回転軸が45度前後になったときに、なんとわずかに卵が宙に浮くことが分かりました。計算では浮き上がる高さは最大約0.1mm、浮上時間は0.02秒以下とのこと。

「とても不思議だが、想定した方程式が正しければ実際に起きるはず」と下村さん。人の手でも熟練すれば出せる回転速度だというが、精密な検証実験は難しく、まだ実現していない。
ちょっと試してみようと卵を探しに冷蔵庫へいきましたが、前の買い物で割ってしまった卵は当然冷蔵庫にはありませんでした(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

東芝がお供ロボット開発−街中で「ご主人さまぁぁぁ」

毎日新聞より「東芝:“ご主人様”について来る「お供ロボット」開発

東芝は20日、服の色や柄などを登録した“ご主人様”を自動的に探してついてくる「お供ロボット」を開発したと発表した。高齢者や幼児を見守って様子を家族に知らせる機能なども加え、生活支援ロボットとして5〜6年後の実用化を目指す。
聞き分けapri君とアテンダ君東芝が今回発表したのは、登録した人を探してついてくるお供ロボット「アテンダ君(ApriAttenda)」と話しかけられた方向と内容を理解して受け答えする応答ロボット「聞き分けapri君(ApriAlpha3)」。

アテンダ君はきている服の色や柄を登録しておくと視覚センサーでその人を探し、その人が移動するときには1−1.5mの距離を保って追従します。頭部に搭載したカメラで人との距離を計算しながらスピードを調節。超音波センサで障害物を避けることもできます。

その人を見失うと、「どこですか?」と声をかけながら周囲を探索。目的の人を探す機能も搭載しています。

一方の聞き分けApri君は事前登録は必要なく、6つのマイクで全方向からの音を取り込み、その中に人の声があれば、話しかけられた方向と内容を認識します。挨拶をしてきた人には挨拶を返し、質問には返答するというような動作が可能になっています。

6月9〜19日に愛知万博で開催される「NEDOプロトタイプロボット展」で展示する。
ただ両方のロボットとも実用性は備えていないようです。アテンダ君はただ追いかけるだけですし、聞き分けApri君はただ返答するだけ。「テレビをつけて」といえば「テレビをつけます」と返答するものの、実際にテレビはつけてくれません(笑)

アテンダ君は似た色の服や柄の人が複数いると混乱してしまいます。例えばスーツを着た人を追いかけているとき、会社の中などスーツの人が大勢いると認識できない可能性もあります。

しかし、これらの技術をモジュール化し他のシステムと組み合わせることで応用範囲はずいぶん広がるのではないでしょうか。

数年後には街中でロボットが「ご主人さまぁ」と追いかけている姿を見られるかも(笑)

<参考>東芝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新種のサルを発見−でも絶滅が心配です

先日はラオスの市場で新種のネズミが発見されていましたが、

Yahoo!NEWSより「アフリカで新種のサル発見 絶滅が心配」(共同通信)

アフリカ・タンザニア南部の山岳地帯で昨年、体長90センチほどの新種のサルを、米国やタンザニアなど2つの研究チームがほぼ同時に発見した。
 比較的大きな霊長類が新たに見つかるのは珍しく、アフリカでの新種のサルの発見は1984年以来20年ぶり。
Lophocebus Kipunjiこのサルは2つの研究チームが約370km離れた場所でほぼ同時に発見しました。

オナガザルの仲間で、尾の長さが体長と同じ90cm程度のサルです。茶色の毛を持ち、顔は黒っぽい色をしています。山麓部の樹木の上で暮らしますが、鳴き声に特徴があり、成体は低く大きな声を出すということです。

このサルは「Lophocebus Kipunji」と名付けられました。

本来樹木の上でしか暮らさないこのサルが370km離れた2つの山地で見つかったということは、現在は低い草原となっているこの2つの山地の間が以前は森が続いていたことを示しているのかもしれません。

しかし、発見と同時にこのサルは絶滅危惧種として登録されることになるようです。

このサルの個体数は1000頭を下回るほど少ないとみられ、発見と同時に絶滅が心配されることになった。
まだまだ新しい動物の発見は続くでしょうし、それは地球環境の豊かさを物語っています。が、発見と同時に絶滅を心配しなければいけないということは逆に地球環境の破壊の象徴なのかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

クローン胚からES細胞の取り出しに成功−現実的な成功率です

Asahi.comより「患者のクローン胚からES細胞、韓国チーム作製

韓国ソウル大などのチームは、将来の再生医療の対象と考えられる患者9人の体細胞を使ってクローン胚を作り、それを基にあらゆる組織の細胞になりうる胚性幹細胞(ES細胞)を11株作ることに成功した。米科学誌サイエンス(電子版)で20日速報する。
ES細胞ES細胞(胚性幹細胞)は体のあらゆる臓器に育つ可能性を秘めた細胞で万能細胞ともよばれます。一般的には受精卵からつくられ、98年に米国ではじめてヒトのES細胞が作られました。

今回は受精卵からES細胞を培養したのではなく、ヒトのクローン胚から現実的なレベルでES細胞を取り出すことに成功しました。昨年に同じソウル大がクローン胚からのES細胞の取り出しに成功していますが、今回はその10倍以上の成功率となりました。

ソウル大の黄禹錫(ファン・ウソック)教授のチームは卵子に成長する前の「卵母細胞」の核を取り除き、かわりに脊髄損傷や1型糖尿病、遺伝性免疫不全症候群などの難病の2−56歳の患者11人の皮膚細胞からとりだした核を移植。クローン胚を185個作成しました。このうち男女9人の細胞11個がES細胞に成長しました。

これらのES細胞から難病治療に必要な神経細胞や心筋細胞などをつくり出すことができれば、拒絶反応の心配なく治療することが可能になります。難病患者本人の細胞からES細胞をつくり出した今回の研究は、再生医療の大きな飛躍となるでしょう。

前回、ソウル大がES細胞をつくったときにはクローン胚176個からES細胞が1個しかできませんでした。

人のES細胞から特定の細胞や組織をつくる研究は着々と進み、これまでに心筋や血管、血液などが報告されている。ただ、ES細胞にはがん化などの懸念があり、クローン技術の安全性も確立したとは言えない。治療に使うまでには、まだハードルがある。
しかし問題はまだ山積しています。このES細胞から目的の臓器をつくり出す技術はまだ確立されていませんし、体細胞をつかったクローン動物は胎児期などに異常が現れることもあります。このES細胞から目的の臓器をつくり出し、それが安全だと確認されるまでには長い期間が必要でしょう。

実は僕も家族に治療方法のない難病患者がいます。うちの家族には間に合わなくても、なんとか治療方法が見つかることを祈っています。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

NEWS CLIP 05/05/20

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.20

赤いユニフォームの方が勝利に近づく?−北朝鮮もバーレーンも赤でしたよね

Yahoo!NEWSより「赤い服は勝利呼び込む? 英チーム分析で有利性浮上」(共同通信)

スポーツでは、実力が同程度なら赤い競技服が有利−。こんな調査結果を英ダーラム大の研究チームがまとめ、英科学誌ネイチャーに19日発表した。
赤いユニフォーム研究チームは、2004年のアテネ五輪で行われたボクシング、テコンドー、レスリングのグレコローマンとフリースタイルの格闘技4種目で、赤と青、どちらの色の服やプロテクターを身につけている方が勝ったかを調べました。これらの種目においては服やプロテクターの色はランダムに割り当てられます。

