« NEWS CLIP 05/04/04 | Main | オーロラを計算機でシミュレーション »

2005.04.05

花粉症の特効薬ができるかも

Yahoo!NEWSより「アレルギー治療に有望物質 受容体を標的に、京都大

細胞内で情報伝達をする生理活性物質の受容体のうち、特定の一つが花粉症などのアレルギー反応の鍵を握っていることを成宮周京都大教授(薬理学)らが突き止め、米科学誌ネイチャー・イムノロジー(電子版)に4日、発表した。
ヒトの体内ではアレルギーを促進する経路については詳しい仕組みが分かっていますが、逆にアレルギーを抑制する仕組みが明らかになったのは初めてのことになります。

現在、花粉症などの治療に使われている抗ヒスタミン剤もアレルギーを促進する「ヒスタミン」などの生体内物質が細胞につくのを防ぐ、いわゆる予防薬が主でした。しかし、アレルギーを抑制する反応の一つが明らかになったことで画期的な予防薬ができる可能性もでてきました。

花粉やハウスダストなどでアレルギーを起こす生理活性物質にプロスタグランジン(PG)があります。PGは脂肪酸から作られPGE2など5種類ありますが、これが細胞表面の受容体に結合するとき、さまざまな炎症が起こります。

研究では、PGが結合するEP3という物質に着目。EP3を除いたマウスに、ぜんそくの原因物質を吸わせると炎症を起こしたマウスの肺の細胞が通常マウスの3倍近くに増加。逆にEP3を活性化する薬剤を注射したマウスのアレルギー反応は、注射していないマウスの3分の1程度にとどまりました。

成宮教授は「ヒトへの応用には安全性確認が必要だが、副作用の少ない薬が期待できる」と話している。
もともと体内物質であるEP3ですので副作用は少なそうです。さらにステロイドなどに比べると1000分の1以下の濃度でも長時間効果が持続したとのこと。

花粉症によりGDPも下がる時代です。花粉症の特効薬はなによりの景気刺激材料になるかも(笑)

|

« NEWS CLIP 05/04/04 | Main | オーロラを計算機でシミュレーション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/3567185

Listed below are links to weblogs that reference 花粉症の特効薬ができるかも:

« NEWS CLIP 05/04/04 | Main | オーロラを計算機でシミュレーション »