« 超伝導時の電子を観測 | Main | NEWS CLIP 05/03/03 »

2005.03.03

バチカンの古写本、消された文字を復元

Asahi.comより「バチカンの写本、消された文字をデジタル解析

バチカン教皇庁図書館は所蔵する羊皮紙の写本約200冊から消された古文書を探すため凸版印刷(東京都千代田区)と共同で研究に乗り出す。
パリンセストこの共同研究は「パリンセスト・プロジェクト」と命名されています。

パリンセストとは何度か上書きされた羊皮紙の写本のこと。紙が普及していない古代では羊皮紙が一般的に使われていましたが、非常に高価なものだったため書いてある文字を削ったり洗い流してからその上に新しい文字を書いていました。この下に書かれた文字を解読することで、現在発見されていない重要な文章が見つかる可能性もあります。

元に書かれた文字は肉眼では判別不可能ですが、開発中の機器で紫外線をあて画像を取り込み解析することで下に書かれた文字が浮かび上がったとのことです。

紫外線や化学薬品でパリンセストを解読する方法は従来からありましたが、写本に負担がかかるため避けられてきました。今回の機器は負担をかけないように開発されているもののようです。

バチカンに伝わる写本をデジタル解析する試みは今回が初めて。写本のデジタル化や解読の作業は、図書館で写本を研究する専門家が担当する。
ダン・ブラウンばりの面白老い文書が出てくるでしょうか。

<参考>凸版印刷

|

« 超伝導時の電子を観測 | Main | NEWS CLIP 05/03/03 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/3149544

Listed below are links to weblogs that reference バチカンの古写本、消された文字を復元:

« 超伝導時の電子を観測 | Main | NEWS CLIP 05/03/03 »