その結果、調査した21試合のうち16試合で赤い競技服を身につけた選手が勝利を得るなど、4つの競技全てで、赤が勝つ傾向が強いことが分かりました。

なぜ赤がいいのかについては分かっていません。赤い色がテストステロン濃度を上昇させるのかもしれません。また、赤い顔は怒りや攻撃性の表れですので、赤のシャツやヘッドギアが対戦相手を圧倒しているのかもしれません。

ただユニフォームが赤だから必ず勝つというわけでは当然ありません。実力が伯仲しているときに赤のユニフォームの方が有利に働くのではないかというのが研究チームの結論です。

一方、同年にポルトガルで開かれたサッカー欧州選手権で、赤いユニホームを着る5チームを調べたところ、白や青のユニホームを着た試合に比べてゴール数が多いなど、結果が良かった。
ところでサッカーのW杯予選、北朝鮮もバーレーンもユニフォームは赤でしたよね(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (1)

口臭の成分に発ガン性

YomiuriONLINEより「口臭危ない!主成分に発がん性…日歯大確認

不快な口臭の主成分である「硫化水素」に発がん性があることを、日本歯科大歯学部の八重垣健教授(衛生学)らが突き止めた。すぐに口腔(こうくう)がんに結びつくほど毒性は高くないが、たばこなどに含まれる発がん物質と一緒になると、危険性が高まる恐れがあるという。
口臭の原因の95%は口の中にいる細菌が食べ物のカスを分解して発生させた「揮発性硫化化合物」だといわれています。

揮発性硫化化合物には硫化水素、メチルカプタン、ジメチルサルファイドなどがありますが、このうち硫化水素は火山ガスなどにも含まれる「卵のくさったような臭い」が」する物質です。

研究で、強い口臭に相当する濃度の硫化水素を歯肉細胞に与えたところ、SODといわれる酵素の働きが半分に弱まりました。SODは、発ガンにかかわるとされる活性酸素を取り除く働きをもっています。また、別の実験で、がんの引き金となるDNAの損傷が硫化水素によって引き起こされることも確認されたそうです。

八重垣教授は「硫化水素は歯周病の原因にもなる。口の中を清潔に保ち、歯科で定期的に検診を受けることが大事」と話している。
僕も歯周病になりかけだといわれてます。ちなみに明日は歯医者に行かなければいけません(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (2)

ロボット医師活躍中!

ITmediaより「ロボットドクター、英病院で始動

医療用ロボットが英ロンドンの病院で働き始めた。英インペリアル大学が開発したこのRemote Presence(RP6)ロボットは、無線技術を使って、医療専門家が遠隔地にいる患者と通信できるようにする。手術の指導やビデオ会議にも利用できると同大学は説明している。
Remote Presenceこのロボットは英国のインペリアル大学が開発したRP−6(Remote Presence)ロボット。現在St.Mary's病院の一般外科病棟を救急外来で試験導入されています。

ロボットドクターといってもロボットが直接診察をするわけではありません。離れた場所からジョイスティックで医師が操作し、患者の様子を見たり、問診したり、医療記録をチェックしたり、X線検査などの結果を見ることができます。患者の前に立っているロボットには医師の顔が映し出されています。

ロボットの医師の間はブロードバンド回線でつながれています。

このロボット導入の大きなメリットは医師がその場にいなくても患者の様子を観察し、必要な指示を出せるということでしょう。特に医師の不足が問題となっている救急病棟などではニーズがあるかもしれません。

患者にとってもその場にいないが信頼できる医師とコミュニケーションできるのはいいことでしょう。

「われわれのロボットが病棟の医師に取って代わることは決してないだろうが、これは医師が離れた場所の患者にも接触できるようにするコミュニケーションツールだ」
アメリカでも同様の試みが行われているようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.19

NEWS CLIP 05/05/19

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ステゴサウルスの背中の突起は単なる飾りだった?

Yahoo!NEWSより「背中の板は役立たず? 恐竜ステゴサウルスで新説」(共同通信)

背中に並ぶ大きな板状の骨「皮骨板」が特徴で、その機能がさまざまに推測されていた恐竜ステゴサウルスについて、米カリフォルニア大バークリー校などの国際チームが18日までに「皮骨板は体温調節や防御目的にはほとんど役に立たず、仲間を見分けるのが主要な用途だった」とする新説を発表した。
ステゴサウルスステゴサウルスはジュラ紀後期(約1億5000万年前)に生息していた最大の剣竜です。そのイメージから肉食竜と勘違いされますが、草食です。尾の先にある鋭いとげで肉食動物から身を守っていたと考えられています。

ステゴサウルスでまず思い浮かぶのは背中に2列に並んだ板のようなもの。これが何の役目をはたしていたかは議論の的でもありました。身を守る鎧のようなもの、敵に襲われたときに体を横倒しにし相手を切り裂く武器だったという説もあります。

ただこの中には血管がたくさん走っており、暑い場合はここから体内の余分な熱を逃がし、寒い場合には太陽熱を吸収するラジエータのようなものだったというのが最も妥当な結論だと思われていました。

しかし、これが単なる飾りで仲間を見分けるためのものだったというのが今回の新説です。

10種類以上のステゴサウルスの仲間について皮骨板の化石を薄切りにし、内部の構造を詳しく調べて出した結論。古生物学の専門誌に近く論文が掲載される。
ステゴサウルスの脳は恐竜の中でも最も小さい部類に属したといわれていますが、えらくでかい飾りを持っていたようですね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

究極のダイエットはやはり夢でした−わが家のエンゲル係数も助かりました

食べても太らない理想のダイエットはやはり夢で終わってしまったようです。

Yahoo!NEWSより「データに問題、取り下げへ マウスで肥満研究の論文、大阪大、米医学誌に」(共同通信)

肥満に関する研究で昨年10月、マウスの実験により特定の酵素の役割を解明したと発表した下村伊一郎大阪大教授(内分泌代謝学)らのグループが、論文に記載したデータに問題があったとして、掲載した米医学誌ネイチャー・メディシンに取り下げを申し入れたことが17日、分かった。
この研究は、昨年ネイチャー・メディシンに発表されたものです。脂肪組織の中で「PTEN」とよばれる酵素が欠けているマウスをつくり実験したところ、このマウスは食事量が20%多かったにも関わらず、正常の大きさのマウスより体重が25%少なく、脂肪も少なかったという結果が発表されました。

好きなものを食べたいだけ食べられるダイエットにつながるか・・・と期待したのですが、世の中そう甘くはできていなかったのでしょうか(笑)

関係者によると、主執筆者は同大医学部の学生で、データ管理などに問題があったとされ、元のデータが確認できなくなっているという。
微妙な理由ですが、結局PTENの働きはどうなんでしょうか。

ま、こんなダイエットができるようになったら妻のおやつ代がいくらかかるか分かりませんが(笑)

<参考>「究極のダイエット?−でも実現はむずかしそう」(サイト内リンク)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

足を組む癖は静脈瘤と関係ない

僕は脚を組むのが癖のようなので気になります。

日経Healthより「脚の静脈瘤と足を組む癖に関係はなし

 中年過ぎから、脚とくにふくらはぎの静脈が膨れで、青く浮き出るようになることを静脈瘤あるいは静脈怒張などという。米国では、脚を組むのが原因の一つと考えられ、「女性は脚を組まないように」とキャンペーンが展開されたこともある。
脚の血管(静脈)が太く浮き出ているものを下肢静脈瘤といいます。静脈瘤ができると脚がむくんだり、だるくなったりするなどの症状もでます。足の筋肉がつるいわゆる「こむら返り」も起こりやすくなるようです。

これは皮膚の近くを通る静脈の弁が壊れ血液の逆流が起きるのが原因ですが、立ち仕事が多かったり、同じ姿勢ですわっていると起こりやすくなるといわれています。足を組むことも原因の一つといわれてきましたが、どうやら関係なかったようです。

米国で行われた研究では、本当に脚を組むことが静脈瘤を引き起こすのかというテストがなされました。

その検証結果がこのほどまとめられたが、結論として脚を組むのは関係がないということになった。一方、3822人の成人を対象にした研究によると、脚の静脈が腫れる一番の要因は、男では喫煙と運動不足、女性では、やはり運動不足と高血圧それ に肥満が原因であるとわかった。
喫煙と運動不足は少し耳がいたいかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/05/18

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.18

女性の方がアルコールで脳が萎縮しやすい?

BioTodayより「女性の方が酒で脳が縮みやすい

アルコール依存の女性42人、アルコール依存ではない女性34人、アルコール依存の男性 34人、アルコール依存ではない男性48人のアルコール飲酒歴と脳萎縮の相関を調べたところ、大量に飲む女性は同じぐらい大量に飲む男性に比べて脳萎縮の進行が早いという結果となりました。
アルコールによる各種疾患での男女の差に関する研究はいろいろとなされています。肝疾患などは女性の方がかかりやすいという報告もあります。

ドイツのハイデルベルク大学のチームの研究によると、アルコール性脳障害も女性の方が起こりやすいという結果になりました。

この研究では女性76人(うちアルコール依存症が42人)、年齢の似通った男性82人(うちアルコール依存症が34人)の脳をCTでスキャンしました。CTは6週間の間をおいて2回行われ、その間アルコール依存症の患者は禁酒プログラムに参加しました。

CTの結果を調べたところ、アルコール依存症の患者では男女を問わず脳の萎縮が見られ、その萎縮率はほぼ同じくらいでしたが、女性の患者の方が平均的にアルコール依存の期間は短かったとのこと。

この結果から、女性の方がアルコールによる脳萎縮の影響をうけやすいと考えられました。
世界中で女性のアルコール中毒患者の増加が問題になっています。これから同様の報告が多くなるかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

働く女性の3人に1人は水虫だった?

YomiuriONLINEより「恋人には言えない…働く女性の3人に1人は水虫?

働く若い女性の3人に1人は水虫か水虫と思われる状態になったことが、製薬会社のアンケートで明らかになった。水虫は、男性だけでなく女性にとっても悩ましい存在のようだ。
調査を行ったのはヤンセンファーマという製薬会社。昨年の12月に首都圏在住の20−30歳代の職業を持った独身女性519人を対象に調査を行いました。

その結果、「水虫と病院で診断されたことがある」人が11.2%。「多分水虫だったと思う」人が25.4%と3人に1人が水虫経験者でした。

杉浦丹(まこと)・静岡市立清水病院皮膚科長は「OLなど一日中靴を履く女性が増えているのに伴い、患者数も増えていると思われる。水虫は見た目だけでは診断できないので、必ず皮膚科専門医に診てもらってほしい」と話している。
ただ、水虫と思っていてもただの皮膚炎だったという例も多いようですので、本当に3人に1人が水虫かどうかは断定できませんが。

男性より多いというのではなく、男性は無頓着で水虫に気づいていないだけかもしれません(笑)

<参考>
ヤンセンファーマ株式会社

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土星の衛星フェーベはやはりカイパーベルトから飛んできた?

先日47個目の衛星が発見された土星。この星はいったい何個の衛星を持っているんでしょうか(笑)

AstroArtsより「土星の衛星フェーベは、冥王星の親戚だった

2004年に土星探査機カッシーニが撮影した衛星・フェーベの画像から、その組成が冥王星やカイパーベルト天体と似ていることが明らかになった。どうやらフェーベは、土星の近くでできたのではなく、太陽系の外縁部で生まれ、土星の重力に捉えられて現在のような安定した軌道をもつようになったようだ。
フェーベフェーベは土星の最も外側を回る直径220kmの衛星で1898年に発見されました。この衛星は他の衛星と異なり、赤道面から175度も傾いています。また軌道も逆方向であるなど、もともと土星とともに生まれた衛星ではないのではないかといわれていました。

カッシーニは昨年の6月にフェーベの近くを通過。詳細な画像の撮影が行われました。この画像を分析した結果、フェーベの密度は1立方センチメートルあたり1.6gと氷よりは重いですが岩石より軽いということが分かりました。内部は氷で表面に黒い物質からなる薄い層をもっていると推測されます。

この組成が冥王星や海王星の衛星トリトンと似ていることから、冥王星またはカイパーベルト由来の衛星ではないかということです。

カイパーベルトは冥王星の外側にある彗星の巣。

NASAの研究チームによれば、フェーベは、太陽系の惑星の材料となったガスやちりの雲から取り残された天体であり、それが土星の重力に引き寄せられたのだという。
従来いわれていた説が立証されたようです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

NEWS CLIP 05/05/17

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.05.17

トカゲの唾液から糖尿病の治療薬が

CNNより「トカゲの唾液成分から糖尿病治療薬 米で認可

トカゲの唾液に含まれる成分の働きで、糖尿病患者の血中のブドウ糖値(血糖値)を調整する新薬が、このほど米食品医薬品局(FDA)の認可を受け、6月1日から米国内で販売されることになった。当面は従来の治療薬と合わせて処方される。
アメリカドクトカゲこの新薬「Byetta」はアメリカドクトカゲの唾液に含まれるホルモンであるインクレチン・ミメティクスを合成して作られます。

アメリカドクトカゲはテキサスなどに生息するその名の通り毒を持つトカゲです。体長が約45cmと大きいのですが餌を食べる回数が極端に少なく、そのため食後に血糖値が急に上がらないようにこのホルモンを利用しているとのこと。

このホルモンにはインスリンの分泌を促すヒトのGLP−1ホルモンとよく似た作用があり、臨床試験では従来の治療薬と同程度の血糖値低下が確認されたそうです。従来のタイプでは服用後に血糖値が下がりすぎる恐れがありましたが、この薬は食後など血糖値が高くなったときにだけ作用するという特徴があります。

この新薬は経皮薬、いわゆる注射薬ですが従来の経口薬との併用のみ認められたようです。

米製薬会社アミリン・ファーマス―ティカルとイーライリリーが製造するが、価格は未定。両者は今後、従来タイプとの併用だけでなく単独での使用が可能かどうかなどについて、さらに研究を重ねる予定だ。
四六のガマが油汗を出しそうな話です(笑) でも効果があるようですから・・・。

<参考>Byetta.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルツハイマー発症のメカニズムがまたひとつ判明

Yahoo!NEWSより「神経伝達物質の一種関与 アルツハイマー病で実験」(共同通信)

アルツハイマー病の原因とされる、ベータアミロイドという物質の脳への蓄積に、神経伝達物質の一種が関与していることが、長谷川亨・佐賀女子短大教授(公衆衛生学)と米国立老化研究所のマーク・マットソン教授らの研究で分かった。
アルツハイマー病はβアミロイドという物質が脳内に蓄積、神経細胞が死滅することで発症します。

今回、研究チームはアミロイドの蓄積に関与する物質を発見しました。この物質は「ホモシステイン酸」。アミノ酸(ホモシステイン)の酸化代謝物です。ホモシステイン酸を少量混ぜた液体中で、実験用に遺伝子を胃組み換えた人の脳細胞を培養したところ、ホモシステイン酸を混ぜていないものに比べ、脳細胞中のβアミロイドの蓄積量が1.4倍になりました。

ホモシステイン酸がアミロイドの蓄積を促し細胞死を引き起こすものと考えられます。

米科学誌「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス・リサーチ」(電子版)に16日、発表した。
現在、研究チームの米国立衛生研究所が動物実験を続けています。アミロイドばかりに着目してきたアルツハイマー治療の研究ですが、視点を変えると面白いかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脚と車輪で悪路も走破できるロボット−人も乗れます

毎日新聞より「ロボット:脚と車輪併用の「チャリべえ」開発 千葉工大

脚と車輪を併用することで段差や傾斜地でも移動できる世界初の搭乗可能ロボット「チャリべえ」が16日、千葉県習志野市の千葉工大で報道陣に公開された。愛・地球博(愛知万博)で来月9〜19日に開催されるNEDOプロトタイプロボット展で一般公開される。
チャリべぇ開発したのは千葉工大総合研究所の中野栄二教授と未来ロボット技術研究センターの中嶋秀朗研究員。車輪と脚を両方持ち、凹凸や傾斜のある地形などを走破することを目的として開発されたロボットです。平地では車輪で移動し、不整地では脚と脚の先に取り付けられた車輪、そして胴体部分の車輪と脚を協調して使う「脚車輪モード」などで移動します。
「脚車輪モード」では車輪で体を支持しながら、4本の脚を蜘蛛のように動かして移動します。車輪と脚で加重を分担するため、本体の重量は300kg程度ですが人を乗せて移動することが可能になりました。

もう一つの大きな特徴として、従来のロボットは地面の凹凸などをセンサーなどで判断して動くのに対し、「チャリべぇ」はロボットの内部情報をとる「内界センサー」しか搭載していないことがあげられます。各関節の角度と本体の姿勢角度の内部情報のみで状況に対応することができます。外部センサーを使用した場合、雪道やぬかるみでは動作を誤る確率が高いのに対し、「チャリべぇ」はスムーズに移動することができます。障害物は脚に何かがあたり力を感じることで認識します。

歩行が困難な人の移動だけでなく、列車の脱線事故や自然災害時にも活用可能で、人が動けない場所でカメラを使って情報収集したり、重い機材を運搬するなど広範囲での応用を目指している。搭乗した同大4年の寺崎宏美さん(21)は「大きな揺れを感じることもなく、リラックスして乗れました」と話していた。
高さ69.3cm、長さ3m、横105cmで定員は大人1人。操作はリモコンを使用するとのことです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

NEWS CLIP 05/05/16

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.16

NEWS CLIP 05/05/15

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.15

NEWS CLIP 05/05/14

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.14

北日本を覆う黄砂の衛星写真−天気不明の元凶です

YomiuriONLINEより「日本列島覆う黄砂、米民間衛星の画像公開

米航空宇宙局(NASA)は12日、先月末に日本列島を覆った大規模な黄砂現象の衛星画像を公表した。
黄砂黄砂は主として中国大陸のゴビ砂漠、タクラマカン砂漠などの乾燥地帯で強風によりまきあげられた多量の砂が上空の偏西風によって日本、韓国、中国国内などへ飛ばされてくる現象です。

最近は日本への飛来回数が増してきています。これまでは自然現象だからしかたがないという意識でしたが、中国の過放牧や農耕による耕地の拡大などが原因でないかとの見方も広がってきています。

公開されたこの画像は、先月の29−30日にアメリカの民間衛星オーブビュー2が撮影したものです。北日本を濃い黄砂が覆っています。この影響で30日には仙台管区気象台が雲の状況を確認できず、「天気不明」と発表する珍事も起こっています。

中国方面からの黄砂は年々深刻化が指摘され、健康や農作物、気候などへの悪影響が懸念されている。
僕の車にとっても迷惑です(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

若い女性ほど味に敏感−若い女性が行列を作る店は美味しい?

食事の後でも、甘いものを平気で食べる女性の味覚は信用できないと思っていた僕は間違っていたようです(笑)

Yahoo!NEWSより「味覚感度は若い女性が一番 佐賀大が800人調査」(共同通信)

甘味、塩味、酸味、苦味を認知する感度は4つすべてで女性が男性を上回り、年齢が若いほど感度が高いことが佐賀大の水沼俊美教授(栄養学)らの大規模な調査で13日までに分かった。
味覚は食物に含まれる化学物質によってひきおこされます。味覚は大きく分けると甘味、塩味、酸味、苦味に分けられますが、それぞれ舌の感受性の高い部分が決まっており、舌の表面にある味蕾で味を感知します。

どの位の薄い味を感知できるかという閾値は、年をとるほど上昇することが分かっています。つまり年齢を重ねれば味に鈍感になるということですが、この閾値には当然大きな個人差があります。

この研究では佐賀県に住む男女815人を対象に調査を行いました。甘味はショ糖、塩味は塩化ナトリウム、酸味は酒石酸、苦味は塩酸キニーネを使い、それぞれ30段階の濃度の水溶液を作成。その水溶液に浸した濾紙を濃度が薄い順に舌の上にのせ、どの濃度で味を認知できるかを調べました。

その結果、どの感度も女性が男性を上回り、さらに若い女性ほど感度が高いことがわかりました。

水沼教授は「一番味覚の鋭い若い女性に人気のある店はおいしい店と思って間違いない。味覚に鈍感だと味付けが濃くなるので、健康によい薄味の調理をするには女性が有利」と話している。
これから美味しい店は若い女性に聞くことにしましょう(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

現生人類の拡散は予想よりも速かった−最初は数百人の旅立ち

YomiuriONLINEより「現生人類、6万数千年前にアジアで急速に拡散

アフリカで約20万年前に誕生した現生人類は、6万数千年前にインドからオーストラリアまで、インド洋に沿って一気に広がったとみられることが、英国などの研究チームが行ったアジア人の遺伝情報の比較分析でわかった。
アフリカ研究チームは、マレーシアの先住民族であるオラン・アスリ族のミトコンドリアDNAを解析しました。人類がどのように広まっていったかという情報は、母性遺伝するミトコンドリアDNAの解析で分かります。異なる集団のミトコンドリアDNAの違いの程度は、通常その集団が分岐してからの時間と密接に関係しています。

このミトコンドリアDNAをこれまでに解析済みのアジア人やオーストラリア先住民の遺伝情報と比較したところ、マレーシアの先住民族は約6万年前以降にほかのアジア人の系統から枝分かれしていたことが分かりました。

他に行われたインドとミャンマーの間に位置するアンダマン諸島とニコバル諸島の先住民族のミトコンドリアDNAの解析結果などとあわせると、アフリカから旅立った現生人類は中東地域を横断したとする従来の説とは異なり、紅海をわたり海岸沿いにアジア方面に向かいました。6万6000年前にはインドに、6万3000年前にはオーストラリアにたどり着いています。従来考えられていたよりも急速に広がっていったようです。

現生人類のアフリカからの旅立ちは一度きりで、その集団の規模は数百人程度だった可能性が指摘されている。時期は約8万5000年前よりも最近だと考えられているが、明確に突き止められていない。
数百人で旅立った集団がいまや地表を埋め尽くそうとしています。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

NEWS CLIP 05/05/13

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.13

不思議な動きの自己複製ロボット

究極のロボットは一人称の思考を持ち、自己増殖できるロボットでしょうか。

WiredNewsより「米コーネル大、自己複製ロボットを開発

米コーネル大学の研究チームが、自己の形を複製するモジュール型ロボットを開発した。複数のキューブ(立方体)型モジュールで構成され、与えられたキューブを連結・分断して、自身と同じものを組み立てる能力を持つ。英科学誌『ネイチャー』5月12日号で発表した。
自己増殖ロボット自己増殖する機械というのは1950年代初め、フォン・ノイマンが発表してからいろいろと研究が進んでいます。

今回、コーネル大学のチームは10cm角の一連の立方体のモジュールからなる自己増殖ロボットを作成しました。それぞれの立方体は6面のうち2面に連結用の電磁石を備えています。それぞれの立方体はちょうど対角線にそって旋回することができます。

3連または4連の立方体のロボットは、他の単体の立方体がおかれている場所方新しい立方体を連結し、変形と分断を繰り返しながら自己複製していきます。ビデオが公開されていますが、何ともいえぬ不思議な動きで複製を行ってます。勝手に同じものが組あがるレゴブロックといったところでしょうか。

ただ、このロボットは自分で立方体の部品を探し回るようにはできていません。人の手で定められた位置に部品となる立方体をおいてやる必要はあるようです。

だが、将来的には、進化プロセスによる形態適応システムと統合する構想を持っており、たとえば、宇宙ミッションの自己修復ロボットなどへの応用が期待できるとしている。
ただ最近では、自己複製能力をもったナノロボットができた場合、暴走したらどうなるかなども議論をよんでいますが。

これを見るかぎりは、自分で自分を修復したり、自己複製を行う作業用ロボットの開発はまだまだ時間がかかりそうです。

<参考>コーネル大学の自己複製ロボット

| | Comments (3) | TrackBack (0)

なぜ心臓は左側にできるのか−心臓が左側にできる仕組みを解明

Asahi.comより「心臓なぜ左? 体の左右の決定、かぎ握る物質特定

私たちの体は、なぜ心臓が左側で、肝臓が右側なのか――。東京大の廣川信隆教授と田中庸介助手らのグループが、体の左右の決定に重要な役割を果たす物質が分泌されているのをマウスの実験で突き止め、大きななぞ解きに一歩近づいた。12日付の英科学誌ネイチャーで報告される。
研究グループは細胞内で物質の運搬を行うKIF(キネシン分子モータ群)とよばれるタンパク質の研究を行っていました。その過程で、KIF3というタンパク質をもたないマウスを作ったところ、心臓の血管の向きが個体によって異なるなど体の左右が決定できない異常が生じました。

そこで妊娠前期のマウス胎児を使って詳しく調べたところ、体の左右の決定には、胎児の腹側にできるノードと呼ばれる小さなくぼみの表面で、繊毛が羊水を左向きに流すことが関係すると分かったとのこと。

妊娠前期のマウスでは、ソニック・ヘッジホッグというタンパク質とレチノイン酸というビタミンの仲間を膜で包んだ袋状の物質が、くぼみ表面の細胞から分泌されます。これが水流で左に運ばれ、左側の細胞表面にくっつき、それを合図にカルシウムの濃度が上昇します。

カルシウムの濃度が上昇すると、臓器の決定に関する複数の遺伝子が働き、体の左側が形成されるようです。

廣川教授は「これで体の左右を決める初期の段階が、ほぼ解明できた。後は個々の臓器がどうできていくか、各論を詰めていけば全容がわかってくるだろう」と話す。
臓器反転症などではこの機構がうまく働いていなかったのでしょうか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/05/12

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.12

民間宇宙旅行が身近に−旅行会社の日本事務所が開設

1961年にロシアのガガーリン少佐が人類として初めて挑んだ宇宙空間。それから40年以上が過ぎ、民間の宇宙旅行もすでに始まっています。

Yahoo!NEWSより「21億円宇宙旅行はいかが 米代理店が日本に事務所」(共同通信)

米国人実業家のデニス・チトーさんら2人の民間人を旅行客として宇宙に送り出した米スペースアドベンチャーズ社が11日、都内に日本事務所を開設、日本人の宇宙観光客獲得に乗り出した。
宇宙旅行目玉商品はロシアのソユーズロケットに乗り宇宙へ、さらに国際宇宙ステーションISSに一週間滞在するという旅行プラン。これまでにも2001年にアメリカの実業家デニス・チトー氏、南アフリカのIT起業家マーク・シャトルワース氏が民間人として宇宙に観光旅行に出かけています。

飛行前に半年かけて訓練を行う費用も含めて、旅行費用は総額2,000万ドル(約22億円)です。

このプラン以外にも、高度100kmの宇宙空間への弾道飛行を行う1,100万円のプラン、ロシアの戦闘機MIG−25などに搭乗し宇宙の入り口である高度25kmを体験する約230万円のプラン、ジェット機で自由落下し30秒間の無重力状態を体験する約88万円のプランなども用意されています。

22億円と聞いたあとでは弾道飛行の1,100万円が安く思えてしまうのは気のせいでしょうか(笑)

来年のツアーに向けて日本人1人も手続き中だという。
ちなみにこの会社のSpace Flight Clubに入会すると、最新情報が手に入る上、年会費の980ドルは将来宇宙飛行を申し込んだ際の費用の一部として充当されるそうです(笑)

<参考>スペース・アドベンチャー社日本事務所・「一般向け宇宙観光旅行−100分の1のディスカウントです」(サイト内リンク)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

ツタンカーメンの頭部を復元−なかなかの美男子です

なかなかの美男子です。

YomiuriONLINEより「ツタンカーメン、CTで再現…黄金のマスクそっくり

古代エジプトの少年王ツタンカーメンは、ぽっちゃりしたほおのベビーフェースで、王家の遺伝的特徴で歯のかみ合わせが悪かった――フランスと米国、エジプトの科学者らは10日、ミイラからCT(コンピューター断層撮影法)で再現した少年王の顔の画像を公開、有名な黄金のマスクにそっくりだったことがわかった。
ツタンカーメン研究に参加したのは芸術家と科学者で構成するエジプト、フランス、米国の3チーム。合同研究でなくそれぞれ別々にツタンカーメンの顔の復元に挑みました。

今年の1月に王家の谷で墓から運び出されたツタンカーメンのミイラはCTで調べられ、死亡原因などについての分析がされています。ツタンカーメンが死亡したのは19歳の頃。身長は168cm。左足に骨折が発見されました。死因はこの骨折による感染症ではないかとされています。

今回、各チームはこの時のCTスキャンの画像1700枚をもとに頭部の複製に挑みました。各チームはCT画像をもとに骨格のプラスティックモデルを作成。そこに粘土で肉付けし、特徴を明確にしていきました。

この3ちーむのうちフランスとエジプトの両チームはこのデータがツタンカーメンのものと知っていましたが、米国チームはそれを知らされずに作業したようです。

3か国のチームは別々に、約3300年前に亡くなった少年王を再現。鼻筋が通った高い鼻と、細いあごが特徴的な穏やかな表情の顔が浮かび上がるなど、各国チームの調査結果は良く似通っていた。
今後、エジプトのプロジェクトではすべてのミイラをCT検査していく予定だとのことです。

<参考>「CTスキャンによりツタンカーメンの撲殺説を否定」・「ツタンカーメンの死因を追求−呪われませんように(笑)」(サイト内リンク)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

気象庁、数値予報と職人芸の競い合い

そうじゃないとは分かっていても降水確率50%は丁か半じゃないかと思ってしまいます(笑)

毎日新聞より「気象庁:スパコン導入で「的中率」アップ 予報官の腕も

気象庁が10億円以上を投じて今年2月に導入した新しい天気予報システムを巡り、庁内の評価が分かれている。3月の週間予報の的中率は例年より高く、システム担当の数値予報課は「新システムの効果だ」と胸を張る。一方、予報を出した予報課は「予報官の“腕”もある」。スーパーコンピューターによる数値予報か、予報官の職人芸か。予報が難しいとされる梅雨時が「決着」の舞台となりそうだ。
天気図気象庁は今年2月に新しいシステムを導入し数値予報の精度を高めました。

気象庁は1日2回、翌日から1週間の転機蓉峰を発表しています。3月の週間天気予報では1日目の的中率は82%と例年とあまりかわらないものの、2日目以降の的中率は例年を上回り、5日目は例年よりも11ポイント高い75%、6日目は10ポイント高い72%となりました。
この新しいシステムでは「」4次元変分法」とよばれる計算方法を導入しています。数値予報では地球全体を800万の格子に区分し、人工衛星などから得た気温や気圧のデータから天候の変化を予測します。この時に気温や気圧の初期データが正確に細かくとれているほど正確な予報が出せますが、現実的には地球上のあらゆる地点の同時刻のデータを得るわけにはいきません。

この4次元変分法では観測時間の異なる様々な種類のデータを、物理法則に従って初期値に取り込み計算を行います。

計算機による予報を担当している数値予報課は、この新しいシステムによって予報の的中率が上がったと考えているようですが、

一方、週間天気予報を出す予報課は「数値予報だけで予報を決めてはいない。予報官の経験が生かされる場面も多く、評価を出すのは早い」と分析したうえで「3月の天気は例年並みで、新システムのデータがなくても予測しやすかった。的中率が上がったかどうかは、あと数カ月は結果を見る必要がある」と話した。
職人芸とコンピュータの争いですね。予報の難しい梅雨時にどれだけあてられるかが勝負でしょう。できれば土日の天気はあてて欲しいのですけど(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/05/11

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.11

同性愛の男性はやはり視床下部の働きに違いがあった?

CNNより「同性愛男性の脳、フェロモン反応は女性に近いと報告書

性フェロモンに対する同性愛男性の脳の反応は、異性愛男性の脳よりも、むしろ異性愛女性の脳の反応パターンに近いと、スウェーデンのカロリンスカ大学病院の研究チームが9日、米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。
男性の脳と女性の脳の機能差については多くの研究がされています。右脳と左脳をつなぐ脳梁など、いくつかの部分にはっきりとした医学的差違が見られるとの報告もあります。

また同性愛者の脳の解剖の結果、視床下部のINAH−3という部分に同性愛男性と異性愛男性で大きな違いがあるとの説も話題をよびました。

今回、研究チームは男性の汗などに含まれる男性ホルモン、テストステロンの誘導体である「4,16-androstadien-3-One(AND)」と女性の尿などに含まれる女性ホルモン様物質「estra-1,3,5(10),16-tetraen-3-ol(EST)」を12人ずつの同性愛男性と異性愛男性、異性愛女性にかがせ、間脳の視床下部をPET(陽電子放射断層撮影)装置を使って調べました。

男性の汗などから抽出したANDをかがせた場合、女性と同性愛の男性で視床下部が活性化したのに対し、異性愛男性では活性化しませんでした。一方、女性の尿などから抽出されるESTに関しては異性愛の男性しか反応しなかったとのことです。ほかの香料などではどのグループも同じような反応をしめしました。

研究チームは、同性愛男性の視床下部がANDに対して反応していることから、同性愛の傾向と、視床下部の神経系が、大きく関係している可能性がある、と話している。
また議論をふりまきそうな報告ではありますが。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

タマネギはにおいがきついほど健康にいい

日経Healthより「タマネギ、エシャロットは強いにおいほどいい

野菜類などでは、においが強烈であればあるほど、栄養的にも体にいいということがある。このほど、タマネギとエシャロットもそうであるとわかった。
エシャロットタマネギはインドやヨーロッパにおいては古くから食されていた野菜であり、古代エジプトではピラミッドの建設に従事していた人たちがスタミナ源として食べていたという記録も残っています。

このタマネギですがその効能についても古くからいわれており、消化器系がんの予防、高脂血症や高血圧、動脈硬化の改善、糖尿病の予防・改善などの作用がいわれています。

今回、研究者たちは10種類以上のタマネギやエシャロットに含まれる抗酸化物質のフェノールとフラボノイドを調べました。抗酸化物質の量と、その野菜特有のにおいを対比してみたところ、においが強いものほど抗酸化物質が多かったとのことです。

研究したのは、米コーネル大学食品科学部の化学者、リュイ・ハイ・リウ博士(Dr.Rui Hai Liu)で、論文は雑誌「農業と食品化学」(Journal of Agriculture and Food Chemistry )に掲載された。
野菜の中でも春野菜に含まれる物質の抗酸化作用はよく知られています。野菜の季節感が薄れてきた昨今ですが、やはり色が濃くにおいのきつい旬の野菜を食べるのが健康にいいのかもしれません。

| | Comments (937) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/05/10

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2005.05.10

台風の中心気圧は実測値ではなかった!

台風の中心気圧は実測値かなと思いこんでいましたが違うんですね。

YomiuriONLINEより「お天気キャスター森田さん、台風観測法見直しを訴え

1990年代以降、中心気圧の低い強い台風が、80年代に比べて減ったのは、気象庁の観測手法の変更に原因があることが、お天気キャスターの森田正光さんらの分析でわかった。台風を実際より弱く伝えることは、データの信頼性を揺るがすだけでなく、被害を広げる懸念もある。森田さんは15日から東京都内で始まる日本気象学会で発表し、手法の見直しを訴える。
台風気象庁のデータでは、80年代までは最低中心気圧が920hPa以下の台風は毎年平均3.5個あったのですが、90年以降は2.6個に減少。特に中心気圧が900hPa以下の台風は1.6個から0.29個になっているとのことです。

森田キャスターによればこれは観測手法の変更によるものだとのこと。87年の台風11号までは気象庁の発表するデータは米軍の観測結果を利用していました。これは米軍の飛行機が台風の上空から観測機器をパラシュートで落として測っていた数値だそうです。

現在は「ドボラック法」(Dvorak method)と呼ばれる手法を利用しています。これは気象衛星からの雲画像のパターンをこれまでの観測結果に応じて分類、最も類似した台風を探してそれに雲の様子や温度、台風が発達中かどうかなどの要素を加味して中心気圧を類推するものです。

手軽な手法ではありますが、雲画像の分類の段階で人の主観的な判断がまじることや、あくまで過去のデータに基づく類推であるということが問題です。

実際、昨年の台風15号でも中心気圧の速報値と台風通過後の解析に大きな差が出たようです。

気象庁は「海上の台風は観測が難しく衛星に頼らざるをえない。しかし、それほど大きな誤差はない」としている。森田さんは「最近の台風は、目がはっきりしなかったり、コースや形状が珍しいものが少なくない。観測手法の再検証が必要だ」としている。
台風は気圧よりも最大風速などの方が問題かなとも思いますが、それにしても台風の目の上から観測機器を落としていた米軍には敬服です(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

野菜や果物は大腸がんの予防にならない

Yahoo!NEWSより「野菜摂取と大腸がん無関係 厚労省研究班が調査」(共同通信)

野菜や果物をたくさん食べても大腸がんになる危険性は変わらないとする大規模疫学調査の結果を、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)が9日発表した。
大腸がんは、日本人に最近増加傾向が著しいがんです。年間の罹患数も1990年には6万人、1999年には9万人を超え、2015年頃には胃がんを抜くとの予測もあります。

この大腸がんを予防するには食物繊維を多く含んだ野菜を食べることと、運動を行うことが重要といわれてきましたが、野菜にはあまり効果はないという報告です。

最近の研究でも、同じような結論に達しているものはいくつかあり、どうやら食物繊維を多く含んだ野菜などを多く食べていても大腸がんの発生率は低くならないようです。

今回の研究は、1990年以来全国の40−69歳の男女9万人を対象に厚生労働省が行った大規模調査の結果に基づくもの。この研究では9万人を野菜や果物の摂取量別に4グループに分け大腸がんの発生率を比較しました。

この間に705人が大腸がんになりましたが、果物や野菜を最もよく食べるグループから最も少ないグループまで罹患率は年間1000人に1人前後で統計的な差はありませんでした。

一方で、胃がん予防には野菜や果物の摂取が効果的との結果が既に出ており、研究班は「野菜や果物を食べることは奨励すべき生活習慣であることに変わりはない」としている。
むしろ運動をしっかりと行うことが大切なようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/05/09

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.05.09

ナポレオンはやはり胃ガンだった−でも少し太りすぎです

Yahoo!NEWSより「ナポレオンの死因は胃がん 体重激減で結論」(共同通信)

胃がんが死因とされながら、毒殺か病死かで論争が続くナポレオン1世(1769−1821年)をめぐり、スイスの病理学者らがこのほど、死亡前に体重が急激に減少していたことを突き止め、死因は胃がんとあらためて結論づけた。
ナポレオン・ボナパルトナポレオンの死因については今なお「胃ガン」説と「ヒ素による毒殺」説があります。

ナポレオンは1815年、百日天下のあとワーテルローの戦いに敗れ、南大西洋のセントヘレナ島へ流されました。

その後1920年秋頃より体調を崩し、胃の痛みや食欲不振、吐き気などに悩まされ翌1821年に他界しました。

死後、医師らによって解剖が行われ出血を伴う胃潰瘍と慢性胃炎、肝臓の肥大が報告されました。この段階では胃周辺のリンパ節などへのガン細胞の転移は観察されていませんが、最終的な死因は胃ガンと診断されています。

しかし、1961年にスウェーデン人の医師ステン・フォーシュフットにより砒素中毒による死亡ではないかとの説が発表されると近年に到るまで同様の主張が次々になされるようになってきました。

その後、ナポレオンのものと思われる毛髪の分析も行われ最高で51.2ppmの砒素を検出したとの報告もあります。ただしこの毛髪も本当にナポレオンのものであったかどうかは確認されておらずこの論争に決着がつく目途はたっていません。

研究発表したのは、スイスのバーゼル大学病院の病理学者リュグリ氏ら。ナポレオンが生前に着用していた9着のズボンのサイズなどから体重の変化を計算。1820年に身長167センチ、体重90・7キロだったナポレオンが、21年5月の死亡時には75・7キロまで体重を減らし、特に死亡直前の5カ月間に11キロもやせたことが分かった。
167cmで90.7kgといえばBMIで32.5。ナポレオンって肥満だったのですね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

江戸時代の武士は庶民より歯磨き熱心だった

YomiuriONLINEより「江戸時代の武士は歯磨き熱心、庶民より少ない虫歯

江戸時代の武士は歯磨き熱心で、虫歯も庶民に比べて少なかった――。そんな研究結果を、長崎大大学院医歯薬学総合研究科の小山田常一助手らがまとめた。
歯磨き福岡県内で出土した123人の武士の歯と109人の庶民の歯を調べたところ、武家階級では虫歯は全体の7.9%でしたが、庶民階級では12.2%でした。また、歯磨きをした跡は武家階級では多く見られましたが、庶民階級ではほとんど見られなかったとのこと。男性よりも女性の方が熱心に歯磨きをしていた形跡が見られるとのことです。

日本に歯磨きが伝わったのは6世紀頃といわれています。仏教と同じ頃に僧侶によってもたらされたようです。江戸時代になると僧侶の習慣だった歯磨きは民衆へも広まっていきました。当時は柳の枝を削って頭部を砕き、房状にした「房楊枝」が歯ブラシとして用いられていました。

歯磨き粉には、房州砂という砂の上澄みを乾燥させ香料を混ぜたものが使われていました。文化年間の「買物便覧東都土産」という文献には「大明香薬砂」という歯磨き粉が載っており、効能として『歯を白くする、口中のあしきにほひをさる』と書かれています。

虫歯の有無には栄養状態も影響するが、歯のエナメル質の状態を調べたところ、それぞれの階級で違いが見られず、歯磨きが武家階級の虫歯を抑えていたと考えられるという。小山田助手は「武家は健康管理にひときわ気を使うため、歯磨きをしていたのかもしれない。ほかの地域も調べて、全体の傾向を突き止めたい」と話している。
わが家でも息子(4歳)と僕よりも娘(5歳)と妻の方が明らかに熱心に歯磨きをしています(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/05/08

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.08

NEWS CLIP 05/05/07

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.07

行方不明の火星探査機、5年半ぶりに火星の南極で発見?

YomiuriONLINEより「99年から行方不明の探査機、火星の南極付近で発見

1999年12月に火星の南極に着陸を試み、直後に通信が途絶えて消息不明となっていた米航空宇宙局(NASA)の探査機マーズ・ポーラー・ランダーが、着陸予定地点に近い場所で発見された。
マーズ・ポーラー・ランダーマーズ・ポーラー・ランダーは1999年12月に火星の南極付近に送り込まれた着陸船です。火星の極地方の地質や氷の有無、過去の気象状態などを調査する予定でしたが、大気圏突入の前後において何らかの異常が発生、地球との交信が途絶えたままになっていました。コスト削減のために着陸時には交信を行わない仕様になっており、捜索は難航。クレーターなどに転落したのではないかともいわれていました。

しかし今回、火星軌道を周回するマーズ・グローバル・サーベイヤーが1999年と2000年に撮影した南極付近の画像を専門家が再分析した結果、パラシュートやランダーの機体を確認することができました。

これまでの画像解析では、ランダーかどうかの判別は困難でしたが、昨年1月に着陸したスピリットとオポチュニティのパラシュートの画像との比較によりランダーのパラシュートや機体であるとの確証を得られたようです。

NASAは再確認のため、年内にサーベイヤーでより高解像度の撮影を行う方針。
これでランダーも浮かばれる(?)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

コンピュータ将棋の最強ソフト、いよいよアマ竜王戦に挑む

YomiuriONLINEより「将棋ソフト最強は「激指」アマ竜王戦出場へ

将棋ソフトの強さ世界一を争う第15回世界コンピュータ将棋選手権(コンピュータ将棋協会主催)が3日から5日まで千葉県木更津市内で開かれ、「激指」(開発者=鶴岡慶雅氏)が優勝した。
激指4今回の世界コンピュータ将棋選手権の優勝ソフトは来月25、26日に東京で開かれる「第18回アマ竜王戦全国大会」に都道府県代表の選手に交じって参加することになります。

今回優勝した激指は、YSSやIS将棋、KCC将棋を抑え、7戦全勝で見事優勝をかざりました。

この激指の特徴は局面の展開を確率化し、ありそうな展開を読むところにあります。通常の将棋ソフトではあらかじめ何手先まで読むという手数を決めうちしておいて、その中で可能な手を探索し、有利不利をポイント化、そのポイントが一番高い手を打つようになっていますが、激指では羽生善治氏が実際に指した棋譜を分析、この局面ではこういった手が打たれるという可能性を数値化しています。

今の実力はアマ4段から5段といったところでしょうか。

将棋ソフトがアマチュアの全国大会に出場するのは初めて。
まだまだ人は負けないと思いますが、負けちゃうと少しショックかも(笑)

<参考>激指のページ・「アマ竜王戦に将棋ソフトが参戦−対局やりにくそう」(サイト内リンク)

| | Comments (1) | TrackBack (3)

紫外線によるDNAの修復のメカニズムを解明−皮膚ガンの予防クリームができるかも

妻の最大の悩みはシミのようです。毎日鏡とにらめっこしてはうなってます(笑)

YomiuriONLINEより「紫外線で傷ついた遺伝子、修復のメカニズムを解明

紫外線による遺伝子の損傷を、2種類のたんぱく質が協力して探し出し、修復に結びつけるメカニズムを、理化学研究所などの研究チームが解明した。
紫外線は活性酸素を細胞内に発生させ、細胞の組織を傷つけたり、遺伝子を傷つけることがあります。皮膚の細胞にはこれらの傷を修復する働きがありますが、かなり強い紫外線などを浴びるとDNAの損傷が大きくなり修復されずに残ってしまうことがあります。こういったことが長年続くと皮膚ガンになると見られています。

この研究では皮膚の細胞が紫外線によるDNAの損傷を修復するメカニズムを解明しました。

修復に関係するのはXPCなど2つの遺伝子です。紫外線によりDNAに損傷がおきると傷の探知能力をもつタンパク質が傷にとりつき、もう一つのタンパク質を呼び寄せます。この第2のタンパク質が実際の修復役のタンパク質を呼び寄せ修復が行われます。

こうした仕組みを利用すれば、皮膚ガンの予防作用がある日焼け止めクリームなどが開発できる可能性があるという。
今は子どもたちも日焼け止めクリームを塗る時代。皮膚ガンの予防効果のあるクリームができることを期待しましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

NEWS CLIP 05/05/06

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.06

NEWS CLIP 05/05/05

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.05

NEWS CLIP 05/05/04

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.05.03

NEWS CLIP 05/05/03

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.05.02

あなたの科学常識をはかる11問、らしいです−突っ込みどころ満載ですが(笑)

YomiuriONLINEより「科学常識このぐらいは――目安作り、文科省乗り出す

日本の大人には最低これぐらいの科学常識が必要――文部科学省が、そんな「目安」作りに乗り出す。子供の理科離れが問題になっているが、同省は「大人も科学を勉強していない」と指摘、科学者や教育関係者が今後、数年かけて検討し、望ましい「基礎的素養」を示すことになりそうだ。
これは1999年から2001年にかけて世界17ヶ国の学術機関の連携で、18歳以上の人を対象に科学分野の11問についての正誤を尋ねた結果を受けてのことです。

この11問の日本の正解率は54%で13位。1位のスウェーデンの73%や5位アメリカの63%などに比べずいぶんと遅れをとっています。

そこで文科省が「日本の成人が身につけるべき科学技術リテラシー像を策定する」との方針を決めたとのことですが、その11問とは次の通りです。全て、○か×か、知らないかの3択問題です。

  1. 地球の中心部は非常に高温
  2. すべての放射能は人工的に作られた
  3. 我々が呼吸に使う酸素は植物から作られた
  4. 赤ちゃんが男の子になるか女の子になるかを決めるのは父親の遺伝子
  5. レーザーは音波を集中することで得られる
  6. 電子の大きさは原子よりも小さい
  7. 抗生物質はバクテリア同様ウイルスも殺す
  8. 大陸は何万年もかけて移動しており、これからも移動するだろう
  9. 現在の人類は、原始的な動物種から進化した
  10. ごく初期の人類は、恐竜と同時代に生きていた
  11. 放射能に汚染された牛乳は沸騰させれば安全
正解しなかったらどうしようと思ってびくびくしながらやってしまいました。何とか全問正解でホッ(笑)

一応の解答は
1.○、2.×、3.○、4.○、5.×、6.○、7.×、8.○、9.○、10.×、11.×
です。

でもほとんど全ての問題が突っ込みどころ満載です。一般的な大人を対象にした問題なので別に細かいところは無視してもいいだろうと思ってやってましたが、詳しく知ってる人の方が間違えちゃうかもしれません(笑)

でも、この問題で正答率が54%。血液型も信じるし、マイナスイオンがどうたらとかいう商品を大企業がこぞって売っているこの国ですからそんなものかもしれません(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (2)

NEWS CLIP 05/05/01

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.01

ジュウイチのヒナ、翼の模様で仮親をだます−うちの息子も変わりません

毎日新聞より「ジュウイチ:翼の模様で仮親だまし餌運ばせる 米誌掲載

他の鳥の巣に卵を産みつけて育ててもらう托卵鳥の一種「ジュウイチ」のヒナが、両翼にある黄色い模様をくちばしに見せかけ、仮親に餌を運ばせていることを立教大大学院生の田中啓太さん(30)らが突き止めた。ヒナがたくさんいると誤認した仮親は、より多く餌を運ぶようになっていた。29日付の米科学誌サイエンスに掲載される。
ジュウイチジュウイチは鳴き声が「ジュウイチー」と聞こえることからその名のついたホトトギス科の鳥です。この鳥はカッコウなどと同じく、他の鳥の巣に卵を産んで育ててもらう「託卵」の習性があります。オオルリやコマドリなどの巣に1個だけ産卵し、孵化したヒナが他の卵やヒナをすべて巣の外に出し、仮親の鳥が運んでくる餌を独占します。

しかし、仮親は通常、大きく開かれた複数のくちばしやヒナが発する声を刺激としてヒナに餌を与えるため、他のヒナを排除してしまうと刺激が自分のくちばしだけとなり仮親が餌を運んでくる回数が減ってしまいます。

今回、研究では静岡県の富士山五合目付近で、ジュウイチに托卵された巣6カ所をビデオカメラで観察。巣の中のジュウイチのヒナは、仮親が餌を運ぶ回数が減ると頻繁に翼をもちあげて黄色い部分を見せることが分かりました。

さらにヒナの翼の黄色い部分を黒い塗料で塗りつぶすと、仮親が餌を運ぶ回数が2割減ったということです。

このため、ヒナは翼の黄色い部分をくちばしに見せかけ、巣の中に多くのヒナがいるように偽装していると結論づけた。田中さんは「翼の黄色い部分はとても特徴的で、何か役割があると思っていた。くちばしに似てはいないが、巣は暗い場所にあることが多いため、仮親をだませるのだろう」と話している。
息子(4歳)は自分のおやつを娘(5歳)にとられたとありもしない事実を訴え、余分にお菓子をもらおうという小賢しい真似をしておりました。妻にこっぴどく怒られてましたが(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWS CLIP 05/04/30

それぞれの記事はリンク切れになっている可能性があります。[PickUp!]は別エントリーあり。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »